「取引先」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年9月13日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

第2回:タカタの連鎖倒産発生状況調査

2017/8/28 第2回:タカタの連鎖倒産発生状況調査再生法申請2カ月、連鎖倒産ゼロ調査結果 6月26日に民事再生法の適用を申請したエアバッグ大手のタカタ。最終的な負債総額は1兆円超が見込まれる戦後最大の製造業倒産となったが、同法申請から2カ月となる8月25日までに、取引先の連鎖倒産は1件も発生していない状況が続いている 主な要因は、申請後すぐに打ち出されたセーフティネット保証制度に加え、地元自治体や自動車メーカーによる資金繰り支援のほか、タカタが部品供給等に関わる重要な取引先に対して、従前通

2017年8月3日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

タカタの連鎖倒産発生状況調査

2017/7/26 タカタの連鎖倒産発生状況調査再生法申請1カ月、連鎖倒産ゼロ〜今後は中長期的なリスクを注視〜調査結果 6月26日に民事再生法の適用を申請したエアバッグ大手のタカタ(東証1部)。最終的な負債総額は1兆円超が見込まれる戦後最大の製造業倒産となったが、同法申請からちょうど1カ月となる7月25日までに取引先の連鎖倒産は1件も発生していない 主な要因は、申請後すぐに打ち出されたセーフティネット保証制度や地元自治体などによる資金繰り支援策に加え、タカタが部品供給等に関わる重要な取引先に対し

2017年6月28日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

事業継続計画(BCP)に対する企業の意識調査(2017年5月)

2017/6/14事業継続計画(BCP)に対する企業の意識調査(2017年5月)BCP策定意向企業は半数以下にとどまる〜BCP策定による効果、業務の効率化や取引先の信頼向上も〜はじめに近年、自然災害や情報セキュリティ事故など、さまざまなリスクによる企業活動への影響を想定し、企業活動を休止することなく、あるいは早期復旧させるなどして事業を継続させるため、予め防災・減災対策、災害発生時や発生後の対応措置などに対する重要性が高まっている。また、BCPがより効果的なものになるための地域との連携に関する議

2017年3月15日東京商工リサーチフィードバック数:0キャリアとスキル

「長時間労働」に関するアンケート調査

公開日付:2017.03.10 政府が残業時間の上限規制を「月100時間」で検討し、「長時間労働」が大きな社会的テーマに浮上している。東京商工リサーチでは、全国の企業を対象に「長時間労働」に関するアンケートを実施した。アンケート結果では、9割の企業で残業が存在し、8割の企業で残業削減に取り組んでいる。しかし、大企業に比べ中小企業等では受注や賃金の減少への影響が大きく、「長時間労働」削減に向けたハードルが高いことがわかった。現行の労働基準法は、原則として1日8時間、1週間に40時間の労働時間を定め

2017年3月3日東京商工リサーチフィードバック数:0大型消費/投資

「タカタグループの国内仕入先」アンケート調査

「タカタグループの国内仕入先」アンケート調査 公開日付:2017.02.27 エアバッグの死亡事故に端を発したリコール問題で巨額の費用負担に揺れるタカタ(株)(東京都品川区)および同社のグループ企業と取引する企業の約9割が、今後も取引の継続を望んでいることがわかった。すそ野が広い自動車業界でもタカタ製のエアバッグのシェア(市場占有率)は高い。サプライチェーンでの重要な位置付けを背景に、タカタと取引先の協業体制は強固なことを示している。2月10日、タカタは2017年3月期の連結最終損益を640億円

2016年12月15日東京商工リサーチフィードバック数:0社会/政治

「暴力団排除条例」施行後の取り組みに関する企業アンケート調査

「暴力団排除条例」施行後の取り組みに関する企業アンケート調査 公開日付:2016.12.06 暴力団への利益供与を禁じた「暴力団排除条例」(以下、暴排条例)が全都道府県で施行されて、10月で丸5年を迎えた。暴排条例は暴力団の資金源を断つことが目的で、暴力団の資金獲得への寄与は社会的に許されない。企業は、暴力団など反社会的勢力からの不当要求を排除し、一切の関係遮断を求められている。違反すると場合により社名公表を含むペナルティーを科せられ、信用失墜が避けられず経営への大きなリスクになる。こうした動き

2016年11月2日東京商工リサーチフィードバック数:0大型消費/投資

「JR九州グループ国内取引状況」調査

公開日付:2016.10.25 東京商工リサーチは、10月25日に東証1部に株式上場した九州旅客鉄道(株)(TSR企業コード:870264311、法人番号:6290001012621、本社福岡市、以下、JR九州)とグループ各社(以下、JR九州グループ)の取引状況を調査した。JR九州グループと直接取引のある1次取引先は全国で1,300社(1次仕入先1,149社、1次販売先151社)に及ぶことがわかった。本社所在地では九州が1,045社(1次仕入先931社、1次販売先114社)と、全体の8割(構成8

2016年5月12日東京商工リサーチ★★フィードバック数:0社会/政治

「日産・三菱自動車 国内取引状況」調査

公開日付:2016.05.12 5月12日、燃費試験データの偽装問題で揺れている三菱自動車工業(株)(TSR企業コード:290569729、法人番号:7010401029044、本社:港区、東証1部、以下三菱自)は、日産自動車(株)(TSR企業コード:350103569、法人番号:9020001031109、本社:横浜市、東証1部、以下日産)と業務提携に向けた基本合意書を締結し、日産を割当とする第三者割当増資をすることを発表した。今回の発表を受け、東京商工リサーチは日産と三菱自の取引状況の緊急調

2016年3月4日帝国データバンク★フィードバック数:0社会/政治

「東日本大震災関連倒産」(発生後5年間累計)の動向調査

2016/3/1「東日本大震災関連倒産」(発生後5年間累計)の動向調査震災関連倒産は、5年間で1898件判明〜 うち原発関連倒産は210件、原発事故の影響長期化 〜はじめに東日本大震災の発生からまもなく5年。政府は、震災直後の2011年度からの5年間を「集中復興期間」として、約26兆円の予算を計上した。この間、企業に対しては被災した社屋や施設の復旧・整備や二重ローン対策、資金繰り支援などのほか、官民連携による販路開拓や商品開発支援など、復興に向けた取り組みが進められた。しかし一方で、未曾有の災害

2016年2月2日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

シャープグループ国内取引状況調査

公開日付:2016.01.29 東証1部上場のシャープ(株)(TSR企業コード:570384737、大阪市阿倍野区)の動向に注目が集まっている。2015年3月期に主力の液晶パネルの中国市場での販売低下や、太陽電池やテレビの不振から2,223億円の大幅赤字。さらに2015年9月中間期(4-9月期)には836億円の赤字を計上し、一気に再建に向けた動きが慌ただしくなっている。シャープグループの動向が影響するとみられる1次仕入先は1,680社あった。業績不振が表面化した前回調査時(2012年8月17日、

2016年1月19日東京商工リサーチフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

ミネベアグループ・ミツミ電機「統合に伴う取引先」調査

ミネベアグループ・ミツミ電機「統合に伴う取引先」調査 公開日付:2016.01.15 2017年4月の経営統合を目指し基本合意書を締結した精密機械加工のミネベア(株)(TSR企業コード:411007688、東京都港区、東証1部)と、ミツミ電機(株)(TSR企業コード:290236819、東京都多摩市、東証1部)の取引先は、重複が極めて少なく経営効率が高いことがわかった。今回の調査は、ミネベアと同社連結会社4社(以下、ミネベアグループ)とミツミ電機の1次および2次取引先を企業情報サービス「tsr-

2015年6月28日日本政策金融公庫★フィードバック数:0ビジネス

円安と原油安の影響です。

円安・原油安の影響に関する調査(全国中小企業動向調査(中小企業編)2015年1-3月期特別調査)

ニュースリリース2 0 1 5 年 6 月 2 6 日株式会社日本政策金融公庫総合研究所中小企業の4割が、円安は業績に対し「マイナスの影響」が大きいと回答~「プラスの影響」が大きいとする割合は1割、輸出比率の高い企業では、その割合は高い~円安・原油安の影響に関する調査結果  (全国中小企業動向調査(中小企業編)2015年1-3月期特別調査) ○ 2014年秋以降の円安が中小企業の業績に与えた影響についてみると、「マイナスの影響」が大きいと回答した企業割合が42.3%となり、「プラ  スの影響」が

2015年5月12日MonotaROフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

大手企業の“生産の国内回帰”の影響の有無や今後の予測等に関するアンケート

【NEWS LETTER】生産の国内回帰、中小製造業の景況感に影響【14,000社アンケート】 2015年5月7日 【NEWS LETTER】生産の国内回帰、中小製造業の景況感に影響【14,000社アンケート】 2015年5月7日株式会社MonotaRO大手企業の生産の国内回帰 中小製造業への影響は? モノタロウユーザーにアンケート調査を実施株式会社MonotaROでは、日本の製造業を取り巻く環境に変化が訪れる中、当社のメイン顧客である中小製造業ユーザーのうち約14,000事業者に対し、大手

2015年4月21日経済産業研究所★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

自動車産業についてのレポートです。

日本の自動車産業における完成車メーカーと一次サプライヤーの取引構造とその変化

日本の自動車産業における完成車メーカーと一次サプライヤーの取引構造とその変化概要1989年から2010年までの、国内における完成車メーカーと一次サプライヤーの取引について分析し、以下のことが分かった。・取引のオープン化は、期間を通じて少しずつ進んでいる。2000年代においてその要因となっているのは、完成車メーカーが取引先を増やしていることではなくサプライヤーが取引先を増やしていることである。 ・オープン化よりもかなり早いペースで、完成車メーカーと既存のサプライヤーの取引関係の「組み換え」が起こっ

2015年4月5日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

第4回 青森「休廃業・解散」動向調査(2014年)

2015/3/27第4回:青森「休廃業・解散」動向調査(2014年)2014年の「休廃業・解散」は「倒産」の4.7倍〜青森県、シャッター街加速の兆し〜はじめに「債務者が自主廃業を選択する場合の取引先対応等を含めた円滑な処理等への協力」(金融庁『監督指針』、2011年4月)、「2020 年までに開業率が廃業率を定常的に上回る状態にする」(民主党野田政権下『日本再生戦略』、2012年7月)、「開業率が廃業率を上回る状態にし、米国・英国レベルの開・廃業率10%台を目指す」(自民党安倍政権下『日本再興戦

2015年3月1日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

秋田県「休廃業・解散」動向調査(2014年)

2015/2/23秋田県「休廃業・解散」動向調査(2014年)2014年の「休廃業・解散」は「倒産」の2.9倍〜 前年比増加率は全国トップ 〜はじめに「債務者が自主廃業を選択する場合の取引先対応等を含めた円滑な処理等への協力」(金融庁『監督指針』、2011年4月)、「2020 年までに開業率が廃業率を定常的に上回る状態にする」(民主党野田政権下『日本再生戦略』、2012年7月)、「開業率が廃業率を上回る状態にし、米国・英国レベルの開・廃業率10%台を目指す」(自民党安倍政権下『日本再興戦略』、2

2015年2月25日経済産業研究所★フィードバック数:0ビジネス

セミナー資料です。

企業間ネットワークと波及効果:ビックデータを用いた実証分析

企業間ネットワークと波及効果:ビックデータを用いた実証分析俣野 敏道 (経済産業省大臣官房広報室室長補佐) リーマンショックや大規模な自然災害を経験し、一部の地域のショックが経済全体に波及し、マクロ変動を引き起こすことが認識された。また、企業間の強いネットワークは、負のショックの伝播として具現化する一方で、競争力の源泉ともなり、経済産業省の政策において、「つながり力」の活用が指摘されてきた。本BBLでは、負のショックの伝播、つながり力に関連し、ビックデータを用いた実証分析結果(RIETIのプロジ

2015年1月27日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

第6回 全国「休廃業・解散」動向調査(2014年)

2015/1/27第6回:全国「休廃業・解散」動向調査(2014年)2014年の「休廃業・解散」は「倒産」の2.6倍 〜 「倒産」と合わせ、従業員8万6000人以上に影響 〜はじめに「債務者が自主廃業を選択する場合の取引先対応等を含めた円滑な処理等への協力」(金融庁『監督指針』、2011年4月)、「2020 年までに開業率が廃業率を定常的に上回る状態にする」(民主党野田政権下『日本再生戦略』、2012年7月)、「開業率が廃業率を上回る状態にし、米国・英国レベルの開・廃業率10%台を目指す」(自民

2014年11月4日マネーフォワードフィードバック数:0ビジネス

2014年秋 みんなの請求書事情調査

HOMEプレスリリース【2014年秋 みんなの請求書事情調査】「エクセル作成・郵送」派が主流!「専用作成ツール・メール添付」も普及~請求書にまつわる悩みは”面倒・し忘れ・間違い”~ 【2014年秋 みんなの請求書事情調査】「エクセル作成・郵送」派が主流!「専用作成ツール・メール添付」も普及~請求書にまつわる悩みは”面倒・し忘れ・間違い”~【調査結果トピックス】 1.請求書はエクセルで作成し郵送が主流。次いで専用の作成ソフトやクラウドサービスが躍進。 2.請求書で”面倒”と感じるのは、ステータス管

2014年8月12日あおぞら銀行フィードバック数:0ビジネス

事業法人のアジア展開と地域金融機関等による取引先のアジア展開支援

事業法人のアジア展開と地域金融機関等による取引先のアジア展開支援

2014年7月27日日本政策金融公庫★フィードバック数:0ビジネス

日本政策金融公庫の調査です。

中小製造業の取引先の海外生産とその影響に関する調査結果(全国中小企業動向調査(中小企業編)2014年1-3月期特別調査)

中小製造業の取引先の海外生産とその影響に関する調査結果(全国中小企業動向調査(中小企業編)2014年1-3月期特別調査)

2014年6月4日経済産業研究所フィードバック数:0ビジネス

企業間ネットワーク構造が海外直接投資行動に与える影響についての 理論・実証研究

ノンテクニカルサマリー 企業間ネットワーク構造が海外直接投資行動に与える影響についての 理論・実証研究 伊藤 亮 (名古屋市立大学) 中島 賢太郎 (東北大学) このノンテクニカルサマリーは、分析結果を踏まえつつ、政策的含意を中心に大胆に記述したもので、DP・PDPの一部分ではありません。分析内容の詳細はDP・PDP本文をお読みください。また、ここに述べられている見解は執筆者個人の責任で発表するものであり、所属する組織および(独)経済産業研究所としての見解を示すものではありません。 新し

2014年4月15日東京商工会議所★フィードバック数:0ビジネス

為替の影響です。

中小企業の円安への対応に関するアンケート

『中小企業の円安への対応に関するアンケート』調査結果 平成26年4月15日東京商工会議所中小企業部 東京商工会議所(三村明夫会頭)は、東京23区内の中小企業の経営に、為替変動が及ぼす影響と各社の対応について把握するため標記調査を実施し、このたび調査結果がまとまりましたので、お知らせします。調査概要および主なポイントは以下の通りです。 【主なポイント】~海外需要の減退等により、円安でも輸出企業は減少~中小企業の3分の1は海外展開を実施している ○中小企業の約3分の1(35.3%)は海外展開を行っ

2014年3月9日日本政策金融公庫★フィードバック数:0ライフスタイル

震災の影響を聞いています。

平成25年下半期食品産業動向調査(東日本大震災)(平成26年1月調査)

ニュースリリース平 成 26 年 3 月 7 日食品産業:東日本大震災株式会社日本政策金融公庫大震災の食品企業への影響、全国では改善傾向原発事故の影響は被災地を中心に残る― 日本公庫・平成25年下半期食品産業動向調査 ―日本政策金融公庫(略称:日本公庫)農林水産事業が今年 1 月に実施した平成 25 年下半期食品産業動向調査の特別設問において、東日本大震災や福島第一原子力発電所事故から3年が経過する中にあって、食品関係企業への影響と回復状況について調査いたしました。本調査では影響が残っていると回

2013年9月6日ギフトイットフィードバック数:0ビジネス

卓上カレンダーについてのアンケート

ノベルティ・名入れ販促グッズのギフトイット 職場で使う販促用卓上カレンダーについて、1,329人のビジネスパーソンにアンケート調査を行ないました。職場で使う卓上カレンダーに関するアンケート調査結果 調査対象職業会社員、公務員、経営者・役員、自営業者年齢20代以上性別男女有効回答数1,329人実施時期2013年8月 調査結果Q. 使用中の卓上カレンダーの入手ルートはどれですか?※複数回答職業別 使用中の卓上カレンダーの入手ルートを尋ねたところ、65.0%の人が「取引先からもらった」と回答。「自

2011年10月5日東京商工リサーチフィードバック数:13社会/政治

『暴力団排除条例』施行直前 緊急アンケート ~ほぼ全ての企業が条例を認識、運用は手探り状態~

企業情報、信用調査など与信管理をサポートする東京商工リサーチ 『暴力団排除条例』施行直前 緊急アンケート ~ほぼ全ての企業が条例を認識、運用は手探り状態~10月1日、東京都の「暴力団排除条例」がスタートする。東京商工リサーチでは、都内の100社を対象に「暴力団排除条例」に関するアンケートを実施した。これによると5社に1社が過去に反社会勢力からクレームなど何らかの接触があったと回答した一方、今回の暴排条例の施行では取引先の事前チェックを行った企業は3割にとどまるなど、具体的対応が遅れていることが

2011年5月18日アイティメディア★★★フィードバック数:5企業情報システム

キーマンズが企業のITへの震災影響の調査結果を発表しました。

企業における東日本大震災の影響

キーマンズネットでは、2011年3月11日に起きた東日本大震災を受け、2011年4月19日〜 2011年4月21日にかけて「企業における東日本大震災の影響」に関するアンケートを実施した(有効回答数:1005)。回答者の顔ぶれは、情報システム部門が全体の37.5%、一般部門が33.6%、顧客に販売するベンダ・SIerが28.9%という構成比であった。地域別でみると、震災の影響が大きかった東北5県(青森県、岩手県、宮城県、福島県、茨城県)が3.8%、北海道・その他東北(北海道、秋田県、山形県、新潟県

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ