「卸売業」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年3月14日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

全国企業倒産集計2017年2月報

2017年 2月報倒産件数は664件、5カ月ぶりの前年同月比増加 負債総額は1158億5500万円、3カ月連続の前年同月比減少 主要ポイント■倒産件数は664件で、前月比で12.4%の増加、前年同月比でも1.2%の微増となり、5カ月ぶりに前年同月を上回った。負債総額は1158億5500万円で、前月比で1.3%増加したものの、前年同月比では25.3%の減少となり、3カ月連続で前年同月を下回った■業種別に見ると、7業種中4業種で前年同月を上回った。このうち、不動産業(29件、前年同月比45.0%増)

2017年3月7日国土交通省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

建設工事受注動態統計調査(大手50社 平成29年1月分)

建設工事受注動態統計調査(大手50社 平成29年1月分)について 平成29年2月28日民間工事は、不動産業、卸売業,小売業、製造業等が増加したため、対前年同月比18.6%増加し、 4ヶ月連続で増加した。 総計は、同1.1%増加し、2ヶ月連続で増加した。 国土交通省総合政策局情報政策課建設経済統計調査室  TEL:03-5253-8111 (内線28-611、28-613) PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Acrobat Readerが必要です。左のアイコンをク

2017年2月5日東京都フィードバック数:0社会/政治

東京都中小企業の景況 平成29年1月調査

ここから本文です。東京都中小企業の景況 平成29年1月調査都内中小企業の景況調査の結果がまとまりましたのでお知らせいたします。12月の景況業況:わずかに後退見通し:引き続き静観12月の都内中小企業の業況DI(業況が「良い」とした企業割合-「悪い」とした企業割合)は、当月▲30(前月▲28)と2ポイント減少、わずかに後退した。今後3か月間(1~3月)の業況見通しDI(当月(12月)に比べて「良い」とした企業割合-「悪い」とした企業割合)は、当月▲17(前月▲17)と横ばいで推移、平成28年8月(▲

2017年1月24日東京商工会議所フィードバック数:0社会/政治

東商けいきょう集計結果2016年度10~12月期

0 -5 ▲ 3.5業況DIの推移(前年同期比・全業種)東商けいきょう集計結果 2016年度10~12月期 ▲ 5.5(中小企業の景況感に関する調査) ▲ 7.3 ▲ 10.3-10 -152016年12月13日 中 小 企 業 部東京の景況は一部持ち直しがみられる。先行きは改善の見込み。~売上・採算は改善。BtoB取引を中心に回復がみられる。~0業況DIの推移(前年同期比・全業種) 前年同期前回見通し-5-10 -15 -20▲ 8.5▲ 7.4業 況 売 上 採 算資金繰り(前年同期比) (

2017年1月3日東京都フィードバック数:0社会/政治

東京都中小企業の景況 平成28年12月調査

ここから本文です。東京都中小企業の景況 平成28年12月調査都内中小企業の景況調査の結果がまとまりましたのでお知らせいたします。11月の景況業況:13か月ぶりに▲20台に戻す見通し:模様眺めの状態続く11月の都内中小企業の業況DI(業況が「良い」とした企業割合-「悪い」とした企業割合)は、当月▲28(前月▲34)と6ポイント増加、13か月ぶりに▲20台に戻した。今後3か月間(12~2月)の業況見通しDI(当月(11月)に比べて「良い」とした企業割合-「悪い」とした企業割合)は、当月▲17(前月▲

2016年12月15日東京商工リサーチフィードバック数:0社会/政治

「暴力団排除条例」施行後の取り組みに関する企業アンケート調査

「暴力団排除条例」施行後の取り組みに関する企業アンケート調査 公開日付:2016.12.06 暴力団への利益供与を禁じた「暴力団排除条例」(以下、暴排条例)が全都道府県で施行されて、10月で丸5年を迎えた。暴排条例は暴力団の資金源を断つことが目的で、暴力団の資金獲得への寄与は社会的に許されない。企業は、暴力団など反社会的勢力からの不当要求を排除し、一切の関係遮断を求められている。違反すると場合により社名公表を含むペナルティーを科せられ、信用失墜が避けられず経営への大きなリスクになる。こうした動き

2016年12月12日国土交通省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

建設工事受注動態統計調査(大手50社 平成28年10月分)

建設工事受注動態統計調査(大手50社 平成28年10月分)について 平成28年11月30日民間工事は、サービス業、卸売業,小売業、不動産業等が増加したため、対前年同月比24.4%増加し、 先月の減少から再び増加した。 総計は、同15.2%増加し、3ヶ月連続で増加した。 国土交通省総合政策局情報政策課建設経済統計調査室  TEL:03-5253-8111 (内線28-611、28-613) PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Acrobat Readerが必要です。

2016年12月2日東京都フィードバック数:0社会/政治

東京都中小企業の景況 平成28年11月調査

ここから本文です。東京都中小企業の景況平成28年11月調査都内中小企業の景況調査の結果がまとまりましたのでお知らせいたします。10月の景況業況:模様眺め見通し:前月と同水準で推移10月の都内中小企業の業況DI(業況が「良い」とした企業割合-「悪い」とした企業割合)は、当月▲34(前月▲33)とほぼ横ばいで推移、模様眺めとなった。今後3か月間(11~1月)の業況見通しDI(当月(10月)に比べて「良い」とした企業割合-「悪い」とした企業割合)は、当月▲18と前月(▲18)と同水準で推移した。業種別

2016年11月8日国土交通省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

建設工事受注動態統計調査(大手50社 平成28年9月分)

建設工事受注動態統計調査(大手50社 平成28年9月分)について 平成28年10月31日 民間工事は、不動産業、運輸業,郵便業、卸売業,小売業等が減少したため、対前年同月比9.2%減少し、先月の増加から再び減少した。総計は、同16.3%増加し、2ヶ月連続で増加した。 国土交通省総合政策局情報政策課建設経済統計調査室  TEL:03-5253-8111 (内線28-611、28-613) PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Acrobat Readerが必要です。左

2016年11月2日東京都フィードバック数:0社会/政治

東京都中小企業の景況 平成28年10月調査

ここから本文です。東京都中小企業の景況 平成28年10月調査都内中小企業の景況調査の結果がまとまりましたのでお知らせいたします。9月の景況業況:横ばいで様子を伺う見通し:小休止9月の都内中小企業の業況DI(業況が「良い」とした企業割合-「悪い」とした企業割合)は、当月▲33と前月(▲33)から変化がなく、横ばいで様子を伺う状況となった。今後3か月間(10~12月)の業況見通しDI(当月(9月)に比べて「良い」とした企業割合-「悪い」とした企業割合)は、当月▲18(前月▲18)と横ばいで推移し、上

2016年10月7日東京商工リサーチ★★フィードバック数:0社会/政治

「中小企業の業績」動向調査(2016年3月期決算)

「中小企業の業績」動向調査(2016年3月期決算) 公開日付:2016.09.30 2016年3月期決算で、資本金1億円未満の中小企業の売上高総額は前期比0.9%増だった。だが、増収企業は48.6%にとどまり、2015年9月期45.0%、2015年12月期40.2%と四半期別決算では改善を見たものの、依然として5割に届いていない。資本金1億円以上の大企業の売上高総額は前期比1.5%減で、2四半期連続でマイナスとなった。中小企業の利益総額は、前期比11.8%減と大幅に悪化した。一方、大企業は同3.

2016年10月5日東京商工会議所フィードバック数:0社会/政治

東商けいきょう集計結果(中小企業の景況感に関する調査)2016年7~9月期

東商けいきょう集計結果(中小企業の景況感に関する調査)2016年7~9月期 平成28年9月27日東京商工会議所中小企業部東京商工会議所(三村明夫会頭)はこの度、中小企業の景況感をより正確に把握することを目的に、標記調査を実施しました。調査期間は、2016年8月20日から9月1日まで、対象は東京23区の中小企業2,408社。調査はFAXおよび聴き取りで行い、回答数は764社(回答率31.7%)。今回は、付帯調査として「賃金の動向」を併せて実施しております。 【東京の景況は低下傾向続く。回復を見込

2016年10月3日東京都フィードバック数:0社会/政治

東京都中小企業の景況 平成28年9月調査

ここから本文です。東京都中小企業の景況平成28年9月調査都内中小企業の景況調査の結果がまとまりましたのでお知らせいたします。8月の景況業況:4か月ぶりに上向く見通し:2か月連続で改善8月の都内中小企業の業況DI(業況が「良い」とした企業割合-「悪い」とした企業割合)は、当月▲33(前月▲36)と3ポイント増加、4か月ぶりに上向いた。今後3か月間(9~11月)の業況見通しDI(当月(8月)に比べて「良い」とした企業割合-「悪い」とした企業割合)は、当月▲18(前月▲22)と4ポイント増加、2か月連

2016年9月15日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

全国企業倒産集計2016年8月報

2016年 8月報倒産件数は688件、6カ月ぶりの前年同月比増加 負債総額は1317億7700万円、2カ月連続の前年同月比増加主要ポイント■倒産件数は688件で、前月比では2.8%の減少、前年同月比では10.1%の増加となった。6カ月ぶりに前年同月を上回ったものの、依然として低水準が続いている。負債総額は1317億7700万円で、前月比3.0%の増加、前年同月比でも36.6%の増加となり、2カ月連続で前年同月を上回った■業種別に見ると、7業種中5業種で前年同月を上回った。なかでも、機械器具卸売業

2016年9月1日東京都フィードバック数:0ビジネス

東京都中小企業の景況 平成28年8月調査

ここから本文です。東京都中小企業の景況 平成28年8月調査都内中小企業の景況調査の結果がまとまりましたのでお知らせいたします。7月の景況業況:弱含みで推移見通し:3か月ぶりに上向く7月の都内中小企業の業況DI(業況が「良い」とした企業割合-「悪い」とした企業割合)は、当月▲36(前月▲35)と3か月連続で下向き、弱含みで推移した。今後3か月間(8~10月)の業況見通しDI(当月(7月)に比べて「良い」とした企業割合-「悪い」とした企業割合)は、当月▲22(前月▲24)と2ポイント増加、3か月ぶり

2016年8月3日東京都フィードバック数:0社会/政治

東京都中小企業の景況 平成28年7月調査

東京都中小企業の景況平成28年7月22日産業労働局 都内中小企業の景況調査の結果がまとまりましたのでお知らせいたします。6月の景況業況:鈍い動き見通し:先行きに厳しい見方◎6月の都内中小企業の業況DI(業況が「良い」とした企業割合−「悪い」とした企業割合)は、当月▲35(前月▲34)と、わずかに下げて鈍い動きとなった。今後3か月間(7〜9月)の業況見通しDI(当月(6月)に比べて「良い」とした企業割合−「悪い」とした企業割合)は、当月▲24(前月▲19)と5ポイント減少し、先行きに厳しい見方とな

2016年7月6日国土交通省フィードバック数:0社会/政治

建設工事受注動態統計調査(大手50社 平成28年5月分)について

建設工事受注動態統計調査(大手50社 平成28年5月分)について 平成28年6月30日 民間工事は、卸売業,小売業、不動産業、運輸業,郵便業等が増加したため、対前年同月比51.9%増加し、先月の減少から再び増加した。総計は、同34.5%増加し、先月の減少から再び増加した。 国土交通省総合政策局情報政策課建設経済統計調査室  TEL:(03)5253-8111 (内線28-611,28-613) PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Acrobat Readerが必要

2016年7月5日神戸市フィードバック数:0社会/政治

神戸の商業―平成26年商業統計調査結果―

神戸の商業―平成26年商業統計調査結果―記者資料提供(平成28年6月28日) 企画調整局政策企画部政策調査課 岡野,立石,石井 TEL:078-322-5033 内線:2328 E-MAIL:toukeikaiseki@office.city.kobe.lg.jp神戸市統計報告(平成28年度 No.2)神戸の商業―平成26年商業統計調査結果―  平成26年7月1日現在で実施された平成26年商業統計調査において神戸市の結果が得られましたので,平成26年における神戸市の卸売業,小売業について紹介いた

2016年6月29日東京都フィードバック数:0ビジネス

東京都中小企業の景況 平成28年6月調査

東京都中小企業の景況平成28年6月22日産業労働局 都内中小企業の景況調査の結果がまとまりましたのでお知らせいたします。5月の景況業況:わずかに悪化見通し:足踏み状態続く◎5月の都内中小企業の業況DI(業況が「良い」とした企業割合−「悪い」とした企業割合)は、当月▲34(前月▲31)と3ポイント減少し、わずかに悪化した。今後3か月間(6〜8月)の業況見通しDI(当月(5月)に比べて「良い」とした企業割合−「悪い」とした企業割合)は、当月▲19(前月▲18)とほぼ横ばいで推移し、足踏み状態が続いて

2016年6月28日東京商工会議所フィードバック数:0社会/政治

東商けいきょう集計結果(中小企業の景況感に関する調査)2016年4~6月期

東商けいきょう集計結果(中小企業の景況感に関する調査)2016年4~6月期 平成28年6月21日東京商工会議所中小企業部東京商工会議所(三村明夫会頭)はこの度、中小企業の景況感をより正確に把握することを目的に、標記調査を実施しました。調査期間は、2016年5月21日から6月1日まで、対象は東京23区の中小企業2,545社。調査はFAXおよび聴き取りで行い、回答数は813社(回答率31.9%)。今回は、付帯調査として「設備投資の動向」を併せて実施しております。 【東京(中小企業)の景況は横ばい圏

2016年5月29日東京都★フィードバック数:0社会/政治

東京都中小企業の景況 平成28年5月調査

東京都中小企業の景況平成28年5月24日産業労働局 都内中小企業の景況調査の結果がまとまりましたのでお知らせいたします。4月の景況 業況:前月より4ポイント改善見通し:改善への期待感が一服◎4月の都内中小企業の業況DI(業況が「良い」とした企業割合−「悪い」とした企業割合)は、当月▲31と、前月(▲35)より4ポイント増加とやや改善した。今後3か月間(5〜7月)の業況見通しDI(当月(4月)に比べて「良い」とした企業割合−「悪い」とした企業割合)は、当月▲18(前月 ▲19)とほぼ横ばいとなり、

2016年5月19日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

ASEAN進出企業実態調査

2016/5/17ASEAN進出企業実態調査ASEAN進出の日本企業は1万1,328社〜 製造業、卸売業で約7割、サービス業では小規模企業の進出も目立つ〜はじめに2015年12月31日、東南アジア諸国連合(ASEAN)に加盟する10カ国が、域内貿易自由化や市場統合を目指し、広域経済共同体「ASEAN経済共同体(AEC)」を発足させて5カ月が経過した。インドネシアやタイなど、東南アジア地域の主要国が参加し、域内総人口約6億人、名目GDPは約2兆ドル、域内総貿易額は2.1兆ドルにものぼる巨大な経済圏

2016年4月4日東京都フィードバック数:0社会/政治

東京都中小企業の景況 平成28年3月調査

東京都中小企業の景況平成28年3月調査平成28年3月23日産業労働局 都内中小企業の景況調査の結果がまとまりましたのでお知らせいたします。2月の景況業況:横ばい見通し:慎重な見方続く ◎2月の都内中小企業の業況DI(業況が「良い」とした企業割合−「悪い」とした企業割合)は、当月▲34と、前月(▲34)と比べて変化がなく横ばいとなった。今後3か月間(3〜5月)の業況見通しDI(当月(2月)に比べて「良い」とした企業割合−「悪い」とした企業割合)は、当月▲25(前月▲23)と2ポイント減少、4か月連

2016年2月29日東京都フィードバック数:0社会/政治

東京都中小企業の景況 平成28年2月調査

東京都中小企業の景況平成28年2月23日産業労働局 都内中小企業の景況調査の結果がまとまりましたのでお知らせいたします。1月の景況業況:3か月連続で悪化見通し:先行き懸念◎1月の都内中小企業の業況DI(業況が「良い」とした企業割合−「悪い」とした企業割合)は、当月▲34(前月▲31)と3ポイント減少し、3か月連続で悪化した。今後3か月間(2〜4月)の業況見通しDI(当月(1月)に比べて「良い」とした企業割合−「悪い」とした企業割合)は、当月▲23(前月▲19)と4ポイント減少、やや後退し先行きが

2016年2月11日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

全国企業倒産集計2016年1月報

倒産件数は678件、3カ月ぶりの前年同月比減少負債総額は1330億4700万円、3カ月ぶりの前年同月比減少 ■倒産件数は678件で、前月比2.3%の減少、前年同月比でも4.2%減少となった。負債総額は1330億4700万円で、前月比65.5%の大幅減少となり、前年同月比でも16.9%の減少。件数、負債総額とも3カ月ぶりに前年同月比が減少■業種別に見ると、7業種中4業種で前年同月を下回り、なかでも運輸・通信業(14件、前年同月比61.1%減)などは前年同月比大幅減となった。一方、建設業(1

2016年2月11日東京商工リサーチフィードバック数:0社会/政治

2016年1月の全国企業倒産675件

倒産件数が675件 1月としては25年ぶりの700件割れ 2016年(平成28年)1月度の全国企業倒産(負債額1,000万円以上)は、件数が675件、負債総額は1,269億2,700万円だった。は、前年同月比6.3%減(46件減)で2カ月ぶりに前年同月を下回った。前月は、船舶運航管理会社グループ39社が同時に会社更生手続きの開始決定を受けた特殊要因もあって9カ月ぶりに前年同月を上回った。しかし、当月は1月では1991年(645件)以来、25年ぶりの700件割れで依然として低水準な基調に変わりがな

2016年1月29日東京商工リサーチフィードバック数:0社会/政治

2015年「アパレル販売業」の倒産状況

公開日付:2016.01.27 2015年のアパレル販売業の倒産は474件(前年比4.6%増)で、2年連続で前年を上回った。卸・小売ともに取扱い品では子供・婦人服が最多、負債額別では1億円未満が約7割、形態別では破産が8割以上を占め、資金余裕の乏しい小・零細規模の倒産を中心に展開した。474件のうち、チャイナリスクに起因する倒産は25件発生し、円安の影響を受けた倒産は38件だった。倒産全体は減少傾向をたどり沈静化しているが、アパレル業界は競合激化に加えて、中国の人件費高騰などコストアップ要因の影

2016年1月27日東京都フィードバック数:0ビジネス

東京都中小企業の景況 平成28年1月調査

東京都中小企業の景況平成28年1月25日産業労働局 都内中小企業の景況調査の結果がまとまりましたのでお知らせいたします。12月の景況業況:模様眺め見通し:弱含み◎12月の都内中小企業の業況DI(業況が「良い」とした企業割合−「悪い」とした企業割合)は、当月▲31(前月▲30)とほぼ横ばいで、模様眺めとなった。今後3か月間(1〜3月)の業況見通しDI(当月(12月)に比べて「良い」とした企業割合−「悪い」とした企業割合)は、当月▲19(前月▲15)と4ポイント減少し、弱含みで推移した。○業種別の業

2016年1月15日東京商工リサーチフィードバック数:0社会/政治

2015年(平成27年)の全国企業倒産8,812件

2015年(平成27年)の全国企業倒産(負債総額1,000万円以上)は8,812件、負債総額が2兆1,123億8,200万円だった。は、前年比9.4%減(919件減)。7年連続で前年を下回り、1990年(6,468件)以来、25年ぶりに9,000件を割り込んだ。月次ベースでは、年間を通して1回も900件には達せず、倒産抑制がより際立った。要因としては、金融機関が中小企業のリスケ要請に柔軟に応じるなどの金融支援や、大手輸出企業を中心とした業績拡大に牽引される形で景気が底上げされていることも影響した

2015年10月21日東京都★★フィードバック数:0社会/政治

「東京都就業者数の予測」の概要

「東京都就業者数の予測」の概要平成27年10月21日総務局 この予測は、平成22年10月1日現在の国勢調査結果を基に、平成27(2015)年、32(2020)年、37(2025)年、42(2030)年及び47(2035)年における東京都の昼間就業者数(従業地による就業者数)について、区市町村ごとに、産業別、職業別、産業・職業別及び男女、年齢階級別に予測したものです。平成47年の東京都の昼間就業者数は738万人(男性444万人、女性294万人)平成22年に比べ80万人の減少(男性56万人減、女性2

2015年10月9日東京商工リサーチ★フィードバック数:0社会/政治

「チャイナリスク」関連倒産調査

「チャイナリスク」関連倒産調査(9月、2015年度上半期) 公開日付:2015.10.08 世界第2位の経済大国に成長した中国。潜在的な市場が魅力だが、景気減速や商習慣の違いなど「チャイナリスク」が高まっている。2015年度上半期(4-9月)に「チャイナリスク」を要因とする企業倒産は43件(前年同期30件)発生した。9月単月では、調査を開始してから最多となる11件だった。上半期の負債総額は、上場企業の倒産が2件発生したため2,117億2,000万円となり、前年同期(80億9,200万円)から大幅

2015年8月10日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

アパレル関連業者の倒産動向調査

2015/8/10アパレル関連業者の倒産動向調査小売の倒産2000年以降最多のペース〜 円安の影響本格化懸念 〜はじめに総務省が発表する家計調査報告によると、今年1月以降の消費支出は5月を除き前年同月比で実質減少となるなど、消費の回復は思うように進んでいない。このうち「被服及び履物」への支出は消費増税から1年が経過した4〜5月はプラスに転じたものの、6月はマイナス13.3%と再び2ケタの減少に転落した。為替相場も1ドル=120円台での推移が続いており、アパレル企業のコストを押し上げるなか、価格転

2015年7月24日東京都フィードバック数:0ビジネス

東京都中小企業の景況 平成27年7月調査

東京都中小企業の景況平成27年7月23日産業労働局 都内中小企業の景況調査の結果がまとまりましたのでお知らせいたします。6月の景況業況:再び上向く見通し:改善への期待感が続く◎6月の都内中小企業の業況DI(業況が「良い」とした企業割合−「悪い」とした企業割合)は、当月▲24(前月▲27)と3ポイント増加、わずかに改善し再び上向いた。今後3か月間(7〜9月)の業況見通しDI(当月(6月)に比べて「良い」とした企業割合−「悪い」とした企業割合)は、当月▲13(前月▲14)と2か月連続してほぼ横ばいで

2015年6月22日東京都フィードバック数:0社会/政治

東京都中小企業の景況-平成27年6月調査

東京都中小企業の景況平成27年6月調査平成27年6月22日産業労働局 都内中小企業の景況調査の結果がまとまりましたのでお知らせいたします。5月の景況業況:横ばいで様子を伺う見通し:模様眺め◎5月の都内中小企業の業況DI(業況が「良い」とした企業割合−「悪い」とした企業割合)は、当月▲27(前月▲27)と横ばいで変化がなく、前月の改善から様子を伺う状況となった。今後3か月間(6〜8月)の業況見通しDI(当月(5月)に比べて「良い」とした企業割合−「悪い」とした企業割合)は、当月▲14(前月▲13)

2015年6月8日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

2013年度の倒産発生率 5年連続で前年水準を下回る

2013年度の倒産発生率 5年連続で前年水準を下回る 公開日付:2015.06.08 2015年3月公表の国税庁統計法人税表(平成25年度分)に基づく普通法人の2013年度の全国倒産発生率は0.34%(前年度比0.04ポイント低下)で、5年連続で前年水準を下回った。2013年度の企業倒産は、「中小企業金融円滑化法」の終了に伴い実施された中小企業金融モニタリング体制の効果や、金融機関が中小企業のリスケ要請に応じたことで全国的に抑制され、倒産発生率もこれを反映する結果になった。本調査は、2013年度

2015年6月7日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

第8回「円安関連倒産」の動向調査

2015年6月5日円安倒産、17カ月連続の前年同月比増加〜 12年半ぶりの125円台突破で、今後のさらなる増加を懸念 〜 6月2日の円相場は一時、約12年半ぶりに1ドル=125円台となり、5月下旬から10日あまりで5円も円安が進んだ。3日以降、こうした急激な動きは一服しているが、短期間で急速に円相場が変動したことで、昨年末から続く円安の影響を受けた関連倒産のさらなる増加が懸念される。帝国データバンクは、2013年1月から2015年5月までの倒産企業(負債1000万円以上、法的整理のみ)の中か

2015年6月4日東京都フィードバック数:0ビジネス

第3次産業活動指数・全産業活動指数(27年3月分)

「東京都第3次産業活動指数」「東京都全産業活動指数」(平成27年3月分)平成27年6月3日総務局 都内の第3次産業及び産業全体の活動状況を総合的にとらえることを目的とした「東京都第3次産業活動指数」及び「東京都全産業活動指数」の平成27年3月分を公表します。平成27年3月の動向は、以下のとおりです。第3次産業活動指数(平成17年平均=100.0) 第3次産業活動指数は前年同月比1.5%の上昇 3月の第3次産業活動指数は、前年同月比で1.5%上昇し、120.6となった。上昇した業種(大分類) 運輸

2015年5月31日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

京都府の休廃業・解散動向調査(2014年度)

2015年5月22日特別企画 : 京都府の休廃業・解散動向調査(2014年度) 2014年度の「休廃業・解散」は499件〜 前年度比1.6%減、倒産件数の1.9倍 〜 2014年度の京都府の企業倒産件数(法的整理、負債1000万円以上)は、263件と過去10年で最少を記録した。公共工事に支えられ建設業の倒産が大幅に減少したほか、中小企業金融円滑化法の期限到来後も金融機関の支援が継続していることで、倒産の抑制状態が続いた結果である。このように政策的な支援により「倒産」という形で“ハードランディン

2015年5月25日東京都フィードバック数:0社会/政治

東京都中小企業の景況-平成27年5月調査

東京都中小企業の景況―平成27年5月調査―平成27年5月25日産業労働局 都内中小企業の景況調査の結果がまとまりましたのでお知らせいたします。4月の景況業況:ほぼ横ばいから上向く見通し:改善への期待感が一服◎4月の都内中小企業の業況DI(業況が「良い」とした企業割合−「悪い」とした企業割合)は、当月▲27(前月▲35)と8ポイント増加した。全業種・全規模で改善し、ほぼ横ばいから上向き、昨年10月の水準に戻した。今後3か月間(5〜7月)の業況見通しDI(当月(4月)に比べて「良い」とした企業割合−

2015年5月13日日本商工会議所フィードバック数:0社会/政治

LOBO調査2015年4月

○調査期間:2015年4月15日〜21日○調査対象:全国の422商工会議所が3003企業にヒアリング(内訳)建設業 464 製造業 713 卸売業 325 小売業 715 サービス業 786○調査項目:今月の売上・採算・業況等についての状況(DI値を集計) および自社が直面する問題等※DI値についてDI値は、売上・採算・業況などの各項目についての、判断の状況を表す。ゼロを基準として、プラスの値で景気の上向き傾向を 表す回答の割合が多いことを示し、マイナスの値で景気の下向き傾向を表す回答の割合が多

2015年5月1日国土交通省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

建設工事受注動態統計調査(大手50社 平成27年3月分)

建設工事受注動態統計調査(大手50社 平成27年3月分)について 平成27年4月30日 民間工事は、サービス業、電気・ガス・熱供給・水道業、卸売業,小売業等が増加したため、対前年同月比39.3%増加し、5ヶ月連続増加した。総計は、同10.8%増加し、6ヶ月連続増加した。 国土交通省総合政策局情報政策課建設経済統計調査室統計調整係  TEL:(03)5253-8111 (内線28-611,28-613) PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Acrobat Reade

2015年4月23日東京都フィードバック数:0社会/政治

東京都中小企業の景況-平成27年4月調査-

東京都中小企業の景況平成27年4月22日産業労働局 都内中小企業の景況調査の結果がまとまりましたのでお知らせいたします。3月の景況業況:5か月間ほぼ動きなし見通し:全業種・全規模で改善への期待◎3月の都内中小企業の業況DI(業況が「良い」とした企業割合−「悪い」とした企業割合)は、当月▲35(前月▲35)と横ばいで、昨年11月(▲35)以降5か月間ほぼ動きがみられない。今後3か月間(4〜6月)の業況見通しDI(当月(3月)に比べて「良い」とした企業割合−「悪い」とした企業割合)は、当月▲11(前

2015年4月1日日本商工会議所フィードバック数:0社会/政治

LOBO調査2015年3月

トップページ > ニュースライン > 業況DIは、前年の反動から足元では一服も、持ち直しに向けた動きが続く(LOBO調査2015年3月結果) ニュースライン業況DIは、前年の反動から足元では一服も、持ち直しに向けた動きが続く(LOBO調査2015年3月結果)2015年3月31日 14:00日本商工会議所が31日に発表した3月の商工会議所LOBO(早期景気観測)調査結果によると、3月の全産業合計の業況DIは、▲24.7と、前月から▲3.0ポイントの悪化。ただし、比較対象の前年同月は、駆け込み需要を

2015年3月30日宮崎県フィードバック数:0社会/政治

平成24年経済センサス活動調査

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。 ここから本文です。更新日:2015年3月30日平成24年経済センサス-活動調査結果平成24年経済センサス-活動調査(確報)宮崎県の概要(1)事業所数事業所数で、全産業に占める割合が最も高い産業は、「卸売業,小売業」、次いで「宿泊業,飲食サービス業」、「建設業」などとなっている。 また、前回調査と比較し、「卸売業,小売業」や「建設業」など多くの産業で減少してい

2015年3月23日東京都フィードバック数:0社会/政治

東京都中小企業の景況-平成27年3月調査-

東京都中小企業の景況平成27年3月23日産業労働局 都内中小企業の景況調査の結果がまとまりましたのでお知らせいたします。2月の景況業況:依然として足踏み状態続く見通し:一時後退から戻す◎2月の都内中小企業の業況DIは、当月▲35(前月▲36)とほぼ横ばいで推移、11月(▲35)以降の4か月間ほとんど動きがみられず、依然として足踏み状態が続いている。今後3か月間(3〜5月)の業況見通しDIは、当月▲18(前月▲22)と4ポイント増加、8月(▲19)以降の静観から前月一時後退したものの、ゆり戻した。

2015年3月19日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

防犯・監視カメラ関連業者158社の経営実態調査

2015/3/19防犯・監視カメラ関連業者158社の経営実態調査防犯・監視カメラ関連業者の市場拡大が加速 〜 売上高規模800億円を突破 〜はじめに世界中で頻発するテロや多様化する犯罪。ここ数年、世界的にセキュリティー意識の高まりを見せ、テロや防犯対策の手段として防犯・監視カメラに熱い視線が注がれている。日本でも2020年に開催される東京五輪に向けたセキュリティー対策の強化として、監視カメラの拡充が見込まれる。 こうした市場の拡大予想に合わせ、2月10日にはキヤノンが監視カメラ世界最大手のアクシ

2015年2月27日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

「東北6県への進出企業」調査

公開日付:2015.02.26 2011年3月11日の東日本大震災発生以降、震災復興に向けて交通インフラ整備や住宅建設も進み、企業が営業所や店舗を設置するなど東北地区へ多くの企業が進出した。東日本大震災発生から4年後の東北地区への企業の進出状況を調査した。東北6県以外に本社を置き、東北6県に事業所を設置する企業は1万5,611社で、進出企業の事業所総数は4万700件にのぼった。前回の2011年調査より企業数・事業所数ともに2ケタの増加率となった。進出企業の7割は関東に本社を置き、県別事業所数では

2015年2月27日北海道★フィードバック数:0社会/政治

北海道のまとめです。

統計でみる北海道のすがた2014

最終更新日:2016年11月08日(火)統計でみる北海道のすがた統計課以外のデータに関する質問等については、各機関等へ直接お問い合わせ願います。人口密度(可住地面積1キロ平方メートル当たり) 生産年齢人口割合[15~64歳](対総人口) 県内総生産[実質]対前年増加率(平成17暦年基準) 商業年間商品販売額[卸売業+小売業](従業者1人当たり) 商業年間商品販売額[卸売業+小売業](1事業所当たり) 歳出決算総額(人口1人当たり)[県財政+市町村財政合計] 地方債現在高の割合(対歳出決

2015年2月23日東京都フィードバック数:0社会/政治

東京都中小企業の景況-平成27年2月調査-

東京都中小企業の景況平成27年2月23日産業労働局 都内中小企業の景況調査の結果がまとまりましたのでお知らせいたします。1月の景況業況:引き続き横ばい見通し:静観からわずかに後退◎1月の都内中小企業の業況DIは、当月▲36(前月▲36)と先月に引き続き横ばいとなる。今後3か月間(2〜4月)の業況見通しDIは、当月▲22(前月▲19)と3ポイント減少、8月(▲19)以降の静観からわずかに後退した。○業種別の業況DIをみると、製造業(▲30→▲30)は横ばい、下降傾向が沈静化したほか、卸売業(▲41

2015年2月1日日本商工会議所フィードバック数:0社会/政治

LOBO調査2015年1月

トップページ > ニュースライン > 業況DIは、6カ月ぶりに改善。先行きは期待感みられるも、慎重な見方続く(LOBO調査2015年1月結果) ニュースライン業況DIは、6カ月ぶりに改善。先行きは期待感みられるも、慎重な見方続く(LOBO調査2015年1月結果)2015年1月30日 14:00日本商工会議所が30日に発表した1月の商工会議所LOBO(早期景気観測)調査結果によると、1月の全産業合計の業況DIは、▲25.9と、前月から+3.8ポイントの改善。特に、都市部での回復が全体を押し上げた。

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ