調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 合計特殊出生率

「合計特殊出生率」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

日本の将来推計人口(平成29年推計)

日本の将来推計人口(平成29年推計) 国立社会保障・人口問題研究所は、平成27年国勢調査の確定数が公表されたことを受けて、これを出発点とする新たな全国人口推計(日本の将来推計人口)を行い、 平成29(2017)年4月10日にその結果を公表しました。将来人口推計の概要 日本の将来推計人口とは、全国の将来の出生、死亡、ならびに国際人口移動について仮定を設け、 これらに基づいてわが国の将来の人口規模ならびに男女・年齢構成の推移について推計を行ったものです (対象は外国人を含めた日本に在住する総人口)。

2015年9月7日新潟県フィードバック数:0社会/政治

新潟県の平成26年人口動態統計(確定数)の概況

新潟県の平成26年人口動態統計(確定数)の概況を公表します 新潟県の平成26年人口動態統計(確定数)の概況を公表します  厚生労働省大臣官房統計情報部は、「平成26年人口動態統計(確定数)の概況」を、平成27年9月3日に公表しました。この公表内容に基づき、新潟県に住所を有する者に係る人口動態の概要を取りまとめました。〔概要〕 1 出生数出生数は16,480人で、前年より586人減少した。出生率(人口千対)は7.2で前年を0.2ポイント下回った。合計特殊出生率(※)は1.43で、前年を0.01ポイ

2015年6月26日博報堂★フィードバック数:0社会/政治

インタラクティブな特設サイトです。

人口減少×デザイン

日本の人口はこれから急激に減少すると見込まれます。 なぜ人口減少はこれほどまでに急激に進むのでしょうか? 日本人は、地方自治体は、国はどう対処すべきなのでしょうか?2015年6月2日に発売された「」の特設サイトでは、47都道府県および全1682市区町村の2010年から2060年までの人口の推移をシミュレーション可能です。 また、合計特殊出生率、転出数、転入数、この3つの人口関連指標を動かすことで、今後の対策により人口減をどの程度抑えることができるか、そんな人口減少対策の効果も検証できます。 参考

2015年6月18日大和総研★フィードバック数:0社会/政治

23区比較です。

東京23区間で大きく異なる出生率とその要因

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 コンサルティングインサイト 地域・パブリック 東京23区間で大きく異なる出生率とその要因 2015年6月17日コンサルティング・ソリューション第三部 主任コンサルタント 米川 誠日本全体の人口減少が加速している。先日、厚生労働省から発表された人口動態統計によると、平成26年の合計特殊出生率(一人の女性が一生に産む子供の平均数)は1.42となり、9年ぶりに低下した。今後、団塊ジュニア世代の出産の減少が

2015年6月8日福井県フィードバック数:0社会/政治

福井県の平成26年人口動態統計月報年計(概数)の概況

報道発表資料福井県の平成26年人口動態統計月報年計(概数)の概況についてこのことについて、別添のとおり取りまとめましたのでお知らせします。なお、全国の平成26年人口動態統計月報年計(概数)については、本日14時に、厚生労働省大臣官房統計情報部から発表されました。問合せ先○合計特殊出生率など出生に関すること:健康福祉部子ども家庭課〔20-0340〕担当者 平井芳和(内線)2550○婚姻などに関すること: ふるさと県民局女性活躍推進課〔20-0319〕担当者 田中康浩(内線)2330○その他の事項に

2015年3月22日経済産業研究所★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

ドイツの経済・産業についてのレポートです。

「独り勝ち」のドイツから日本の「地方・中小企業」への示唆-ドイツ現地調査から-

「独り勝ち」のドイツから日本の「地方・中小企業」への示唆-ドイツ現地調査から-概要我が国では、これまで政府が進めてきた「アベノミクス」により主に一部の大企業に恩恵が及んでいるが、今後は「地方・中小企業」にも恩恵を拡大するための方策が求められている。残念ながら日本には目指すべき成功モデルがないため、「地方・中小企業」の発展に成功したドイツに成功モデルを求めて現地調査した。ドイツは日本と同様、製造業を主力産業とし、人口減少・少子高齢化が進んでいる。合計特殊出生率は1.38(2012年)であり、日本の

2015年2月2日広島県フィードバック数:0社会/政治

平成25年人口動態統計年報第42号

平成25年人口動態統計年報第42号について  出生,死亡,婚姻,離婚及び死産の5種類の「人口動態事象」について,平成25年(1~12月)の広島県の状況をまとめた「平成25年人口動態統計年報(第42号)」を作成しました。内容については,下記からダウンロードできます。 なお,平成25年の概況については次のとおりです。1 出生出生数は,24,713人(対前年133人減少) 出生率(人口千対)は8.8(高い方から全国7位) 合計特殊出生率は,1.57(高い方から全国11位) (15~49歳の女性の年齢別

2014年10月24日東京都★フィードバック数:0社会/政治

年間のまとめです。

25年東京都人口動態統計年報(確定数)

平成25年 東京都人口動態統計年報(確定数)東京都の合計特殊出生率 1.13、前年より上昇平成26年10月23日福祉保健局 このたび東京都は、厚生労働省が公表した「平成25年人口動態統計(確定数)の概況」(9月11日発表)の結果をもとに、東京都分を集計しましたので、お知らせいたします。主な内容出生出生数は109,986人で、前年より2,585人増加した。20歳代の出生数は減少、30歳代、40歳代の出生数は増加した。なお、40歳〜44歳の出生数は平成9年から17年連続増えている。合計特殊出生率は1

2014年10月2日山梨総合研究所フィードバック数:0社会/政治

人口減少社会(2)

Vol.194-2【平成 26 年 9 月 30 日発行】テーマ2人口減少社会(2)【山梨総合研究所 主任研究員1進藤聡】はじめに前回(1)で今後どのように人口が推移していくのか、そして少子化となった要因としてどのようなことが考えられるのかについて述べた。今回は日本創成会議が示した推計の考え方や、そこから考えられる対応策について考察を行う。2消滅可能性都市~日本創成会議による推計の考え方~5 月に増田寛也元総務大臣(元岩手県知事)が座長を務める日本創成会議が「ストップ少子化・地方元気戦略」を発表

2014年9月16日新潟県フィードバック数:0社会/政治

新潟県の平成25年人口動態統計(確定数)の概況

新潟県の平成25年人口動態統計(確定数)の概況を公表します 新潟県の平成25年人口動態統計(確定数)の概況を公表します  厚生労働省大臣官房統計情報部は、「平成25年人口動態統計(確定数)の概況」を、平成25年9月11日に公表しました。この公表内容に基づき、新潟県に住所を有する者に係る人口動態の概要を取りまとめました。〔概要〕 1 出生数出生数は17,066人で、前年より410人減少した。出生率(人口千対)は7.4で前年を0.1ポイント下回った。合計特殊出生率(※)は1.44で、前年を0.01

2014年8月15日経済産業研究所★フィードバック数:0社会/政治

人口減少についてのレポートです。

集積の経済による成長戦略と出生率回復は相反するのか

Special Report 集積の経済による成長戦略と出生率回復は相反するのかはじめに最近、地域活性化の議論が日本で再燃している。政府のいわゆる「骨太の方針2014」では、「50年後に1億人程度の安定した人口構造の保持」が明記され、また、地方創生と人口減少の克服に取り組むため、「まち・ひと・しごと創生本部」設立準備室が安倍政権下で設置された。この背景には、急速に進む少子高齢化や人口減少という日本特有の問題がある。その数カ月前に公表された日本創生会議による「消滅可能性」のある地方自治体一覧は政府

2014年6月17日鳥取県フィードバック数:0社会/政治

平成25年鳥取県人口動態統計月報年計(概数)の概況

(1)出生数は減少・4,759人(対前年12人、0.3%の減)であった。 ・第2次ベビーブーム以降、増加と減少を繰り返しながら、漸減傾向が続いている。・出生順位別に見ると、第1子は増加、第2子は昨年同数、第3子以上は減少した。・母の年齢(5歳階級)別にみると、20歳未満、30〜34歳及び45歳以上の各階級では前年より減少したが、20〜29歳及び35〜44歳の各階級は増加した。 (2)合計特殊出生率は微増 ・1.62(対前年0.05ポイントの増)であった。・全国順位は7位(前年9位)で、全国値(1

2014年6月12日大分県フィードバック数:0社会/政治

平成25年人口動態統計(概数)大分県の概況について

平成25年人口動態統計(確定数)大分県の概況について  平成25年の人口動態統計について、9月11日に厚生労働省が全国の概況を公表しました。 大分県では、その概況を踏まえ、9月16日に大分県の概況を公表しました。 公表内容 調査項目(10項目)を前年対比でみると、増加した項目・・・・・合計特殊出生率、新生児死亡数、自然増減数、死産数、周産期死亡数、婚姻数 減少した項目・・・・・出生数、死亡数、乳児死亡数、離婚数出生 出生数は9,605人で、前年より45人減少し、過去最少となりました。合計特殊出生

2014年2月19日厚生労働省★★フィードバック数:0社会/政治

見やすく編集されています。

平成26年我が国の人口動態(平成24年までの動向)

ま え が き人口動態統計は、出生、死亡、婚姻、離婚及び死産の実態を表すものとして、国、地方自治体の行政の資料としての利用はもとより、「生命表」や「将来推計人口」作成の基礎数値ともなり、我が国の社会、経済の発展に欠くことのできない情報となっております。特に、近年の出生率の低下にみられる少子化、死亡状況の改善による人口の高齢化など、国の将来にかかわる大きな問題を提起しております。我が国の人口動態調査は、「戸籍法」制定の翌年の明治32年から現在の近代的な人口動態統計制度として行われるようになりました

2013年10月25日東京都フィードバック数:0社会/政治

平成24年 東京都人口動態統計年報(確定数)

平成24年 東京都人口動態統計年報(確定数) ―東京都の合計特殊出生率1.09、前年より上昇―平成25年10月24日福祉保健局 このたび東京都は、厚生労働省が公表した「平成24年人口動態統計(確定数)の概況」(9月5日発表)の結果をもとに、東京都分を集計しましたので、お知らせいたします。主な内容出生出生数は107,401人で、前年より1,374人増加した。20歳代の出生数は減少、30歳代、40歳代の出生数は増加した。なお、40歳〜44歳の出生数は平成9年から16年連続増えている。合計特殊出生率は

2013年8月22日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

ミャンマー女性をめぐるトレンド(2)

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 2013年7月のOECDのレポートは、今後20年以内にミャンマーで高齢化が始まると指摘している。同レポート中の国連予測によれば、10-64歳の人口が総人口に占める割合は、2015年の78.15%をピークに徐々に減少し、2023年には77.4%、2030年には76.4%となる(図1)。ちなみに日本の実績では、同割合は1965年に77.4%、25年後の1990年に76.4%であった。このことからもミャンマ

2013年7月28日総務省フィードバック数:0社会/政治

平成23年住民基本台帳人口移動報告結果における東日本大震災の影響について

ここから本文です。統計研究彙報 第70号 No.4概要タイトル 同居児法による育児就業女性の出生率推計著者 伊原 一刊行年月 2013年3月要旨 昭和50(1975)年以降、平成22(2010)年までの国勢調査の同居児表を用いて、育児就業女性の出生率について分析を行った。前段では、2005年から2010年における合計特殊出生率(TFR:Total Fertility Rate)の上昇について平成17(2005)年及び平成22(2010)年国勢調査の同居児表を用いて推計した女性の年齢別出生率の比較

主要国における合計特殊出生率および関連指標:1950~2011年

人口問題研究(J.ofPopulationProblems)69-1(2013.3)pp.159~166統計主要国における合計特殊出生率および関連指標:1950~2011年合計特殊出生率(TFR:TotalFertilityRate)は,ある国,地域における出生力水準を示す指標として代表的なものである.本資料は,出生力指標として合計特殊出生率,年齢別出生率ならびに第1子平均出生年齢を,国際連合1)および国連欧州経済委員会2)が公表されている資料を基に,主要国における時系列推移,国際比較等,人口分

2013年5月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

よく分かる!経済のツボ 超高齢社会への対策は急務

よく分かる!経済のツボ超高齢社会への対策は急務経済調査部日本は超高齢社会資料1藤下 直人高齢化率の国際比較日本は高齢社会と呼ばれて久しいですが、近年は超高齢社会というのが正当です。国連の報告書において「高齢化社会」は総人口に占める65 歳以上の人口割合(高齢化率)が7%超、「高齢社会」は 14%超と定義され、最近では 21%超を「超高齢社会」と呼んでいます。日本は、1970年に高齢化社会、1994 年に高齢社会、そして 2007年に超高齢社会となりました。先般3月 27 日に国立社会保障・人口問

2013年2月21日厚生労働省★★★フィードバック数:39社会/政治

人口についてのまとまった資料です。

平成25年我が国の人口動態(平成23年までの動向)

ま え が き人口動態統計は、出生、死亡、婚姻、離婚及び死産の実態を表すものとして、国、地方自治体の行政の資料としての利用はもとより、「生命表」や「将来推計人口」作成の基礎数値ともなり、我が国の社会、経済の発展に欠くことのできない情報となっております。特に、近年の出生率の低下にみられる少子化、死亡状況の改善による人口の高齢化など、国の将来にかかわる大きな問題を提起しております。我が国の人口動態調査は、「戸籍法」制定の翌年の明治32年から現在の近代的な人口動態統計制度として行われるようになりました

2013年2月4日ニッセイ基礎研究所★フィードバック数:10大型消費/投資

結婚についての分析です。

若年層の結婚観~未婚化・晩婚化の一方で若者たちは結婚を望んでいる

若年層の結婚観~未婚化・晩婚化の一方で若者たちは結婚を望んでいる | ニッセイ基礎研究所 シンクタンクならニッセイ基礎研究所 > 若年層の結婚観~未婚化・晩婚化の一方で若者たちは結婚を望んでいる若年層の結婚観~未婚化・晩婚化の一方で若者たちは結婚を望んでいる 生活研究部 主任研究員 久我 尚子基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 1――未婚化・晩婚化の進行2――若年

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ