「営業担当」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2016年8月25日グリーゼフィードバック数:0ビジネス

BtoB製品購入プロセスの実態調査

77%の顧客が営業担当と会う前に製品絞り込みを終えている- BtoB製品購入プロセスの実態調査を発表 -コンテンツマーケティング事業を手掛ける、株式会社グリーゼ(所在地: 東京都世田谷区、代表取締役:江島 民子)は、BtoB製品購入プロセスの実態調査を実施しましたので結果を発表します。■アンケート調査結果 :2016年8月22日(月)報道関係各位株式会社グリーゼ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━77%の顧客が営業担当と会う前に製品絞り込みを終えている- Bt

投資向けマンションデベロッパーに対するオーナーの意識調査

自主調査資料投資向けマンションデベロッパーに対するオーナーの意識調査結果について2016 年 4 月 19 日 株式会社アイ・エヌ・ジー・ドットコム調査趣旨年間 6,000 戸以上の供給のある近年の首都圏の投資向けワンルームマンション市場において、多数の物件を分譲している 30 社を無作為に抽出し、営業姿勢、ホームページの掲載内容、物件の魅力などについてオーナーからの視点での満足度の調査を行いました。調査結果概要満足度の高い項目①契約書類への記入方法01234012345契約書類への記入方法②営

2015年9月30日マイボイスコムフィードバック数:0大型消費/投資

マイボイスコム カーディーラーの利用(2)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへカーディーラ利用経験者は7割弱。「新車購入時」が最も多く、「サービス利用時」「新車購入検討時」「試乗」「中古車購入時」などが続く カーディラー利用・選択時の重視点は「商品(自動車、その他の商品)」の他、「立地・アクセスのよさ」「営業担当者の対応」などが上位。営業担当者の対応がよいと思うカーディーラーは「トヨタ系」がトップ、「ホンダ」「日産系」が続く カーディーラーでの自動車購入者は6割強。直近で自動車を購入したカーディーラーは「トヨタ系」が

2015年5月11日ダイヤモンド社フィードバック数:0企業情報システム

なぜ、多くの企業が営業支援ツールの導入に失敗するのか!?

 法人向け、個人向けに関わらず、顧客に対して製品・サービスの説明を行い、きちんと理解してもらわなければ売れない商材は数多く存在する。インターネット全盛時代となった今でも、こうした商材を販売するためにはフェイス・トゥ・フェイスの営業活動が不可欠だ。森亮・オークニー代表取締役兼CEOは、営業支援ツールの課題を提起する。Photo by Toshiaki Usami そこで多くの企業で導入が進むのが、営業支援ツール(以下SFA)や顧客管理ツール(以下CRM)だ。 SFA/CRMは、スケジュール管理や日

2014年4月24日ラクスフィードバック数:0ビジネス

営業社員の交通費精算への意識についての調査

電車賃の「二重運賃」化でさらに進む? 営業交通費の不正申請2014年4月24日 株式会社ラクス交通費・経費精算システム「楽楽精算」を提供する株式会社ラクス(本社:東京都渋谷区、代表取締役:中村 崇則)は、営業社員の交通費精算への意識についての調査を行いました。この度、企業の営業担当者(200名)に対して調査をしたところ、約30%が電車賃の交通費精算の際、本来かからない自身の定期区間内の運賃も、不正に申請し受け取っていることがわかりました。さらに、営業訪問件数が多い社員ほど不正に交通費を申請・受給

営業組織についての調査です。

継続的に業績が向上している営業組織の特長とは~営業部長実態調査より~

営業部長実態調査 継続的に業績が向上している営業組織の特長とは 昨今、営業組織を取り巻く環境は大きく変化しています。自社の商品・サービスだけで競争優位性を継続的に維持することが難しくなり、インターネット等の情報から顧客も営業担当以上に知識をもっているといったことが起きています。そのため、今まで以上に営業の介在価値を創出できないと競合に負けることはおろか、インターネット通販に負けてしまうということすら起こっています。このような環境のなか、顧客接点の最前線である営業組織では、継続的に業績を向上するた

2013年10月24日Sansanフィードバック数:0ビジネス

営業社員のスマホ活用と名刺に関する実態調査

News 2013/10/24 デキる営業ほどスマホを使いこなし、たくさ... デキる営業ほどスマホを使いこなし、たくさん名刺交換をしている?! 営業社員のスマホ活用と名刺に関する実態調査Sansan株式会社は、2013年9月から10月にかけて実施した営業担当者のスマートフォン活用と名刺に関する実態調査の結果を発表しました。今回Sansanは、企業の営業担当者がどのようにスマートフォンを仕事に活用をしているのかを明らかにするとともに、成果をあげ、会社の業績に貢献できる「強い営業」の特徴を探る目的

2013年9月24日アイティメディア★フィードバック数:0企業情報システム

キーマンズがSFAについての調査結果を公開しました。

SFAの導入状況

キーマンズネットでは、2013年7月3日〜7月10日にかけて「SFA」に関するアンケートを実施した(有効回答数:311)。回答者の顔ぶれは、情報システム部門が全体の46.6%、一般部門が53.4%という構成比であった。今回、お聞きしたのはSFA(Sales Force Automation:営業支援システム)の「導入目的」「満足度」や「製品選定部署」などSFAの導入状況を把握するための質問。その結果、SFAは全体で15.8%の企業が導入しており、主に「情報の共有と有効活用」「顧客満足度向上」「意

2012年10月1日マイボイスコムフィードバック数:0大型消費/投資

マイボイスコム カーディーラーの利用

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへカーディーラー利用経験者は7割弱。「新車購入時」が最も多く、「サービス利用時」「新車購入検討時」「試乗」が続く カーディラー利用・選択時の重視点は「商品(自動車、その他の商品)」の他、「営業担当者の対応」「立地・アクセスのよさ」が続く。営業担当者の対応がよいと思うカーディーラーは「トヨタ系」がトップ、「ホンダ」「日産系」が続く カーディーラーでの自動車購入者は6割強。直近で自動車を購入したカーディーラーは「トヨタ系」が最も多く、「ホンダ」「

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

お知らせ