「台風進路」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年12月29日気象庁フィードバック数:0社会/政治

2015年(平成27年)の台風について

キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。 2015年(平成27年)の台風について報道発表日概要今年の台風の発生数は平年並の27個でした。日本への接近数は平年より多い13個、日本への上陸数は4個で昨年と同じでした。本文 1.今年の台風の特徴 (1)発生状況 台風の発生数は平年並の27個(平年値25.6個)でした。今年の台風発生位置の平均経度は東経149.7度と、台風の統計を開始した1951年以降、最も東となり(平年値は東経136.7度)、また平均緯度は北緯13.4度と、平年より南となり

2014年12月24日気象庁★フィードバック数:0社会/政治

年間のまとめです。

2014年(平成26年)の台風について

キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。 2014年(平成26年)の台風について報道発表日概要今年の台風の発生数は平年より少ない22個※でした。日本への接近数は平年並の12個でしたが、日本への上陸数は最近10年で最も多い4個となりました。本文 1.今年の台風の特徴 (1)発生数 台風の発生数は平年より少ない22個※(平年値25.6個)でした。7月までの発生数は平年を上回るペースでしたが、8月の台風発生数が1個(平年値5.9個)であったため、年間発生数が平年より少なくなりました。 (

2013年12月28日気象庁★フィードバック数:0社会/政治

今年のまとめです。

2013年(平成25年)の台風について

キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。 2013年(平成25年)の台風について報道発表日概要今年の台風の発生数は平年より多い31個で、1994年以来19年ぶりに30個を超えました。日本への接近数も平年より多く、10月の接近数は1951年以降で最も多い6個でした。本文 1.今年の台風の特徴 (1)発生数 台風の発生数は平年より多い31個(平年値25.6個)でした。8月までの発生数はほぼ平年並のペースでしたが、9月と10月に平年を上回る7個ずつ(平年値はそれぞれ4.8個、3.6個)の台

2012年12月25日気象庁フィードバック数:15社会/政治

2012年(平成24年)の台風について

キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。 2012年(平成24年)の台風について報道発表日概要今年の台風の発生数は24個で平年並でしたが、日本への接近数は1951年以降で4番目に多い17個でした。接近した台風のうち第15号、第16号、第17号は、3個連続して非常に強い勢力を保ったまま沖縄本島周辺を通過しました。本文 1.今年の台風の特徴 (1)発生数 台風の発生数は24個(平年値25.6個)で平年並でした(図1、表1)。月別の発生数では、6月が4個(平年値1.7個)、9月が3個(平年

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ