「原油輸入」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2015年2月25日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

[みずほ米国経済情報]2015年2月号

みずほ米国経済情報2015年2月号[米国経済の概況]◆米国経済は昨年終盤に踊り場に入った。民間最終需要の鈍化と外需の悪化が要因である。◆踊り場は長引かないだろう。個人消費は雇用環境の改善と原油安に支えられて堅調さを保つとみられ、企業の設備投資は安定しつつある。◆下振れリスクは3つある。①住宅市場のボトルネック問題と寒波の影響、②エネルギー産業の調整、③ドル高と海外経済の減速である。◆金融政策の焦点は物価シフトが鮮明となった。またフォワードガイダンスの修正と利上げ判断の結びつきが弱められ、ガイダン

タイの経済とエネルギー事情です。

海外資源開発と石油精製事業に活路見いだすタイ

JPEC レポートJJPPEECC レレポポーートト第 20 回2014 年度平成 26 年 11 月 28 日海外資源開発と石油精製事業に活路見いだすタイ北部陸上油田に続いて海洋油田の開発に成功し1. タイ経済の発展···················· 1てアジア有数の産油・産ガス国となったタイだが、 2. エネルギー管理体制と政策 ···· 2需要拡大と増産により残存埋蔵量が減少しており、 3. エネルギー生産と需給 ·········· 5BP 統計による可採年数(R/P)では、原油が

2014年8月19日丸紅フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス海外

加速する米国からの石油輸出

丸紅経済研究所2014/07/31加速する米国からの石油輸出-出口を模索する北米産原油-2014/08/8(Daily Diamond (週刊ダイヤモンド・電子版) 2014 年 8 月 1 日掲載一部加筆修正)・米国の原油需給は急速に緩和米国からの石油輸出が増加している1。2013 年の輸出量は、石油製品が 2000 年の 3.5 倍、原油も 2008 年の 4 倍に拡大した。(【図 1】)背景には、① シェールオイル(タイトオイル)の増産による国産原油の供給増加、② カナダで増産されたオイル

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ