「化石燃料」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2015年3月19日経済産業省★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

資源エネルギー庁のレポートです。

平成26年度化石燃料を中心としたエネルギー安全保障評価調査

平成26年度化石燃料を中心としたエネルギー安全保障評価調査

2014年12月4日環境省★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

昨年分の速報です。

2013年度(平成25年度)の温室効果ガス排出量(速報値)

2013年度(平成25年度)の温室効果ガス排出量(速報値)について環境省と国立環境研究所は、今般、2013年度の我が国の温室効果ガス排出量(速報値)をとりまとめました。2013年度の温室効果ガスの総排出量は13億9,500万トン(二酸化炭素(CO2)換算)で、前年度比1.6%増(2005年度比1.3%増、1990年度比10.6%増)でした。なお、今回の算定から、新たに三ふっ化窒素(NF3)を温室効果ガスとして追加しました。  2013年度の我が国の温室効果ガスの総排出量は、13億9,500万トン

世界と日本の人口問題:食料とエネルギーの需給の問題に関連して(その1)

環境と経済を両立させた持続可能な社会のあり方を考える世界と日本の人口問題:食料とエネルギーの需給の問題に関連して(その1)世界の人口を究極的に左右するのは化石燃料の枯渇であろう化石燃料が使える当分の間、食料の供給が世界の人口を制約することはなさそうである 人類が農耕を始めてから産業革命以前までの世界人口は生存に必要な食料の供給に左右される自然淘汰の原則で制御されていたのではないかと想像される。生存のために必要な食料は、主として農作物として与えられたが、凶作時に備える貯蓄量は十分でなかったであろう

2014年9月1日大和総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

水素社会への期待と課題

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 水素社会への期待と課題『大和総研調査季報』 2014年夏季号(Vol.15)掲載 2013年9月に発表されたIPCCの報告書では、気候システムの温暖化について疑う余地のないことが示された。原因の一つとされる化石燃料に代わるエネルギー源として、水素の有効活用がある。日本では、2009年から世界に先駆けて家庭用燃料電池の普及が始まった。海外では日本に次ぐとされるドイツでも、実証事業による数百台の導入にとど

2013年10月6日富士通★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

富士通総研のレポートです。

木質バイオマスエネルギー利用の現状と課題

木質バイオマスエネルギー利用の現状と課題- FITを中心とした日独比較分析 -上席主任研究員 梶山 恵司2013年10月要旨戦後植林した木が成熟し、日本は世界でも有数の森林蓄積を有するまでになった。化石燃料の高騰や気候変動問題などから、木質バイオマス利用の優位性が高く、バイオマスは地域にとってまたとないビジネスチャンスを提供している。バイオマス利用で先行するドイツをみると、2000年のFIT導入を契機に、電力・熱利用ともに大幅に拡大するとともに、化石燃料を木質バイオマスに代替したことによって、地

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ