「喫煙席」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

たばこについてアンケート調査

平成 29 年 2 月 23 日News Release株式会社アイリックコーポレーション愛煙家 vs 嫌煙家!分煙は必要だが喫煙場所の増加を望む喫煙者、喫煙店へは絶対行かない!喫煙場所一掃を望む非喫煙者2020 年の東京五輪・パラリンピックに向け、厚生労働省は、他人のたばこの煙を吸わされる受動喫煙対策の強化に乗り出しています。また、2016 年は加熱式たばこが流行りました。そこで、『保険クリニック』は、喫煙者 300人と非喫煙者 300 人にたばこについてアンケート調査を実施いたしました。■調

2013年10月10日リサモビフィードバック数:0ライフスタイル

禁煙喫煙分煙に関するインターネット調査 2012/11/15

禁煙喫煙分煙に関するインターネット調査喫煙・分煙・禁煙に関するインターネット調査のデータを公開しております。本調査は設問設計の段階でエラー回答の発生率を抑制するために条件分岐設定を行っていますので、各設問毎に回答者数が異なる場合がございます。また無料レポートはダウンロード可能ですので、利用に関しては、利用規約をご覧ください。インターネット調査方法モバイルユーザーを対象とした懸賞方式アンケート実施期間:2012.10.24〜11.14回答モニター総数:2867今までに喫煙したことはない:1403(

2010年3月15日アイシェアフィードバック数:9ライフスタイル

喫煙席の危機!全面禁煙化に「賛成」7割半~全体の7割半が「分煙不足」を実感

受動喫煙防止対策に関する意識調査 喫煙席の危機!全面禁煙化に「賛成」7割半~全体の7割半が「分煙不足」を実感他人の吸ったたばこから立ち上る有害な煙。それを吸い込んでしまう「受動喫煙」を防止しようという動きが近頃活発になっている。現在、厚生労働省では「受動喫煙防止対策」として、飲食店やホテル、職場などの原則禁煙化を進めようとしているそうだ。喫煙可能な区域を指定する「分煙」では、ドアの開閉や人の行き来により煙が禁煙区域へ流れることを防ぎきれないため、不十分と判断したとのこと。実際、受動喫煙についてど

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ