調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 収入保険料

「収入保険料」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2014年5月13日大和総研フィードバック数:0大型消費/投資

市場の縮小・ニーズの多様化が進む生命保険大国日本

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 市場の縮小・ニーズの多様化が進む生命保険大国日本 日本は、米国に次ぎ、世界第2位の生命保険大国である。日本全体の生命保険の収入保険料は、世界全体の20%を占め、米国以外のその他の主要国を大きく引き離している(図表参照)。さらに、1人当たり収入保険料やGDP対比の収入保険料で見れば日本は米国をも上回っており、それぞれ米国の2.3倍および2.5倍と高い水準にある。国内生保市場が世界有数の市場となった背景と

中国保険市場の最新動向(5)銀行窓販の成長と生保市場へのインパクト

中国保険市場の最新動向(5)銀行窓販の成長と生保市場へのインパクト | ニッセイ基礎研究所 中国保険市場の最新動向(5)銀行窓販の成長と生保市場へのインパクト 保険研究部 准主任研究員 片山 ゆき中国の生命保険市場では、エージェント(個人代理人)が主軸をなしてきたが、日本よりも一足早く2000年には銀行での保険販売が開始されている。生保市場における収入保険料の規模は、2012年までの10年間でおよそ3倍に拡大している。その間、2002年、2008年、2010年と3つの大きな成長を経て収入保険料

2011年6月17日矢野経済研究所フィードバック数:0大型消費/投資

有力少額短期保険会社の動向調査結果 2011-新しい保険、ニッチな市場を形成-

2011年06月17日 有力少額短期保険会社の動向調査結果 2011調査要綱矢野経済研究所では、次の調査要綱にて少額短期保険市場の調査を実施した。1. 調査期間:2011年4月~5月2. 調査対象:少額短期保険会社67社3. 調査方法:当社専門研究員による直接面談、ならびに電話・e-mail等によるヒアリングを併用<有力少額短期保険市場とは>少額短期保険市場は、2006年の改正保険業法の施行を受けて新たに誕生した。同法施行以降、5年が経過しており、異業種から参入した企業等も含め現在約70社が少額

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ