「和菓子」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年6月2日矢野経済研究所フィードバック数:0ライフスタイル

スイーツの購入実態・需要動向に関するアンケート調査を実施(2017年)

2017年05月25日 スイーツの購入実態・需要動向に関するアンケート調査を実施(2017年) 調査要綱 矢野経済研究所では、次の調査要綱にて、スイーツの購入実態と需要動向に関するアンケート調査を実施した。1.調査期間:2016年11月2.調査対象:関東エリア(東京、千葉、埼玉、神奈川)と関西エリア(京都、大阪、兵庫)在住の20歳代~60歳代男女857名(男性426名、女性431名)3.調査方法:インターネット形式<スイーツの購入実態・需要動向に関するアンケート調査について>本調査では、消費者の

2017年5月16日オールアバウトフィードバック数:0ライフスタイル

和菓子に関する調査

<和菓子に関する調査>和菓子は格式高過ぎる?非日常的なイメージが購買頻度に影響 約7割が「和菓子が好き」と回答するも、全体の半数以上が洋菓子を主に購入 ~和菓子離れは若年層で顕著〜 〜若年層が和菓子を週に数回食べる割合は約2割、洋菓子の約半分

2017年3月17日生活ガイド.comフィードバック数:0大型消費/投資

全国住みたい街ランキングベスト100 2016年版

2016年の住みたい街ランキングの第1位は、前回に引き続き横浜市。2005年から毎回1位、不動の地位となりつつあります。横浜といえば、中華街や異人館街があり、外国人人口数も全国2位と国際色豊かな文化を有する街ですが、近年現代アートや音楽祭などが開催され、新しい文化が発信される街としての一面も注目されています。2000年から始まった「横浜トリエンナーレ」は、現代アートの国際展で、3年に1度開催されており、期間中には街のあちこちに作品が展示され、横浜がアートで染まります。また、2012年からは「街」

2017年3月1日矢野経済研究所フィードバック数:0ライフスタイル

和洋菓子・デザート類市場に関する調査を実施(2016年)

2017年02月24日 和洋菓子・デザート類市場に関する調査を実施(2016年) 調査要綱矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内の和洋菓子・デザート類市場の調査を実施した。1.調査期間:2016年9月~12月2.調査対象:菓子類メーカー、卸売業、百貨店、エキナカ商業施設等3.調査方法:当社専門研究員による直接面接取材及び、電話取材、アンケート調査、文献調査併用<和洋菓子・デザート類市場とは>本調査における和洋菓子・デザート類市場とは、和菓子(どら焼きや大福などの生菓子や半生菓子、干菓子、焼菓子

2016年4月30日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

マイボイスコム スイーツ・デザート類(2)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへスイーツ・デザート類が好きな人は8割強。週1回以上食べる人は男性の6割弱、女性の8割弱。好きなスイーツ・デザート類は「スポンジケーキ」「チーズケーキ」「シュー菓子」「チョコレート、チョコレート菓子」「ロールケーキ」「アイス類」「和菓子」などが各5〜6割 スイーツ・デザート類を食べるシーンは「ふだんのおやつ」「おみやげなどでもらったとき」「誕生日、クリスマスなどの行事やお祝い」「家族が買ってきたとき」「ちょっと一息つきたいとき」などが上位 ス

2016年1月19日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

マイボイスコム 和菓子(2)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ和菓子が好きな人は全体の8割弱。好きな和菓子の上位は「たいやき・今川焼き・人形焼」「大福」「カステラ」「団子」「おはぎ・ぼたもち」など 和菓子を週1回以上食べる人は全体の4割弱。「月に2〜3回」「月に1回以下」がボリュームゾーン。女性や50代以上で、頻度が高い傾向 和菓子を食べるシーンは「ふだんのおやつ」「おみやげなどでもらったとき」「家族が買ってきたとき」「お茶うけ・お茶菓子」「ちょっと一息つきたいとき」などが上位。購入目的は「自分で食べ

2016年1月4日ライフメディアフィードバック数:0ライフスタイル

クリスマスケーキは用意しますか?

アンケートモニターとお得情報でお小遣い稼ぎならライフメディア クリスマスに関するアンケート2015-12-24公開クリスマスケーキは用意しますか? 12月25日はクリスマス。 12月に入ると、街やお店がクリスマスカラーになり、クリスマスを意識することが多くなるのではないでしょうか。 今回は、クリスマスとクリスマスケーキについてアンケートをしました。 テーマ:クリスマスについて有効回答数:1000サンプル調査期間:2015年11月26日 - 27日調査対象:全国男女調査方法:インターネット調査

2015年7月30日楽天フィードバック数:0ライフスタイル

義父・母への挨拶成功の秘訣とは

付き合っている相手との将来について考えているなら、いずれ義父母となる相手のご両親にきちんと挨拶しておくことは必須!そこで、結婚または同棲の挨拶・報告のため、相手の実家に挨拶に行った経験がある20歳~39歳の男女400人に、その実態をリサーチした。付き合い始めてから挨拶に行くまでの期間から、挨拶時の服装や手土産、その後の変化など、気になるポイントを徹底調査! トピックス親への挨拶は、「付き合い始めてから2年」が目安互いの実家に挨拶に行く時期は、「付き合い始めてから2年2ヶ月」が平均に。二人の将来に

2015年4月20日価格.com★★フィードバック数:0ライフスタイル

価格.comの調査です。

母の日・父の日についてのアンケート-喜ばれるプレゼントは!?-

ご両親に感謝の気持ちを伝える「母の日」、「父の日」についてのアンケートを実施しました。 本当に喜ばれるプレゼントのランキングやエピソードを大公開!母の日にプレゼントを贈った経験:実母には約8割。義母には毎年贈る派と全く贈らない派に分かれるまずは、贈る側を対象に、母の日にプレゼントを贈った経験を、「実母」と「義母(配偶者の母)」それぞれについて尋ねました。(※贈る相手がいないという回答を除く)実母に対しては、約8割の人が一度はプレゼントを贈ったことがあると回答し、母の日にプレゼントを贈る習慣の定着

お取り寄せしてますか?

お取り寄せのことならハッピー・ノート.com! ●分析地域の特産物やお店の名物がお家に居ながらにして手に入る「お取り寄せ」。スマートフォンでも簡単に注文できるので、あれこれお取り寄せを楽しまれているママ・パパも多いと思います。そこで、今回は「お取り寄せ」にスポットをあててリサーチを行いました。Q1.お取り寄せをしたことがありますか? お取り寄せをしたことは71.6%と多くの方が「ある」とお答えに。「今後してみたい」とお答えの方も16.5%いらっしゃって、お取り寄せの浸透度、関心度は高いようです

2014年12月2日赤堀製菓専門学校フィードバック数:0ライフスタイル

「好きな和菓子・和洋スイーツ」 アンケート

[学校法人 東京滋慶学園 赤堀製菓専門学校] ,レシピ パティシエ 和菓子 お正月 抹茶 シーズン スイーツ カフェ 贈答品 和洋コラボ

2014年11月25日NTTレゾナントフィードバック数:0大型消費/投資

もらうと嬉しい! 山梨県のおいしいお土産ランキング

2014年04月16日 00:00 もらうと嬉しい! 山梨県のおいしいお土産ランキング 富士山や南アルプス、八ヶ岳など名だたる山々に囲まれた山梨県。面積の8割は山岳地帯が占めており、寒暖差の激しい気候で知られています。今回は、そんな山梨県で売られているお土産の中から、もらうと嬉しいお土産は何か、皆さんに聞いてみました。1位に選ばれたのは《『桔梗屋』桔梗信玄生プリン》です。桔梗屋は、山梨県笛吹市に本店を構える歴史ある和菓子店。《『桔梗屋』桔梗信玄生プリン》は、きなこの風味が香る和テイスト

珍しいランキングです。

洋菓子・和菓子店のホームページのネット視聴率ランキング

ネット視聴率ランキング第76回:洋菓子・和菓子店のホームページのネット視聴率ランキングReach Nextを使い、洋菓子・和菓子店のホームページの視聴率を調べました。調査期間:2014年3月24日~2014年10月8日ネット視聴率測定システム「Reach Next」の詳細はこちら*順位は接触者数順、接触者数が同数の場合はPV順となっている*注:Reach Nextは任意のキーワードによる検索結果、任意に設定したURLの視聴率を調べるシステムのため、設定したキーワード、URL、また調査期間によって

2013年4月25日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

マイボイスコム スイーツ・デザート類

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへスイーツ・デザート類が好きな人は9割弱。女性や若年層で多い。食べる頻度は「週2〜3回」「週1回」がボリュームゾーン。女性の2割強は「ほとんど毎日」食べる スイーツ・デザート類を食べるシーンは「ふだんのおやつ」の他、「おみやげなどでもらったとき」「家族が買ってきたとき」「ちょっと一息つきたいとき」「誕生日、クリスマスなどの行事やお祝い」などが上位。一緒に飲む物は「コーヒー、コーヒー系飲料」「お茶」「紅茶、紅茶系飲料」が上位3位。 スイーツ・デ

2012年12月21日マイボイスコムフィードバック数:2ライフスタイル

マイボイスコム 和菓子

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ和菓子が好きな人は8割弱。好きな和菓子は「たいやき・今川焼き・人形焼」「大福」「カステラ」「団子」「せんべい」などが上位 和菓子を食べる頻度・購入頻度は「月に2〜3回」「月に1回以下」がボリュームゾーン。女性や50代以上で、頻度が多い傾向。 和菓子を食べるシーンは「もらったとき」「ふだんのおやつ」が上位2位。「家族が買ってきたとき」「お茶うけ・お茶菓子」「ちょっと一息つきたいとき」の順で続く。購入目的は「自分で食べる」「家族が食べる」が上位

2010年5月31日インテージフィードバック数:2ライフスタイル

スイーツに関する調査

女性91.4%、男性84.8%は甘いものが好きスイーツの購入予算は「300円程度」、7割近くは「洋菓子党」10代は、60代、50代に次いで和菓子好き女性20代の14.6%はスイーツが「食事の代わり」マーケティングリサーチ最大手の株式会社インテージは、2010年5月12日~5月14日に、インテージ・ネットモニター“キューモニター”のうち全国の15才~69才の男女個人を対象として『スイーツに関する調査』を実施し、1,200名から得られた回答結果をまとめました。調査方法インターネット調査調査地域全国調

2009年10月6日アイシェアフィードバック数:0ライフスタイル

たい焼きの食感、一番人気は「さくさく」!~和菓子の甘味は苦手だけど、たい焼きは食べるという人も!

たい焼きに関する意識調査 たい焼きの食感、一番人気は「さくさく」!~和菓子の甘味は苦手だけど、たい焼きは食べるという人も!手軽で人気の定番おやつ、「たい焼き」。食べたい季節や、好きな食感も人それぞれだが、どんなところに魅力を感じているのだろうか?20代~40代のネットユーザー男女581名の回答を集計した。たい焼きを食べることはあるか聞いたところ、全体の80.7%(469名)が「ある」と回答。年代別で差はあまりなかったが、男女別では男性74.1%に対し、女性は87.9%と女性の方が14ポイントほど

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ