「台湾国内」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2015年10月5日イノプレックスフィードバック数:0ビジネス

台湾・植物工場の市場規模と参入事例調査 2015

【調査報告】台湾・植物工場の市場規模と参入事例調査 2015一般社団法人イノプレックスでは、2013年から毎年開催されている台湾の植物工場展示会(Photonics Festival in Taiwan)に参加・出展企業や関係者への継続的な取材を実施した。完全人工光型植物工場の稼働施設数では世界で2番目に多いとされる台湾市場。大きな市場拡大が見込まれる中国市場に対しても、言語や文化・商習慣の壁がない台湾企業が進出拡大を進めている。本調査では『人工光型』のみを対象とした市場規模・施設数の現状と今後

競争優位を確保し 第五位の工作機械生産国へ

2011年、台湾国内の工作機械総生産額は1642億台湾ドルで、平均年間成長率は約24.58%であった。2010年には景気が好転し始め、工作機械の需要は伸びたが、2011年下半期はユーロ危機の影響を受けて、ヨーロッパ市場は再び金融危機に陥る可能性がある。アメリカ市場は経済刺激策と債務上限方案の可決により、製造業で新たな改革の兆しが見え始めているものの、アメリカ市場の需要は2011年下半期以来、明確な成長の様相を呈していない。従って、ヨーロッパやアメリカが景気回復へ向かうのはアジア各国よりも遅れるも

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ