「収益改善」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

原油安により中小企業も収益改善へ~遅れていた地方の景況回復に期待

原油安により中小企業も収益改善へ~遅れていた地方の景況回復に期待 | ニッセイ基礎研究所 原油安により中小企業も収益改善へ~遅れていた地方の景況回復に期待 経済研究部 研究員 岡 圭佑日銀短観の14年度経常利益計画(全規模・全産業)を地域別にみると、北海道(前年比▲8.0%)、北関東(同▲5.4%)、九州・沖縄(同▲10.1%)など減益が目立つ地方とは対照的に、南関東(同9.0%)、東海(同6.5%)、近畿(同13.4%)などの都市部では総じて増益傾向が強い。こうした背景には、アベノミクスによ

2014年11月27日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

トリプルメリット、円安でも原油安で中小企業の収益改善

リサーチ TODAY2014 年 11 月 27 日トリプルメリット、円安でも原油安で中小企業の収益改善常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創みずほ総合研究所が発表した『内外経済見通し』1では「トリプルメリット」をキーワードにした。その3つのメリットとは、①金融の追加緩和、②消費税率引上げ延期も含めた財政拡大、③円安・原油安に伴う交易条件効果にあった。今回は、そのなかでも、円安・原油安効果を主に企業収益の観点から振り返ることにする。昨今の円安進行は仕入れコストの上昇から中小企業の収益を圧迫す

2014年3月3日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

セクター分析(産業別利益動向)

セクター分析(産業別利益動向)前回鉄鋼今回コメント自動車メーカー向け鋼材の値上げ実施、コスト削減進展が業績の下支え要因となり、今後1年間は増益となる見通し。非鉄・電線電線業界は北米・新興国向けの光ファイバー需要が持続するが、競争環境は厳しい。電子材料等の需要に減速感はあるが、自動車向けは回復が見込まれる。非鉄業界は金属市況の影響を大きく受けるが、総じて今後1年程度は横ばいとなる見通し。化学石油化学は、供給過剰や中国需要の減速を背景にアジア市場のマージンが低迷、今後も収益の持続的な回復は期待しづら

2014年2月19日大和総研フィードバック数:0社会/政治

経済指標の要点(2014/1/23~2/18発表統計分)

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 ◆2013年12月の企業関連の指標は改善が継続しているものの、一部で弱い動きが見られた。鉱工業生産指数(季節調整値)は、前月比+0.9%と2ヶ月ぶりの上昇となった。輸出数量指数(内閣府による季節調整値)は前月比▲1.2%と、3ヶ月ぶりの低下となった。機械受注(船舶・電力を除く民需)(季節調整値)は、前月比▲15.7%と3ヶ月ぶりに減少した。企業関連の指標の先行きは、海外経済の回復による外需の拡大と、消

2014年1月6日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

セクター分析(産業別利益動向)

セクター分析(産業別利益動向)前回鉄鋼今回コメント中国鋼材市況の上昇や、自動車メーカー向け鋼材の値上げ実施、コスト削減進展が業績の下支え要因となり、今後1年間は増益となる見通し。非鉄・電線電線業界は北米・新興国向けの光ファイバー需要が持続するが、競争環境は厳しい。電子材料等の需要に減速感はあるが、自動車向けは回復が見込まれる。非鉄業界は金属市況の影響を大きく受けるが、総じて今後1年程度は横ばいとなる見通し。化学石油化学は、供給過剰や中国需要の減速を背景にアジア市場のマージンが低迷、今後も収益の持

2013年9月4日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

法人企業統計季報(2013年4-6月期) ~収益改善の動きが強まる。設備投資も非製造業の増加により持ち直し~

Economic Indicators定例経済指標レポートテーマ:法人企業統計季報(2013年4-6月期)発表日:2013年9月2日(月)~収益改善の動きが強まる。設備投資も非製造業の増加により持ち直し~第一生命経済研究所 経済調査部エコノミスト 大塚 崇広TEL:03-5221-4525売上高前年比09年10年11年12年13年1-3月期4-6月期7-9月期10-12月期1-3月期4-6月期7-9月期10-12月期1-3月期4-6月期7-9月期10-12月期1-3月期4-6月期7-9月期10-

2013年6月5日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

法人企業統計季報(2013年1-3月期) ~収益改善が持続。設備投資は弱い結果も先行きは持ち直しへ~

法人企業統計季報(2013年1-3月期) ~収益改善が持続。設備投資は弱い結果も先行きは持ち直しへ~

2013年3月22日大和総研フィードバック数:1社会/政治

3月日銀短観予測

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 3月日銀短観予測業況判断DIは幅広い業種で大幅な改善を予想 ◆4月1日に公表予定の2013年3月日銀短観において、大企業・製造業の業況判断DI(最近)は▲7%pt(前回調査からの変化幅:+5%pt)と大幅な改善を予想する。前回調査以降ドル円レートは10円以上円安に振れており、企業収益も改善が見込まれている。鉱工業生産指数を見ても2012年11月を底に上昇に転じており、今後も上昇が予測されていることなど

2012年6月19日ノークリサーチ★フィードバック数:5企業情報システム

SMBのIT投資についての指標推移です。

2012年春の中堅・中小企業のIT投資指標

PRESS RELEASE(報道関係者各位)2012年6月13日ノークリサーチ Quarterly Report2012年 春版 (Vol 018)調査設計/分析/執筆: 岩上由高2012年春の中堅・中小企業のIT投資指標株式会社ノークリサーチ(本社〒120-0034 東京都足立区千住1-4-1 東京芸術センター1705:代表伊嶋謙ニ 03-5244-6691URL:http//www.norkresearch.co.jp)では中堅・中小市場における第18回目のIT投資実態調査を行った。本リリー

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ