「医療機関」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

医師転職研究所

医師の転職に確かな情報を。医師転職研究所が医師の転職・キャリアに関する一次情報をお届けします。メインメニュー医師転職研究所とは医師転職ドットコム(https://www.dr-10.com)を運営するメディウェルでは、日々多くの医師の方からの転職のご相談と、また毎日多くの医療機関や企業から医師の求人依頼をいただいています。メディウェルのコンサルタントは、そのようなご相談やご依頼1件1件に対し、「納得のいくキャリアと満足のいく採用」をポリシーとして、これまで13年間、真摯に向き合ってまいりました。

2017年3月14日東京都フィードバック数:0社会/政治

健康と保健医療に関する世論調査

ここから本文です。「健康と保健医療に関する世論調査」結果この度「健康と保健医療に関する世論調査」(平成28年10月実施)の結果がまとまりましたので、お知らせします。この調査は、「東京都健康推進プラン21(第二次)」に掲げた取組目標の中間評価に資するとともに、「東京都保健医療計画」の次期改定等、今後の保健医療施策の参考とするため実施しました。調査結果のポイント喫煙の習慣をみると、「現在習慣的に喫煙している人」が21%※保健や医療に関する情報の入手方法は、「テレビ」が78%、「インターネット」と「S

2017年2月13日アイティメディアフィードバック数:0企業情報システム

医療機関のIT導入に関する調査レポート

TechTargetジャパンは2016年10、11月、医療機関に従事するTechTargetジャパン会員を対象として「医療機関のIT化に関する読者調査」を実施した。調査結果から、医療機関のIT化の状況や導入済み・導入予定の製品、製品の満足度、関心のある医療ITトレンドなどが明らかになった。本稿では、その一部を紹介する(全ての結果を記載したレポートは、文末のリンクから会員限定でダウンロード可能)。調査概要目的:医療機関に従事するTechTargetジャパン会員を対象に、医療機関におけるITシステム

2017年1月18日帝国データバンク★フィードバック数:0社会/政治

医療機関・老人福祉事業者の倒産動向調査

2017/1/13医療機関・老人福祉事業者の倒産動向調査老人福祉事業者の倒産、2年連続で過去最悪〜 医療機関では病院の大型倒産が2年ぶりに発生 〜はじめに高齢者が増え続けることで医療・介護への需要・関心は年々高まっているが、現場を支えるスタッフの人員不足、報酬や保険料の改定などで収益が流動的となっている事業者は数多い。なかでも老人福祉事業者の倒産は増加の一途を辿っており、2018年度の診療報酬・介護報酬の同時改定が両業界にどのような影響を及ぼすのか注目される。帝国データバンクは、2000年〜20

2016年12月17日電通フィードバック数:0マーケティング

薬剤師意識調査

グローバルネットワーク電通の国内外のネットワークをご紹介します。 ニュース株式会社電通が発信する最新のニュースリリースやトピックスなどをご覧いただけます。 採用情報株式会社電通および電通グループの採用情報のご案内です。 電通、「薬剤師意識調査」を初めて実施 ― 地域医療の担い手としての意欲は高いが、実行スキルに課題意識あり ―2016年12月7日 株式会社電通(本社:東京都港区、社長:石井 直)のメディカル領域専門チーム※は、2016年9月30日~10月5日の期間で、地域の医療・ヘ

2016年10月24日マカフィーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

McAfee Labs脅威レポート 2016年第2四半期

『McAfee Labs脅威レポート 2016年第2四半期』 、医療機関に対するランサムウェア攻撃の危険性を調査 情報への迅速なアクセスを可能とするサービスを、途切れることなく提供するのは、決して簡単ではありません。古いシステム、まとまりの無い組織、一貫性に欠けたセキュリティのもとでこれを行うとしたら、それは途方もない作業になります。残念ながら、多くの医療機関はこのような状態で、犯罪者の不正侵入を招いています。ランサムウェアの攻撃対象は、個人ユーザーから、情報システムに大きく依存しながらセキュリ

2016年10月15日イロハフィードバック数:0ライフスタイル

健康に関するアンケート調査

株式会社イロハのプレスリリース/広報・PR情報近くに医療機関が無くて困ったことエピソードも発表!病院が近い人ほど、年収が高くて夫婦仲もいい!?20代の半数以上が将来の健康に関して不安を感じている!近くに医療機関が無くて困ったことエピソードも発表!病院が近い人ほど、年収が高くて夫婦仲もいい!?20代の半数以上が将来の健康に関して不安を感じている!岸辺駅周辺では、健康・医療のまちづくりプロジェクト「健都」がスタートしました。これに関連して、健康に関するアンケート調査を行いましたので結果をご報告いたし

2016年8月14日アンテリオフィードバック数:0ライフスタイル

医療機関における物販に関する調査

Quick調査レポート「医療機関における物販に関する調査」 医療機関において、サプリメント等を販売できることを認知しているのは約2割、実際に何らかの物販を行っているのは1割未満。当社は、医療機関での医療機器や食品の販売についての意識を探るため、GP※1の一般内科103人を対象とし、厚生労働省事務連絡の認知度と医療機関における物販の実態について調査を実施しました。 (※1) 19床以下の開業医 分析者: 株式会社アンテリオ Quick Survey室 田中真穂  2014年6月の閣議決定以降、

2016年8月7日IDCフィードバック数:0社会/政治

公共/医療/教育における国内第3のプラットフォーム活用動向分析

~東京オリンピックで社会インフラのデジタル化が進む 地方創生には公共版デジタルトランスフォーメーションが不可欠~公共/医療/教育における国内第3のプラットフォーム活用動向分析結果を発表 2015年~2020年の年間平均成長率は、東京オリンピック開催とインバウンド需要への対応などの影響により、公共(官公庁、自治体)部門では7~8%と堅調。医療/教育部門は5~6% 公共/医療/教育部門においては、第3のプラットフォームを活用することで関係機関内外における変革(デジタルトランスフォーメーション)

2016年5月22日日本調剤フィードバック数:0社会/政治

ビジネスパーソンの健康に関する意識

本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。 本文のエリアです。自主企画調査『ビジネスパーソンの健康に関する意識』を実施しました日本調剤・自主企画調査『ビジネスパーソンの健康に関する意識』ビジネスパーソンの6割近くは、健康に不安を感じている不安を感じる状態は、「疲れやすい」「肩・首こりがひどい」「体がだるい、重い」全体の5人に1人が生活習慣病で医療機関に通院している 全国47都道府県で調剤薬局を展開する日本調剤株式会社(本社:東京都千代田区丸の内、代表取締役社長 三津

2016年2月23日日本調剤フィードバック数:0ライフスタイル

『薬局、かかりつけ薬局に対する生活者の認知・意識』に関する調査

本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。 本文のエリアです。『薬局、かかりつけ薬局に対する生活者の認知・意識』に関する調査を実施しました『薬局、かかりつけ薬局に対する生活者の認知・意識』多くの人が『薬局』とは、「薬剤師がいるところ」(82.3%)と認識4割の人は、『かかりつけ薬局』という言葉を「見た(聞いた)事はない」6割近くの人は現在、『かかりつけ薬局』を「持っていない」(57.9%) 全国47都道府県で調剤薬局を展開する日本調剤株式会社(本社:東京都千代田区丸

2016年2月3日アイティメディアフィードバック数:0企業情報システム

医療機関のIT導入に関する調査レポート

TechTargetジャパンは2015年11、12月に病院・診療所に従事する会員を対象として「医療機関のIT化に関する読者調査」を実施した。調査結果から、医療機関のIT化の状況や導入済み・導入予定の製品、製品の満足度、関心のある医療ITトレンドなどが明らかになった。本稿では、その一部を紹介する(全ての結果を記載したレポートは、文末のリンクから会員限定でダウンロード可能)。調査概要目的:医療機関におけるITシステム導入の現状について調査するため方法:Webによるアンケート調査対象:TechTarg

2015年12月11日QLifeフィードバック数:0ライフスタイル

予防接種に関する保護者の意識調査

株式会社QLifeトップページニュースリリース予防接種の情報について定期・任意関わらず、ほぼ全ての保護者が「全て知りたい」 最も決め手となる情報源「かかりつけの医師」、過半数の保護者「より詳しい情報を知りたい」~予防接種に関する保護者の意識調査~ 予防接種の情報について定期・任意関わらず、ほぼ全ての保護者が「全て知りたい」 最も決め手となる情報源「かかりつけの医師」、過半数の保護者「より詳しい情報を知りたい」~予防接種に関する保護者の意識調査~2015年12月08日 [火] QLifeは、子ども

2015年9月15日日本調剤★フィードバック数:0ライフスタイル

『シニア世代の服薬の実態と意識』に関する調査

本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。 本文のエリアです。『シニア世代の服薬の実態と意識』に関する調査を実施しました日本調剤・自主企画調査『シニア世代の服薬の実態と意識』定期的に通院し、薬を処方されているシニア世代4人に1人は「5種類以上」の薬を処方されている半数以上の人は薬に対してマイナスイメージを持っている46.7%は処方薬の飲み残しがある  全国47都道府県で調剤薬局を展開する日本調剤株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長・三津原 博)は、自主

2015年7月23日日本調剤フィードバック数:0ライフスタイル

子どもの薬に関する調査

本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。 本文のエリアです。「子どもの薬に関する調査」を実施しました日本調剤・乳幼児の親を対象とした『子どもの薬に関する調査』子どもの薬に関して、飲ませる方法や不安・疑問を聞きました約6割の親が、子どもが飲み薬を嫌がったり、飲まなかった経験がありました  全国47都道府県で調剤薬局を展開する日本調剤株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:三津原 博)は、乳幼児を持つ親を対象とした『子どもの薬に関する調査』を実施しました

2015年6月25日ファイザー★フィードバック数:0ライフスタイル

ファイザーの調査です。

男性型脱毛症および男性のQOL疾患に関する意識調査

現在地 : Pfizer co.jp ホーム > 報道関係の皆様:プレスリリース2015年度 > ≪男性型脱毛症および男性のQOL疾患に関する意識調査≫30代~60代男性の6割が薄毛を自覚 しかし、薄毛を気にしていても、6割以上が「何もしない」~医療機関の受診は2%たらず~ ~若い人ほど薄毛であることにストレスを感じる傾向、30代では半数以上~≪男性型脱毛症および男性のQOL疾患に関する意識調査≫30代~60代男性の6割が薄毛を自覚しかし、薄毛を気にしていても、6割以上が「何もしない」 ~医療機

2015年6月9日静岡県★フィードバック数:0ライフスタイル

静岡県の調査です。

若年性認知症実態調査

ここから本文です。初めての若年性認知症実態調査の結果について要旨本県における若年性認知症の実態の把握と必要な施策の検討を目的に、県として初めての若年性認知症実態調査を行いました。 今後は、若年性認知症の正しい理解普及に努めるとともに、相談・支援体制の充実等に努めてまいります。 調査方法医療機関や介護サービス事業所等を対象に、調査時点で65歳未満の認知症者数等を調査 一次調査で把握した本人・家族を対象に、症状や生活実態、要望等を調査 調査結(二次調査回答164人の回答から)(1)若年性認知

2015年5月19日長崎県★フィードバック数:0ライフスタイル

長崎県の調査です。

ジェネリック医薬品に関するアンケート調査

平成26年度ジェネリック医薬品のアンケート調査結果ジェネリック医薬品に関するアンケート調査結果のお知らせ(平成27年5月15日)ジェネリック医薬品とは、新薬(先発医薬品)の特許が切れた後に製造販売される、先発医薬品と同じ有効成分、同じ効能効果を持つ、低価格な医薬品のことです。長崎県では、患者様の医療費の負担軽減等を図るため、平成20年度からジェネリック医薬品の使用促進を図っています。ジェネリック医薬品の使用促進を図るにあたり、県民、医療機関及び薬局におけるジェネリック医薬品に対する考え方や使用実

2015年4月21日北青山Dクリニックフィードバック数:0ライフスタイル

下肢静脈瘤手術に関する調査結果2015

男女の手術に対する意識の違いが浮き彫りに 下肢静脈瘤手術に関...| メディアで多数の記事になった注目のプレスリリース 男女の手術に対する意識の違いが浮き彫りに下肢静脈瘤手術に関する調査結果2015 北青山Dクリニック(所在地:東京都渋谷区、院長:阿保 義久)では、2014年に下肢静脈瘤の手術を受けた方を対象に、郵送によるアンケート調査を行い、20代~80代の男女335名から回答を得ました。 症状の発生時期 ■症状の発生時期症状の発生時期(画像1)を見ると、発症から手術までの期間は女

2015年3月3日全日本病院協会フィードバック数:0ライフスタイル

医療機関における消費税に関する調査

医療機関における消費税に関する調査

2015年2月25日新潟県フィードバック数:0ライフスタイル

県内の救急搬送における医療機関の受入状況等実態調査

県内の救急搬送における医療機関の受入状況等実態調査結果を公表します  消防機関が実施する救急搬送における、医療機関に受入れの照会を行った回数ごとの件数、現場滞在時間区分ごとの件数や、受入れに至らなかった主な理由などについて、総務省消防庁が平成19年から毎年調査を実施しています。平成27年中の救急搬送における医療機関の受入状況等実態調査について、県内の調査結果をお知らせします。○医療機関への照会回数 ・県内の消防本部が平成27年中に実施した79,233人の救急搬送(転院搬送を除く。)における医療機

2015年1月19日アイティメディア★フィードバック数:0企業情報システム要登録

TechTargetの調査です。

医療機関のIT導入に関する調査リポート

TechTargetジャパンは2014年11、12月に医療機関に従事する会員を対象として「医療機関のIT化に関する読者調査」を実施した。調査結果から、医療機関のIT化の状況や導入済み・導入予定の製品、製品の満足度、関心のある医療ITトレンドなどが明らかになった。本稿では、その一部を紹介する(全ての結果を記載したリポートは、文末のリンクから会員限定でダウンロード可能)。調査概要目的:医療機関におけるITシステム導入の現状について調査するため方法:Webによるアンケート調査対象:TechTarget

2015年1月14日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

医療機関・老人福祉事業者の倒産動向調査

2015/1/13医療機関・老人福祉事業者の倒産動向調査老人福祉事業者の倒産、2年連続で過去最悪の水準 〜 病院、診療所は減少基調で推移 〜はじめに高齢化社会が進むなか、市場拡大が期待されてきた医療・介護関連業界だが、近時は少子化や労働条件等の問題から深刻な人手不足に陥る事業者が相次ぎ、将来的な需給バランスが危ぶまれるなど課題は尽きない。利用者そして現場で働く人の両面の立場に立った政策が求められるなか、医療機関、老人福祉事業者の倒産動向はどう推移しているのか。帝国データバンクは、2000年〜20

2015年1月9日東京都★フィードバック数:0ライフスタイル

東京で警報です。

都内のインフルエンザ 「流行警報」

都内のインフルエンザ「流行警報」平成27年1月7日福祉保健局 都内のインフルエンザ患者報告数は、昨年第52週(12月22日から12月28日まで)において急速に増加し「流行警報基準」※を超えました。第52週での警報は、新型インフルエンザ※※が流行した平成21(2009)年を除き、平成11(1999)年に感染症法に基づく調査が開始されて以来、最も早い流行となっています。インフルエンザの予防、拡大防止に、より一層注意するとともに、感染が疑われる場合には、早めに医療機関を受診し、体調管理にも十分に気をつ

2015年1月8日広島県フィードバック数:0ライフスタイル

インフルエンザの流行状況(警報を発令しました)

広島県感染症発生動向調査による平成29年第13週(3月27日から4月2日)の定点医療機関からのインフルエンザ報告患者数が,県内のすべての保健所管内で,国立感染症研究所が示している警報継続基準値(定点当たり10)を下回りました。県内のインフルエンザの流行は終息に向かっていると考えられるため,平成29年1月25日に発令した「インフルエンザ警報」を平成29年4月6日に解除しました。昨シーズンよりも,3週早い警報の解除となりました(昨シーズン:平成28年4月28日)。なお,県内のインフルエンザウイルスの

2014年12月19日東京都★フィードバック数:0ライフスタイル

東京都での流行状況です。

都内のインフルエンザ流行が注意報レベルに

都内のインフルエンザ流行が注意報レベルに平成26年12月18日福祉保健局 都内では、インフルエンザ定点医療機関からの第50週(12月8日から12月14日まで)の患者報告数が「流行注意報基準」※ を超え、インフルエンザの流行が広がっています。第50週での注意報は、新型インフルエンザ※※が流行した平成21(2009)年を除き、平成11(1999)年に感染症法に基づく調査が開始されて以来、最も早く、今後、大きな流行へと拡大する可能性があります。インフルエンザの予防、拡大防止のために、より一層注意を払う

2014年12月19日広島県フィードバック数:0ライフスタイル

インフルエンザの流行状況(流行入り)

広島県感染症発生動向調査による平成29年第13週(3月27日から4月2日)の定点医療機関からのインフルエンザ報告患者数が,県内のすべての保健所管内で,国立感染症研究所が示している警報継続基準値(定点当たり10)を下回りました。県内のインフルエンザの流行は終息に向かっていると考えられるため,平成29年1月25日に発令した「インフルエンザ警報」を平成29年4月6日に解除しました。昨シーズンよりも,3週早い警報の解除となりました(昨シーズン:平成28年4月28日)。なお,県内のインフルエンザウイルスの

2014年12月4日愛知県★フィードバック数:0ライフスタイル

愛知県の状況です。

「インフルエンザの流行入り」しました!

1 概要 愛知県では「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律」に基づき、県内の医療機関のうち195か所を定点として、インフルエンザについて発生動向調査を実施しています。 この調査結果によりますと、平成26年第48週(11月24日(月)から11月30日(日)まで)における県内の定点医療機関当たりのインフルエンザ患者の報告数注1)が、1.12となりました。注1)定点医療機関当たりの報告数:定点医療機関からの一週間の総報告数÷定点医療機関数 厚生労働省では、例年、この数値が「1」を上回る

2014年11月28日東京都★フィードバック数:0ライフスタイル

インフルエンザの流行は始りました。

都内でインフルエンザの流行開始

都内でインフルエンザの流行開始平成26年11月27日福祉保健局 都内のインフルエンザ定点医療機関からの第47週(11月17日から11月23日)の患者報告数が、流行開始の目安となる定点当たり1.0人を超えました。過去5シーズンにおいて最も早い流行開始となっています。インフルエンザは例年12月から3月にかけて流行しています。今後、本格的な流行が予想されるため、インフルエンザにかからない、感染を広げないための対策を一人ひとりが心がけてください。インフルエンザ対策のポイントこまめな手洗い休養・栄養・水分

2014年10月17日QLife★フィードバック数:0ライフスタイル

保護者調査です。

予防接種に関する保護者の意識調査

株式会社QLifeトップページニュースリリース予防接種を受ける場所「かかりつけの医療機関」86.2% 90%以上の保護者が医師や看護師との相談のもと、予防接種スケジュールを策定~予防接種に関する保護者の意識調査~ 予防接種を受ける場所「かかりつけの医療機関」86.2% 90%以上の保護者が医師や看護師との相談のもと、予防接種スケジュールを策定~予防接種に関する保護者の意識調査~2014年10月17日 [金] QLifeは、子どもの予防接種について、保護者を対象とした大規模調査を行った。全国から約

2014年9月28日日経新聞★フィードバック数:0社会/政治

日経新聞のコンテンツです。

人口減少地図

© All rights reserved. 日本の人口動向を表す地図を4つ作成しました。各地図は画面右上のタブで切り替えることができます。(1)2040年の若年女性の数がどれだけ減るかを推計した地図。日本創成会議は50%以上減る自治体を「消滅可能性都市」としています。(2)2010年から14年にかけて、人口が実際にどれだけ増減したかを示した地図。(3)各自治体ごとの小学校数。(4)各自治体ごとの医療機関数。画面左側に各地図ごとのランキング上位、下位自治体を示しています。画面右上に市区町村名をい

2014年5月30日プラスアールフィードバック数:0ライフスタイル

65%の妊婦さんが「妊活」経験あり。「妊活」から妊娠に至るまでの体験談

[] ■65%の妊婦さんが「妊活」していたと回答「妊活」を行いましたか?(積極的に妊娠を意識した行動全般、不妊治療に限らず)という質問に対しては、65%の妊婦さんが「はい」と回答しました。回答時の年齢別では10代で60%、20代で62%、30代で73%、40代で83%が妊活を行ったと回答しました。積極的に妊娠を意識した行動(妊活)によって妊娠に至った人が半数以上であり、年齢が高くなるほどその傾向が強くなっていることが分かりました。「妊活」としてどんなことをしましたか?(複数回答可、N=436)と

2014年5月22日ケアレビューフィードバック数:0ライフスタイル

リハビリテーション病院・診療所 提供体制ランキング

全国のリハビリテーション医療機関(病院・診療所)のリハビリ提供体制のランキングを作成しました。各医療機関の実働人数(常勤換算人数)は各都道府県が公表している医療機能情報サイトで調査し、リハビリテーション科専門医、理学療法士、作業療法士の合計人数順にランキングしています。(合計50人以上を掲載)【情報の出典】 医療介護情報局()(2014年4月現在)▼都道府県で絞り込むことができます 無料でプレミアム機能をご利用いただける権利を、時間設定(延長)させていただきました。 ごろまでプレミアム機能をご利

2014年5月2日愛知県フィードバック数:0ライフスタイル

がん診療連携拠点病院等におけるがん患者の就労支援に関する現状等調査

がん診療連携拠点病院等におけるがん患者の就労支援に関する現状等調査の結果について がん診療連携拠点病院等におけるがん患者の就労支援に関する現状等調査の結果について 愛知県では、がん医療を担う医療機関における、がん患者の就労継続に資する取組の状況等を把握して、今後の施策の進め方に関する検討基礎資料とするとともに、集計結果を公表して、医療機関や一般県民に対してがん患者の治療と就労の両立支援の必要性等に関する理解の促進を図るため、本年2月に県内のがん診療連携拠点病院等に対してアンケート調査を行いました

2014年3月14日産労総合研究所フィードバック数:0ライフスタイル

2013年 医療機関が設定する自費料金に関する実態調査

人事・賃金・労務管理・人材開発に関する調査・研究・出版2013年 医療機関が設定する 自費料金に関する実態調査update:2014.03.10 医療経営情報研究所が発行する『医事業務』(編集長・田中利男)では、医療機関が独自に設定する自費料金の実態について、初めて調査を行いました。厚生労働省が定める「療養の給付と直接関係のないサービス等」のうち88項目の取り扱いについて明らかにしています。このほど調査結果がまとまりましたので、その概略をご報告いたします。 印刷用PDFのダウンロード2013年

2014年3月3日eヘルスケアフィードバック数:0ライフスタイル

慢性頭痛についてのアンケート

10人に4人は頭痛持ち! 病院で治療しない人が頭痛持ちの7割も・・・ 月400万人以上が利用する国内最大級の医療機関検索サイト【病院なび】を運営する株式会社eヘルスケア(本社:東京都千代田区、代表取締役:デービット・リーブレック)は、慢性頭痛についてのアンケートをインターネットで実施し、有効回答1,071を得ました。【調査概要】 調査方法:インターネットリサーチ 調査期間:2月25日~2月27日 ●慢性的な頭痛を経験したことがある人上記ではいと回答した459人に下記アンケートを実施。有効回答31

2014年2月5日日清オイリオ★フィードバック数:0ライフスタイル

日清オイリオの調査です。

第2回食物アレルギー実態調査

日清オイリオグループ 第2 回乳幼児の食物アレルギー・食事づくりに関する実態調査 約6 割が保育園や幼稚園での食物アレルギーの対応に変化があったと回答 〜3 人に1人が食物アレルギーと診断後、医療機関を受診していない現状も明らかに〜 日清オイリオグループ株式会社(社長:今村�髦Y)は、食育活動の一環として、「第20 回アレルギー週間(2月17 日〜23日)」にさきがけ、昨年に引き続き『乳幼児の食物アレルギー・食事づくりに関する実態調査』として、食物アレルギー疾患と診断されている0 歳〜5 歳ま

2014年2月3日東京都★フィードバック数:0ライフスタイル

流行警報です。

都内のインフルエンザ急速拡大「流行警報」

都内のインフルエンザ急速拡大(「流行警報」)平成26年1月30日福祉保健局 都内のインフルエンザ患者報告数は、第4週(1月20日から1月26日まで)において急速に増加し「流行警報基準」※を超えました。学校等における臨時休業措置(学級閉鎖等)の報告も前週から大幅に増加し、大きな流行となっています。インフルエンザの予防、拡大防止により一層注意するとともに、インフルエンザの感染が疑われる場合には、早めに受診し、体調管理にも十分に気をつけてください。※流行警報基準:感染症発生動向調査による定点報告におい

2014年1月24日東京都★フィードバック数:0ライフスタイル

流行拡大中です。

都内のインフルエンザ流行が注意報レベルに

都内のインフルエンザ流行が注意報レベルに平成26年1月23日福祉保健局 都内では、インフルエンザ定点医療機関からの第3週(1月13日から1月19日まで)の患者報告数が「流行注意報基準」※を超え、インフルエンザの流行が広がっています。今後、大きな流行へと拡大する可能性があるため、インフルエンザの予防、拡大防止のために、より一層注意を払っていただくことが重要です。※流行注意報基準:感染症発生動向調査による定点報告において、10人/定点(週)を超えた保健所の管内人口の合計が、東京都の人口全体の30%を

2014年1月15日大和総研フィードバック数:0ライフスタイル

診療報酬プラス改定後、効率化策に期待

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 診療報酬プラス改定後、効率化策に期待 持続可能な医療のためには大胆かつ積極的な効率化策が必要となろう ◆2013年12月20日、来年度予算編成で焦点になっていた医療機関に支払われる診療報酬の改定について、2014年4月からの消費税増税に伴う医療機関の負担を補填する分を含め、0.1%増と決まった。プラス改定は過去3回連続である。◆診療報酬の改定は医療費の伸び率に直結している。改定率がマイナスだった年は伸

2013年12月17日アイティメディア★★フィードバック数:0企業情報システム

TechTargetの調査です。

医療機関のIT導入に関する調査リポート

関連キーワード医療IT | 電子カルテ | PACS | レセプトコンピュータ | クラウドコンピューティング | 仮想化 | スマートデバイス

女性医学生向けシンポジウム開催報告 ~70%が医師の仕事と出産・育児を両立させて働く~

年度プレスリリース医療分野の子会社 メディカル・プリンシプル社 女性医学生向けシンポジウム開催報告~70%が医師の仕事と出産・育児を両立させて働く~ コンテンツの企画制作プロデュース事業、クリエイター・エージェンシー事業を行なう株式会社クリーク・アンド・リバー社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:井川 幸広)の医療分野の子会社 株式会社メディカル・プリンシプル社(本社:東京都千代田区 代表取締役:中村明 以下MP社)は、12月1日(日) 東京において、『女性医師・医学生シンポジウム』を開催い

2013年11月22日厚生労働省フィードバック数:0ライフスタイル

第19回医療経済実態調査の報告(平成25年実施)

第19回医療経済実態調査の報告(平成25年実施)第19回医療経済実態調査(医療機関等調査) 医療機関等調査:保険局医療課保険医療企画調査室(内線3276)保険者調査:保険局調査課(内線3295) PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。 〒100-8916 東京都千代田区霞が関1-2-2 電話:03-5253-1111(代表)Copyrig

2013年11月6日厚生労働省★フィードバック数:0ライフスタイル

病院や薬局の経営についての調査です。

第19回医療経済実態調査の報告(平成25年実施)

第19回医療経済実態調査の報告(平成25年実施)第19回医療経済実態調査(医療機関等調査) 医療機関等調査:保険局医療課保険医療企画調査室(内線3276)保険者調査:保険局調査課(内線3295) PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。 〒100-8916 東京都千代田区霞が関1-2-2 電話:03-5253-1111(代表)Copyrig

2013年版 医薬品開発戦略分析総合調査 第1巻

市場調査とコンサルティングのシード・プランニング調査レポート発刊のお知らせ 2013年版 医薬品開発戦略分析総合調査 第1巻[本書のポイント]国内の大手医薬品企業13社の研究開発戦略を詳細に調査◆ 決算情報は2013年3月期をもとに、組織体制・治験薬等は最新データを収録。◆ 本年度より公開が開始された透明性ガイドラインに基づく医療機関や医師に対する資金提供の情報を掲載。◆ 業績・研究・開発・製造・販売の方針・組織がわかる。市場調査・コンサルティング会社の株式会社シード・プランニング(本社:東京都

現代男性のED / ED治療薬に関するインターネット調査

「現代男性のED / ED治療薬に関するインターネット調査」 2013年7月11日 「現代男性のED / ED治療薬に関するインターネット調査」 2013年7月11日浜松町第一クリニック第一線で働く40代、企業戦士たちの約40%が勃起障害を自覚 ・病院に行かない理由は「そこまでの必要はない」「恥ずかしい」が多数 ・ED治療薬を「病院で入手」は3.7%、「それ以外」も3.1% ・ネット購入によるED治療薬服用で、約半数が体調不良に ED治療専門病院の浜松町第一クリニック(東京都港区)()は、2

2013年5月27日マイボイスコムフィードバック数:2ライフスタイル

マイボイスコム 病気の対処法

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ体の調子が悪いとき「早めに医者にかかるほう」は3割弱、「市販薬を利用し、医者にはなるべくかからないようにするほう」は4割弱、「医者も薬も、なるべく利用しないようにするほう」は2割強。風邪の対処方法は「睡眠を十分とる」「市販薬を利用する」が上位2位、「安静にする」が続く 医療機関にかからずに対処することが多い症状は「鼻水、鼻づまり」「のどの痛み」「咳」が各5〜6割で上位3位。反対に「動悸、息切れ」「耳づまり、聞こえづらい」「歯痛」などは1割以

2013年5月15日全日本病院協会フィードバック数:3ライフスタイル

医療機関と連携した在宅療養支援における情報提供・情報共有の実態把握及び地域包括的な情報システムのあり方の調査研究

医療機関と連携した在宅療養支援における情報提供・情報共有の実態把握及び地域包括的な情報システムのあり方の調査研究

医療機関の待合室におけるデジタルサイネージについての調査報告

医療機関の待合室におけるデジタルサイネージについての調査報告...| メディアで多数の記事になった注目のプレスリリース 医療機関の待合室におけるデジタルサイネージについての調査報告患者への広報番組により“患者からの質問行動が増えた”などの影響を確認 株式会社メディアコンテンツファクトリー(本社:福岡県福岡市、代表取締役:毛塚 牧人、以下 同社)は2012年12月から2013年1月にかけて、同社が全国800施設の医療機関に展開する「患者向け待合室デジタルサイネージ『メディキャスター』(以

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ