調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 厚生労働省

「厚生労働省」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2016年12月24日宮城県フィードバック数:0社会/政治

高齢者虐待に関する調査(平成27年度分)

高齢者虐待に関する調査結果について(平成27年度分) 担当課保健福祉部長寿社会政策課 地域包括ケア推進班(内線2552) 担当:菊地,岡本※電話番号が内線表記になっている場合のお問い合わせ先は,022-211-○○○○(○の4桁が内線番号)となります。高齢者虐待に関する調査結果について(平成27年度分) 厚生労働省による高齢者虐待対応状況等の全国調査について,県分の調査結果がまとまりましたので公表します。 調査対象期間:平成27年4月1日から平成28年3月31日まで ※全国データは,後日厚生労働

2016年5月24日文部科学省フィードバック数:0社会/政治

平成28年3月高等学校卒業者の就職状況(平成28年3月末現在)に関する調査

現在位置トップ > 会見・報道・お知らせ > 報道発表 > 平成28年度の報道発表 > 平成28年3月高等学校卒業者の就職状況(平成28年3月末現在)に関する調査について 平成28年3月高等学校卒業者の就職状況(平成28年3月末現在)に関する調査について平成28年5月20日 文部科学省では、28年3月大学等卒業者及び高等学校卒業者の就職状況を調査し、このほど状況を取りまとめましたので、公表いたします。なお、大学等(大学、短期大学、高等専門学校及び専修学校)の調査は厚生労働省と共同で行いました。

2016年1月6日山口県フィードバック数:0社会/政治

平成27年労働組合基礎調査

平成27年労働組合基礎調査の結果について平成27年 (2015年) 12月 28日1 調査の概要この調査は、我が国のすべての労働組合を対象として、組合員数、加盟組織系統等の状況を調査し、労働組合組織の実態を明らかにすることを目的として、厚生労働省からの委託により昭和22年から実施しているもので、今回公表するのは、県内労働組合の集計結果です。2 調査時期平成27年6月30日現在の状況について同年7月に調査を実施した。3 調査結果の概要(1) 山口県内の労働組合数は751組合(前年760組合)、労働

2015年10月21日東京都★★フィードバック数:0社会/政治

26年東京都人口動態統計年報(確定数)

平成26年 東京都人口動態統計年報(確定数)平成27年10月20日福祉保健局 このたび東京都は、厚生労働省が公表した「平成26年人口動態統計(確定数)の概況」(9月3日発表)の結果をもとに、東京都分を集計しましたので、お知らせいたします。主な内容出生出生数は110,629人で、前年より643人増加した。20歳代の出生数は減少、30歳代及び40歳代の出生数は増加した。なお、30歳代の出生数は平成24年から3年連続で増加、40歳〜44歳の出生数は平成9年から18年連続で増加している。合計特殊出生率は

2015年6月9日高知県フィードバック数:0社会/政治

平成26年度介護報酬改定・研究調査の結果(最終版)

平成26年度介護報酬改定・研究調査の結果(最終版)について 厚生労働省より情報提供があったのでお知らせいたします。 PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。Adobe Readerダウンロード

2015年5月29日国土交通省フィードバック数:0キャリアとスキル

トラックドライバーの人材確保・育成に向けて

厚生労働省・国土交通省が取りまとめた、「トラックドライバーの人材確保・育成に向けて」を公表します 平成27年5月28日 国土交通省は、本日、厚生労働省と「トラックドライバーの人材確保・育成に関する国土交通省・厚生労働省連絡会議」を開催し、トラックドライバーの人材確保・育成に向けた対応策を取りまとめましたので、公表します。トラック運送事業者の多くが中小企業であること、トラックドライバーの就業環境が長時間労働、低賃金となっていること、また就業者に中高年齢層の占める割合が高く、若年就業者の割合が低い

2015年3月28日農林水産省フィードバック数:0社会/政治

平成25年度 水産物中のダイオキシン類の実態調査

「平成25年度 水産物中のダイオキシン類の実態調査」の結果について 農林水産省は、平成25年度に実施した水産物中のダイオキシン類の実態調査の結果を取りまとめました。 1. 調査の背景農林水産省は、「ダイオキシン対策推進基本指針」(平成11年3月ダイオキシン対策関係閣僚会議決定)及び「食品の安全性に関する有害化学物質サーベイランス・モニタリング中期計画」(平成18年4月20日、平成22年12月22日公表。以下「中期計画」という。)に基づき、農畜水産物中のダイオキシン類濃度の実態を調査していま

2014年10月24日東京都★フィードバック数:0社会/政治

年間のまとめです。

25年東京都人口動態統計年報(確定数)

平成25年 東京都人口動態統計年報(確定数)東京都の合計特殊出生率 1.13、前年より上昇平成26年10月23日福祉保健局 このたび東京都は、厚生労働省が公表した「平成25年人口動態統計(確定数)の概況」(9月11日発表)の結果をもとに、東京都分を集計しましたので、お知らせいたします。主な内容出生出生数は109,986人で、前年より2,585人増加した。20歳代の出生数は減少、30歳代、40歳代の出生数は増加した。なお、40歳〜44歳の出生数は平成9年から17年連続増えている。合計特殊出生率は1

厚生労働省所轄社会福祉法人財務諸表(2012年度)の集計結果

2014.10.16厚生労働省所轄社会福祉法人財務諸表(2012年度)の集計結果  1951年に社会福祉法人制度が発足して以来一度も業界全体の財務諸表の集計が行われていないため、財務面から見た社会福祉法人の実態が不明のまま推移してきた。そこで、政府が社会福祉法人に対し2013年度の財務諸表を開示することを要請、厚生労働省が集計分析作業に着手している。しかし、その結果が公表されるのは2015年春以降の見込みである。 一方、社会保障審議会福祉部会、規制改革会議等では社会福祉法人制度改革が活発に審議

2014年9月4日大和総研フィードバック数:0社会/政治

介護問題:外国人に来てもらうか、それとも自分が出ていくか

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 介護問題:外国人に来てもらうか、それとも自分が出ていくか 2014年9月4日アジア事業開発グループ シニアコンサルタント 齋藤 哲史核家族化や少子化が進行する社会では、要介護者を施設に入所させて、専門家が集中的にケアを提供する方が効率的である。しかしながら我が国では、訪問介護や訪問看護といった居宅サービスが中心であり、特別養護老人ホームのような施設サービスは補完的な役割にとどまっている。介護保険におけ

2014年6月12日浜銀総合研究所フィードバック数:0社会/政治

厚生労働省「平成25年度社会福祉推進事業」(地域継続計画(DCP)の観点を取り入れた事業継続計画のあり方に関する調査研究事業)

厚生労働省「平成25年度社会福祉推進事業」(地域継続計画(DCP)の観点を取り入れた事業継続計画のあり方に関する調査研究事業)

2014年5月11日マインドシェアフィードバック数:0ライフスタイル

「マタニティマーク」つけてた?  つけていてよかった?

マタニティマークは、妊娠初期には妊娠しているかどうかがわかりづらく、 妊婦に対する配慮が得られにくいという声を受けて、 妊婦がこのマークを身につけることで、周囲が妊婦に対する心づかいを しやすくなるための手助けとなるように作られたものです。 一般的には、厚生労働省が2006年に定めた、 ママと赤ちゃんがデザインされたマークのことを指します。ママたちにマタニティマークをつけたことがあるかどうか、聞いてみました。『マタニティマーク、つけたことある?』 1位 「ある」80% 2位 「ない」20%「ある

2014年3月25日NTTレゾナントフィードバック数:0大型消費/投資

みんなの毎月の貯金額ランキング

「みんなどれくらい貯金があるのかな…?」と気になるのに質問しづらいお金のこと。平成22年の厚生労働省の調査によると、1世帯当たりの平均貯蓄額は 1078万6千円だそうです。年齢や家族構成によって貯金のペースは違いますが、1000万円を貯めるのは簡単ではありません。今回はみなさんに月々の貯金額で一番近い額を選んでもらいました。1位はなんと《0円》。毎月一定額を貯金するのではなく、賞与などのタイミングで貯金する人が多いのでしょうか。自分では全く貯金をしていないという人でも、会社の財形貯金で定期的に天

2014年1月6日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0ライフスタイル

介護ロボットの「モニター調査(実証試験等)」が本格化 -「要」となる厚生労働省・テクノエイド協会の実用化支援事業

介護ロボットの「モニター調査(実証試験等)」が本格化 -「要」となる厚生労働省・テクノエイド協会の実用化支援事業 | ニッセイ基礎研究所 介護ロボットの「モニター調査(実証試験等)」が本格化 -「要」となる厚生労働省・テクノエイド協会の実用化支援事業 社会研究部 准主任研究員 青山 正治基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 厚生労働省・(公益財団法人)テクノエイド協

2013年11月27日みずほ総合研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

日本の賃金は本当に上がらないのか

リサーチ TODAY2013 年 11 月 27 日日本の賃金は本当に上がらないのか常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創先週のTODAYで、円安にも関わらずなぜ輸出の伸びが鈍いのかという論点を取り上げた。今日、さらに日本経済に関し議論になる論点の一つに、日本の賃金は本当に上がらないのかという点がある1。足元、日本企業の収益は改善が示され、安倍政権は政労使協議の場などで産業界に賃上げを要請している。また、一部の企業経営者からは賃上げに前向きな発言も聞こえている2。下記の図表に示されるように春

2013年10月25日東京都フィードバック数:0社会/政治

平成24年 東京都人口動態統計年報(確定数)

平成24年 東京都人口動態統計年報(確定数) ―東京都の合計特殊出生率1.09、前年より上昇―平成25年10月24日福祉保健局 このたび東京都は、厚生労働省が公表した「平成24年人口動態統計(確定数)の概況」(9月5日発表)の結果をもとに、東京都分を集計しましたので、お知らせいたします。主な内容出生出生数は107,401人で、前年より1,374人増加した。20歳代の出生数は減少、30歳代、40歳代の出生数は増加した。なお、40歳〜44歳の出生数は平成9年から16年連続増えている。合計特殊出生率は

2013年6月6日第一生命保険フィードバック数:0キャリアとスキル

毎月勤労統計(2013年4月) ~所定外給与が7ヶ月ぶりの前年比プラス~

Economic Indicators定例経済指標レポート指標名:毎月勤労統計(2013年4月)発表日:2013年6月4日(火)~所定外給与が7ヶ月ぶりの前年比プラス~第一生命経済研究所 経済調査部担当 エコノミスト 星野 卓也TEL:03-5221-4526(単位:%)現金給与総額所定内前年比前年比2012年2013年常用雇用者数総労働時間一般前年比前年比パート前年比所定内前年比前年比所定外前年比1月▲ 1.2▲ 0.30.5▲ 0.12.20.00.00.62月3月4月0.10.90.20.

2013年5月31日第一生命保険フィードバック数:5キャリアとスキル

労働需給のミスマッチはどこで生じているか? ~雇用を考える1:職業訓練・紹介の拡充等の優先度が高い~

Economic Trendsマクロ経済分析レポートテーマ:労働需給のミスマッチはどこで生じているか?発表日:2013年5月29日(水)~雇用を考える①:職業訓練・紹介の拡充等の優先度が高い~第一生命経済研究所 経済調査部副主任エコノミスト 鈴木将之(03-5221-4547)(要旨)○ 成長戦略において、雇用改革は柱の 1 つとして議論されている。失業の背景をとらえるために UV分析を行ったところ、労働需要不足を原因とした失業が足もとで減っている一方で、求人・求職者間での労働力の属性の不一致に

2013年4月4日日本総研★フィードバック数:2キャリアとスキル

夏のボーナスの見通しです。

2013年夏季賞与の見通し

No.2013-22013年4月3日http://www.jri.co.jp2013年夏季賞与の見通し― 一人当たり支給額が3年ぶりのプラスへ ―(1)今夏の賞与を展望すると民間企業の一人当たり支給額は前年比+0.4%と夏季賞与としては3年ぶりのプラスに転じる見込み(図表1)。(*)厚生労働省「毎月勤労統計」事業所規模5人以上ベース。(2)背景には、円高修正の動きなどを受けた2012年度下期の企業収益の持ち直し(図表2)。加えて、政府による賃上げ要請、個人の購買力強化をめざす小売企業等の賃金戦略

2013年4月2日みずほ情報総研フィードバック数:1ライフスタイル

“働く世代のがん”の現状

“ 働 く 世 代 の が ん ”の 現 状 ― 仕事と治療の両立を考える ―社会動向レポート“ 働 く 世 代 の が ん ”の 現 状― 仕事と治療の両立を考える ―社会政策コンサルティング部コンサルタント志岐 直美働く世代のがん罹患者にとって、仕事と治療の両立は大きな課題の1つである。本稿では、がん罹患者の就労に関する現状や課題を整理するとともに、課題解決に向けた方向性について検討した。難くない。それゆえに、「がん告知」は死刑宣はじめに告に等しいものと受けとめられていたのだろ2003年に放

最近の統計調査より(ビジネス・レーバー・トレンド2013年2月号)

最近の統計調査より最 近 の 統 計調査より70調査・解析部12月11日~1月10日に公表された主な労働関係統計 (月次統計を除く)◆職場のパワーハラスメントに関する実態調査(注)   12月12日(厚生労働省)・過去3年間にパワーハラスメントに該当する事案のあった企業は回答企業全体の32.0%であった。・ 過去3年間にパワーハラスメントを受けたことがあると回答した者は回答者全体の25.3%であった。(注)企業調査と従業員調査からなる。平成24年の7月から9月にアンケート調査が行われ、企業調査は

2013年2月20日みずほ総合研究所フィードバック数:10キャリアとスキル

希望者全員を65歳まで雇用義務化~高齢者が活躍できる職場の創設と人材育成が課題~

みずほインサイト政 策2013 年 2 月 20 日希望者全員を 65 歳まで雇用義務化政策調査部上席主任研究員高齢者が活躍できる職場の創設と人材育成が課題03-3591-1308堀江奈保子naoko.horie@mizuho-ri.co.jp○ 2013年4月1日に高年齢者雇用安定法の改正法が施行され、段階的に希望者全員を65歳まで雇用することが企業に義務付けられる○ みずほ総研の試算では、60~64歳の雇用者増により、2025年度の人件費は現行比1.4兆円増加する。これは法改正の影響より、年

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ