「南欧国債」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2015年1月19日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

ギリシャと、その南欧国債への影響

リサーチ TODAY2015 年 1 月 19 日ギリシャと、その南欧国債への影響常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創昨年を振り返れば、債券投資家からみて欧州の債券市場のパフォーマンスが最も優れていた。それは、世界的な金利低下に、欧州、なかでも南欧債のスプレッド縮小に伴う金利低下が加わったことでダブルのメリットを受けたからだ。今後、南欧国債の動向はどのような要因に左右されるかが注目される。みずほ総合研究所は南欧国債の利回りがどのような要因に左右されているかを分析した1。下記の図表は南欧国債

2013年5月31日みずほ総合研究所フィードバック数:1社会/政治海外

[みずほ欧州経済情報]2013年5月号

みずほ欧州経済情報2013年5月号[欧州経済の概況][トピック:イタリア財政問題を中心としたユーロ圏内外情勢の注目点]◆6月はユーロ圏が諸課題に結論を出すと設定した期限であり、EU首脳会議の議論の行方が注目される。このうち、財政政策に関しては、緊縮一辺倒から景気に配慮し、赤字削減目標の緩和が決定されると見込まれる。◆他方、イタリアでは新政権の財政政策には不透明さが燻る。歳出削減により財源を捻出して減税等を実施する方針だが、十分な財源を確保できるのかは不明瞭のままである。◆政策方針次第ではイタリア

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

特集データ

特集INDEXへ

お知らせ