「商業地」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

地方税における資産課税のあり方に関する調査研究報告書(平成26年度版)

表4表1ᆅ᪉⛯࡟࠾ࡅࡿ㈨⏘ㄢ⛯ࡢ࠶ࡾ᪉࡟㛵ࡍࡿㄪᰝ◊✲この事業は、一般財団法人全国市町村振興協会の助成を受けて、実施したものです。地方税における資産課税のあり方に関する調査研究―宅地に係る固定資産税負担のあり方について――諸外国の資産課税における資産評価方法について―ᖹ ᡂ㸦୍㈈㸧㈨⏘ホ౯ࢩࢫࢸ࣒◊✲ࢭࣥࢱ࣮ᖺ ᗘ︵一財︶㈨⏘ホ౯ࢩࢫࢸ࣒◊✲ࢭࣥࢱ勖15-05-199_表1-4.indd 1-3平成27年3月一般財団法人資産評価システム研究センター2015/05/27 20:48:44は し が

2015年3月29日日本不動産研究所★フィードバック数:0ビジネス

地域ごとのレポートです。

店舗賃料トレンド[2015春]

東京都内5エリア及び地方主要都市8エリア(全13エリア)について、過去4年間にわたって中心商業地の店舗公募データを集計し、店舗賃料トレンドを分析した結果を公表いたしました。 一般財団法人 日本不動産研究所は、つねに公益性の堅持をモットーとし、「人が生き、活動する基盤としての不動産」のあり方を追求してまいりました。研究・鑑定・コンサルティングを通じて、新しい時代のスタンダードを創り出していきます。

2015年3月19日国土交通省★フィードバック数:0大型消費/投資

今年の地価公示です。

平成27年地価公示

【平成27年3月19日】 平成27年地価公示を公表しました ホーム【平成27年3月19日】 平成27年地価公示を公表しました【平成27年3月19日】 平成27年地価公示を公表しました  3月18日に、平成27年地価公示(1月1日時点の地価)の公表を行いました。平成26年1月から1年間の地価の動きは、全国平均では、住宅地は下落率が縮小し、商業地は7年ぶりに下落から横ばいに転換しました。また、東京・大阪・名古屋の三大都市圏平均では、住宅地、商業地ともに2年連続で上昇となりました。<平成27年地価公

2014年10月8日住友不動産販売フィードバック数:0大型消費/投資

2014年基準地価 全国平均は下落も三大都市圏は2年連続上昇

2014年基準地価 全国平均は下落も三大都市圏は2年連続上昇(Vol.122)- 不動産コラム 【Vol.122】 2014年基準地価 全国平均は下落も三大都市圏は2年連続上昇国土交通省は9月18日、2014年都道府県地価調査の結果を公表しました。全国平均で過去1年間の変動率は、住宅地が▲1.2%、商業地は▲1.1%の下落でした。全国の全用途平均の変動率は▲1.2%と23年連続で下落となりましたが、下げ幅は昨年の▲1.9%から縮小し、三大都市圏(東京・大阪・名古屋)の全用途平均は+0.8%と、昨

2014年9月30日日本不動産研究所★フィードバック数:0ビジネス

各地の店舗賃料についてのレポートです。

店舗賃料トレンド[2014秋]

店舗賃料トレンド商業コンサルタント会社の株式会社ビーエーシー・アーバンプロジェクトとタイアップし、過去3年間にわたって中心商業地の店舗公募データを集計し、店舗賃料トレンドを分析しました。東京都内5エリア及び地方主要都市8エリア(全13エリア)について、エリア別、フロア別のトレンド分析を行い、トピック・今後の見通し等を公表しております。今後も、年2回の更新・公表を行い、店舗賃料の旬のトレンドをお届け致します。(データ提供は、スタイルアクト株式会社) 一般財団法人 日本不動産研究所は、つねに公

2014年9月23日東京都フィードバック数:0大型消費/投資

平成26年東京都基準地価格の概要

平成26年 東京都基準地価格の概要平成26年9月19日財務局 国土利用計画法に基づく平成26年7月1日時点の東京都の基準地価格については、都内1,268地点の選定基準地の調査を行い、各地点の価格を平成26年9月19日付告示で公表する。用途区分ごとの地点数は、住宅地771地点、商業地466地点、工業地14地点、宅地見込地6地点、林地11地点である。地区の分類及び地点数の配分は、次の内訳のとおりである。[区部]都心5区千代田区、中央区、港区、新宿区、渋谷区(5区:162地点)その他区文京区、台東区、

2014年第2四半期 東京リテール不動産市場レポート

クリックすると拡大しますクッシュマン・アンド・ウェイクフィールドは、2014年第2四半期(4月1日~6月30日)の東京リテール不動産市場に関する調査レポート「MARKETBEAT RETAIL TOKYO Q 2014」を公表しました。本レポートはリテールセクター(小売部門)が東京の商業不動産に及ぼす影響や市場動向について以下のとおり報告しています。 1.東京都内主要商業地の店舗賃貸マーケットは引き続き堅調に推移しています。2.リテーラーのテナント出店意欲は引き続き旺盛ですが、好調な販売状況に支

2014年3月30日日本不動産研究所★フィードバック数:0ビジネス

店舗賃料についてのレポートです。

店舗賃料トレンド[2014春]

東京都内5エリア及び地方主要都市8エリア(全13エリア)について、過去4年間にわたって中心商業地の店舗公募データを集計し、店舗賃料トレンドを分析した結果を公表いたしました。 一般財団法人 日本不動産研究所は、つねに公益性の堅持をモットーとし、「人が生き、活動する基盤としての不動産」のあり方を追求してまいりました。研究・鑑定・コンサルティングを通じて、新しい時代のスタンダードを創り出していきます。

2014年3月20日東京都フィードバック数:0大型消費/投資

平成26年 地価公示価格(東京都分)の概要

平成26年 地価公示価格(東京都分)の概要平成26年3月19日財務局 地価公示は、地価公示法に基づき、国土交通省の土地鑑定委員会が標準地を選定し、毎年1月1日時点の調査を行い、価格を判定して、一般の土地の取引価格の指標等として公表するもので、昭和45年以降毎年実施している。平成26年の東京都分の地点数は2,162地点で、平成25年の2,606地点から444地点の削減となった。用途区分ごとの地点数は、住宅地1,371地点(平成25年1,737地点)、商業地760地点(同824地点)、工業地31地点

2014年3月19日国土交通省★フィードバック数:0大型消費/投資

今年の地価公示です。

平成26年地価公示

【平成26年3月19日】 平成26年地価公示を公表しました ホーム【平成26年3月19日】 平成26年地価公示を公表しました【平成26年3月19日】 平成26年地価公示を公表しました  3月18日に、平成26年地価公示(1月1日地点の地価)の公表を行いました。平成25年1月から1年間の地価の動きは、全国平均では依然として下落しているものの、下落率の縮小傾向が継続しています。また、東京・大阪・名古屋の三大都市圏平均の動きについては、平成20年地価公示以来6年ぶりに住宅地・商業地ともに上昇となりま

MARKETBEAT RETAIL TOKYO Q3 2013

クリックすると拡大しますクッシュマン・アンド・ウェイクフィールドは、2013年第3四半期(7月1日~9月30日)の東京リテール不動産市場に関する調査レポート「MARKETBEAT RETAIL TOKYO Q3 2013」を公表しました。本レポートはリテールセクター(小売部門)が東京の商業不動産に及ぼす影響や市場動向について以下のとおり報告しています。1. グローバル・リテイラーの積極的な日本出店が続いている。(ホリスターの日本上陸(横浜ららぽーと)、UGGの渋谷公園通りコンセプトストアオープン

2013年9月24日第一生命保険フィードバック数:0大型消費/投資

平成25年都道府県地価調査 ~全国平均は22年連続下落も、三大都市圏は5年ぶりに上昇~

Economic Indicators定例経済指標レポート指標名:平成25年都道府県地価調査発表日:2013年9月20日(金)~全国平均は22年連続下落も、三大都市圏は5年ぶりに上昇~第一生命経済研究所副主任エコノミスト鈴木経済調査部将之(03-5221-4547)・ 9 月 19 日に国土交通省から『平成 25 年都道府県地価調査』が公表された。全国・全用途平均では▲1.9%と 1992 年以来 22 年連続の下落となった。1991 年を 100 とすれば 2013 年は48.8 と地価が半減

2013年3月26日東京都フィードバック数:4社会/政治

平成25年 地価公示価格(東京都分)の概要

平成25年 地価公示価格(東京都分)の概要平成25年3月22日財務局 地価公示は、地価公示法に基づき、国土交通省の土地鑑定委員会が標準地を選定し、毎年1月1日時点の調査を行い、価格を判定して、一般の土地の取引価格の指標等として公表するもので、昭和45年以降毎年実施している。以下、平成25年の東京都分2,606地点の概要である。本年地価公示より、準工業地、市街化調整区域内宅地の用途区分が廃止され、住宅地、商業地、工業地のいずれかに振り分けられた。その結果、用途区分ごとの地点数は、住宅地1,737地

2011年11月28日日本不動産研究所フィードバック数:0大型消費/投資

市街地価格指数(平成23年9月末時点)

市街地価格指数(平成23年9月末時点)を公表  「全国」では全ての用途で下落基調が継続していますが、下落幅はわずかに縮小し、全用途平均(商業地、住宅地、工業地の変動率の平均)で前期比(平成23年3月末比)1.8%下落(前回調査では2.1%下落)となりました。 「六大都市」の全用途平均の市街地価格指数(平成12年3月末=100)は68.2となり、今回調査においてバブル崩壊後の最低値を更新し、バブル以前の水準で言えば昭和55年頃と同程度になりました。 一般財団法人 日本不動産研究所は、つねに

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ