「化学合成」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2016年11月2日GfKフィードバック数:0大型消費/投資

2016年1-9月の乗用車用エンジンオイルの販売動向

「2016年1-9月の乗用車用エンジンオイルの販売動向」 GfKジャパン(東京:中野区)は全国のカー用品量販店、ホームセンター、インターネットにおける乗用車用エンジンオイルの販売動向※1を発表した。 【概要】・2016年1-9月のエンジンオイル販売は販売量ベース(リットル換算)で前年比3%増、金額ベースで同2%増。・付加価値の高い化学合成油と部分合成油の販売量構成比が微増。 【2016年の乗用車用エンジンオイル販売動向】2016年1-9月における乗用車用エンジンオイルの販売量は前年比3%増

2013年2月4日パテント・リザルトフィードバック数:2製造業/エレクトロニクス

化学合成系生分解性プラスチック関連技術 特許総合力ランキングトップ3はユニチカ、東レ、三菱樹脂

化学合成系生分解性プラスチック関連技術 特許総合力ランキングトップ3はユニチカ、東レ、三菱樹脂 ~ 直近6年間では東レ、帝人が躍進 ~成形性が高く軽量で低コストであるプラスチックは、使用時には大変有用であるものの、その化学的安定さのため使用後の廃棄が問題となっています。そこで弊社は、微生物等により使用後には二酸化炭素と水に分解することのできる「化学合成を用いて作製された生分解性プラスチック」に着目し、参入企業の競争力に関する調査を行いました。1993年から2012年12月末までに日本の特許庁で公

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ