「危険性」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年11月26日日本自動車連盟★★フィードバック数:0社会/政治

シートベルト着用状況全国調査

会員数1,882万人。JAFは健全なくるま社会の発展に貢献します。 一般道路の後席シートベルト着用率は3年連続で35.1%。 改善の兆し無く、今なお低い、後席シートベルト着用意識 JAF(一般社団法人日本自動車連盟 会長 小栗七生)と警察庁は合同で、10月1日(木)〜10月10日(土)までの間、「シートベルト着用状況全国調査」を実施し、その結果を公表しました。全国883箇所で調査した結果によると、後部座席でのシートベルト着用率は、一般道路で3年連続の35.1%にとどまりました。一方、高速道路等に

自転車通学についての意識・認識実態調査

自転車通学についての意識・認識実態調査交通ルールを無視した通学時の自転車運転が原因となる事故をめぐる問題が注目されています。自転車を利用する機会の多い、中高生が被害者・加害者になるケースが増えていることから、自転車の安全利用促進委員会では、9月26日~27日に、自転車通学や自転車の活用実態について、当事者である高校生100名と見守る立場である主婦500名の回答を集計いたしました。この調査の結果下記のようなことがわかりました。【疑問視される自転車の「ルール・マナー」の浸透!特に、学生の運転マナーに

2015年8月16日BBソフトサービス★★フィードバック数:0社会/政治

インターネット詐欺リポート(2015年7月度)

誰にでもわかりやすく。情報セキュリティ、情報モラルのリテラシー向上を目指す人のための情報サイト。 インターネット詐欺リポート(2015年7月度)2015年08月14日 このリポートについてBBソフトサービスの「Internet SagiWall™(インターネットサギウォール)」で検知したデータを基にした、2015年7月度のインターネット詐欺リポートです。このリポートは、日本のインターネット利用者が直面するネット詐欺の脅威とネット詐欺に対する注意喚起を目的として、「Internet SagiWa

2015年6月5日デジタルブティックフィードバック数:0大型消費/投資

「抱っこひも」について

妊娠初期症状から出産・育児、不妊などのお悩み解決まず初めに、現在育児中の方に「抱っこひも」を使っているかどうか(お子さんが小さかった頃に使っていたかどうか)について伺ったところ、抱っこひもを「使用している(使用していた)」と答えた方は全体の92%でした。 抱っこひもを「使用している(使用していた)」と回答した方に『抱っこひもの形態』をお聞きしたところ、縦抱きの抱っこひもを使用の方が全体の86%と大半を占めました。抱っこひもの使用経験がある方478人に、抱っこひもを使用中に危険な経験をしたことがあ

2014年12月18日警察庁フィードバック数:0社会/政治

犯罪による収益の移転の危険性の程度に関する評価書

犯罪による収益の移転の危険性の程度に関する評価書

2014年11月19日日本自動車連盟★フィードバック数:0大型消費/投資

JAFの調査です。

シートベルト着用状況全国調査

会員数1,888万人。JAFは健全なくるま社会の発展に貢献します。 後席シートベルト着用率は高速道路で初めて70%を超える。一般道路の着用率は半数の35.1%と低迷。 JAF(一般社団法人日本自動車連盟 会長 小栗七生)と警察庁は合同で、10月1日(水)〜10月10日(金)までの間、「シートベルト着用状況全国調査」を実施し、その結果を公開しました。 全国883箇所で調査した結果によると、後部座席でのシートベルト着用率は、高速道路において2002年の合同調査開始以来、初めて70%を超え70.3%(

2014年11月16日警察庁フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

ビル等におけるエネルギー管理システムが踏み台となる危険性について

ビル等におけるエネルギー管理システムが踏み台となる危険性について

2014年9月26日Ipsos★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス海外

中国の自動車部品産業についてのレポートです。

2019年までに倍増する中国の自動車部品市場、偽造の危険性が増加

イプソスは、生活者、マーケット、ブランド、社会に旺盛な好奇心を持っています。変化する世界をシンプルに素早くナビゲートし、クライアントの皆様のより賢明なビジネスディシジョンをサポートします。

2013年11月20日日本自動車連盟フィードバック数:0大型消費/投資

後部座席でのシートベルト着用率 一般道路は依然低く35.1%

会員数1,891万人。JAFは健全なくるま社会の発展に貢献します。 後部座席でのシートベルト着用率一般道路は依然低く35.1%JAF(一般社団法人日本自動車連盟 会長 小栗七生)と警察庁は合同で、10月1日(火)〜10月10日(木)までの間、「シートベルト着用状況全国調査」を実施し、その結果を公開しました。全国883箇所で調査した結果によると、後部座席のシートベルト着用率は、前年をわずかに上回り、一般道路が35.1%(前年33.2%)、高速道路が68.2%(前年65.4%)となりました。一方、運

2013年9月18日東京都★フィードバック数:0社会/政治

東京の危険度マップです。

地震に関する地域危険度測定調査(第7回)

最終更新日:平成29(2017)年11月28日地震に関する地域危険度測定調査(第7回) 地域危険度測定調査は、東京都震災対策条例(当時は震災予防条例)に基づき、概ね5年ごとに行っており、7回目となる今回は、都内の市街化区域の5,133町丁目について、各地域における地震に関する危険性を、建物の倒壊及び火災について測定しました。 本調査では、地震の揺れによる以下の危険性を町丁目ごとに測定しています。●建物倒壊危険度(建物倒壊の危険性)●火災危険度(火災の発生による延焼の危険性)●総合危険度(建物倒壊

外国人アンケート調査結果のご案内 ~震災後の日本のイメージについて~

外国人アンケート調査結果のご案内外国人アンケート調査結果のご案内 ~震災後の日本のイメージについて~東日本大震災とそれに伴う原発事故は海外でも大きな関心を集めています。震災後訪日する外国人数は大きく減少しました。最近は回復傾向にあるもののまだ震災前の水準には戻っていません。また、日本産の農産物が放射性物質により汚染されているという報道もあり観光以外の日本の産業にもダメージを与えているようです。 クロスインデックスでは、外国人が震災後の日本にどういったイメージを持っているのかを調査し、主に以下のよ

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
 

お知らせ