「反転上昇」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

限られるユーロ圏に吹く追い風の景気刺激効果~市場波乱の拡大につながる原油価格の反転上昇~

限られるユーロ圏に吹く追い風の景気刺激効果~市場波乱の拡大につながる原油価格の反転上昇~

2015年1月25日東京カンテイ★フィードバック数:0大型消費/投資

年間のまとめです。

『中古マンション70㎡換算価格推移』2014年(年間版)

東京カンテイプレスリリース/中古マンション価格(年間版)2015 年 1 月 22 日三大都市圏・主要都市別/中古マンション 70 ㎡価格年別推移(14 年・年間版)2014 年・年間平均中古マンション価格 首都圏と中部圏で反転上昇 近畿圏では上昇続く東 京 23 区 ・ 大 阪 市 ・ 名 古 屋 市 で は 軒 並 み上 昇 率 が 拡 大強含み傾向が本格化1. 首都圏の 2014 年中古マンション平均価格は前年比+2.1%、60 万円上昇の 2,851 万円2014 年の中古価格は 3 年

中国経済:2014年12月の住宅価格~新築商品住宅は8ヵ月連続の下落も、巨大都市では中古住宅が小幅に反転上昇

中国経済:2014年12月の住宅価格~新築商品住宅は8ヵ月連続の下落も、巨大都市では中古住宅が小幅に反転上昇 | ニッセイ基礎研究所 中国経済:2014年12月の住宅価格~新築商品住宅は8ヵ月連続の下落も、巨大都市では中古住宅が小幅に反転上昇 経済研究部 上席研究員 三尾 幸吉郎○ 1月18日、中国国家統計局は2014年12月の住宅販売価格変動状況を発表、新築商品住宅の販売価格は今年4月をピークに8ヵ月連続の下落となった。住宅価格が下落してきた背景には住宅販売が減少したことがある。販売不振で在

コモディティ・レポート (2014年11・12月)

I.コモディティ市況全般: 11~12月は原油を中心に下落傾向が続くドル建て国際商品市況全般の動向を示すロイター・コアコモディティーCRB指数は、6月下旬にかけて上昇した後、下落傾向で推移している。マクロ経済環境をみると、足元では、ギリシャ情勢の混乱や原油安に伴う産油国経済などへの悪影響が懸念されている。今後、米国を中心に世界経済の底堅さが確認されるとともにコモディティ市況は上昇に転じようが、原油を中心にコモディティ市況の反発力は弱いであろう。II.エネルギー市況: OPEC総会を挟んで大幅下落

2014年10月8日住友不動産販売フィードバック数:0大型消費/投資

首都圏・近畿圏新築中古マンション市場動向(2014年8月)

首都圏・近畿圏新築中古マンション市場動向(2014年8月)- マンション市況 首都圏・近畿圏新築中古マンション市場動向(2014年8月)2014年8月の首都圏中古マンション価格は、東京都での事例シェア縮小が続いている影響で、前月比-0.4%の2,814万円と3カ月連続で下落しました。都県別で見ると、東京都では+0.3%の3,797万円と前月に引き続き上昇、神奈川県では+0.2%の2,422万円と反転上昇したことで3月以降の下落傾向に歯止めが掛かりました。一方、埼玉県(-0.2%の1,857万円)

2014年8月6日住友不動産販売フィードバック数:0大型消費/投資

首都圏・近畿圏新築中古マンション市場動向(2014年6月)

首都圏・近畿圏新築中古マンション市場動向(2014年6月)- マンション市況 首都圏・近畿圏新築中古マンション市場動向(2014年6月)2014年6月の首都圏中古マンション価格は、前月比-0.4%の2,831万円と2月に2,895万円を記録して以降は弱含みで推移しています。都県別で見ると、東京都は-0.6%の3,784万円で3ヶ月ぶりに下落、神奈川県では-0.3%の2,418万円で4ヶ月連続のマイナスとなりました。一方、埼玉県(+0.9%、1,849万円)や千葉県(+0.7%、1,842万円)で

2014年4月9日日本総研フィードバック数:0社会/政治海外

ロシア 市場反転-ドル安・資源高のシナリオ浮上

No.2014-0412014年4月9日≪藤井英彦の藤井英彦の視点≫視点≫http://www.jri.co.jpロシア市場反転~ ドル安・資源高のシナリオ浮上 ~(1)本年初来、ロシア市場が動揺。まず1月半ば以降、為替相場でルーブル安が進行(図表1)。次いで、2月末から株価下落と金利上昇(図表2)。しかし、3月半ば以降、各市場とも反転。まずルーブルの対ドル相場は3月13日の36.6をボトムに4月初35と、本年1月末~2月初の水準まで回復。株価は3月14日の1,078を底に4月8日1,194へ上

2014年1月16日東京カンテイ★フィードバック数:0大型消費/投資

年間のまとめです。

『分譲マンション賃料推移』2013年(年間版)

東京カンテイプレスリリース/分譲マンション賃料(年間版)2014 年 1 月 15 日2013 年 年間分譲マンション平均賃料 首都圏 2,536 円/㎡ 4 年ぶり反転上昇で 2,500 円台回復近畿圏は直近の最高値を更新 中部圏も集計開始以降初めて前年比上昇1. 首都圏の分譲マンション年間平均賃料は前年比+1.7%の 2,536 円/㎡首都圏では 2009 年をピークに下落基調で推移していたが、2013 年は新築や築浅物件からの事例が増加したこと、また景況感の改善で反転上昇し、再び 2,50

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ