「営業事務」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2017年5月29日@typeフィードバック数:0キャリアとスキル

『こんな会社辞めてやる!』と思った瞬間

第6回テーマ「『こんな会社辞めてやる!』と思った瞬間」アンケート結果「『こんな会社辞めてやる!』と思った瞬間」 アンケート結果社会人になってから会社を辞めたいと思ったことはありますか?厳しいことも少なくない社会。心がくじけたり途方に暮れたり、思わず逃げ出したくなった経験が、誰にでもあるのではないでしょうか?今回は、会社を『辞めてやる!』と思った瞬間についてのアンケートを実施。なんと、ほぼ全員が『辞めたいと思ったことがある』という結果に!その理由も実にさまざま。詳しく見ていきましょう。【「仕事内容

選挙、参加してる? 働く女性が1票に込める“立派過ぎる”思い

選挙、参加してる? 働く女性が1票に込める“立派過ぎる”思いタグ: 2016年の夏から、選挙権が18歳に引き下げられることが決定しました。投票率の低さが問題になることも多いですが、働く女性たちはどのくらい選挙に関心を持っているのでしょう?そこで「選挙に参加する頻度はどれくらいですか?」と聞いてみたところ、一番多かったのは「必ず参加している」という頼もしい答え。「ほとんど参加している」人と合わせると、働く女性の半数以上が積極的に選挙に参加していることが分かりました。一方、「ほとんど参加したことがな

仕事に前向きになるカギは「自分へのご褒美」にあり!? 働く女性が自分に贈るプレゼント

仕事に前向きになるカギは「自分へのご褒美」にあり!? 働く女性が自分に贈るプレゼントタグ: 休憩時間のスイーツからハイブランドのバッグまで、「自分へのご褒美」を贈ったことがある人は多いはず。実際、働く女性214人に「普段、仕事を頑張ったときに『自分へのご褒美』をあげますか?」と聞いてみると、7割以上の人が「はい」と回答しました。どんなものを自分へのご褒美にしているのかを聞いてみたところ、「高級ケーキを買う」(35歳/一般事務)、「おいしいご飯を食べる」(28歳/営業)、「高いお酒を買って家で飲む

あなたが働きたいのはどっち? 「究極の選択」から見えた働く女性の仕事観

あなたが働きたいのはどっち? 「究極の選択」から見えた働く女性の仕事観タグ: 今回は、働く女性284名に「仕事を選ぶ上で最も大切にしたいこと」を探るべく、4つの「究極の選択」を迫ってみました。すぐに転職は考えていないというあなたも、この結果を見て自分の仕事観を見つめ直すきっかけにしてみてはどうでしょうか。1問目は、いわゆる「ワークライフバランス」を考える上での難敵、残業について。半数を上回る55%強の女性が、給料は少なくても定時で帰れる生活を望んでいることが分かりました。中でも多かったのは、「仕

2014年6月3日リクルートフィードバック数:0キャリアとスキル

働く女性にアンケート「現在の収入に不満はありますか?」

働く女性にアンケート「現在の収入に不満はありますか?」 働く女性にアンケート「現在の収入に不満はありますか?」 働く上での悩みと言えば収入面は切っても切れない問題。そこで今回は、ズバリ「現在の収入に不満があるか」をとらばーゆ読者に聞いてみました。収入の不満をあなたならどう乗り越えますか?不満があると答えた人は約75%と不満を持っている人は多いようです。「不満がある」と答えた人に、どう乗り越えるかを聞いたところ「節約を徹底して出費を減らす」が18%、残り82%の人は「転職をして収入UPを図る」と前

2013年6月26日ワークポートフィードバック数:1キャリアとスキル

2013年5月バックオフィス職採用動向

[] <要旨> 新年度を迎えて増員を図る企業が多く、営業事務・一般事務の求人数が急増しました。アルバイトや派遣社員が担当していた業務を正社員に切り替えた求人もあり、IT業界の順調な業績回復ぶりが窺えます。業務内容は一般的なファイリングや営業アシスタントから営業ツール作成等を行う営業事務やデータ入力、販売管理、契約事務まで非常に幅広く、スキルや経験にあわせた選択ができる状況です。なお、経理・財務職は前月の好調を維持しており、これに次いで人事採用・人事労務職、総務職も多くの求人がありました。<今後の

2012年7月3日インテリジェンス★フィードバック数:30キャリアとスキル

職種別の平均残業時間データが含まれます。

残業時間の実態調査2012

転職なら、求人情報・転職サイトDODA(デューダ) 求人情報を探す エージェントサービス スカウトサービス 転職成功ガイド イベント ヘルプランキング・データ・調査残業時間の実態調査2012残業は増えた?減った? 残業時間の推移(2007年〜2012年)■2012年の残業時間、2007年以降で最多の2012年の平均残業時間は月28.6時間で、調査を開始した2007年以降で最も多いことがわかりました。この背景には、景気や需要が回復しはじめた一方、リーマンショックでリストラの実施や採用活動を手控え

2012年6月13日日経BPフィードバック数:19大型消費/投資

給料&ボーナスのご褒美、大調査!

もうすぐ、待ちに待った夏のボーナスシーズン。使い道はもう決まっている?日経WOMAN7月号では、給料とボーナスで読者が買った「Myご褒美」を掲載。その中から、誌面に乗り切れなかったエピソードを紹介します!最も多かったご褒美は「食べ物」たまにはいいよね…がんばってきた私に、今こそご褒美! 給料やボーナスは、あなたが頑張って働いた証。貯蓄するのも大事だけれど、頑張った自分にご褒美を与えるのも大切なこと。その「ご褒美」の中身を読者アンケートで聞いてみたところ、最も多かったのは「食べ物」でした。 まずは

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
 

特集データ

特集INDEXへ

お知らせ