「名古屋圏」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2017年2月13日総務省★★フィードバック数:0社会/政治

住民基本台帳人口移動報告 平成28年(2016年)

ここから本文です。住民基本台帳人口移動報告 平成28年(2016年)結果平成29年1月31日公表1 全国の移動状況(日本人移動者)都道府県間移動者数は2年ぶりの減少2016年における日本人の市区町村間移動者数は488万967人となり,2年ぶりの減少都道府県間移動者数は227万5331人となり,2年ぶりの減少都道府県内移動者数は260万5636人となり,2年ぶりの減少東京都の転入超過数は5年ぶりの減少。福島県の転出超過数は3444人の増加2016年における都道府県別の転入・転出超過数をみると,転入

三友地価予測指数(2016年9月調査)

さんゆう資料室コンテンツへスキップ三友地価予測指数(2016年9月調査)商業地:東京圏と大阪圏の上昇ピッチはやや鈍化、名古屋圏では上昇ピッチが強まる。 商業地指数の「現在」は、東京圏が68.7、大阪圏は74.9、名古屋圏は75.0となりました。前回との比較では、東京圏が70.7からやや下落、大阪圏も76.5からやや下落したのに対し、名古屋圏は69.4から上昇しています。また、「先行き」は東京圏が60.1、大阪圏は59.9、名古屋圏は57.5と、現在より慎重な見方が強まっています。 東京圏では、

2016年4月6日SANYUフィードバック数:0社会/政治

三友地価予測指数(2016年3月調査)

さんゆう資料室コンテンツへスキップ三友地価予測指数(2016年3月調査)商業地:東京圏と大阪圏の上昇ピッチはさほど変わらず、名古屋圏では上昇ピッチが弱まる。 商業地指数の「現在」は、東京圏が70.7、大阪圏が76.5、名古屋圏が69.4となった。前回との比較では、東京圏が72.4からやや下落、大阪圏は75.0からやや上昇したのに対し、名古屋圏は前回の水準(80.5)を大きく下回った。また、「先行き」は東京圏が56.0、大阪圏が58.3、名古屋圏が55.5と、いずれも現在より慎重な見方が強まって

2014年10月8日住友不動産販売フィードバック数:0大型消費/投資

2014年基準地価 全国平均は下落も三大都市圏は2年連続上昇

2014年基準地価 全国平均は下落も三大都市圏は2年連続上昇(Vol.122)- 不動産コラム 【Vol.122】 2014年基準地価 全国平均は下落も三大都市圏は2年連続上昇国土交通省は9月18日、2014年都道府県地価調査の結果を公表しました。全国平均で過去1年間の変動率は、住宅地が▲1.2%、商業地は▲1.1%の下落でした。全国の全用途平均の変動率は▲1.2%と23年連続で下落となりましたが、下げ幅は昨年の▲1.9%から縮小し、三大都市圏(東京・大阪・名古屋)の全用途平均は+0.8%と、昨

2013年10月16日みずほ総合研究所★フィードバック数:0社会/政治

2040年の予測です。

2040年の東京・大阪・名古屋圏の人口は?

2040年の東京・大阪・名古屋圏の人口は?

2013年8月30日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

主要都市の高度利用地地価動向報告(平成25年第2四半期) ~上昇地区が3分の2に~

Economic Indicators定例経済指標レポート指標名:主要都市の高度利用地地価動向報告(平成25年第2四半期)~上昇地区が3分の2に~発表日:2013年8月29日(木)第一生命経済研究所 経済調査部副主任エコノミスト 鈴木将之(03-5221-4547)・ 国土交通省から平成 25 年第 2 四半期『主要都市の高度利用地地価動向報告』が公表された。これは先行しやすい主要な地価を対象にした四半期調査で、今回で 23 回目になる。・ 地価の総合評価における変動率をみると、全 150 地区

2013年4月9日博報堂★フィードバック数:6マーケティング

「消費意欲指数」と「デフレ生活指数」の推移です。

生活インデックスレポート・消費動向編2013年4月

NEWS博報堂生活総研『生活インデックスレポート・消費動向編4月』 [消費意欲指数] [デフレ生活指数] 2013年04月09日 ●4月の消費意欲指数は48.5点で、3月から 1.8点の微減。 ●デフレ生活指数も3月から横ばいの62.1点。4月だから奮発しようという気持ちは現れず。生活インデックスとは、博報堂生活総研が生活者の意識変化を読み解くために、【消費動向】【生活感情】【生活価値観】の3つの領域から開発したオリジナルの指数です。2013年4月より発表を開始致しました(詳細はこちら)。今回

2013年2月27日国土交通省フィードバック数:8大型消費/投資

平成24年第4四半期主要都市の高度利用地地価動向報告~地価LOOKレポート~

平成24年第4四半期主要都市の高度利用地地価動向報告~地価LOOKレポート~について 平成25年2月26日国土交通省では、平成24年第4四半期(H24.10.1~H25.1.1)主要都市の高度利用地地価動向報告~地価LOOKレポート~を発表しましたので、お知らせいたします。1 調査目的主要都市の地価動向を先行的に表しやすい高度利用地等の地区について、四半期毎に地価動向を把握することにより先行的な地価動向を明らかにする。2 調査内容鑑定評価員(不動産鑑定士)が調査対象地区の不動産市場の動向に関す

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ