調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 原子力発電

「原子力発電」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2016年11月29日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成27年度(2015年度)エネルギー需給実績(速報)

平成27年度(2015年度)エネルギー需給実績を取りまとめました(速報) 資源エネルギー庁は、各種エネルギー関係統計等を基に、平成27年度の総合エネルギー統計速報を作成し、エネルギー需給実績として取りまとめました。1.エネルギー需給実績(速報)のポイント (1)需要動向 最終エネルギー消費は、前年度比1.8%減となり5年連続で減少。 減少は、省エネの進展や前年度以上の冷夏・暖冬等が要因。・部門別に見ると、企業・事業所他部門が同1.5%減(その内業務他部門は同5.6%減)、家庭部門が同3.3%

2015年6月25日トレンダーズフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

「日本における気候変動や地球温暖化対策への意識」に関するレポート

トレンド総研のプレスリリース/広報・PR情報温暖化対策のターニングポイントになる、2015年12月COP21に向けて…G7サミットの認知・関心とは?ポイントとなる“ベストミックス”について、調査を実施温暖化対策のターニングポイントになる、2015年12月COP21に向けて…G7サミットの認知・関心とは?ポイントとなる“ベストミックス”について、調査を実施生活者の意識・実態に関する調査を行うトレンド総研では、先日開催された主要7カ国首脳会議(G7サミット)の首脳宣言の内容を受けて、日本における気候

2015年4月24日電力中央研究所★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

コストの分析です。

再生可能エネルギー発電の大量導入時の発電費用の評価

再生可能エネルギー発電の大量導入時の発電費用の評価要約 2015年4月現在、総合資源エネルギー調査会 基本政策分科会 長期エネルギー需給見通し小委員会でエネルギーミックスが検討されており、CO2を排出しない再生可能エネルギー発電(再エネ発電)と原子力発電の比率が論点の一つになっている。本報告では、再エネ発電と原子力発電の比率を変化させ、2030年の発電費用への影響を評価する。評価には、太陽光発電等の大量導入時のLFC(負荷周波数調整)確保や火力電源・蓄電の運転モードを考慮して、全国大で2030年

2015年3月17日トレンダーズ★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

意識調査です。

「電力・エネルギー問題」に関するレポート

トレンド総研のプレスリリース/広報・PR情報~「今、岐路に立つ、日本のエネルギー計画」・第2弾~ 震災から4年、「電力・エネルギー問題」の実態を探る 求められる“S+3E”とは!? 研究者・秋元氏が解説~「今、岐路に立つ、日本のエネルギー計画」・第2弾~ 震災から4年、「電力・エネルギー問題」の実態を探る 求められる“S+3E”とは!? 研究者・秋元氏が解説生活者の意識・実態に関する調査を行うトレンド総研(東京都渋谷区)では、先日3月3日(火)に「“エネルギー自給率”と“エネルギーセキュリティ”

日本のエネルギー事情です。

原子力発電と日本のエネルギー需給

原子力発電と日本のエネルギー需給

エネルギー基本計画を巡る議論(前編)

今後20年を睨みつつ、2018-2020年頃を主要な改革期間とする「エネルギー基本計画」が、2014年4月に閣議決定された。原子力発電を巡る混乱が続く中、基本計画は必ずしも決着までの道のりを描ききってはいない。本稿はその前編として、エネルギー政策の変遷とエネルギー基本計画の位置づけ、主要課題と論点について整理する。1.エネルギー基本計画の位置づけ社会はエネルギー政策について、供給の安定性、経済性、環境配慮そして安全性と、相互に背反する要請を強めており、エネルギー行政には微妙なバランスが求められて

2014年4月17日会計検査院フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス海外

欧米主要国における原子力発電等に対する国の関与と会計検査に関する調査研究

欧米主要国における原子力発電等に対する国の関与と会計検査に関する調査研究

2014年4月4日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成24年度発電用原子炉等利用環境調査(諸外国における原子力発電及び核燃料サイクル動向調査) 報告書

平成24年度発電用原子炉等利用環境調査(諸外国における原子力発電及び核燃料サイクル動向調査) 報告書

2013年10月3日経済産業省★★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

エネルギー需給についての推移データです。

平成24年度(2012年度)エネルギー需給実績

平成24年度(2012年度)エネルギー需給実績をとりまとめました(速報) 資源エネルギー庁は、各種エネルギー関係統計等を基に、エネルギー需給実績の速報を取りまとめました。【10月2日差し替え】資料に下記のとおり誤記がありましたので発表資料を差し替えました。資料1ページ中【誤】 1.エネルギー需給実績(確報)のポイント【正】 1.エネルギー需給実績(速報)のポイント【誤】 ③エネルギー起源の二酸化炭素排出量は、原子力発電の順次停止、化石燃料消費量増加等により前年度比+2.8%で増加しました(19

2013年7月20日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成23年度発電用原子炉等利用環境調査(諸外国における原子力発電及び核燃料サイクル動向調査)最終報告書

平成23年度発電用原子炉等利用環境調査(諸外国における原子力発電及び核燃料サイクル動向調査)最終報告書

2013年7月20日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成23年度発電用原子炉等利用環境調査(原子力発電に係る法令等に関する調査)結果報告書

平成23年度発電用原子炉等利用環境調査(原子力発電に係る法令等に関する調査)結果報告書

2013年6月30日中央調査社★フィードバック数:2社会/政治

時系列推移が見られます。

原発の安全性・脱原発・再稼動に対する世論の動向 ―「原子力発電に関する意識調査」2011年5月調査から2013年1月調査―

トップページ > 中央調査報 > 原発の安全性・脱原発・再稼働に対する世論の動向 ―「原子力発電に関する意識調査」2011年5月調査から2013年1月調査―■「中央調査報(No.668)」より ■ 原発の安全性・脱原発・再稼働に対する世論の動向―「原子力発電に関する意識調査」2011年5月調査から2013年1月調査―時事通信社と中央調査社は、2011年3月の東日本大震災・東電福島第一原発事故後、原子力発電に対する世論の動向を探るため、同年5月より、原発の安全性への評価、脱原発の賛否、原発の再稼働

2013年3月14日時事通信社★フィードバック数:7製造業/エレクトロニクス

原発についての世論です。

原子力発電に関する意識調査

原子力発電に関する意識調査

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ