「受信割合」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2016年10月12日日本産業協会フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2016年7月の迷惑メールの傾向

モニター機の受信数が2カ月連続で大幅に増加し、情報提供受付分の2倍以上の受信数となりました。海外発の発信国別受信割合は、シンガポール、アメリカともに受信数の増加が続いています。日本語メールについては、ワースト10のすべての国で9割を超え、バングラデシュ、カンボジアは100%となっています。 モニター機で受信した海外発メールの分析です。特定商取引法の調査のため国内に設置していることから、海外発メールについても日本語率が高いのが特徴です。2011年に入ってからは、英文メールが中心だった

2014年9月15日日本産業協会フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2014年6月の迷惑メールの傾向

モニター機の総受信数は、5月に比べ再び増加に転じ、過去最多の受信数となりました。海外発の発信国別受信割合では、アメリカが5月に比べ増加したほか、サウジアラビア発がランクインしました。日本語メールは10カ国とも9割を超えており、特にサウジアラビアは、日本語率が99.7%とたいへん高い割合となっています。 モニター機に受信した海外発メールの分析です。特定商取引法の調査のため国内に設置していることから、海外発メールについても日本語率が高いのが特徴です。以前は中国・フィリピン・タイなどの

2014年6月1日日本産業協会フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2014年3月の迷惑メールの傾向

モニター機の受信数は、約5千件減となりましたが高水準での受信となっています。海外発の発信国別受信割合は、先月と顔ぶれは変らず、シンガポールとバングラデシュの順位が入れ替わっています。日本語メールについては、ワースト10のうち韓国以外の9カ国で日本語率9割を超え、バングラデシュは100%となっています。 皆様からの情報提供と、モニター機で受信した迷惑メールの件数です。 海外発は2009年度に92.9%まで上昇しましたが、10年度以降は国内のISP発が増加。再び、2012年秋頃から海外発

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ