「取締役会」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

Directors’ Alert 2017

デロイト グローバル『Directors’ Alert 2017』 戦略、文化、イノベーションが取締役会の最優先事項テクノロジー、透明性、取締役会の有効性、報酬も2017年の重要課題 有限責任監査法人トーマツは、デロイト グローバルによる『Directors’ Alert 2017』の日本語版を発表し、非業務執行取締役が不確実性に満ちた2017年の舵取りを進めるにあたって考慮する必要のある重要事項について分析しています。 2017年4月21日 本ニュースリリースは2017年1月24日にニュ

投資家調査です。

投資家の視点:投資家はいかに今日そして明日の取締役会のあり方を変えていくのか

投資家の視点:投資家はいかに今日そして明日の取締役会のあり方を変えていくのかPwC米国では、2014年に、年金基金や資産運用会社など幅広い機関投資家(調査に参加した機関投資家の運用資産総額約11.5兆米ドル)を対象とした調査を実施し、取締役会の現状について投資家が取締役に何を期待し、その期待は満たされているのかなどについて意見を求めました。本調査の結果得られた意見は以下の3点にまとめられます。取締役の現状に対する投資家の満足度は、全般的に2013年の調査結果よりも向上しているものの、一部の領域に

リスク・ガバナンス、リスクアペタイト・フレームワーク、リスクカルチャー

リスクガバナンス、リスクアペタイト・フレームワーク、リスクカルチャー現在、金融機関におけるリスク管理のあり方は、業務執行レベルでの管理機能の問題に留まらず、取締役会を中心とするリスクガバナンスや、リスクアペタイト・フレームワーク、さらにはリスクカルチャーに係る問題であると捉えられています。本レポートでは、特に下記のポイントについて、最近の規制動向も踏まえつつ、金融機関が抱えている課題やPwCが考える、あるべきフレームワークについて議論を展開しています。リスクガバナンスリスクガバナンスの重要性有効

女性活躍と企業業績に関する先行研究の検討

女性活躍と企業業績に関する先行研究の検討 | ニッセイ基礎研究所 女性活躍と企業業績に関する先行研究の検討 生活研究部 准主任研究員 金 明中基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 女性活躍と企業業績に関する実証分析は今まで数多く行われており、その一部の研究では、女性活躍と企業業績の間には正の関係があり、さらに統計的に有意であるという結果を出しているが、その反対の結果

PwCのレポートです。

取締役会では何が問題にされているのか‐将来のガバナンスと取締役会のあり方に関する取締役と投資家の見解‐

取締役会では何が問題にされているのか ‐将来のガバナンスと取締役会のあり方に関する取締役と投資家の見解‐PwC米国では、2014年夏に、公開企業の取締役(863名)および機関投資家(33社)に対してそれぞれ取締役および取締役会のあり方に関する調査を実施しました。本調査では、これら2つのグループの回答を比較することにより、同じ視点が共有されている領域と、異なる視点が存在する領域を明らかにしています。例えば、取締役にとって最も重要な属性・資質としては、取締役および投資家の双方が「財務に関する専門性」

PwCのレポートです。

ガバナンスと将来の取締役会のあり方を決定づけるトレンド PwC企業取締役調査(2014年)

ガバナンスと将来の取締役会のあり方を決定づけるトレンド PwC企業取締役調査(2014年)PwCは、ガバナンスの今後の方向性を見極め、取締役会のあり方に影響を与えうるトレンドを把握すべく、「企業取締役調査(2014年)」を実施しました。本調査においては、公開企業863社の取締役から寄せられた回答に基づき、以下のテーマについて議論を展開しています。取締役会のパフォーマンスに対する注目の高まり適切な取締役会を構成することに対するプレッシャー注目される取締役会構成員の多様性取締役会による課題の優先順位

2014年12月10日経済産業研究所フィードバック数:0ビジネス

企業の取締役会のダイバーシティとイノベーション活動

企業の取締役会のダイバーシティとイノベーション活動乾 友彦(ファカルティフェロー) /中室 牧子(慶應義塾大学) /枝村 一磨(科学技術・学術政策研究所) /小沢 潤子(内閣府) 概要経営学の分野において企業における人材のダイバーシティと企業全体のパフォーマンスの関係が議論されるようになって久しい。米国の先行研究では、外見から識別可能な「デモグラフィー型」の人材ダイバーシティと実際の業務に必要な能力や経験のダイバーシティとなる「タスク型」の人材ダイバーシティのうち後者が企業のパフォーマンス

2014年12月8日大和総研フィードバック数:0ビジネス

普及進む「独立社外取締役」

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 コンサルティング重点テーマレポート <実践>コーポレートガバナンス 普及進む「独立社外取締役」変革期を迎えた日本企業のコーポレートガバナンス 2014年12月8日コンサルティング・ソリューション第二部 コンサルタント 小阿瀬 達彦◆独立社外取締役を選任している企業は2010年から2014年の4年間で約2倍に増加しており、独立社外取締役の選任が急速に進んでいる。◆2000年代に入り、日本企業のガバナン

2014年9月2日経済産業研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

組織成果につながる多様性の取り組みと風土

ノンテクニカルサマリー 組織成果につながる多様性の取り組みと風土 谷口 真美 (早稲田大学 / マサチューセッツ工科大学) このノンテクニカルサマリーは、分析結果を踏まえつつ、政策的含意を中心に大胆に記述したもので、DP・PDPの一部分ではありません。分析内容の詳細はDP・PDP本文をお読みください。また、ここに述べられている見解は執筆者個人の責任で発表するものであり、所属する組織および(独)経済産業研究所としての見解を示すものではありません。 人的資本プログラム (第三期:2011~2

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ