「原材料費」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年9月25日リクルートフィードバック数:0キャリアとスキル

外食産業における人件費や原材料費の高騰に伴う昨今の価格改定やプレミアムメニュー投入について、カスタマーの受容性やニーズに関するアンケート

「外食の値上げ感じる」は60%、コスト高に一定の理解 平均的と思う価格は「牛丼・牛めし」422円、「ラーメン」650円「プレミアムメニュー」には36%が興味あり 2015年09月17日株式会社リクルートライフスタイル 株式会社リクルートライフスタイル(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:淺野健)に設置された「食」に関する調査・研究機関「ホットペッパー グルメ リサーチセンター」は、外食産業における人件費や原材料費の高騰に伴う昨今の価格改定やプレミアムメニュー投入について、カスタマーの受容性や

印刷産業10年分析1/3

株式会社ブレイン・リサーチ&マーケティングはビジネスやマーケットのレポートを通して、貴社のパートナーである会社です。 〒103-0027 東京都中央区日本橋3丁目2番14号新槇町ビル別館第一2階 2014年8月19日印刷産業 10年分析 (1/3)平成14年から平成24年の10年間/26%出荷額が減少――印刷産業、ここ10年の推移 ―― 印刷産業はここ十数年、非常に厳しい状況に置かれている。出荷額の下降トレンドは、我が国のGDPとの乖離を毎年強めている。平成24年(2012年)の工業統計では、

印刷産業10年分析3/3 従業者規模別

株式会社ブレイン・リサーチ&マーケティングはビジネスやマーケットのレポートを通して、貴社のパートナーである会社です。 〒103-0027 東京都中央区日本橋3丁目2番14号新槇町ビル別館第一2階 2014年8月27日印刷産業 10年分析(3/3) 従業者規模別の動向事業所規模別/規模の大小に関わらず厳しかった10年――4人以上の事業所は依然減少 ――  平成24年調査の印刷業の事業所数(従業者3人以下事業所含む)は、28,247事業所で、平成23年との対前年比プラス8.0%となり、2009年以

2015年5月13日日本商工会議所フィードバック数:0社会/政治

LOBO調査2015年4月

業況DIは、横ばい圏内の動き。先行きも不透明感から、慎重な見方変わらず12月の全産業合計の業況DIは、▲15.7と、前月から▲0.8ポイントのほぼ横ばい。建設業や設備投資に加え、自動車や産業用機械関連が堅調に推移する状況が続いているほか、インバウンドを含む冬の観光需要の増加を指摘する声も聞かれた。他方、人手不足の影響拡大や原材料費の上昇、根強い消費者の節約志向が引き続き中小企業のマインドに影響を及ぼしており、業況改善に向けた動きには足踏み状況が見られる。 付帯調査テーマ 業況DIは、3カ月

2014年11月12日日本商工会議所フィードバック数:0社会/政治

LOBO調査2014年10月

業況DIは、横ばい圏内の動き。先行きも不透明感から、慎重な見方変わらず12月の全産業合計の業況DIは、▲15.7と、前月から▲0.8ポイントのほぼ横ばい。建設業や設備投資に加え、自動車や産業用機械関連が堅調に推移する状況が続いているほか、インバウンドを含む冬の観光需要の増加を指摘する声も聞かれた。他方、人手不足の影響拡大や原材料費の上昇、根強い消費者の節約志向が引き続き中小企業のマインドに影響を及ぼしており、業況改善に向けた動きには足踏み状況が見られる。 付帯調査テーマ 業況DIは、3カ月

2014年10月1日日本商工会議所フィードバック数:0社会/政治

LOBO調査2014年9月

業況DIは、回復に遅れ。先行きは不透明感を拭えず、横ばい圏内の動き10月の全産業合計の業況DIは、▲17.2と、前月から▲1.2ポイントの悪化。台風21号や全国的な異常気象の影響による農産物の出荷量減少・価格上昇により卸売業の業況感が悪化した。中小企業の景況感は、産業用機械や自動車、電子部品関連、建設業の堅調な動きに下支えされているものの、燃料費・原材料費の上昇や深刻な人手不足、最低賃金改定による人件費の上昇、根強い消費者の節約志向が足かせとなっており、回復に遅れがみられる。 付帯調査テーマ

2014年3月6日日本商工会議所フィードバック数:0社会/政治

LOBO調査2014年2月

業況DIは、横ばい圏内の動き。先行きも不透明感から、慎重な見方変わらず12月の全産業合計の業況DIは、▲15.7と、前月から▲0.8ポイントのほぼ横ばい。建設業や設備投資に加え、自動車や産業用機械関連が堅調に推移する状況が続いているほか、インバウンドを含む冬の観光需要の増加を指摘する声も聞かれた。他方、人手不足の影響拡大や原材料費の上昇、根強い消費者の節約志向が引き続き中小企業のマインドに影響を及ぼしており、業況改善に向けた動きには足踏み状況が見られる。 付帯調査テーマ 業況DIは、3カ月

2014年1月8日日本商工会議所フィードバック数:0社会/政治

早期景気観測調査(2013年12月調査)

業況DIは、足踏み。先行きは懸念材料多く、慎重な見方が続く2月の全産業合計の業況DIは、▲18.1と、前月から▲2.1ポイントの悪化。民間工事を中心とする建設業の底堅い動きに加え、インバウンド需要が堅調に推移したものの、根強い消費者の節約志向により売上が伸び悩んだ飲食・宿泊業を中心に、サービス業の業況感が悪化した。また、暖冬に伴う農産物の出荷量増加・価格下落により、卸売業の業況悪化を指摘する声が聞かれた。深刻な人手不足の影響拡大や原材料費の高止まりによる収益圧迫が中小企業のマインドを下押ししてお

2013年12月5日日本商工会議所フィードバック数:0社会/政治

早期景気観測調査(2013年11月調査)

業況DIは、ほぼ横ばいで推移。先行きは不透明感増す中、慎重な見方が続く1月の全産業合計の業況DIは、▲16.0と、前月から▲0.3ポイントのほぼ横ばい。民間工事や設備投資、自動車関連を中心とした生産、インバウンドを含む観光需要は堅調に推移した。他方、根強い消費者の節約志向に加え、暖冬により冬物商材の動きが鈍く、売上が伸び悩んでいるとの声も聞かれ、小売業の業況感が悪化した。人手不足の影響拡大や原材料費の高止まりが足かせとなっており、中小企業の景況感は足元でほぼ横ばいの動きとなっている。 付帯調査テ

2013年11月2日日本商工会議所フィードバック数:0社会/政治

LOBO調査2013年10月

業況DIは、ほぼ横ばい。先行きは、懸念材料多く、慎重な見方崩れず全産業合計の業況DIは、▲16.7(前月比+0.2ポイント)。都市部を中心に民間工事が堅調な建設業に加え、4月上旬の寒波の影響により例年に比べ花見期間が長くなり、客数が増加するなど、インバウンドを含めた春の好調な観光需要を取り込んだ宿泊・飲食業を中心とするサービス業の業況が改善した。他方、受注が減少した半導体や産業用機械、自動車関連の不振に加え、深刻な人手不足の影響拡大や根強い消費者の節約志向、原材料費の高止まりの影響を指摘する声は

2013年10月2日日本商工会議所フィードバック数:0社会/政治

早期景気観測調査 2013年9月

業況DIは、緩やかな回復基調続くも、足元で一服。先行きは横ばい続く5月の全産業合計の業況DIは、▲13.6と、前月から▲2.1ポイントの悪化。ただし、「好転」から「不変」への変化が主因であり実体はほぼ横ばい。燃料費・原材料費の上昇が広く業況の押し下げ要因となったほか、深刻な人手不足や、食料品・日用品に対する消費者の低価格志向を指摘する声が多く聞かれた。他方、堅調な電子部品や産業用機械関連に加え、インバウンドを含めた観光需要は底堅く推移している。中小企業の景況感は、総じて緩やかな回復基調が続いてい

2013年9月4日日本商工会議所フィードバック数:0社会/政治

早期景気観測調査(2013年8月調査)

業況DIは、横ばい圏内の動き。先行きも不透明感から、慎重な見方変わらず12月の全産業合計の業況DIは、▲15.7と、前月から▲0.8ポイントのほぼ横ばい。建設業や設備投資に加え、自動車や産業用機械関連が堅調に推移する状況が続いているほか、インバウンドを含む冬の観光需要の増加を指摘する声も聞かれた。他方、人手不足の影響拡大や原材料費の上昇、根強い消費者の節約志向が引き続き中小企業のマインドに影響を及ぼしており、業況改善に向けた動きには足踏み状況が見られる。 付帯調査テーマ 業況DIは、3カ月

2013年7月4日日本商工会議所フィードバック数:0社会/政治

早期景気観測調査(2013年6月調査)

業況DIは、横ばい圏内の動き。先行きも不透明感から、慎重な見方変わらず12月の全産業合計の業況DIは、▲15.7と、前月から▲0.8ポイントのほぼ横ばい。建設業や設備投資に加え、自動車や産業用機械関連が堅調に推移する状況が続いているほか、インバウンドを含む冬の観光需要の増加を指摘する声も聞かれた。他方、人手不足の影響拡大や原材料費の上昇、根強い消費者の節約志向が引き続き中小企業のマインドに影響を及ぼしており、業況改善に向けた動きには足踏み状況が見られる。 付帯調査テーマ 業況DIは、3カ月

2013年6月6日日本商工会議所フィードバック数:0社会/政治

早期景気観測調査(2013年5月調査)

業況DIは、ほぼ横ばいで推移。先行きは不透明感増す中、慎重な見方が続く1月の全産業合計の業況DIは、▲16.0と、前月から▲0.3ポイントのほぼ横ばい。民間工事や設備投資、自動車関連を中心とした生産、インバウンドを含む観光需要は堅調に推移した。他方、根強い消費者の節約志向に加え、暖冬により冬物商材の動きが鈍く、売上が伸び悩んでいるとの声も聞かれ、小売業の業況感が悪化した。人手不足の影響拡大や原材料費の高止まりが足かせとなっており、中小企業の景況感は足元でほぼ横ばいの動きとなっている。 付帯調査テ

2013年5月8日日本商工会議所フィードバック数:5社会/政治

早期景気観測調査(2013年4月調査)

業況DIは、横ばい圏内の動き。先行きも不透明感から、慎重な見方変わらず12月の全産業合計の業況DIは、▲15.7と、前月から▲0.8ポイントのほぼ横ばい。建設業や設備投資に加え、自動車や産業用機械関連が堅調に推移する状況が続いているほか、インバウンドを含む冬の観光需要の増加を指摘する声も聞かれた。他方、人手不足の影響拡大や原材料費の上昇、根強い消費者の節約志向が引き続き中小企業のマインドに影響を及ぼしており、業況改善に向けた動きには足踏み状況が見られる。 付帯調査テーマ 業況DIは、3カ月

2013年3月7日日本商工会議所フィードバック数:1社会/政治

早期景気観測調査(2月調査・2月28日発表)

業況DIは、横ばい圏内の動き。先行きも不透明感から、慎重な見方変わらず12月の全産業合計の業況DIは、▲15.7と、前月から▲0.8ポイントのほぼ横ばい。建設業や設備投資に加え、自動車や産業用機械関連が堅調に推移する状況が続いているほか、インバウンドを含む冬の観光需要の増加を指摘する声も聞かれた。他方、人手不足の影響拡大や原材料費の上昇、根強い消費者の節約志向が引き続き中小企業のマインドに影響を及ぼしており、業況改善に向けた動きには足踏み状況が見られる。 付帯調査テーマ 業況DIは、3カ月

2013年2月7日日本商工会議所フィードバック数:41社会/政治

早期景気観測調査(1月調査)

業況DIは、足踏み。先行きは懸念材料多く、慎重な見方が続く2月の全産業合計の業況DIは、▲18.1と、前月から▲2.1ポイントの悪化。民間工事を中心とする建設業の底堅い動きに加え、インバウンド需要が堅調に推移したものの、根強い消費者の節約志向により売上が伸び悩んだ飲食・宿泊業を中心に、サービス業の業況感が悪化した。また、暖冬に伴う農産物の出荷量増加・価格下落により、卸売業の業況悪化を指摘する声が聞かれた。深刻な人手不足の影響拡大や原材料費の高止まりによる収益圧迫が中小企業のマインドを下押ししてお

2013年1月10日日本商工会議所フィードバック数:41社会/政治

早期景気観測調査(12月調査)

業況DIは、ほぼ横ばいで推移。先行きは不透明感増す中、慎重な見方が続く1月の全産業合計の業況DIは、▲16.0と、前月から▲0.3ポイントのほぼ横ばい。民間工事や設備投資、自動車関連を中心とした生産、インバウンドを含む観光需要は堅調に推移した。他方、根強い消費者の節約志向に加え、暖冬により冬物商材の動きが鈍く、売上が伸び悩んでいるとの声も聞かれ、小売業の業況感が悪化した。人手不足の影響拡大や原材料費の高止まりが足かせとなっており、中小企業の景況感は足元でほぼ横ばいの動きとなっている。 付帯調査テ

2012年12月6日日本商工会議所フィードバック数:41社会/政治

早期景気観測調査(11月調査)

業況DIは、一進一退の動き。先行きは懸念材料多く、慎重な見方変わらず3月の全産業合計の業況DIは、▲16.9と、前月から+1.2ポイントの改善。ただし、「悪化」から「不変」への変化が主因であり、実体はほぼ横ばい。堅調な民間工事を中心とする建設業に加え、春の観光シーズン到来によりインバウンドを含む観光需要が好調に推移した一方、受注が減少した半導体や産業用機械、自動車関連を中心とする製造業の業況感が悪化した。深刻な人手不足の影響拡大や原材料費の高止まり、根強い消費者の節約志向を指摘する声は依然として

2012年11月8日日本商工会議所フィードバック数:4社会/政治

早期景気観測調査(10月調査)

業況DIは、横ばい圏内の動き。先行きも不透明感から、慎重な見方変わらず12月の全産業合計の業況DIは、▲15.7と、前月から▲0.8ポイントのほぼ横ばい。建設業や設備投資に加え、自動車や産業用機械関連が堅調に推移する状況が続いているほか、インバウンドを含む冬の観光需要の増加を指摘する声も聞かれた。他方、人手不足の影響拡大や原材料費の上昇、根強い消費者の節約志向が引き続き中小企業のマインドに影響を及ぼしており、業況改善に向けた動きには足踏み状況が見られる。 付帯調査テーマ 業況DIは、3カ月

2012年9月6日日本商工会議所フィードバック数:41社会/政治

早期景気観測調査(8月調査)

業況DIは、横ばい圏内の動き。先行きも不透明感から、慎重な見方変わらず12月の全産業合計の業況DIは、▲15.7と、前月から▲0.8ポイントのほぼ横ばい。建設業や設備投資に加え、自動車や産業用機械関連が堅調に推移する状況が続いているほか、インバウンドを含む冬の観光需要の増加を指摘する声も聞かれた。他方、人手不足の影響拡大や原材料費の上昇、根強い消費者の節約志向が引き続き中小企業のマインドに影響を及ぼしており、業況改善に向けた動きには足踏み状況が見られる。 付帯調査テーマ 業況DIは、3カ月

2012年8月2日日本商工会議所フィードバック数:40社会/政治

早期景気観測調査(7月調査)

業況DIは、ほぼ横ばいで推移。先行きは不透明感増す中、慎重な見方が続く1月の全産業合計の業況DIは、▲16.0と、前月から▲0.3ポイントのほぼ横ばい。民間工事や設備投資、自動車関連を中心とした生産、インバウンドを含む観光需要は堅調に推移した。他方、根強い消費者の節約志向に加え、暖冬により冬物商材の動きが鈍く、売上が伸び悩んでいるとの声も聞かれ、小売業の業況感が悪化した。人手不足の影響拡大や原材料費の高止まりが足かせとなっており、中小企業の景況感は足元でほぼ横ばいの動きとなっている。 付帯調査テ

2012年7月4日日本商工会議所フィードバック数:41社会/政治

早期景気観測調査(6月調査)

業況DIは、横ばい圏内の動き。先行きも不透明感から、慎重な見方変わらず12月の全産業合計の業況DIは、▲15.7と、前月から▲0.8ポイントのほぼ横ばい。建設業や設備投資に加え、自動車や産業用機械関連が堅調に推移する状況が続いているほか、インバウンドを含む冬の観光需要の増加を指摘する声も聞かれた。他方、人手不足の影響拡大や原材料費の上昇、根強い消費者の節約志向が引き続き中小企業のマインドに影響を及ぼしており、業況改善に向けた動きには足踏み状況が見られる。 付帯調査テーマ 業況DIは、3カ月

2012年5月10日日本商工会議所フィードバック数:40社会/政治

早期景気観測調査(4月調査)

業況DIは、3カ月ぶりの改善。先行きは慎重な見方崩れず横ばい圏内11月の全産業合計の業況DIは、▲14.9と、前月から+2.3ポイントの改善。ただし、「悪化」から「不変」への変化が主因であり、実体はほぼ横ばい。産業用機械や自動車、電子部品関連、建設業が堅調に推移した。また、インバウンドを含む観光需要の好調な動きや、農産物について、夏以降の価格上昇に落ち着きが見られると指摘する声も聞かれた。他方、原材料費・燃料費の上昇や深刻な人手不足、根強い消費者の節約志向が足かせとなっており、中小企業の業況改善

2012年4月5日日本商工会議所フィードバック数:40社会/政治

早期景気観測調査(3月調査)

業況DIは、横ばい圏内の動き。先行きも不透明感から、慎重な見方変わらず12月の全産業合計の業況DIは、▲15.7と、前月から▲0.8ポイントのほぼ横ばい。建設業や設備投資に加え、自動車や産業用機械関連が堅調に推移する状況が続いているほか、インバウンドを含む冬の観光需要の増加を指摘する声も聞かれた。他方、人手不足の影響拡大や原材料費の上昇、根強い消費者の節約志向が引き続き中小企業のマインドに影響を及ぼしており、業況改善に向けた動きには足踏み状況が見られる。 付帯調査テーマ 業況DIは、3カ月

2012年3月7日日本商工会議所フィードバック数:40社会/政治

早期景気観測調査(2月調査)

業況DIは、横ばい圏内の動き。先行きも不透明感から、慎重な見方変わらず12月の全産業合計の業況DIは、▲15.7と、前月から▲0.8ポイントのほぼ横ばい。建設業や設備投資に加え、自動車や産業用機械関連が堅調に推移する状況が続いているほか、インバウンドを含む冬の観光需要の増加を指摘する声も聞かれた。他方、人手不足の影響拡大や原材料費の上昇、根強い消費者の節約志向が引き続き中小企業のマインドに影響を及ぼしており、業況改善に向けた動きには足踏み状況が見られる。 付帯調査テーマ 業況DIは、3カ月

2011年11月4日日本商工会議所フィードバック数:1社会/政治

早期景気観測調査(10月調査・10月31日発表:日本商工会議所)

業況DIは、横ばい圏内の動き。先行きも不透明感から、慎重な見方変わらず12月の全産業合計の業況DIは、▲15.7と、前月から▲0.8ポイントのほぼ横ばい。建設業や設備投資に加え、自動車や産業用機械関連が堅調に推移する状況が続いているほか、インバウンドを含む冬の観光需要の増加を指摘する声も聞かれた。他方、人手不足の影響拡大や原材料費の上昇、根強い消費者の節約志向が引き続き中小企業のマインドに影響を及ぼしており、業況改善に向けた動きには足踏み状況が見られる。 付帯調査テーマ 業況DIは、3カ月

2011年10月6日日本商工会議所フィードバック数:40社会/政治

早期景気観測調査(9月調査・9月30日発表:日本商工会議所)

業況DIは、横ばい圏内の動き。先行きも不透明感から、慎重な見方変わらず12月の全産業合計の業況DIは、▲15.7と、前月から▲0.8ポイントのほぼ横ばい。建設業や設備投資に加え、自動車や産業用機械関連が堅調に推移する状況が続いているほか、インバウンドを含む冬の観光需要の増加を指摘する声も聞かれた。他方、人手不足の影響拡大や原材料費の上昇、根強い消費者の節約志向が引き続き中小企業のマインドに影響を及ぼしており、業況改善に向けた動きには足踏み状況が見られる。 付帯調査テーマ 業況DIは、3カ月

2011年9月8日日本商工会議所フィードバック数:40社会/政治

早期景気観測調査(8月調査・8月31日発表:日本商工会議所)

業況DIは、ほぼ横ばいで推移。先行きは不透明感増す中、慎重な見方が続く1月の全産業合計の業況DIは、▲16.0と、前月から▲0.3ポイントのほぼ横ばい。民間工事や設備投資、自動車関連を中心とした生産、インバウンドを含む観光需要は堅調に推移した。他方、根強い消費者の節約志向に加え、暖冬により冬物商材の動きが鈍く、売上が伸び悩んでいるとの声も聞かれ、小売業の業況感が悪化した。人手不足の影響拡大や原材料費の高止まりが足かせとなっており、中小企業の景況感は足元でほぼ横ばいの動きとなっている。 付帯調査テ

2011年8月3日日本商工会議所フィードバック数:3社会/政治

景気動向(LOBO)調査201107

業況DIは、横ばい圏内の動き。先行きも不透明感から、慎重な見方変わらず12月の全産業合計の業況DIは、▲15.7と、前月から▲0.8ポイントのほぼ横ばい。建設業や設備投資に加え、自動車や産業用機械関連が堅調に推移する状況が続いているほか、インバウンドを含む冬の観光需要の増加を指摘する声も聞かれた。他方、人手不足の影響拡大や原材料費の上昇、根強い消費者の節約志向が引き続き中小企業のマインドに影響を及ぼしており、業況改善に向けた動きには足踏み状況が見られる。 付帯調査テーマ 業況DIは、3カ月

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ