「原発建設」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2014年8月31日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成25年度発電用原子炉等利用環境調査(原子力拡大国等における産業及び不拡散政策の動向に関する調査)報告書

<要約版>原子力拡大国等における産業及び不拡散政策の動向に関する調査【日本の現状と国際競争に打ち勝つための日本への助言】●日本の原発運転停止は、原発導入を検討する国々とって明るい材料ではない。日本の原子炉 50 基の運転停止は原発への疑念を増大させるものであり、導入検討中の国々にとって明るい材料ではない。日本経済にとって原子力が必要なエネルギーであることは間違いない。日本当局は、当然のことながら原子炉の運転再開および継続に柔軟な姿勢を示しているが、日本の原子力発電の今後の方向性は国内世論に大きく

2014年5月9日経済産業研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

原子力発電の効率化と産業政策―国産化と改良標準化―

原子力発電の効率化と産業政策―国産化と改良標準化―概要1960年代の原発に対する産業政策においては、海外技術の早急な導入とともに、機器の国産化が強く推奨された。国産化に向けた政策支援を受けながらも、電力会社と電機メーカーは自立的に動き、海外技術導入と国産技術開発に向けて共同研究を積み重ねた。これにより、PWRグループとBWRグループを形成し、着々と原発建設を推進した。建設の過程では、単なる技術導入にとどまらず、独自の改良や新たな技術の改良もなされた。1970年代の石油危機を経て、エネルギー政策が

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ