「受注統計」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年2月2日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

主要経済指標予定(2015年2月2日~2月6日)

Economic Indicators定例経済指標レポート発表日:2015年1月30日(金)指標名:主要経済指標予定(2015年2月2日~2月6日)第一生命経済研究所経済調査部担当 日本経済短期チームTEL: 03-5221-4524(2 月 2 日~2 月 6 日の主なイベント、指標予定)指 標 名2月2日(月)14:00当社予測市場予測市場予測レンジ前回結果乗用車(前年比)―――▲11.1%軽乗用車(前年比)―――+19.0%―――+38.2%―――+0.1%CI 一致指数(前月差)+1.6

2015年1月9日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

海外 経済指標予測とイベント予定(2015年1月12日~1月16日)

Global Economic Indicators海外 経済指標予測12日日~1月1616日日)経済指標予測と予測とイベント予定イベント予定(予定(2015年1月12発表日:20発表日:2012015年1月8日(木)第一生命経済研究所 経済調査部(03(03-52215221-5001)発表日(日本時間)当社予想イベント(経済指標、講演、等)コンセンサス、市場予想レンジ前月値(前回値)前回値)1.12(月)2:40(米)ロックハート・アトランタ地区連銀総裁が金融政策について講演1.13(中国)

経済・金融の動向

情勢判断今月の情勢 ∼経済・金融の動向∼米国金融・経済12 月 16∼17 日の米連邦公開市場委員会(FOMC)では、政策金利(0∼0.25%)について、前回までの「相当な期間維持する」との文言を残しつつ、政策の正常化に向けては「忍耐強く」対応すると、15 年内の利上げを見据えた方針が示された。また、イエレン FRB 議長は FOMC 後の会見で、少なくとも次回(1 月)と次々回(3 月)の FOMC で利上げを実施する可能性は低いと説明している。米国の経済指標をみると、雇用統計(11 月)の失

2014年12月28日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

主要経済指標予定(2014年12月29日~1月9日)

Economic Indicators定例経済指標レポート発表日:2014年12月26日(金)指標名:主要経済指標予定(2014年12月29日~1月9日)第一生命経済研究所経済調査部担当 日本経済短期チームTEL: 03-5221-4524(12 月 29 日~1 月 2 日の主なイベント、指標予定)指 標 名12 月 29 日(月)12 月 30 日(火)12 月 31 日(水)1月1日(木)1月2日(金)8:50当社予測市場予測市場予測レンジ前回結果当社予測市場予測市場予測レンジ前回結果乗用

【2014年8月米耐久財受注】好調な投資意欲を確認

【8月米耐久財受注】好調な投資意欲を確認 | ニッセイ基礎研究所 【8月米耐久財受注】好調な投資意欲を確認 研究員 高山 武士基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 9月25日、米国商務省が8月の製造業の耐久財出荷・在庫・受注統計を公表した。注目度の高い耐久財受注額は前月比▲18.2%となり、前月改定値(同+22.5%)から下落した。市場予想の▲18.0%(Bloom

【2014年7月米耐久財受注】投資の加速期待は剥落せず

【7月米耐久財受注】投資の加速期待は剥落せず | ニッセイ基礎研究所 【7月米耐久財受注】投資の加速期待は剥落せず 研究員 高山 武士基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 結果の概要:輸送用機器が耐久財受注の伸びを押し上げ8月26日、米国商務省が7月の製造業の耐久財出荷・在庫・受注統計を公表した。注目度の高い耐久財受注額は前月比+22.6%となり、前月改定値(同+2

【6月米耐久財受注】資本財(≒設備投資)に暗雲か

【6月米耐久財受注】資本財(≒設備投資)に暗雲か | ニッセイ基礎研究所 【6月米耐久財受注】資本財(≒設備投資)に暗雲か 研究員 高山 武士基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 結果の概要:耐久財受注は反転、資本財(設備投資)には懸念も7月25日、米国商務省が6月の製造業の耐久財出荷・在庫・受注統計を公表した 。注目度の高い耐久財受注額は前月比+0.7%となり、前

2014年6月10日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

受注統計から見る景気の先行き ~今年度のけん引役に期待される設備投資と輸出に明るい兆し~

受注統計から見る景気の先行き ~今年度のけん引役に期待される設備投資と輸出に明るい兆し~

2014年6月3日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

主要経済指標予定(2014年6月2日~6月6日)

Economic Indicators定例経済指標レポート発表日:2014年5月30日(金)指標名:主要経済指標予定(2014年6月2日~6月6日)第一生命経済研究所経済調査部担当 日本経済短期チームTEL: 03-5221-4524(6 月 2 日~6 月 6 日の主なイベント、指標予定)指 標 名6月2日(月)8:5014:00(火)6月3日(水)6月5日(木)6月6日(金)(注)前回結果―――+3.8%―――+26.6%設備投資(除ソフトウェア)(前年比)―――+2.8%乗用車(前年比)―

2014年4月10日大和総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2014年2月機械受注

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 2月機械受注1-3月期は横ばい圏の推移を見込むも、4-6月期以降は再び増勢へ ◆2014年2月の機械受注統計によると、国内設備投資の先行指標である民需(船舶・電力を除く)は、前月比▲8.8%と2ヶ月ぶりに減少し、市場コンセンサス(同▲2.6%)を大幅に下回る結果となった。3ヶ月移動平均値で見ても、2ヶ月ぶりの減少となっており、機械受注は増加基調が一服した格好だ。ただし、機械受注統計は振れが大きいことか

2014年4月7日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

主要経済指標予定(2014年4月7日~4月11日)

Economic Indicators定例経済指標レポート発表日:2014年4月4日(金)指標名:主要経済指標予定(2014年4月7日~4月11日)第一生命経済研究所経済調査部担当 日本経済短期チームTEL: 03-5221-4524(4 月 7 日~4 月 11 日の主なイベント、指標予定)4 月 7 日 (月)14:004 月 8 日 (火)8:5014:004 月 9 日 (水) 14:004 月 10 日 (木) 8:508:504 月 11 日 (金)8:508:508:5013:30

2014年3月31日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

主要経済指標予定(2014年3月31日~4月4日)

Economic Indicators定例経済指標レポート発表日:2014年3月28日(金)指標名:主要経済指標予定(2014年3月31日~4月4日)第一生命経済研究所経済調査部担当 日本経済短期チームTEL: 03-5221-4524(3 月 31 日~4 月 4 日の主なイベント、指標予定)3 月 31 日 (月)8:5014:004 月 1 日 (火)8:5010:3014:004 月 2 日 (水)8:508:504 月 3 日 (木)4 月 4 日 (金) 14:00(注)指標名2 月

2014年3月17日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

海外 経済指標予測とイベント予定(2014年3月16日~3月21日)

Global Economic Indicators海外 経済指標予測21日日)経済指標予測と予測とイベント予定イベント予定(予定(2014年3月16日~3月21発表日:20発表日:20142014年14年3月13日13日(木)第一生命経済研究所 経済調査部(03(03-52215221-5001)当社予想発表日イベント(経済指標、講演、等)(日本時間)※ (ウクライナ)ウクライナ)クリミア自治共和国の住民投票3.16コンセンサス、市場予想レンジ前月値(前回値)前回値)(日)3.17(インド)

2014年3月17日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

機械受注統計調査(2014年1月) ~12月の落ち込みから明確に反発~

Economic Indicators定例経済指標レポート指標名:機械受注統計調査(2014年1月)発表日 2014年3月13日(木)~12月の落ち込みから明確に反発~第一生命経済研究所 経済調査部担当 エコノミスト 星野 卓也TEL:03-5221-4526(単位:%)民需代理店製造業2013201420131-3月4-6月7-9月10‐12月期1‐3月期(見)1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月船舶・電力除く前期比▲ 0.06.84.31.5▲ 2.9▲ 7.54.214.

2014年3月10日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

海外 経済指標予測とイベント予定(2014年3月8日~3月15日)

Global Economic Indicators海外 経済指標予測14年年3月8日~3月1515日日)経済指標予測と予測とイベント予定イベント予定(予定(2014発表日:20発表日:20142014年14年3月6日(木)第一生命経済研究所 経済調査部(03(03-52215221-5001)3.8(中国)2 月輸出(前年比)当社コンセンサス、市場予想レンジ予想+7.5% +7.5%(▲8.5~+14.4%)(土)(中国)2 月輸入(前年比)+7.0% +7.6%(+2.0~+21.4%)+1

2014年2月28日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

主要経済指標予定(2014年3月3日~3月7日)

Economic Indicators定例経済指標レポート発表日:2014年2月28日(金)指標名:主要経済指標予定(2014年3月3日~3月7日)第一生命経済研究所経済調査部担当 日本経済短期チームTEL: 03-5221-4526(3 月 3 日~3 月 7 日の主なイベント、指標予定)3 月 3 日 (月)8:5014:003 月 4 日 (火)8:5010:303 月 5 日 (水)3 月 6 日 (木)3 月 7 日 (金) 14:0014:00(注)指標名当社予測10-12 月期法人

2014年2月13日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

機械受注統計調査(2013年12月) ~10-12月期機械受注は増加~

機械受注統計調査(2013年12月) ~10-12月期機械受注は増加~

2014年2月3日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

主要経済指標予定(2014年2月3日~2月7日)

Economic Indicators定例経済指標レポート発表日:2014年1月31日(金)指標名:主要経済指標予定(2014年2月3日~2月7日)第一生命経済研究所経済調査部担当 日本経済短期チームTEL: 03-5221-4526(2 月 3 日~2 月 7 日の主なイベント、指標予定)2 月 3 日 (月)2月4日2月5日2月6日2月7日14:00(火) 8:50(水) 10:30(木)(金) 14:0014:00(注)指標名1 月新車販売台数 乗用車軽乗用車1 月マネタリーベース12 月

2014年1月17日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

海外 経済指標予測とイベント予定(2014年1月20日~1月24日)

Global Economic Indicators海外 経済指標予測14年年1月2020日日~1月2424日日)経済指標予測と予測とイベント予定イベント予定(予定(2014発表日:20発表日:20142014年14年1月16日16日(木)第一生命経済研究所 経済調査部(03(03-52215221-5001)発表日(日本時間)当社予想イベント(経済指標、講演、等)コンセンサス、市場予想レンジ前月値(前回値)前回値)(米)休場:キング牧師誕生日1.20(月)9:01 (英)1 月ライトムーブ住宅

2014年の国内経済・金融展望

〈レポート〉経済・金融2014年の国内経済・金融展望研究員 多田忠義1 「アベノミクス」の 1 年昇などを背景に、エネルギーや輸入品が物価2012年11月14日、野田前首相が衆議院解散を押し上げたほか、需給改善による価格転嫁の意向を表明してから株高・円安基調に転じも散見され、物価は前年比1%近傍まで上昇た。日本経済は13年に入り、15年近く続くデしている。フレからの脱却に向け、金融緩和、財政出動、(2) 弱めの外需成長戦略の「3本の矢」で構成される「アベ13年5月22日、バーナンキ米連邦準備制度

2013年11月29日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

海外 経済指標予測とイベント予定(2013年12月2日~12月8日)

Global Economic Indicators海外 経済指標予測13年年1212月月2日~1212月月8日)経済指標予測と予測とイベント予定イベント予定(予定(2013発表日:20発表日:20132013年13年11月11月28日28日(木)第一生命経済研究所 経済調査部(03(03-52215221-5001)当社予想51.3 - 48.1 - -発表日イベント(経済指標、講演、等)(日本時間)12.2 17:45 (伊)11 月PMI製造業(月)17:50 (仏)11 月PMI製造業(

2013年11月22日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

海外 経済指標予測とイベント予定(2013年11月25日~12月1日)

Global Economic Indicators海外 経済指標予測13年年1111月月2525日日~1212月月1日)経済指標予測と予測とイベント予定イベント予定(予定(2013発表日:20発表日:20132013年13年11月11月21日21日(木)第一生命経済研究所 経済調査部(03(03-52215221-5001)発表日イベント(経済指標、講演、等)(日本時間)※ (英)11 月ネーションワイド住宅価格(前年比)11.25当社予想+6.4% - -コンセンサス、市場予想レンジ前月値(

2013年11月15日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

機械受注統計調査(2013年9月) ~増加傾向継続。10-12月期も前期比増加を予測~

Economic Indicators定例経済指標レポート指標名:機械受注統計調査(2013年9月)発表日 2013年11月13日(水)~増加傾向継続。10-12月期も前期比増加を予測~第一生命経済研究所 経済調査部担当 エコノミスト 星野 卓也TEL:03-5221-4526(単位:%)民需代理店製造業非製造業船舶・電力除く船舶・電力除く前期比前期比前期比127-9月▲ 1.3▲ 3.0▲ 0.310-12月▲ 0.8▲ 5.35.6131-3月▲ 0.0▲ 1.7▲ 3.14-6月6.85.

2013年9月13日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

機械受注統計調査(2013年7月) ~設備投資の増加継続を示唆~

Economic Indicators指標名:機械受注統計調査(2013年7月)定例経済指標レポート発表日 2013年9月12日(木)第一生命経済研究所 経済調査部 担当 エコノミスト 大塚 崇広 TEL:03-5221-4525~設備投資の増加継続を示唆~民需 製造業 船舶・電力除く 前期比 13 1-3月 ▲ 0.0 4-6月 6.8 7-9月(見) (▲ 5.3) 12 1月 1.7 2月 4.0 3月 ▲ 3.0 4月 2.6 5月 ▲ 7.1 6月 1.4 7月 1.7 8月 ▲ 1.

2013年9月9日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

[経済指標解説]主要な経済指標の発表予定と予測(9月9日~9月13日)

経済指標解説2013 年 9 月 6 日経済調査部エコノミスト主要な経済指標の発表予定と予測齋藤 周(9/9~9/13)amane.saito@mizuho-ri.co.jp【来週の注目材料】※(03-3591-1283)内はみずほ総研予想9日 :4~6月期の実質GDP成長率2次速報(前期比+0.9%、年率+3.6%):7月の経常収支(3,966億円の黒字、前年比▲40.1%):8月の景気ウォッチャー調査:8月の消費動向調査10日:7月の第3次産業活動指数(前月比▲0.8%、前年比+1.3%):

2013年8月23日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

海外 経済指標予測とイベント予定(2013年8月26日~9月1日)

Global Economic Indicators海外 経済指標予測13年年8月2626日日~9月1日)経済指標予測と予測とイベント予定イベント予定(予定(2013発表日:20発表日:20132013年13年8月22日22日(木)第一生命経済研究所 経済調査部(03(03-52215221-5001)発表日(日本時間)8.26(英)休場:サマー・バンクホリデー(月)(フィリピン)休場:英雄記念日8.27(火)当社予想イベント(経済指標、講演、等)前月値(前回値)前回値)21:30 (米)7

2013年8月20日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

主要経済指標予定(2013年8月19日~8月23日)

Economic Indicators定例経済指標レポート発表日:2013年8月16日(金)指標名:主要経済指標予定(2013年8月19日~8月23日)第一生命経済研究所経済調査部担当 日本経済短期チームTEL: 03-5221-4528(8 月 19 日~8 月 23 日の主なイベント、指標予定)指標名8 月 19 日(月)8:5014:008 月 20 日(火)13:3014:3016:008 月 21 日(水)13:308 月 22 日(木)8:308 月 23 日(金)(注)当社予測輸出

2013年7月29日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

海外 経済指標予測とイベント予定(2013年7月29日~8月2日)

Global Economic Indicators海外 経済指標予測13年年7月2929日日~8月2日)経済指標予測と予測とイベント予定イベント予定(予定(2013発表日:20発表日:20132013年13年7月25日25日(木)第一生命経済研究所 経済調査部(03(03-52215221-5001)発表日イベント(経済指標、講演、等)(日本時間)※ (英)7 月ネーションワイド住宅価格(前年比)7.29当社予想+2.8% - -17:30 (英)6 月マネーサプライM4(前年比)+0.8%

2013年7月17日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

主要経済指標予定(2013年7月15日~7月19日)

Economic Indicators定例経済指標レポート発表日:2013年7月12日(金)指標名:主要経済指標予定(2013年7月15日~7月19日)第一生命経済研究所経済調査部担当 日本経済短期チームTEL: 03-5221-4528(7 月 15 日~7 月 19 日の主なイベント、指標予定)指標名7 月 15 日7 月 16 日7 月 17 日(月)(火)(水)8:507 月 18 日(木)14:008:308:5010:3014:307 月 19 日(金)13:3014:00(注)当社

2013年7月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

主要経済指標予定(2013年7月1日~7月5日)

Economic Indicators定例経済指標レポート発表日:2013年6月28日(金)指標名:主要経済指標予定(2013年7月1日~7月5日)第一生命経済研究所経済調査部担当 日本経済短期チームTEL: 03-5221-4528(7 月 1 日~7 月 5 日の主なイベント、指標予定)7月1日(月)8:5014:007月2日7月3日7月4日7月5日(注)(火)(水)(木)(金)8:508:5010:3014:0014:00指標名日銀短観 6 月調査業況判断 DI・ 大企業製造業(最近)(先

2013年6月18日第一生命保険フィードバック数:1社会/政治

主要経済指標予定(2013年6月17日~6月21日)

Economic Indicators定例経済指標レポート発表日:2013年6月14日(金)指標名:主要経済指標予定(2013年6月17日~6月21日)第一生命経済研究所経済調査部担当 日本経済短期チームTEL: 03-5221-4528(6 月 17 日~6 月 21 日の主なイベント、指標予定)6 月 17 日(月)8:506 月 18 日(火)14:0010:3013:306 月 19 日(水)8:508:5014:306 月 20 日(木)8:3014:0014:0016:006 月 2

2013年6月4日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

主要経済指標予定(2013年6月3日~6月7日)

Economic Indicators定例経済指標レポート発表日:2013年5月31日(金)指標名:主要経済指標予定(2013年6月3日~6月7日)第一生命経済研究所経済調査部担当 日本経済短期チームTEL: 03-5221-4528(6 月 3 日~6 月 7 日の主なイベント、指標予定)6月3日(月)8:5010:3014:00指標名当社予測1-3 月期法人企業統計売上高 (前年比)―経常利益 (前年比)―設備投資 (除ソフトウェア、前年比)―5 月新車販売台数 乗用車(前年比)―軽乗用車(

2013年6月3日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

海外 経済指標予測とイベント予定(2013年6月3日~6月7日)

Global Economic Indicators海外 経済指標予測13年年6月3日~6月7日)経済指標予測と予測とイベント予定イベント予定(予定(2013発表日:20発表日:20132013年13年5月30日30日(木)第一生命経済研究所 経済調査部(03(03-52215221-5001)発表日(日本時間)6.33:00(月)当社予想イベント(経済指標、講演、等)コンセンサス、市場予想レンジ前月値(前回値)前回値)(米)バーナンキFRB議長がプリンストン大学で挨拶※ (加)ポロズ中央銀行新

2013年3月16日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治

米国の経済・金融情勢(2013年3月)

三菱東京UFJ銀行 経済調査室ニューヨーク駐在情報Bank of Tokyo-Mitsubishi UFJEconomic Research Group (New York)Satoko Ura, sura@us.mufg.jpTEL:(212)782-5710 FAX:(212)782-5711March 12, 2013米国の経済・金融情勢z[概観]2012 年第 4 四半期実質 GDP 成長率(改訂値)は前期比年率+0.1%と、貿易赤字幅が縮小し、設備・住宅投資が上方修正されたことにより速

経済・金融の動向

http://www.nochuri.co.jp/情勢判断今月の情勢 ∼経済・金融の動向∼米国金融・経済1 月 29∼30 日の米連邦公開市場委員会(FOMC)では、政策金利 0∼0.25%を引き続き据え置くことを決定した。今後も、失業率が 6.5%を上回り、向こう 1∼2 年のインフレ見通しが FOMC の長期目標である 2%から 0.5%ポイント以内に収まり、長期インフレ期待が引き続き十分抑制されている限り、政策金利を異例の低水準とすることが適切であるとした。また、政府支援機関の住宅ローン担

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ