調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 商務省みずほ

「商務省みずほ」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2014年12月19日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

[みずほ米国経済情報]2014年12月号

みずほ米国経済情報2014年12月号[米国経済の概況]◆米国の経済指標は、米国経済の拡大が続いていることを示している。一方、市場では原油安・ドル高によって、ロシアを中心とする新興国不安が広がっている。◆米国の企業業況は堅調であり、生産は拡大している。雇用と個人消費は予想を超える強さを見せている。国際金融市場が不安定さを強めた12月に調査が実施された企業や消費者のマインドも、堅調さを保っている。◆12月のFOMCが金融政策の正常化に向けて一歩前進したのも、米国経済のこうした力強さが背景にある。原油

2014年10月29日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

[みずほ米国経済情報]2014年10月号

みずほ米国経済情報2014年10月号[米国経済の概況]◆米国の経済指標は、米国経済の拡大が続いていることを示している。これまでのように地政学的リスクの高まりに警戒が必要であるほか、10月に生じた国際金融・商品市場の動揺の影響も気がかりである。◆ドル高や株安は景気の下押し圧力となり得る一方、原油安や長期金利の低下は個人消費を通じた押し上げ要因でもある。ショックが一時的なものに留まる限り、米国経済に対する影響は限定的であろう。◆企業業況は改善が一服したが水準は高く、生産活動も拡大基調にある。雇用は拡

2014年6月26日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

[みずほ米国経済情報]2014年6月号

みずほ米国経済情報2014年6月号[米国経済の概況]◆米国経済は回復が続いている。持ち直しが遅れていた経済指標の一部にも底離れの動きが確認されるようになっており、今後、回復モメンタムの強まりに拍車がかかる可能性がある。◆企業業況、雇用は一段の改善をみせている。個人消費の伸びが続き、設備投資は改善傾向にある。ただ建設投資は冴えないままだ。海外経済の先行きと油価の動向が気がかりだが、企業の設備投資マインドは良好である。◆住宅市場では、新築住宅に比べて出遅れていた中古住宅の販売が底離れし始めた。在庫不

2014年4月28日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

[みずほ米国経済情報]2014年4月号

みずほ米国経済情報2014年4月号[米国経済の概況]◆春を迎え、米国経済は地力が試される局面に入った。鉱工業生産や雇用、消費、設備投資などについては、概ね大寒波による下押しから持ち直しの動きが指標面から確認できる。◆住宅市場でも大寒波に見舞われた北東部や中西部では落ち込みからの反発がうかがえる。一方、大寒波とは縁遠い南部や西部では関連指標の弱さが続いている。在庫不足や用地不足が制約という指摘もあるようだ。◆米企業の設備投資マインドは良好さを保っている。中国経済の減速、ロシア・ウクライナ問題など、

2014年2月25日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

[みずほ米国経済情報]2014年2月号

みずほ米国経済情報2014年2月号[米国経済の概況]◆米国の経済指標は引き続き下ぶれ気味で推移している。市場が予想する以上に、大寒波による影響が大きいようだ。消費活動や物流等、幅広い分野にわたって経済活動が押さえ込まれているが、春先には持ち直そう。◆大寒波の中、良いニュースも届いた。2015年3月15日まで債務上限の適用を停止することが決まった。政治的な対立が財政を通じて経済活動に悪影響を及ぼすリスクがほぼ解消された。◆米国株価の推移を見る限り、新興国不安が消費に与える影響は限界的とみられる。懸

2013年4月26日みずほ総合研究所フィードバック数:1社会/政治海外

[みずほ米国経済情報]2013年4月号

みずほ米国経済情報2013年4月号[米国経済の概況]◆米国経済は2013年1~3月期全体でみれば堅調に推移したが、終盤にかけて勢いが減じているようだ。企業部門では、製造業、非製造業共に業況の改善テンポが減速しており、設備投資の動きも冴えない。◆労働市場では、堅調な増加が続いてきた非農業部門雇用者数が3月に大幅に下ぶれした。一方、失業率は低下傾向を辿っている。最も広義の失業率で見ても低下傾向が確認でき、労働需給の着実な改善を示唆している。◆消費活動にも下ぶれがみられる。一連の経済指標の下ぶれをもた

2013年2月26日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

[みずほ米国経済情報]2013年2月号

みずほ米国経済情報2013年2月号[米国経済の概況]◆米国経済は緩やかな回復軌道を辿っている。企業業況については、非製造業に比べて低調な製造業に持ち直しがみられる。国内では「財政の崖」が回避され、海外でも景気の持ち直しがうかがえることを映じているようだ。◆雇用は、年次改訂によって昨年後半に堅調な回復をみせたことが明らかになった。ただ年明け後は力強さに欠けている。小売も昨年後半と比べると減速している様子だ。◆回復が続いてきた住宅販売に足踏み感がみられるようになった点も気がかりだ。住宅着工は増加基調

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

特集データ

特集INDEXへ

お知らせ