「原油価格」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

日米の物価上昇率逆転をどうみるか

日米の物価上昇率逆転をどうみるか | ニッセイ基礎研究所 日米の物価上昇率逆転をどうみるか 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 消費者物価上昇率は、1990年代後半からデフレが続いてきた日本が米国を下回ることが常態化していたが、このところ両者の関係が逆転している(図1)。言うまでもなく2014年4月に日本の消費税率が引き上げられ

2015年6月3日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

利下げ局面の終了が近づくインド

利下げ局面の終了が近づくインド | ニッセイ基礎研究所 利下げ局面の終了が近づくインド 経済研究部 研究員 斉藤 誠基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 昨年の原油価格の下落は、インドの高インフレを和らげ、金融引き締め策の緩和が可能になるなど経済の追い風となった。しかし、足元では原油価格の底入れやモンスーン期の雨不足予報などから、先行きの利下げ余地には限りが見える。

2015年6月3日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

原油安はもう終わったのか

リサーチ TODAY2015 年 6 月 3 日原油安はもう終わったのか常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創ECBの量的緩和やギリシャの資金繰り問題を背景に、1ユーロ=1.10ドルを割るドル高ユーロ安となっていたユーロ/ドル相場が、4月下旬以降はユーロ高方向に振れる展開となった。それまでの急速な債券高に対する巻き戻しによって、ドイツの長期金利が急上昇したことでユーロ高圧力が高まったためである。こうした一連の動きの背景には、下記の図表に示されるように、折からの原油相場の反発によってインフレ期

貿易統計15年4月~貿易収支は再び赤字、黒字定着の可能性は低い

貿易統計15年4月~貿易収支は再び赤字、黒字定着の可能性は低い | ニッセイ基礎研究所 貿易統計15年4月~貿易収支は再び赤字、黒字定着の可能性は低い 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・貿易収支は再び赤字に・アジア向け輸出が弱含み・貿易黒字の定着には至らず財務省が5月25日に公表した貿易統計によると、15年4月の貿易収支は▲

市場分析です。

原油市場:下落後回復する原油価格

原油市場:下落後回復する原油価格

2015・2016年度経済見通し(15年5月)

2015・2016年度経済見通し(15年5月) | ニッセイ基礎研究所 2015・2016年度経済見通し(15年5月) 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら <実質成長率:2015年度1.7%、2016年度1.9%を予想> 2015年1-3月期の実質GDPは前期比年率2.4%と2四半期連続のプラス成長となった。民間消費(前期比0.

グラフで見る景気予報(2015年5月)

2015/05/07 【今月の景気判断】景気は緩やかに持ち直している。設備投資が横ばいにとどまっているが、輸出、生産とも振れを伴いながらも持ち直している。また、雇用情勢は良好な状態が維持されており、賃金は実質では前年比でマイナスの状態にあるが、名目ではプラス推移が続いており、個人消費は緩やかに持ち直している。今後も、景気は緩やかに持ち直していこう。世界経済の回復に伴って輸出が増加基調で推移し、企業業績の改善を背景に設備投資が増加基調に転じると予想され、生産も持ち直しが続くと考えられる。また、原油

足元の原油価格の動きとMLPの動向

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2015年5月8日2014年後半以降、下落基調が続いた原油価格( WTI原油先物価格)は、 3月中旬に約6年ぶりの安値をつけた後、足元で大きな反発を見せています。この背景としては、2015年4月にIEA(国際エネルギー機関)が世界の石油需要見通しを上方修正したほか、EIA(米エネルギー情報局)がシェールオイルの減産見通しを発表したことなどから、原油需給の改善に向けた期待感が高まったことなどが考えられます。そうしたなか、MLP価格も原油価格の

「33ヵ月ぶり」日本の2015年3月の貿易収支の黒字化

ご参考資料この数字はなんだ?Vol.88ナンバー・ナンダー2015年4月28日日 本の2015年3月の339.6貿易収支の黒字化ですヵ月ぶり財務省が22日に発表した3月の貿易統計(速報)によると、輸出金額から輸入金額を引いた貿易収支は2,293億円と、33ヵ月(2年9ヵ月)ぶりに黒字化しました。足元の円安を受け輸出金額が増加したほか、原油価格の下落を受けエネルギーの輸入金額が減少していることが背景にあります。輸出金額は、円安傾向や米国の景気回復基調などを背景に、自動車が好調となったことなどから、

足元で反発がみられる原油価格~持続的な回復に向けた条件とは?~

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2015年4月23日足元で反発がみられる原油価格~持続的な回復に向けた条件とは?~ これまで下落基調が続いてきた原油価格は、需給改善期待を背景に足元で上昇に転じています。米国原油指標WTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)先物は、足元で年初来高値となる1バレル=56米ドル台をつけ、3月中旬につけた約6年ぶりの安値水準、1バレル=43米ドル台から約+30%の急反発を見せています。急速な市況改善の背景には、4月中旬に、原油需給の改善

ペトロブラス社の決算発表について

ペトロブラス社の決算発表について2015年4月24日<ペトロブラス社が決算を発表>ペトロブラス社が4月22日(現地)の株式市場の引け後に2014年の決算を発表しました。同社は、汚職問題に絡む損失を特定できずに、監査済みの決算報告書の発表が遅れていましたが、新しいCEO(最高経営責任者)率いる経営陣のもと、ようやく監査済みの決算報告書の発表に至りました。同社は、2014年11月以降、決算報告の監査が認められずに、資金調達の道が狭まっていたことから、今回の発表は市場全体に安心感を与えるものとなりまし

2015年4月21日大和総研フィードバック数:0社会/政治

世界経済のリスク要因

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 IMFは4月の世界経済見通しで、世界経済の成長率は2015年に加速するとし、先進国では日本とユーロ圏の成長率を1月の見通しから上方修正した。一方、新興国の成長率については2015年も低下するとし、2011年から5年連続となる減速を予想している。日本とユーロ圏の成長加速要因は、主に原油価格下落と為替レートの減価によるものだが、それらは世界経済にとってのリスク要因としても位置付けられている。原油価格の急落

企業物価指数(2015年3月)~輸入物価は下落基調が鈍化

企業物価指数(2015年3月)~輸入物価は下落基調が鈍化 | ニッセイ基礎研究所 企業物価指数(2015年3月)~輸入物価は下落基調が鈍化 岡 圭佑基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・消費増税の影響を除くと、下落幅は2ヵ月連続で縮小・輸入物価は下落基調が鈍化・交易条件は6ヵ月ぶりに悪化・最終財価格はマイナスが続く4月13日に日本銀行から発表された企業物価指数によ

2015年4月8日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

「円安」関連倒産 2014年度は前年度比42.0%増、41都道府県に広がる

「円安」関連倒産 2014年度は前年度比42.0%増、41都道府県に広がる 公開日付:2015.04.08 外国為替市場では、日銀の追加金融緩和の決定以降は円安に拍車がかかり、一時1ドル=121円台まで円安が進んだ。2015年に入って急速な進行は見られないものの円安基調は続いている。円安は輸出企業の収益を押し上げる要因になる一方で、海外からの輸入に頼るエネルギー、資源、食料品など幅広い分野の物価を押し上げ、中小企業の体力を消耗させる恐れがある。3月の「円安」関連倒産は17件(前年同月15件)だ

2015年4月7日第一生命保険フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2015年度新車販売の行方 ~実質賃金の増加・原油価格の下落が新車販売の追い風に~

2015年度新車販売の行方 ~実質賃金の増加・原油価格の下落が新車販売の追い風に~

2015年4月7日経済産業研究所★★フィードバック数:0社会/政治

アベノミクスについてのレポートです。

内外経済の展望 ―アベノミクスの課題を検証する―

内外経済の展望 ―アベノミクスの課題を検証する―湯元 健治 (株式会社日本総合研究所副理事長) 松永 明 (RIETIコンサルティングフェロー/経済産業省経済産業政策局審議官(経済産業政策局担当)) 2015年度の日本経済を展望する。その前提として、米国、欧州、中国を中心に世界経済が抱えるリスクについて、幅広い角度から分析。同時に、過去2年間のアベノミクスの成果を3本の矢に沿って検証。今後、日本経済がデフレから脱却し、少子高齢化、人口減少の下でも持続的な成長を続けるための課題を成長戦略に焦点を当

グラフで見る景気予報(2015年4月)

2015/04/02 【今月の景気判断】景気は緩やかに持ち直している。設備投資が横ばいにとどまっているが、振れを伴いながらも輸出、生産ともに持ち直している。また、雇用情勢は良好な状態が維持されており、賃金は実質では前年比でマイナスの状態にあるものの、名目ではプラス推移が続いており、個人消費は緩やかに持ち直している。今後も、景気は緩やかに持ち直していこう。世界経済の回復に伴って輸出が増加基調で推移し、企業業績の改善を背景に設備投資が増加基調に転じると予想され、生産も持ち直しが続くと考えられる。また

原油価格下落の石油サービス企業への影響

エラーが発生しました。オペレーションエラー。不正なアクセスです。ページは存在しないか、表示権限がありません。 エラー番号:-999

2015年3月29日JETROフィードバック数:0社会/政治海外

【ベネズエラ】原油価格急落で経済に暗雲

ジェトロの海外ネットワークを通じて収集した最近のビジネスニュースや政治・経済の概況、貿易・投資実務に役立つ制度・手続き情報や各種統計、調査レポートなどをお届けしています。 各国・地域別にご覧になりたい場合は「国・地域別情報」をご覧ください。 各種サービスメニューを取り揃えて日本企業の皆様の海外ビジネス展開を支援します。 海外ビジネスの目的にあわせてご利用いただける、ジェトロのビジネス情報とサービスをご案内します。 【ベネズエラ】原油

消費者物価(全国15年2月)~コアCPI上昇率(消費税の影響を除く)は1年9ヵ月ぶりのゼロ%

消費者物価(全国15年2月)~コアCPI上昇率(消費税の影響を除く)は1年9ヵ月ぶりのゼロ% | ニッセイ基礎研究所 消費者物価(全国15年2月)~コアCPI上昇率(消費税の影響を除く)は1年9ヵ月ぶりのゼロ% 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・コアCPI上昇率(消費税の影響を除く)は13年5月以来のゼロ%・コアCPIのマイ

米原油価格が約6年ぶり安値~原油を取り巻く環境の改善が期待される~

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2015年3月20日米原油価格が約6年ぶり安値~原油を取り巻く環境の改善が期待される~ 国際商品市場では、今月中旬以降に原油価格が再び軟調となっており、ニューヨークWTI原油先物価格は、足元で、およそ6年ぶりとなる1バレル=43米ドル台を付けました(終値ベース)。この背景には、米国で、エネルギー当局が2015年の米原油生産見通しを引き上げたことや、週間統計により原油在庫の増加が続いていることが確認されたほか、国際エネルギー機関が、原油の供

2015年3月20日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

中国では原油安でも景気減速が続く2つの理由

リサーチ TODAY2015 年 3 月 20 日中国では原油安でも景気減速が続く2つの理由常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創世界的な原油価格の下落は原油純輸入国である中国経済にプラスの影響をもたらすが、その恩恵を弱める要因が存在する。みずほ総合研究所は、原油価格下落の中国経済への影響に関するリポートを発表している1。ここで恩恵を弱める2つの要因とは、①エネルギー集約度の高い産業における過剰生産能力の問題、②自動車販売や住宅関連消費の伸び悩みである。原油価格の下落は、理屈上は「投入コスト

メキシコ:原油価格下落の既存油田の生産、鉱区公開方針等の石油政策に対する影響

メキシコ:原油価格下落の既存油田の生産、鉱区公開方針等の石油政策に対する影響

原油市場他:米国での原油在庫の記録的な積み上がり継続に加え、米ドルの上昇により、下落基調の原油価格

原油市場他:米国での原油在庫の記録的な積み上がり継続に加え、米ドルの上昇により、下落基調の原油価格

メキシコ:原油価格下落の既存油田の生産、鉱区公開方針等の石油政策に対する影響

メキシコ:原油価格下落の既存油田の生産、鉱区公開方針等の石油政策に対する影響

2015年3月16日大和総研★フィードバック数:0社会/政治

原油安の影響です。

原油安の波及経路とインパクト

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 原油安の波及経路とインパクト原油安は日本経済にとって大きなメリット、景気拡大の追い風に 2015年3月16日エコノミック・インテリジェンス・チーム エコノミスト 橋本 政彦◆足下で原油価格は反転の兆しが見られているものの、2014年夏までの水準に比べるとなおも低い水準で推移しており、原油価格の低下が経済を押し上げる効果に対する期待感は大きい。そこで、本稿では既往の原油安が経済に及ぼす経路を確認した上で

企業物価指数(2015年2月)~輸入物価は下落幅が急拡大

企業物価指数(2015年2月)~輸入物価は下落幅が急拡大 | ニッセイ基礎研究所 企業物価指数(2015年2月)~輸入物価は下落幅が急拡大 岡 圭佑基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・消費増税の影響を除くと、原油安で4ヵ月連続のマイナス・輸入物価は下落幅が急拡大・交易条件は大幅に改善・最終財価格はマイナスが続く3月11日に日本銀行から発表された企業物価指数による

グラフで見る景気予報(2015年3月)

2015/03/03 【今月の景気判断】景気は緩やかに持ち直している。設備投資が横ばいにとどまっているが、輸出が増加基調に転じ、生産も持ち直している。また、雇用情勢は良好な状態が維持されており、賃金は実質では前年比でマイナスの状態にあるものの、名目ではプラス推移が続いており、個人消費は緩やかに持ち直している。今後も、景気は緩やかに持ち直していこう。世界経済の回復に伴って輸出が増加基調で推移し、企業業績の改善を背景に設備投資が増加基調に転じると予想され、生産も持ち直しが続くと考えられる。また、原油

2015年3月5日みずほ総合研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

原油価格下落の中国経済への影響~原油安の恩恵を弱める2つの要因~

原油価格下落の中国経済への影響~原油安の恩恵を弱める2つの要因~

2015年3月2日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

日本経済 ~1980年代後半との類似点~

内外景気日本経済 ~1980 年代後半との類似点~経済調査部原油下落の神風永濱 利廣に旧ソ連崩壊に伴う東西冷戦終結に結び付いた。ここへきて原油価格は下げ足を早め、2014 年こうした積極的な金融財政政策と原油安により夏場のピークから5割以上下落している。この日本経済は長期的な景気回復を実現するととも背景には、サウジアラビアと米国が結託してイに、株式市場や不動産市場に過剰な資金が流入ランとロシアに圧力をかけようとしているといすることでバブルを引き起こした。う見方もあるが、基本的には欧州の景気低迷や

2015年3月1日EY Japanフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

シリーズ:原油安の影響(8) ~貿易赤字の縮小

シリーズ:原油安の影響⑧~貿易赤字の縮小 ※ EY総合研究所は2017年6月30日をもって解散いたしました。 下記の掲載内容は公開時の情報となります。 原油価格が低下したことによって、貿易収支が改善に向かう可能性が高い。これまで赤字幅を拡大させてきた原油など鉱物性燃料の輸入代金が低下するからだ。ただし、年間を通じて貿易収支が黒字に転じるためには、原油価格の先行きとともに、輸出がどこまで回復するかが注目点になると考えられる。 新日本有限責任監査法人は、EYの日本におけるメンバーファームであり、監

2015年3月1日EY Japanフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

シリーズ:原油安の影響(9)(最終回) ~世界の景気・ディスインフレへの影響とは?

シリーズ:原油安の影響⑨(最終回)~世界の景気・ディスインフレへの影響とは? ※ EY総合研究所は2017年6月30日をもって解散いたしました。 下記の掲載内容は公開時の情報となります。 原油価格の低下によって、物価上昇率が縮小している。これは日本だけではなく、世界で共通の現象であり、景気にも影響を及ぼすと考えられる。そこで、今回は、原油価格の低下という視点から、世界の物価と景気への影響に焦点をあてる。 新日本有限責任監査法人は、EYの日本におけるメンバーファームであり、監査および保証業務を中

2015年2月25日EY Japanフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

シリーズ:原油安の影響(6) ~家計にはプラス効果か?

シリーズ:原油安の影響⑥~家計にはプラス効果か? ※ EY総合研究所は2017年6月30日をもって解散いたしました。 下記の掲載内容は公開時の情報となります。 原油価格の低下は、家計にどのような影響を及ぼすのだろうか。原油価格の低下は、ガソリン価格をはじめとして、電気代・ガス代など幅広い製品やサービスの価格を低下させる可能性がある。そうした恩恵は地方にも及び、地方の消費が下支えされる効果が期待される。また、家計の購買力が回復することから、消費を押し上げる効果も生じるだろう。 新日本有限責任監査

埼玉県内企業への円安と原油価格下落の影響調査

埼玉県内企業への円安と原油価格下落の影響調査

2015年2月24日内閣府★フィードバック数:0社会/政治

内閣府のレポートです。

原油価格下落の世界経済への影響について

原油価格下落の世界経済への影響について

2015年2月22日国際通貨研究所★フィードバック数:0社会/政治

原油価格と経済についてのレポートです。

1バレル50ドルまで低下した原油価格と世界経済

1バレル50ドルまで低下した原油価格と世界経済

No.153 『カナダ・ドル』反転のタイミングを模索

“⼤和投資信託”ツイッター@DaiwaAM情報提供資料2015年2月17日No.153『カナダ・ドル』反転のタイミングを模索■ 『カナダ・ドル』底入れの兆し 1月28日、『カナダ・ドル』は対米ドルで0.80米ドルを割り込み、6年ぶりの安値をつけた【図表1】。前回、『カナダ・ドル』が0.80米ドルを割り込んだのはリーマン・ショック後の金融危機の最中(2008~09年)であった。今回の『カナダ・ドル』の下落は原油価格の急落が背景と高コストのシェール・オイルのリグ(石

貿易統計15年1月~貿易赤字はいったん解消へ

貿易統計15年1月~貿易赤字はいったん解消へ | ニッセイ基礎研究所 貿易統計15年1月~貿易赤字はいったん解消へ 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・貿易赤字の縮小が続く・輸出は回復基調を強める・貿易赤字はいったん解消へ財務省が2月19日に公表した貿易統計によると、15年1月の貿易収支は▲11,775億円の赤字となったが、赤

アメリカの状況です。

米国:原油価格とタイトオイル

エラーが発生しました。オペレーションエラー。不正なアクセスです。ページは存在しないか、表示権限がありません。 エラー番号:-999

原油市場他:米国での原油在庫の記録的な積み上がりなどが下方圧力を加えるも、石油坑井掘削装置稼働数の継続的低下で反発する原油価格

エラーが発生しました。オペレーションエラー。不正なアクセスです。ページは存在しないか、表示権限がありません。 エラー番号:-999

【投資環境レポート2015年2月号】 投資の視点:原油価格下落の背景と影響

【投資環境レポート2015年2月号】 投資の視点:原油価格下落の背景と影響

2015年2月11日大和総研★★フィードバック数:0社会/政治

大和総研のレポートです。

今後10年の世界経済

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 今後10年の世界経済日本経済中期予測(2015年2月)1章 ◆今後10年間(2015~24年)の世界経済の平均成長率は3.3%と予測する。◆米国経済は今後10年間で平均2.4%と見込む一方、欧州経済は1.3%にとどまる。◆Fedは2015年Q4から利上げを開始し、引き締めペースは従来よりも緩やかになろう。ただ、日欧の金融緩和が継続している状況下、Fedの政策変更がもたらす影響は増幅される可能性がある。

グラフで見る景気予報(2015年2月)

2015/02/03 【今月の景気判断】景気は下げ止まっており、持ち直しの動きがみられる。輸出、設備投資が増加基調にあるなど、一部に明るい動きが出てきており、生産にも持ち直しの動きがみられる。また、雇用情勢は良好な状態が維持されており、賃金は実質では前年比でマイナスの状態にあるものの、名目ではプラス推移が続いており、個人消費は緩やかに持ち直している。今後も、世界経済の回復に伴って輸出が増加基調で推移し、企業業績の改善を背景に設備投資が増加基調を維持するため、生産も持ち直していくと考えられる。また

足元の原油価格の動きとMLPの動向

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2015年2月5日足元で、原油価格の変動が大きくなっています。WTI原油先物価格は、EIA(米エネルギー情報局)が発表する週報において、米原油在庫が1982年8月の集計開始以来最高となったことが嫌気され、1月28日に1バレル=44.45米ドルと2009年3月以来の安値を付けました。その後、米国の石油掘削装置(リグ)の稼働数が3年ぶりの水準に落ち込んだとの調査レポートを受け、米原油生産の抑制観測が拡がったことから、WTI原油先物価格は2月3日

2015年2月4日大和総研★フィードバック数:0社会/政治海外

大和総研のレポートです。

ASEAN5ヵ国の経済見通し(2015年2月)

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 ◆インドネシアの実質GDP成長率は3四半期連続で鈍化した。今後は、原油価格の急落がインフレ率の低下や燃料補助金の大幅削減等を通じて経済を底上げすると期待される。特に燃料補助金の削減は財政に余力を生じさせた。実際、今年1月に提出された2015年度の補正予算案では、インフラ整備等への投資を元の予算案から大幅に増額する予定である。しかし、依然として経済の下押し圧力は存在する。輸出に関しては、主要輸出品目であ

2015年2月3日大和総研フィードバック数:0社会/政治

原油安、円安下での物価実感

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 2015年2月3日エコノミック・インテリジェンス・チーム エコノミスト 橋本 政彦国際原油市況は2014年半ばから急落し、直近のピークをつけた2014年6月に比べて半値を下回る水準まで低下している。原油価格の下落は、産油国から原油純輸入国への所得移転であるため、原油の大半を輸入に頼る日本経済にとっても大きなメリットになるとみられる。とりわけ、物価下落による購買力の向上が、増税後低迷してきた個人消費を刺

No.31 原油価格下落と日本経済

No.31 原油価格下落と日本経済

消費者物価(全国14年12月)~コアCPI上昇率は15年度入り後にいったんマイナスへ

消費者物価(全国14年12月)~コアCPI上昇率は15年度入り後にいったんマイナスへ | ニッセイ基礎研究所 消費者物価(全国14年12月)~コアCPI上昇率は15年度入り後にいったんマイナスへ 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・コアCPI上昇率(消費税の影響を除く)は0.5%まで低下・ガソリン、灯油の下落率が前年比で二桁の

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

お知らせ