調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 可処分所得

「可処分所得」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年6月26日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

増税後の消費停滞要因を探る~見逃せない高所得者層での購買意欲の変化~

みずほインサイト日本経済2015 年 6 月 26 日増税後の消費停滞要因を探る経済調査部エコノミスト見逃せない高所得者層での購買意欲の変化03-3591-1435松浦大将hiromasa.matsuura@mizuho-ri.co.jp○ 2014年度の個人消費は統計を遡ることができる1956年度以降で最大の減少。消費増税に伴う反動減からの持ち直しは緩慢○ 個人消費の停滞には、実質所得の減少に加え、高所得者層を中心とした消費性向の低下も影響。高所得者層では、特に耐久財の購買意欲の悪化が消費性向

2015年3月22日日本銀行★フィードバック数:0社会/政治

大阪支店のレポートです。

関西における個人消費と所得の特徴について~所得対比でみて消費が堅調な背景~

2 0 1 5 年 3 月日本銀行大阪支店関西における個人消費と所得の特徴について~所得対比でみて消費が堅調な背景~本稿における「関西」は、大阪府、京都府、兵庫県、滋賀県、奈良県、和歌山県の2府4県。本稿は、大阪支店営業課調査グループ 園田章(現金融市場局)、清水俊太郎、道勧麻美絵、長谷川淳子、難波愛子、公平周次郎が執筆しました。ホームページ(http://www3.boj.or.jp/osaka/)からもご覧いただけます。本稿の内容について、商用目的で転載・複製を行う場合は、予め日本銀行大阪支

2015年3月13日埼玉県フィードバック数:0社会/政治

さいたま市の家計調査結果(平成26年平均)

ここから本文です。さいたま市の家計調査結果(平成26年平均) 部局名:総務部課所名:統計課担当名:消費統計担当担当者名:大石 大内 笠原  実収入は3年連続減少するも、消費支出は2年ぶりに増加しました。二人以上の勤労者世帯における一世帯当たりの月平均実収入は578,820円で、対前年の実質増減率は3年連続減少となる6.3%減となりました。 実収入から税金や社会保険料等を除いた可処分所得も、同様に減少したものの、消費支出は355,605円で、実質増減率は2年振りの増加となる7.6%増となり、平均

2015年3月9日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

過去5年間における税と社会保障の制度改正が家計に与えた影響

過去5年間における税と社会保障の制度改正が家計に与えた影響 | ニッセイ基礎研究所 過去5年間における税と社会保障の制度改正が家計に与えた影響 薮内 哲基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら デフレ脱却にさしかかった日本経済において、2015年の春闘は日本経済を占う上で注目イベントだ。政府は、デフレ脱却の完遂を目指し、政労使会議を通じて増益企業に賃上げを要請している。

2015年3月6日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

貯蓄不足に転じた家計と大幅な貯蓄超過が続く企業

貯蓄不足に転じた家計と大幅な貯蓄超過が続く企業 | ニッセイ基礎研究所 シンクタンクならニッセイ基礎研究所 > 貯蓄不足に転じた家計と大幅な貯蓄超過が続く企業貯蓄不足に転じた家計と大幅な貯蓄超過が続く企業 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 2013年度の家計貯蓄率は、現在統計が利用可能な1955年度以降で初のマイナスとなった。

2015年1月27日大和総研★フィードバック数:0社会/政治

家計への影響です。

消費税増税等の家計への影響試算(2015年度予算案反映版)

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 消費税増税等の家計への影響試算(2015年度予算案反映版)2011年から2018年までの家計の実質可処分所得の推移を試算 ◆2015年1月14日に閣議決定された2015年度政府予算案の発表を受け、2014年12月に発表した「消費税増税等の家計への影響試算」(以下、要約内では改訂前)を改訂した。子育て世帯臨時特例給付金が2015年度は子ども1人あたり3千円支給されることとなったため、これが支給される世帯

2014年12月10日大和総研フィードバック数:0社会/政治

消費税増税等の家計への影響試算(再増税先送り反映版)

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 消費税増税等の家計への影響試算(再増税先送り反映版)2011年から2018年までの家計の実質可処分所得の推移を試算 ◆安倍首相の消費税再増税先送りの発表を受けて、2013年12月に発表した「消費増税等の家計への影響試算」を改訂した。◆消費税率の10%への引き上げ時期が2015年10月から2017年4月に先送りされることで、2016年の家計の実質可処分所得は上方修正されるが、2015年においては大きく変

2014年10月28日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

マイボイスコム お金の使い道(3)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ1ヶ月あたりの自由に使えるお金の金額は5千円〜1万円未満「1〜2万円未満」「2〜3万円未満」が各1〜2割弱。理想の金額は「4〜5万円未満」がボリュームゾーン 自由に使えるお金の使用目的は「外食」が1位で、「書籍、雑誌、新聞代」「衣類・衣類小物、アクセサリー」「旅行、レジャー」「デートや飲み会など」などが上位。過去調査と比べ「書籍、雑誌、新聞代」「BD・DVD、CDなど」などが減少傾向。上位3位は男性「外食」「書籍、雑誌、新聞代」「旅行、レジ

2014年3月31日内閣府フィードバック数:0大型消費/投資海外

米英:住宅価格をめぐる動向

今週の指標 No.1093 米英;住宅価格をめぐる動向 ポイント2014年3月31日 米国、英国の景気は、消費の堅調な増加などから緩やかに回復している。 この要因の一つは、住宅価格の上昇による資産効果である。 ここでは、両国の住宅価格の動向について概観し、今後の景気動向に対する意味合いを整理したい。 米英の住宅バブル崩壊後の住宅価格の比較 世界金融危機以後の住宅価格の動きを比較すると、米国の下落幅が英国に比べ大きい (危機前ピーク比:米国▲31.9%、英国▲13.6%(危機前のピークは米国が0

2013年12月24日大和総研★フィードバック数:0社会/政治

消費税増税の影響です。

消費税増税等の家計への影響試算 (平成26年度税制改正大綱反映版)

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 消費税増税等の家計への影響試算 (平成26年度税制改正大綱反映版)2011年から2016年までの家計の実質可処分所得の推移を試算 ◆「平成26年度税制改正大綱」の発表を受けて、2013年8月に発表した消費税率の引き上げ等の税・社会保障の制度改正の家計への影響試算を改訂した。◆児童手当受給世帯(所得制限世帯除く)に2014年中に子ども1人あたり1万円が給付されることにより、ケース1、2、4では、2014

2013年11月26日大和総研フィードバック数:0大型消費/投資

最大61万2000円 働き方の違いによる可処分所得の差(年額)

最世帯年収 1000万円 夫婦 子2人(3歳以上中学生以下) 4人世帯「片働 世帯」 「共働 世帯」 可処分所得 差同じ世帯年収でも可処分所得はこんなに違う共働き年収1000万円片働き年収1000万円 900+100 700+300 600+400 500+500(年額、単位:万円)③ 住民税④ 社会保険料⑤ 児童手当61大和総研金融調査部研究員是枝俊悟日本の所得税は個人単位同じ世帯年収なら「共働き」が有利786.68790.51798.91800.5047.3851.2159.6161.20片

2013年11月3日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

家計調査・商業販売統計(2013年9月) ~9月個人消費は良好な結果~

Economic Indicators定例経済指標レポート指標名:家計調査・商業販売統計(2013年9月)発表日:2013年10月29日(火)~9月個人消費は良好な結果~第一生命経済研究所 経済調査部担当 エコノミスト 大塚 崇広TEL:03-5221-4525(単位:%)実質消費支出 (二人以上世帯)実質可処分所得消費性向合計(勤労者世帯)(勤労者世帯)除く住居等(※)前年比2013前月比前年比前月比前年比前月比季調値1月2.41.92.21.8▲ 0.1▲ 0.476.72月0.85.22.

中国経済:最近の住宅価格の動き ~7月は最高値更新も、可処分所得の伸び率とほぼ同スピードに減速

中国経済:最近の住宅価格の動き ~7月は最高値更新も、可処分所得の伸び率とほぼ同スピードに減速 | ニッセイ基礎研究所 中国経済:最近の住宅価格の動き ~7月は最高値更新も、可処分所得の伸び率とほぼ同スピードに減速 経済研究部 上席研究員 三尾 幸吉郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ○8月18日に中国国家統計局は7月の住宅販売価格変動状況を発表した。2010年

2013年8月1日大和総研フィードバック数:0社会/政治

消費税増税等の家計への影響試算

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 消費税増税等の家計への影響試算2011年から2016年までの家計の実質可処分所得の推移を試算 ◆消費税率の引き上げ等の税・社会保障の制度改正を踏まえ、世帯構成ごとに、2011年から2016年までの家計の姿をシミュレーションした。◆消費税率の引き上げはどの世帯も一定率の負担増となるが、世帯構成によって2011年から2013年にかけての負担増の内容は異なる。このため、これまでと比べ、負担増のペースが急にな

2013年7月17日内閣府フィードバック数:2社会/政治

家計の所得と物価の動向

今週の指標 No.1073 家計の所得と物価の動向ポイント2013年7月17日 このところの輸入物価の上昇により、一部の品目で値上げが実施されている。そこで、2012年12月から2013年5月までの物価と所得の動きを確認し、実質可処分所得の動向を見てみよう。 家計が実際に消費や貯蓄にまわすことのできる名目可処分所得は、賃金に社会保障給付等を加え、税、社会保障負担等の非消費支出を除いて求めることができる。家計調査を用いて、2012年12月を100とした名目可処分所得を見ると、2012年12月から2

2013年6月18日大和総研フィードバック数:5社会/政治

経済成長実感には、年率3%以上の賃上げが必要

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 経済成長実感には、年率3%以上の賃上げが必要 黒田東彦新総裁の下、日本銀行が「量的・質的金融緩和」に踏み出し、デフレ脱却に対する期待が高まってきている。ただし、物価が上昇する一方で賃金が上昇しなければ、サラリーマン家庭が買えるモノやサービスの量は減少し、生活は苦しくなってしまう。また、現在5%の消費税率は(景気条項が発動されなければ)2014年4月に8%、2015年10月に10%へと引き上げられる。消

2013年4月12日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

米国は回復するのか、今年も年央の調整はあるか

リサーチ TODAY2013 年 4 月 12 日米国は回復するのか、今年も年央の調整はあるか常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創住宅市場ではバブル崩壊後、長らく低迷が続いてきたが、2012年頃から需要が持ち直し、需給の引き締まりが住宅価格上昇にもつながる回復基調が鮮明になっている。2007年以降、米国のバランスシート調整の主戦場は個人を中心とした住宅市場問題にある。それだけに、米国のバランスシート調整の進捗を見極めるには、個人を中心とした債務調整の段階を把握する必要がある。下記の図表はみ

2013年4月7日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:1社会/政治海外

BTMU Focus USA Diary:個人所得(2013年2月)

Economic ResearchUra Satoko 浦 賢子BTMU FOCUS USA Diarysura@us.mufg.jp三菱東京UFJ銀行 経済調査室ニューヨーク駐在情報March 29, 2013【米国経済指標】個人所得(2 月):所得前月比+1.1%、実質可処分所得同+0.7%、実質個人消費同+0.3%、個人消費支出デフレーター(コアベース)同+0.1%、前年比+1.3%2 月の個人所得は前月比+1.1%と、事前の市場予想(Bloomberg 調査)である同+0.8%を上回り、

2012年11月1日マイボイスコムフィードバック数:1マーケティング

マイボイスコム お金の使い道(2)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ家計の管理者は、男性30代以降は年代があがるほど「自分の配偶者」が多く、50代以上では半数強を占める。女性30代以降は「自分」が6〜8割を占める 1ヶ月あたりの可処分所得は「20〜30万円未満」が2割弱でボリュームゾーン 1ヶ月あたりの自由に使えるお金の金額は5千円〜1万円未満「1〜2万円未満」「2〜3万円未満」が各1〜2割弱。理想の金額は回答にバラツキがみられる 自由に使えるお金の使用目的は「外食」「書籍、雑誌、新聞代」「衣類・衣類小物、

Eコマースに関する調査--富裕層ほどモバイルよりPCでEコマースを利用

Eコマースに関する調査--富裕層ほどモバイルよりPCでEコマースを利用  Webマーケティングガイドでは、モバイルインターネット調査会社のネットエイジアと共同のもと、Eコマースに関する調査を行った。 今回は、Eコマースの利用状況を年代や可処分所得、そして利用デバイスなどに関してクロス集計を行った。 ≪調査結果サマリー≫モバイルコマースは若年層、PCコマースは年代が上がるにつれ利用率が高くなる。どの年代においても約35%のユーザーがPCとモバイルの両方を使い分けてインターネットを行っている。可処分

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
 

お知らせ