「収益改善」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

原油安により中小企業も収益改善へ~遅れていた地方の景況回復に期待

原油安により中小企業も収益改善へ~遅れていた地方の景況回復に期待 | ニッセイ基礎研究所 原油安により中小企業も収益改善へ~遅れていた地方の景況回復に期待 岡 圭佑基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 日銀短観の14年度経常利益計画(全規模・全産業)を地域別にみると、北海道(前年比▲8.0%)、北関東(同▲5.4%)、九州・沖縄(同▲10.1%)など減益が目立つ地方

2014年8月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

セクター分析(産業別利益動向)

セクター分析(産業別利益動向)前回鉄鋼今回コメント国内での需要回復やコスト削減の進展は業績の下支え要因となるも、足元では鉄鉱石や原料炭価格が軟調なため、在庫評価損が利益押し下げ要因になることが見込まれ、全体としては微増益となる見通し。非鉄・電線電線業界は北米・新興国向けの光ファイバー需要が持続するが、競争環境は厳しい。電子材料等の需要に減速感はあるが、自動車向けは回復が見込まれる。非鉄業界は金属市況の影響を大きく受けるが、総じて今後1年程度は横ばいとなる見通し。化学石油化学は、供給過剰や中国需要

2014年2月19日大和総研フィードバック数:0社会/政治

経済指標の要点(2014/1/23~2/18発表統計分)

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 ◆2013年12月の企業関連の指標は改善が継続しているものの、一部で弱い動きが見られた。鉱工業生産指数(季節調整値)は、前月比+0.9%と2ヶ月ぶりの上昇となった。輸出数量指数(内閣府による季節調整値)は前月比▲1.2%と、3ヶ月ぶりの低下となった。機械受注(船舶・電力を除く民需)(季節調整値)は、前月比▲15.7%と3ヶ月ぶりに減少した。企業関連の指標の先行きは、海外経済の回復による外需の拡大と、消

2014年1月6日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

セクター分析(産業別利益動向)

セクター分析(産業別利益動向)前回鉄鋼今回コメント中国鋼材市況の上昇や、自動車メーカー向け鋼材の値上げ実施、コスト削減進展が業績の下支え要因となり、今後1年間は増益となる見通し。非鉄・電線電線業界は北米・新興国向けの光ファイバー需要が持続するが、競争環境は厳しい。電子材料等の需要に減速感はあるが、自動車向けは回復が見込まれる。非鉄業界は金属市況の影響を大きく受けるが、総じて今後1年程度は横ばいとなる見通し。化学石油化学は、供給過剰や中国需要の減速を背景にアジア市場のマージンが低迷、今後も収益の持

2013年11月3日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

毎月勤労統計(2013年8月) ~依然として低迷の域を脱していないものの、賃金を巡る環境は改善している~

Economic Indicators定例経済指標レポート指標名:毎月勤労統計(2013年9月)発表日:2013年10月31日(木)~依然として低迷の域を脱していないものの、賃金を巡る環境は改善している~第一生命経済研究所 経済調査部担当 エコノミスト 大塚 崇広TEL:03-5221-4525(単位:%)現金給与総額所定内前年比前年比2012年2013年常用雇用者数総労働時間一般前年比前年比パート前年比所定内前年比前年比所定外前年比6月▲ 0.4▲ 0.60.9▲ 0.13.2▲ 0.5▲ 0

2013年9月4日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

法人企業統計季報(2013年4-6月期) ~収益改善の動きが強まる。設備投資も非製造業の増加により持ち直し~

法人企業統計季報(2013年4-6月期) ~収益改善の動きが強まる。設備投資も非製造業の増加により持ち直し~

2013年6月5日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

法人企業統計季報(2013年1-3月期) ~収益改善が持続。設備投資は弱い結果も先行きは持ち直しへ~

法人企業統計季報(2013年1-3月期) ~収益改善が持続。設備投資は弱い結果も先行きは持ち直しへ~

2013年3月22日大和総研フィードバック数:1社会/政治

3月日銀短観予測

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 3月日銀短観予測業況判断DIは幅広い業種で大幅な改善を予想 ◆4月1日に公表予定の2013年3月日銀短観において、大企業・製造業の業況判断DI(最近)は▲7%pt(前回調査からの変化幅:+5%pt)と大幅な改善を予想する。前回調査以降ドル円レートは10円以上円安に振れており、企業収益も改善が見込まれている。鉱工業生産指数を見ても2012年11月を底に上昇に転じており、今後も上昇が予測されていることなど

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

特集データ

特集INDEXへ

お知らせ