「南欧諸国」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2014年7月15日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

ポルトガル・ショックで銀行規制強化が再燃か?

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 ポルトガル・ショックで銀行規制強化が再燃か?レバレッジがかかる南欧銀行への警鐘 2014年7月15日ロンドンリサーチセンター シニアエコノミスト 菅野 泰夫◆7月10日、ポルトガルの上場最大手銀行であるバンコ・エスピリト・サント(BSE)の株価が急落し、欧州では銀行の信用不安が再燃する兆しが表れた。翌日以降、市場は安定を取り戻したが、そもそも欧州債務危機以降、南欧諸国の銀行の構造的な問題が解決したわけ

2014年6月23日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

2年前を振り返り、欧州問題の本質はなんだったのか

リサーチ TODAY2014 年 6 月 23 日2年前を振り返り、欧州問題の本質はなんだったのか常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創次の図表は今から2年以上前、欧州債務危機の真只中の時期にTODAY1で用いてきたユーロ圏の経常収支の不均衡からの改善を示す概念図である。ユーロ圏では大きな不均衡が存在するなか、その正常化を行うには、理屈上図表①で均衡に向かうべくマクロ策を行うか、図表②であくまでも不均衡を所与にしながらも黒字国から赤字国への財政平衡(再配分)制度を作るかのどちらかとなると考え

国債利回りの低下が示すユーロ圏の「平常モード」

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年4月18日国債利回りの低下が示すユーロ圏の「平常モード」 ユーロ圏各国の長期金利が軒並み低下傾向にあります。最近の債券市場では、ドイツの10年国債利回りが昨年5月以来11ヵ月ぶりに1.5%を下回ったほか、欧州債務危機に揺れた南欧諸国でも、イタリアの国債利回りが統計をさかのぼれる範囲内では過去最低水準となり、スペインの国債利回りは約8年半ぶりの低水準まで低下しました。こうした背景には、ECB(欧州中央銀行)がインフレの減速につなが

南欧からの移民、債務危機で激増―OECD「移民アウトルック2013」

経済協力開発機構(OECD)は6月、「移民アウトルック2013」を発表した。債務危機に直面する南欧諸国からの移民流出数の激増が最大特徴だ。報告書は、「選択的受入れ」の方針に基づき、高度人材の獲得を図る各国の戦略も紹介している。OECD諸国への永住型の移民は約385万人(2011年)であった。前年を約2.1%上回ったものの、400万人を超えていた2007、2008年頃よりは低い水準である。OECD 以外からの移民で、最も巨大な供給源となっているのは中国で、2011年には52.9万人が流入している。

2013年4月26日みずほ総合研究所フィードバック数:1社会/政治海外

[みずほ欧州経済情報]2013年4月号

みずほ欧州経済情報2013年4月号[欧州経済の概況][トピック:今年も「ユーロ圏は春以降に失速する」パターンを辿るのか?]◆今年に入りユーロ圏企業業況が低下に転じ、「ユーロ圏景気は春先以降に減速感が強まる」という過去数年のパターンとの類似性がみられる。イタリアの政局不安など新たな問題が噴出したことも例年と同じである。◆これまでと大きく異なる点もある。南欧のソブリン債市場が安定していることだ。ECBのOMTや南欧の経常収支改善への安心感が背景とみられ、現状、金融不安の再燃によるユーロ圏景気の失速懸

2013年4月23日みずほ総合研究所フィードバック数:1社会/政治海外

欧州は「皆がドイツの歌を歌えばいい」のか

リサーチ TODAY2013 年 4 月 23 日欧州は「皆がドイツの歌を歌えばいい」のか常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創下記の図表は欧州経済をフォーカスしたみずほ総合研究所のリポートで示された、独仏伊の賃金上昇率の推移である1。ドイツでは一部の業種で2~3%の賃上げ率で妥結しており、昨年に続き今年も高めの賃上げが続くと見込まれる。家計所得の拡大を通じて個人消費が支えられ、ドイツ経済が堅調に回復すると期待される。2000年代前半、EU加盟が決定した東欧へのドイツ企業の移転が加速し、ドイ

2013年1月29日内閣府フィードバック数:2社会/政治

欧州金融システム:南欧諸国等向け与信の動向

今週の指標 No.1057 南欧諸国等向け与信の動向 ポイント2013年1月28日1月21日に公表された国際決済銀行(BIS)の2012年7~9月期のデータによると、南欧諸国等向け与信残高は同四半期に前期比▲2.2%(4~6月期同▲7.6%)と、減少幅は縮小したものの2四半期連続で減少し、08年初のピークの半分以下に落ち込んだ(図1)。11年半ば以降、公的部門や金融機関、民間非金融企業のいずれに対する与信も圧縮されている(図2)。こうした中で南欧諸国等の金融機関の資金調達環境は依然厳しく、ユーロ

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ