「取引経験」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2016年8月5日マイボイスコムフィードバック数:0大型消費/投資

FXに関するアンケート調査(第4回)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ【 FX 】に関するアンケート調査(第4回)FXの認知率は8割弱、利用経験者は8%、現在取引している人は4%。利用意向は1割で、現在取引者の8割弱 マイボイスコム株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:高井和久)は、4回目となる『FX(外国為替証拠金取引)』に関するインターネット調査を2016年6月1日〜5日に実施し、11,531件の回答を集めました。調査結果をお知らせします。【調査結果】 ■FXの利用経験者は8%、男性

2016年3月9日マイボイスコムフィードバック数:0大型消費/投資

マイボイスコム 証券会社の利用(6)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ証券会社との取引経験は4割弱。「1ヶ月以内に取引したことがある」は約15%。取引経験者は男性や高年代層での比率が高い。直近3年以内の取引経験者が証券会社で取引、購入した商品は「国内株式」が8割弱、「株式投資信託」が2割強 直近3年以内の取引経験、今後の取引意向(未経験者含む)のいずれも1位「SBI証券」、2位「野村證券」、3位「楽天証券」。主利用者の「満足」の比率が高いのは、松井証券、GMOクリック証券、SBI証券など 取引する証券会社選定

2015年2月26日マイボイスコムフィードバック数:0大型消費/投資

マイボイスコム 証券会社の利用(5)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ証券会社との取引経験は4割弱。「1ヶ月以内に取引したことがある」は1割強。取引経験者は男性や高年代層で多い。直近3年以内に証券会社で取引、購入した商品は「国内株式」がトップ、「株式投資信託」が2番目に多い 直近3年以内の取引経験、今後の取引意向(未経験者含む)のいずれも1位「SBI証券」、2位「野村證券」、3位「楽天証券」。主利用者の「満足」の比率が高いのは、GMOクリック証券、SBI証券、松井証券など 取引する証券会社選定時の重視点は全体

2014年2月26日マイボイスコムフィードバック数:0大型消費/投資

マイボイスコム 証券会社の利用(4)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ証券会社との取引経験は4割弱。「1ヶ月以内に取引したことがある」は1割強。取引経験者は男性や高年代層で多い。直近3年以内に証券会社で取引、購入した商品は「国内株式」がトップ、「株式投資信託」が2番目に多い。「FX」は20代男性や、GMOクリック証券主利用者などで多くみられる 直近3年以内の取引経験、今後の取引意向(未経験者含む)のいずれも1位「SBI証券」、2位「野村證券」、3位「楽天証券」。主利用者の「満足」の比率が高いのは、GMOクリッ

2013年2月26日マイボイスコムフィードバック数:1大型消費/投資

マイボイスコム 証券会社の利用(3)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ証券会社との取引経験は4割弱。「1ヶ月以内に取引したことがある」は1割強。取引経験者は男性や高年代層で多い 直近3年以内の取引経験、今後の取引意向(未経験者含む)のいずれも1位「SBI証券」、2位「野村證券」、3位「楽天証券」。1ヶ月以内取引経験者の取引意向は「SBI証券」に次いで「楽天証券」が2位 直近3年以内に証券会社で取引、購入した商品は「国内株式」がトップ、「株式投資信託」が2番目に多い。「FX」は20代男性で多い 取引する証券会社

2012年3月2日マイボイスコムフィードバック数:2大型消費/投資

マイボイスコム 証券会社の利用(2)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ証券会社との取引経験者は4割弱。3年以内取引経験者は3割弱 直近3年以内取引経験は「SBI証券」が1位で、「野村證券」「楽天証券」などが続く。 SBI証券主利用者、松井証券主利用者などは「満足」という回答が多い 取引証券会社選定時の重視点は「会社の信頼度、経営の安定性」「手数料が安い」が各4割強で上位2位 【調査対象】 「MyVoice」のアンケートモニター【調査方法】 インターネット調査(ネットリサーチ)【調査時期】 2012月

2010年7月26日NTTデータ経営研究所フィードバック数:17大型消費/投資

金融リテラシーが行動特性に与える影響

サービス 業界ごとに直面する特有の課題と、どの業界にも共通する課題。双方を解決してはじめて、ビジネスの基盤は揺るぎないものになり、さらなる成長への軌道が見えてきます。私たちは、インダストリー分野とファンクション分野、それぞれに精通したエキスパートが横断的にチームを組み、つねに最善のコンサルティング・サービスを提供いたします。 レポート NTTデータ経営研究所では、お客様が直面する重要な経営課題、IT課題を取り上げ、 独自の取組みから得られた実践的オピニオンを発信しています。主な発信情報をご

2009年11月24日楽天リサーチ★フィードバック数:0大型消費/投資

楽天リサーチによるFXに関する調査結果です。

FXに関する調査

2009年11月24日楽天リサーチ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:森 学、以下 楽天リサーチ)は、FX(外国為替証拠金取引)に関するインターネット調査を実施しました。今回の調査は、10月23日から25日にかけて、楽天リサーチ登録モニター(約173万人)の中から、全国の20~69歳の男女計1,000人を対象に行いました。 【総評】FXの取引経験者は全体で6.8%に留まり、未だ少数派であることが浮き彫りになった。一方、取引意向がある潜在顧客は約3割と、拡大の余地はあるように見受けられる

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ