調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 吸収源対策

「吸収源対策」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2015年6月23日大和総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

COP21に向けた地球温暖化対策(その1)

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 COP21に向けた地球温暖化対策(その1)排出削減目標に貢献する森林吸収源対策 ◆我が国の地球温暖化対策としては排出削減策が最も重要だが、京都メカニズムクレジットと同様に経済と両立する実効性のある排出削減策を実施することは容易ではない。一方、自国の森林等を整備する吸収源対策は排出削減策を補完するものだが、一般に費用対効果が高く、多額の資金拠出を避けることができる効率的な対策とされている。◆京都議定書の

2014年4月15日環境省★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

温室効果ガス排出量です。

2012年度(平成24年度)の温室効果ガス排出量(確定値)

2012年度(平成24年度)の温室効果ガス排出量(確定値)について(お知らせ) 今般、地球温暖化対策の推進に関する法律等に基づき、2012年度(平成24年度)の温室効果ガス排出量(確定値(注1))をとりまとめました。2012年度の我が国の総排出量(確定値)は、13億4,300万トンで、これは京都議定書の規定による基準年比6.5%増(注2)、前年度比2.8%増となっています。また、京都議定書第一約束期間(2008〜2012年度)の総排出量は5カ年平均で12億7,800万トン(基準年比1.4%増)、

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ