調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 北極海航路

「北極海航路」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年1月11日ウェザーニューズフィードバック数:0社会/政治

2016 年の北極海の海氷に関する振り返り

ニュース 2016年12月26日 ウェザーニューズ、2016 年の北極海の海氷に関する振り返りを発表冬季の海氷域面積は過去最小、夏季は過去2番目の小ささ〜北極海の海氷の観測網充実のため、超小型独自衛星を来年打ち上げ〜航海気象 >  株式会社ウェザーニューズ(本社:千葉市美浜区、代表取締役社長:草開千仁)のグローバルアイスセン ターは 2016 年の北極海の海氷に関する振り返りを発表しました。今年は北極圏の温暖化の影響で海氷の減 少が進み、年間最大面積は過去最小の 1396 万

2016年7月6日ウェザーニューズフィードバック数:0社会/政治

北極海の海氷傾向2016

ニュース 2016年06月30日 ウェザーニューズ、北極海の海氷傾向2016を発表北極海の海氷域面積は観測史上5番目に小さくなる予想〜北極海航路は北東・北西共に8月下旬に開通見込み〜航海気象 > 株式会社ウェザーニューズ(本社:千葉市美浜区、代表取締役社長:草開千仁)のグローバルアイスセンターは、2016年の北極海の海氷傾向を発表しました。北極海の海氷面積は今年3月に同時期としては観測史上最小を記録し、現在もこの時期としては観測史上最小に近い面積となるペースで融解しています。ただ、東シベリア海な

2015年7月30日ウェザーニューズフィードバック数:0社会/政治

北極海の海氷傾向2015

ニュース 2015年07月30日 ウェザーニューズ、北極海の海氷傾向2015発表1日10万㎢のペースで融解、現在観測史上4番目に小さい面積に~今年は両航路開通の見込み、北東航路は8月中旬、北西航路は9月初め開通へ〜航海気象 >  株式会社ウェザーニューズ(本社:千葉市美浜区、代表取締役社長:草開千仁)のグローバルアイスセンターは、2015年の北極海の海氷傾向を発表しました。北極海の海氷は現在、この時期では観測史上4番目に少ない面積まで減少しており、例年9月に記録される最小海氷域面積は昨年や一昨年

2015年3月25日笹川平和財団フィードバック数:0ビジネス

北極海航路:2014年

【Ocean Newsletter】バックナンバー 海洋政策研究財団特別研究員、元北海道大学大学院教授◆北川弘光 NPO法人海遍路代表、高知大学名誉教授◆山岡耕作 ニューズレター編集代表((独)海洋研究開発機構上席研究員/東京大学名誉教授)◆山形俊男北極海航路:2014年[KEYWORDS]北極海航路/ロシア国内法/燃料費下落 海洋政策研究財団特別研究員、元北海道大学大学院教授◆北川弘光ほぼ順調に航行隻数を伸ばしてきたシベリア沿岸域を通る北極海航路(NSR)は、氷況に恵まれなかったこと、ロシアN

2014年10月23日ウェザーニューズフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

北極海航路2014振り返り

ニュース 2014年10月22日 ウェザーニューズ、“北極海航路2014振り返り”発表北極海の航路開通期間終了、北東航路は5年連続で開通〜海運物流からの北東航路への期待大、北西航路は5年ぶりに未開通〜航海気象 > 株式会社ウェザーニューズ(所在地:千葉市美浜区、代表取締役社長:草開千仁)は、10月1日に北極海北東航路の一部が海氷で閉鎖されたことにより、2014年の北極海航路開通※期間の終了を発表しました。今夏の最小海氷域面積は480万km2(9月17日時点・図1)で、観測史上6番目の小ささとな

AISを活用した北極海航路航行実態に関する詳細分析

AISを活用した北極海航路航行実態に関する詳細分析  近年の海氷面積の減少により,夏期における航行可能時期が拡大したことで,北極海航路の商業利用への期待が高まっている.しかし,北極海航路の航行においては航行安全の確保や速度低下が懸念される海氷中の航行が依然として不可避であるなど課題も多く,今後の商業的利用のためには,まず航行可能速度や航行ルート,砕氷船エスコート状況等の航行実態を把握することが不可欠であると考えられる.以上の状況を踏まえ,本研究では,今後の北極海航路の利用可能性評価に寄与する

2014年9月23日笹川平和財団フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成25年度 北極海航路における船舶からの黒煙(ブラックカーボン)に関する調査研究事業報告書

2015年度表紙の枠の色:、、、、、、その他(無色)は、日本財団のご協力により、目次およびPDFをご覧いただけます。

2014年7月23日ウェザーニューズフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

北極海の海氷傾向2014

ニュース 2014年07月23日 ウェザーニューズ、北極海の海氷傾向2014発表昨夏以上に北極海海氷縮小、航路は一ヶ月早く開通の見込み~ 船舶の北極海航路利用や資源開発の動き活発化 ~  株式会社ウェザーニューズ(本社:千葉市美浜区、代表取締役社長:草開千仁)のグローバルアイスセンターは、2014年の北極海の海氷傾向を発表しました。北極海の海氷は現在まで、過去数年と同程度のペースで減少しており、今夏の最小海氷域面積は昨夏以上に縮小する予想です。北極海航路についてはロシア側の北東航路、カナダ側の北

2014年7月8日笹川平和財団フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

北極海航路の持続的な利用に向けた環境保全に関する調査研究報告書

2015年度表紙の枠の色:、、、、、、その他(無色)は、日本財団のご協力により、目次およびPDFをご覧いただけます。

2013年6月20日ウェザーニューズフィードバック数:3社会/政治

2013年の北極海の海氷傾向

発行日 : 2013年06月20日 ウェザーニューズ、2013年の北極海の海氷傾向発表 海氷域面積は過去最小、北東・北西航路とも史上最も早く開通の見込み株式会社ウェザーニューズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:草開千仁)のGlobal Ice Centerは、2013年の北極海の海氷傾向を発表しました。2013年も海氷の融解が近年同様早いペースで進み、過去最小の海氷域面積となる見込みです。また、北極海航路に関しては、ロシア側の北東航路は7月下旬ごろ、カナダ側の北西航路は8月上旬ごろからと、共に

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ