調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 器具卸売業

「器具卸売業」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年12月25日東京商工リサーチフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

「三菱マテリアルとデータ偽装3社の国内取引状況」調査

「三菱マテリアルとデータ偽装3社の国内取引状況」調査 公開日付:2017.11.2411月23日、三菱マテリアル(株)(TSR企業コード:291022669、千代田区、東証1部)は、連結子会社3社の製造販売した一部製品の検査データ偽装を公表した。データ偽装が公表されたのは、三菱電線工業(株)(TSR企業コード:570124123、千代田区)、三菱伸銅(株)(TSR企業コード:291070078、千代田区)、三菱アルミニウム(株)(TSR企業コード:291025390、港区)の未上場3社。東京商工

2017年11月1日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

「神戸製鋼所グループ国内取引状況」調査

公開日付:2017.10.20 国内鉄鋼3位の(株)神戸製鋼所(TSR企業コード:660018152、法人番号:6140001005714、神戸市中央区、東証1部上場)は10月8日、アルミ・銅事業部門(傘下グループ会社を含む)で検査証明書データを偽装していたことを公表した。その後も主力の鉄鋼事業などで次々と偽装が発覚、神戸製鋼所を含む国内7社、海外5社の計12社まで広がっている。東京商工リサーチでは、神戸製鋼所と同グループ企業(以下、神戸製鋼所グループ)の取引状況を調査した。神戸製鋼所グループが

2015年6月15日経済産業省フィードバック数:0ビジネス

第3次産業活動指数 (平成27年4月分)

結果の概要【プレス情報 2019年1月分】(2019年3月13日発表) - 第3次産業活動は持ち直しの動きがみられる -2019年1月の第3次産業活動指数は、106.5、前月比0.4%の上昇となった。広義対個人サービスは同0.5%、広義対事業所サービスは同0.2 %のそれぞれ上昇となった。総じてみれば、第3次産業活動は持ち直しの動きがみられる。(基調判断を据置き)。最新の指数の解説2019年1月のサービス産業活動は、前月比0.4%と、3か月ぶりに上昇。指数値としては、四半期ベースでは過去最高

2015年5月19日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

第3次産業活動指数 (平成27年3月分)

結果の概要【プレス情報 2019年1月分】(2019年3月13日発表) - 第3次産業活動は持ち直しの動きがみられる -2019年1月の第3次産業活動指数は、106.5、前月比0.4%の上昇となった。広義対個人サービスは同0.5%、広義対事業所サービスは同0.2 %のそれぞれ上昇となった。総じてみれば、第3次産業活動は持ち直しの動きがみられる。(基調判断を据置き)。最新の指数の解説2019年1月のサービス産業活動は、前月比0.4%と、3か月ぶりに上昇。指数値としては、四半期ベースでは過去最高

2015年4月21日経済産業省フィードバック数:0ビジネス

第3次産業活動指数 (平成27年2月分)

結果の概要【プレス情報 2019年1月分】(2019年3月13日発表) - 第3次産業活動は持ち直しの動きがみられる -2019年1月の第3次産業活動指数は、106.5、前月比0.4%の上昇となった。広義対個人サービスは同0.5%、広義対事業所サービスは同0.2 %のそれぞれ上昇となった。総じてみれば、第3次産業活動は持ち直しの動きがみられる。(基調判断を据置き)。最新の指数の解説2019年1月のサービス産業活動は、前月比0.4%と、3か月ぶりに上昇。指数値としては、四半期ベースでは過去最高

2015年3月16日経済産業省フィードバック数:0ビジネス

第3次産業活動指数 (平成27年1月分)

結果の概要【プレス情報 2019年1月分】(2019年3月13日発表) - 第3次産業活動は持ち直しの動きがみられる -2019年1月の第3次産業活動指数は、106.5、前月比0.4%の上昇となった。広義対個人サービスは同0.5%、広義対事業所サービスは同0.2 %のそれぞれ上昇となった。総じてみれば、第3次産業活動は持ち直しの動きがみられる。(基調判断を据置き)。最新の指数の解説2019年1月のサービス産業活動は、前月比0.4%と、3か月ぶりに上昇。指数値としては、四半期ベースでは過去最高

2015年2月12日経済産業省フィードバック数:0ビジネス

第3次産業活動指数 (平成26年12月分)

結果の概要【プレス情報 2019年1月分】(2019年3月13日発表) - 第3次産業活動は持ち直しの動きがみられる -2019年1月の第3次産業活動指数は、106.5、前月比0.4%の上昇となった。広義対個人サービスは同0.5%、広義対事業所サービスは同0.2 %のそれぞれ上昇となった。総じてみれば、第3次産業活動は持ち直しの動きがみられる。(基調判断を据置き)。最新の指数の解説2019年1月のサービス産業活動は、前月比0.4%と、3か月ぶりに上昇。指数値としては、四半期ベースでは過去最高

2015年1月19日経済産業省フィードバック数:0社会/政治

第3次産業活動指数 (平成26年11月分)

結果の概要【プレス情報 2019年1月分】(2019年3月13日発表) - 第3次産業活動は持ち直しの動きがみられる -2019年1月の第3次産業活動指数は、106.5、前月比0.4%の上昇となった。広義対個人サービスは同0.5%、広義対事業所サービスは同0.2 %のそれぞれ上昇となった。総じてみれば、第3次産業活動は持ち直しの動きがみられる。(基調判断を据置き)。最新の指数の解説2019年1月のサービス産業活動は、前月比0.4%と、3か月ぶりに上昇。指数値としては、四半期ベースでは過去最高

2014年12月12日経済産業省フィードバック数:0社会/政治

第3次産業活動指数 (平成26年10月分)

結果の概要【プレス情報 2019年1月分】(2019年3月13日発表) - 第3次産業活動は持ち直しの動きがみられる -2019年1月の第3次産業活動指数は、106.5、前月比0.4%の上昇となった。広義対個人サービスは同0.5%、広義対事業所サービスは同0.2 %のそれぞれ上昇となった。総じてみれば、第3次産業活動は持ち直しの動きがみられる。(基調判断を据置き)。最新の指数の解説2019年1月のサービス産業活動は、前月比0.4%と、3か月ぶりに上昇。指数値としては、四半期ベースでは過去最高

2014年11月13日経済産業省フィードバック数:0社会/政治

第3次産業活動指数 (平成26年9月分)

結果の概要【プレス情報 2019年1月分】(2019年3月13日発表) - 第3次産業活動は持ち直しの動きがみられる -2019年1月の第3次産業活動指数は、106.5、前月比0.4%の上昇となった。広義対個人サービスは同0.5%、広義対事業所サービスは同0.2 %のそれぞれ上昇となった。総じてみれば、第3次産業活動は持ち直しの動きがみられる。(基調判断を据置き)。最新の指数の解説2019年1月のサービス産業活動は、前月比0.4%と、3か月ぶりに上昇。指数値としては、四半期ベースでは過去最高

2014年10月14日経済産業省フィードバック数:0社会/政治

第3次産業活動指数 (平成26年8月分)

結果の概要【プレス情報 2019年1月分】(2019年3月13日発表) - 第3次産業活動は持ち直しの動きがみられる -2019年1月の第3次産業活動指数は、106.5、前月比0.4%の上昇となった。広義対個人サービスは同0.5%、広義対事業所サービスは同0.2 %のそれぞれ上昇となった。総じてみれば、第3次産業活動は持ち直しの動きがみられる。(基調判断を据置き)。最新の指数の解説2019年1月のサービス産業活動は、前月比0.4%と、3か月ぶりに上昇。指数値としては、四半期ベースでは過去最高

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ