調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 勤労者世帯

「勤労者世帯」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年5月1日東京都★フィードバック数:0社会/政治

東京都の調査です。

「都民のくらしむき」平成26年年報

平成26年年報「都民のくらしむき」(東京都生計分析調査報告)平成27年4月30日総務局 東京都生計分析調査は、都民の暮らし向きを明らかにすることを目的として、都内に居住する2人以上の世帯を対象に、家計における収入(勤労者世帯・無職世帯)及び支出(全世帯)を調査するものです。家計調査(総務省実施)と合わせて792世帯の結果を分析し、平成26年年報をまとめましたので、お知らせします。支出の動向 全世帯の消費支出 324,036円(1世帯当たり年平均1か月間)対前年増加率 名目2.8%減 実質5.6%

2015年4月5日国土交通省★★フィードバック数:0大型消費/投資

国交省のデータ集です。

平成26年度 住宅経済関連データ

<1>住宅整備の現状1.世帯数、住宅戸数の推移(1)世帯数及び住宅戸数の推移(2)住宅ストックと世帯数の推移(3)戸建て空き家の利用状況等について(4)所有関係別住宅ストック数の推移(5)所有関係・建築時期別居住世帯のある住宅数(6)住宅ストックの姿(総計)(7)築年代別の住宅ストック総数(8)住宅ストックの資産評価(我が国の住宅・宅地資産)(9)単身世帯における住宅ストックの現状(年代別)【平成25年時点】(10)二人以上の世帯における住宅ストックの現状(年代別)【平成25年時点】(11)住宅

2015年3月28日北海道フィードバック数:0社会/政治

家計調査結果(平成26年平均)

最終更新日:2015年3月26日(木)▲家計調査のトップページ平成26年家計調査(二人以上の世帯)の結果 総務省統計局-北海道分1 勤労者世帯(二人以上の世帯のうち勤労者世帯)の家計実収入は1か月平均49万3,328円で前年に比べ実質3.0%の減少 可処分所得は1か月平均40万5,459円で前年に比べ実質3.0%の減少 消費支出は1か月平均29万7,648円で前年に比べ実質3.7%の減少 消費支出を10大費目別(「その他の消費支出」を除く。)にみると、前年に比べ実質増加したものは、被服及び履物(

2015年2月1日農林中金総合研究所フィードバック数:0社会/政治

家計調査の収入階級別収支

連載指標観測 家 計 調 査 の収 入 階 級 別 収 支竹光 大士家計調査は、サンプリングした全国入の減少が目立つ。ⅠとⅢで 10∼11 月に9,000 世帯の家計の収入・支出等を調査実収入の減少が続いているが、その他のしたものであり、詳細な収支の状況を把階級では回復しつつある。握することができるというメリットがあ一方、消費支出を見てみると、4∼9 月る。今回は消費税増税前後の収入、消費にほぼ全階級で消費支出が減少ないし低支出の状況を収入階級別の状況を中心に迷している。7∼9 月

2014年7月21日総務省フィードバック数:0社会/政治

統計Today No.81 9月から「平成26年全国消費実態調査」を実施

ここから本文です。統計Today No.81みんなの家計簿で、消費の未来を描きます。 〜9月から「平成26年全国消費実態調査」を実施します。総務省統計局統計調査部消費統計課長 永島 勝利 総務省統計局では、今年の9月から11月までの3か月間、5年に1回の「全国消費実態調査」を実施します。この調査から分かること この調査は、家計の収支及び貯蓄・負債、耐久消費財、家計資産を総合的に調査するものですが、まず、本調査から、どのようなことが分かるのかについて、過去の調査結果に基づいて、身近な例を幾つか挙げ

2014年4月30日東京都フィードバック数:0社会/政治

平成25年年報「都民のくらしむき」(東京都生計分析調査報告)

平成25年年報「都民のくらしむき」(東京都生計分析調査報告)平成26年4月30日総務局 東京都生計分析調査は、都民の暮らし向きを明らかにすることを目的として、都内に居住する2人以上の世帯を対象に、家計における収入(勤労者世帯・無職世帯)及び支出(全世帯)を調査するものです。家計調査(総務省実施)と合わせて792世帯の結果を分析し、平成25年年報をまとめましたので、お知らせします。《支出の動向》 全世帯の消費支出 333,423円(1世帯当たり年平均1か月間)対前年増加率 名目 3.6%増 実質 

2013年12月22日大和総研フィードバック数:0大型消費/投資

貯蓄率・貯蓄の低下には高齢化ではなく賃金・俸給の減少等が大きく影響

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 貯蓄率・貯蓄の低下には高齢化ではなく賃金・俸給の減少等が大きく影響貯蓄率・貯蓄再考 ◆我が国のSNAベースのマクロの家計貯蓄率は低下傾向を続けており、その主因として、ライフサイクル仮説に基づき、高齢化の進展があげられてきた。しかし、分子と分母に分けて見ると、様相はかなり異なり、1990年代後半からの分子の貯蓄額の低下が目立つ。◆1998年以降のデフレ期におけるマクロの貯蓄額の減少には、雇用者報酬受取の

2013年9月20日ゆうちょ財団フィードバック数:0大型消費/投資

家計調査資料を用いた日韓貯蓄行動に関する比較分析

家計調査資料を用いた日韓貯蓄行動に関する比較分析∗横浜市立大学 要 旨 国際総合科学部 教授鞠 重鎬(クック ジュンホ) 総務省統計局の『家計調査年報』と韓国統計庁の『家計動向調査』資料に基づき、日韓 両国の貯蓄行動に関する比較分析を行う。日本のマクロ家計貯蓄率は石油危機直後の 1974 年には 23.2%にも達していたが、2012 年には 1.9%にまで落ちた。マクロ貯蓄率の下落と ともに、経済成長率も下落してきたし、ミクロの家計貯蓄率も低下してきた。本稿では、 両国の階層別の所得分布につい

アベノミクス消費の概況~二人以上勤労者世帯の収入や消費支出の状況は?

アベノミクス消費の概況~二人以上勤労者世帯の収入や消費支出の状況は? | ニッセイ基礎研究所 アベノミクス消費の概況~二人以上勤労者世帯の収入や消費支出の状況は? 生活研究部 主任研究員 久我 尚子基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 1――アベノミクスで活性化する消費市場2――勤労者世帯の収入の状況1│勤労者世帯全体の状況~定期収入はやや減少の一方、臨時収入・賞与

2013年7月5日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

消費の持続性が年後半も続く鍵はなにか?

リサーチ TODAY2013 年 7 月 5 日消費の持続性が年後半も続く鍵はなにか?常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創2013年入り後の個人消費は堅調に推移している1。2013年1~3月期の実質個人消費は、耐久財、半耐久財、非耐久財、サービスの全ての支出が拡大し、前期比+0.9%と増加した。4~6月期も消費の基調は強そうだ。こうした消費堅調の牽引役は次の図表に示されるように、中・高所得者層であった。同様に、消費者の今後半年間の意識(消費マインド)を示す消費者態度指数を年収別に見ると、年

2013年4月1日第一生命保険フィードバック数:3社会/政治

家計調査(2013年2月) ~マインド改善に支えられ、個人消費は予想以上に好調~

Economic Indicators定例経済指標レポート指標名:家計調査(2013年2月)発表日2013年3月29日(金)~マインド改善に支えられ、個人消費は予想以上に好調~第一生命経済研究所 経済調査部担当 主席エコノミスト 新家 義貴TEL:03-5221-4528(%)実質消費支出 (二人以上世帯)合計除く住居等(※)12131月前年比▲ 2.32月3月前期比0.0前年比▲ 1.42.33.40.60.64月5月2.64.06月7月実質可処分所得(勤労者世帯)前期比前年比消費性向(勤労者

最近の統計調査結果から 2013年2月

統計調査報告平成24年毎月勤労統計調査特別調査事業所規模1~4人の事業所について、平成24年7月における1人平均きまって支給する現金給与額は188,928円(前年比0.5%増)となった。平成23年8月1日から平成24年7月31日までの1年間における1人平均特別に支払われた現金給与額は191,400円(前年比0.2%増)となった。被保護者調査(注) ― 11月分概数―11月の生活保護の被保護世帯数は1,567,797世帯、被保護実人員は2,147,303人となった。(注)生活保護法に基づく保護を

2013年3月4日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

家計調査(2013年1月) ~マインド改善を背景に1月の個人消費は好調

Economic Indicators定例経済指標レポート指標名:家計調査(2013年1月)発表日2013年3月1日(金)~マインド改善を背景に1月の個人消費は好調~第一生命経済研究所 経済調査部担当 主席エコノミスト 新家 義貴TEL:03-5221-4528(%)実質消費支出 (二人以上世帯)合計除く住居等(※)前年比12前年比前期比前年比消費性向(勤労者世帯)前期比季調値前期比1月2月▲ 2.32.30.00.6▲ 1.41.90.70.81.41.80.92.573.772.7▲ 0.4

2012年1月31日総務省フィードバック数:96社会/政治

家計調査報告(二人以上の世帯)平成23年12月分速報

ここから本文です。家計調査(二人以上の世帯)平成29年(2017年)3月分速報 (平成29年4月28日公表)月次(前年同月比,【 】内は前月比(季節調整値) %) 【勤労者世帯】実収入(名目,< >内は実質) ※ 「住居」のほか,「自動車等購入」,「贈与金」,「仕送り金」を除いている。また,実質化には消費者物価指数(持家の帰属家賃を除く総合)を用いた。以下同じ。 ・消費支出は,1世帯当たり 297,942円前年同月比 実質1.3%の減少 前月比(季節調整値) 実質2.0%の減少名目1.0%の

2011年12月28日総務省フィードバック数:96社会/政治

家計調査報告(二人以上の世帯)平成23年11月分速報

ここから本文です。家計調査(二人以上の世帯)平成29年(2017年)3月分速報 (平成29年4月28日公表)月次(前年同月比,【 】内は前月比(季節調整値) %) 【勤労者世帯】実収入(名目,< >内は実質) ※ 「住居」のほか,「自動車等購入」,「贈与金」,「仕送り金」を除いている。また,実質化には消費者物価指数(持家の帰属家賃を除く総合)を用いた。以下同じ。 ・消費支出は,1世帯当たり 297,942円前年同月比 実質1.3%の減少 前月比(季節調整値) 実質2.0%の減少名目1.0%の

2011年11月29日総務省フィードバック数:96社会/政治

家計調査報告(二人以上の世帯)平成23年10月分速報

ここから本文です。家計調査(二人以上の世帯)平成29年(2017年)2月分速報 (平成29年3月31日公表)月次(前年同月比,【 】内は前月比(季節調整値) %) 【勤労者世帯】実収入(名目,< >内は実質) ※ 「住居」のほか,「自動車等購入」,「贈与金」,「仕送り金」を除いている。また,実質化には消費者物価指数(持家の帰属家賃を除く総合)を用いた。以下同じ。 ・消費支出は,1世帯当たり 260,644円前年同月比 実質3.8%の減少 前月比(季節調整値) 実質2.5%の増加名目3.4%の

2011年11月16日総務省フィードバック数:36社会/政治

家計調査報告(家計収支編)―平成23年7~9月期平均速報―

ここから本文です。家計調査報告(家計収支編)―平成29年(2017年)1〜3月期平均速報―2017年5月16日公表結果の概要1世帯当たりの1か月平均の消費支出 総世帯は, 239,106円前年同期比 実質1.6%の減少 名目1.2%の減少前期比(季節調整値) 実質0.5%の減少二人以上の世帯は, 279,278円前年同期比 実質2.0%の減少 名目1.6%の減少前期比(季節調整値) 実質0.8%の増加 1世帯当たりの1か月平均の消費支出(除く住居等※) 総世帯は, 201,676円前年同期比 実

2011年2月3日総務省フィードバック数:96大型消費/投資

家計調査報告(二人以上の世帯)―平成22年12月分速報

ここから本文です。家計調査(二人以上の世帯)平成29年(2017年)2月分速報 (平成29年3月31日公表)月次(前年同月比,【 】内は前月比(季節調整値) %) 【勤労者世帯】実収入(名目,< >内は実質) ※ 「住居」のほか,「自動車等購入」,「贈与金」,「仕送り金」を除いている。また,実質化には消費者物価指数(持家の帰属家賃を除く総合)を用いた。以下同じ。 ・消費支出は,1世帯当たり 260,644円前年同月比 実質3.8%の減少 前月比(季節調整値) 実質2.5%の増加名目3.4%の

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ