「半導体」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

2016年7月 グローバル転職求人倍率

Daijob Global Recruiting Co., Ltd. | 2016年7月 グローバル転職求人倍率1.40倍 News & Report2016/08/24電機(電気/電子/半導体)技術系で過去最高倍率。職種、業種により求人数と転職希望者数の需給バランスに偏り2016年7月 グローバル転職求人倍率1.40倍ヒューマンホールディングス株式会社の事業子会社で、バイリンガルのための転職・求人情報サイトDaijob.comを展開するダイジョブ・グローバルリクルーティング株式会社(本社:東京

2016年2月16日SEMIフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2015年のシリコンウェーハ出荷面積

プレスリリース: 2015年のシリコンウェーハ出荷面積は前年に引き続き過去最高を記録 2016年2日10日<ご参考資料>米国カリフォルニア州で2016年2月9日(現地時間)に発表されたプレスリリースの翻訳です。2015年のシリコンウェーハ出荷面積は前年に引き続き過去最高を記録SEMI(本部:米国カリフォルニア州サンノゼ)は2月9日(米国時間)、SEMI Silicon Manufacturers Group(SMG)が2015年末に実施したシリコンウェーハ業界の分析結果をもとに、2015年の世界

2015年10月23日SEMIフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

シリコンウェーハ出荷面積予測

プレスリリース: シリコンウェーハ出荷面積予測の発表 2015年10月21日<ご参考資料>米国カリフォルニア州で2015年10月20日(現地時間)に発表されたプレスリリースの翻訳です。シリコンウェーハ出荷面積予測の発表シリコンウェーハ年間出荷面積の増加は2015年~2017年も継続SEMI (本部:米国カリフォルニア州サンノゼ)は、2015年10月20日(米国時間)、半導体向けシリコンウェーハ出荷面積の年次予測を発表しました。本予測 は、2015年~2017年のシリコンウェーハの需要量見通しを提

2015年2月18日浜銀総合研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス海外

台湾電子関連企業 月次売上高(2015年1月)

調 査 速 報浜銀総合研究所調査部産業調査室2015.2.17台湾電子関連企業 月次売上高(2015年1月)売上高の水準は高く季節要因による落ち込みは軽微○3か月移動平均売上高は下向きながらも売上高は高水準を維持・世界の電子部品・デバイス市場の先行指標となる台湾の主要電子関連企業 55 社の 2015 年1月の売上高は、前年同月比 18.4%増(前月比 12.7%減)、3か月後方移動平均値では同11.7%増(前月比 3.8%減)となった(図表1、2)。3か月後方移動平均値の前年同月比は下向きの傾

2014年10月15日SEMIフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

半導体向けシリコンウェーハ出荷面積の年次予測

プレスリリース: シリコンウェーハ出荷面積予測の発表2014年10月14日<ご参考資料> 米国カリフォルニア州で2014年10月6日(現地時間)に発表されたプレスリリースの翻訳です。シリコンウェーハ出荷面積予測の発表 2014年~2016年のシリコンウェーハ出荷面積は増加 SEMI (本部:米国カリフォルニア州サンノゼ)は、2014年10月6日(米国時間)、半導体向けシリコンウェーハ出荷面積の年次予測を発表しました。本予測は、2014年~2016年のシリコンウェーハの需要量見通しを提供するもので

2013年12月2日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

セクター分析(産業別利益動向)

セクター分析(産業別利益動向)前回鉄鋼今回コメント中国鋼材市況の上昇や、自動車メーカー向け鋼材の値上げ実施、コスト削減進展が、業績の下支え要因となり今後1年間は増益となる見通し。非鉄・電線電線業界は北米・新興国向けの光ファイバー需要が持続するが、競争環境は厳しい。電子材料等の需要に減速感はあるが、自動車向けは回復が見込まれる。非鉄業界は金属市況の影響を大きく受けるが、総じて今後1年程度は横ばいとなる見通し。化学石油化学は、供給過剰や中国需要の減速を背景にアジア市場のマージンが低迷、今後も収益の持

2013年11月21日日本電機工業会★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

市場データも含むパンフレットです。

伸びゆくインバータ 2014年版

INVERTER2014重 201304 5K(2013.10)産 5200 汎用インバータは、パワーデバイスや制御技術の進展による継続的な製品開発により、産業界の合理化・省エネルギーのニーズにこたえる産業用モータ可変速装置としての需要の拡大、さらに産業機器高付加価値ニーズも相まって発展を遂げてまいりました。 その需要は、2012 年に欧州の景気減退や中国の景気減速の世界経済の不況により、一時落ち込みましたが、その後米国の経済成長、円安による輸出関連の伸びにより回復基調にあります。今後も国内市場

2013年11月3日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

セクター分析(産業別利益動向)

セクター分析(産業別利益動向)前回鉄鋼今回コメント中国鋼材市況の上昇や、自動車メーカー向け鋼材の値上げ実施、コスト削減進展が、業績の下支え要因となり今後1年間は増益となる見通し。非鉄・電線電線業界は北米・新興国向けの光ファイバー需要が持続するが、競争環境は厳しい。電子材料等の需要に減速感はあるが、自動車向けは回復が見込まれる。非鉄業界は金属市況の影響を大きく受けるが、総じて今後1年程度は横ばいとなる見通し。化学石油化学は、供給過剰や中国需要の減速を背景にアジア市場のマージンが低迷、今後も収益の持

携帯電話用システムLSI――台湾・中国系が席巻済み

携帯電話機の心臓といえる半導体は、つい最近まで米国や欧州の企業のシェアが非常に高い分野でした。しかし、それはとうに過去の話。3Gと2G(データ通信が遅いGSM方式)を合算したベースバンドLSIの出荷個数では、台湾の聯発科技(メディアテック、MediaTek)がトップシェアになっています。 多くの方にとって、メディアテックの半導体がたくさん使われているという事実は想像しにくいかもしれません。先進国の携帯電話機にはあまり使われていないからです。同社が出荷する5億個ほどのベースバンドLSIのうち、半数

2012年1月24日内閣府フィードバック数:2社会/政治

輸出の動向

今週の指標 No.1020 輸出の動向ポイント2012年1月23日輸出数量指数(季節調整済、対世界)は、東日本大震災(以下、震災)による減少後、持ち直しの動きが続いていたが、10月から3か月移動平均で減少に転じている(図1)。本稿では、いかなる要因でこのような輸出の鈍化が生じているのかを検討・整理する。まず、輸出数量全体の動きを概観すると、欧州金融不安の影響を受けたEU向けの急激な減少、中国における市況の悪化による中国向けの減少、円高の影響、タイの洪水被害の影響によるASEAN向けの減少が大きく

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ