「四半期」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年8月30日IDCフィードバック数:0モバイル

2017年第2四半期 国内携帯電話・スマートフォン市場実績値

2017年第2四半期 国内携帯電話・スマートフォン市場実績値を発表 2017年第2四半期 国内携帯電話出荷台数 前年同期比0.3%減、711万台 SIMフリーモデル出荷台数は前年同期比16.0%増で成長に鈍化傾向 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4762)は、国内携帯電話、およびスマートフォン端末の2017年第2四半期(2017年4~6月)の出荷台数を

複写機・複合機の2017年第2四半期出荷実績

複写機・複合機の2017年第2四半期出荷実績を発表しました。 当協会では、統計委員会を設置して、事務機械の各種統計調査事業を行っております。このたび、複写機・複合機の2017年第2四半期(4~6月)の出荷実績をとりまとめましたので発表いたします。内容は、添付ファイルをご覧くださるようにお願いいたします。-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+本件に関するお問い合わせ先:TEL:03-6809-5010(代表)FAX:03-3451-1770統計委員会事務局: 岡野

第30回「中堅企業経営者『景況感』意識調査」~世界33カ国同時調査~ 太陽グラントソントン

第30回「中堅企業経営者『景況感』意識調査」~世界33カ国同時調査~ 2017年8月22日 第30回「中堅企業経営者『景況感』意識調査」~世界33カ国同時調査~ 8月22日太陽グラントソントン ※参考資料:本資料は昨日8月21日に公開した調査結果です。第30回「中堅企業経営者『景況感』意識調査」~世界33カ国同時調査~を発 ・日本の景況感はDI -23と前回調査に引き続き改善を示す。 ・米国の景況感が前期比27ポイント増のDI 81となり、調査開始以来最高のDIを記録。 ・英国は2015年第

2017年8月16日東京都フィードバック数:0大型消費/投資

平成29年6月及び平成29年第2四半期の新設住宅着工

ここから本文です。住宅着工統計「平成29年6月及び平成29年第2四半期の新設住宅着工」についてとりまとめましたので、お知らせします。平成29年6月の動向平成29年6月の概況東京都内における6月の新設住宅着工戸数は16,190戸前年同月比では、持家、貸家は減少したが、分譲住宅は増加し、全体で14.9%増と3か月振りの増加となった1 利用関係別でみると持家は 1,381戸(前年同月比 7.6%減 2か月連続の減少)貸家は 6,359戸(前年同月比 6.6%減 3か月連続の減少)分譲住宅は 8,420

2017年8月7日ガッコムフィードバック数:0社会/政治

【最新の不審者・治安情報のトレンド】治安情報サイト「ガッコム安全ナビ」による統計データ調査結果(4-6月調べ)

【最新の不審者・治安情報のトレンド】治安情報サイト「ガッコム安全ナビ」による統計データ調査結果(4-6月調べ) 不審者の服装・特徴・色・時間帯などからわかる、今注意したい事件傾向株式会社ガッコム(本社:東京都港区 代表取締役社長:山田洋志)が運用する治安情報サイト「ガッコム安全ナビ」に掲載されている情報を元に、2017年度第1四半期(4月~6月)に発生した不審者・動物出没・傷害等の各事件に関する統計情報を下記の通りまとめました。調査対象日:2017年4月1日~2017年6月30日調査対象:治安情

2017年8月3日IPAフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

ソフトウェア等の脆弱性関連情報に関する届出状況[2017年第2四半期(4月~6月)]

ソフトウェア等の脆弱性関連情報に関する届出状況[2017年第2四半期(4月~6月)] 掲載日 2017年7月26日 独立行政法人情報処理推進機構 技術本部 セキュリティセンター以下は、「ソフトウェア等の脆弱性関連情報に関する届出状況」1章の抜粋です。1. 2017年第2四半期 ソフトウェア等の脆弱性関連情報に関する届出状況1-1. 脆弱性関連情報の届出状況 ~脆弱性の届出件数の累計は13,331件~ 表1-1は情報セキュリティ早期警戒パートナーシップ(*1)(以降「本制度」)における2017年第

2017年8月2日SEMIフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2017年第2四半期のシリコンウェーハ出荷面積

シリコンウェーハ出荷面積発表 2017年第2四半期のシリコンウェーハ出荷面積は前四半期から増加し過去最高水準の出荷を継続SEMI(本部:米国カリフォルニア州ミルピタス)は、7月24日(米国時間)、SEMI Silicon Manufacturers Group(SMG)によるシリコンウェーハ業界の分析結果をもとに、2017年第2四半期(歴年)の世界シリコンウェーハ出荷面積が2017年第1四半期から増加したと発表しました。2017年第2四半期に出荷されたシリコンウェーハ面積は29億7,800万平方

2017年8月1日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内外付型エンタープライズストレージ市場 2017年第1四半期の実績

国内外付型エンタープライズストレージ市場 2017年第1四半期の実績を発表 2017年第1四半期の外付型支出額は493億4,800万円で前年同期比6.8%減 オールフラッシュアレイは66億5,500万円で同86.0%増 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、2017年第1四半期(1月~3月)の国内外付型エンタープライズストレージシステムの支出額(

2017年7月11日フォーティネットフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2017年第1四半期の脅威レポート

フォーティネットは本日、最新のグローバル脅威レポートの調査結果を発表しました。 2017年6月30日フォーティネットジャパン株式会社フォーティネット、2017年第1四半期の脅威レポートを発表潜在的攻撃ベクトルが引き続き増加し分散インフラストラクチャの可視性と制御が低下している現状と、急増するCaaS(Cybercrime-as-a-Service)攻撃を減災するための自動化された高度なサイバー防御の重要性が明らかに高性能サイバーセキュリティソリューションの世界的リーダーである、フォーテ

2017年7月11日IDCフィードバック数:0企業情報システム

2017年第1四半期 国内サーバー市場動向

2017年第1四半期 国内サーバー市場動向を発表 2017年第1四半期の国内サーバー市場規模は、前年同期比5.7%減の1,265億円 x86サーバーの出荷額は、前年同期から1.0%の微減 ベンダー別出荷額は富士通が1位、以下NEC、日本ヒューレット・ パッカード(HPE)が続く IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、2017年第1四半期(1月~3

2017年7月7日マカフィーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2017年第1四半期の脅威レポート

マカフィー、2017年第1四半期の脅威レポートを発表 2017年6月27日 - マカフィー、2017年第1四半期の脅威レポートを発表※当資料は、2017年6月20日に米国で発表されたプレスリリースの抄訳です。2017年第1四半期中、1分あたり244件、1秒あたり4件近くのサイバー上の脅威をMcAfee Labsが新たに検知アジア太平洋地域のモバイル マルウェア感染率が2倍に増加し、世界の感染率が57%上昇過去4四半期で検知されたモバイル マルウェアの合計サンプル数は1,670万個で、前年同期比

2017年6月29日IDCフィードバック数:0モバイル

国内モバイルデバイス市場 2017年第1四半期の実績および予測

国内モバイルデバイス市場 2017年第1四半期の実績および予測を発表 2017年第1四半期 国内モバイルデバイス市場の出荷台数は前年同期比17.3%増の1,410万台 2017年通年の同市場出荷台数は前年比10.5%増の5,367万台と予測 2017年通年の同家庭市場は10.8%増の4,231万台、ビジネス市場は9.7%増の1,136万台と予測 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役社長:竹内正人、Te

2017年6月28日IDC★フィードバック数:0デジタル家電

2017年第1四半期 世界/国内ウェアラブルデバイス市場規模

2017年第1四半期 世界/国内ウェアラブルデバイス市場規模を発表 2017年第1四半期のウェアラブルデバイス世界出荷台数は前年同期比17.9%増の2,470万台 Xiaomi(シャオミ)とApple(アップル)がトップに並ぶ 日本国内出荷台数は前年同期比19.9%減の20万4千台 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、2017年第1四半期(1月

2017年6月20日ニールセン★フィードバック数:0マーケティング

ニールセン トータルオーディエンスレポート データ編 2016年第4四半期版

視聴行動分析サービスを提供するニールセン デジタル株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:宮本淳)は、米国のテレビ、テレビ接続デバイス、PC、モバイルなどの全てのメディアの視聴状況を、共通の比較指標でまとめた『ニールセン トータルオーディエンスレポート データ編 2016年第4 四半期版』を発表しました。ニールセン トータルオーディエンスレポート データ編の主な目的は、メディア計測の全てのカテゴリーに適用できる、3つの基本的なコンセプトである視聴者数、視聴頻度、視聴時間について述べることです

2017年6月13日IDCフィードバック数:0モバイル

2017年第1四半期 国内携帯電話・スマートフォン市場実績値

2017年第1四半期 国内携帯電話・スマートフォン市場実績値を発表 2017年第1四半期 国内携帯電話出荷台数 前年同期比9.0%増、879万台 国内スマートフォン出荷台数 同比30.1%増、851万台 iPhone出荷台数が同比6.3%増で426万台、SIMフリー端末は依然少数 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4762)は、国内携帯電話、およびスマー

2017年6月12日IDCフィードバック数:0デジタル家電

2017年第1四半期 国内タブレット端末市場実績値

2017年第1四半期 国内タブレット端末市場実績値を発表 2017年第1四半期 国内タブレット市場出荷台数は前年同期比3.0%増の222万台 家庭市場向け出荷台数は前年同期比9.7%増、ビジネス市場向けは15.2%減 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、国内タブレット市場における2017年第1四半期(1~3月)の出荷台数実績値を発表しました。201

2017年6月7日矢野経済研究所フィードバック数:0大型消費/投資

住宅リフォーム市場に関する調査を実施~2017年第1四半期~

2017年05月30日 住宅リフォーム市場に関する調査を実施~2017年第1四半期~ 調査要綱矢野経済研究所では、国内の住宅リフォーム市場の短期的な市場トレンド調査を実施した。1.調査期間:2017年1月~3月(2017年 第1四半期)2.調査方法:当社専門研究員による市場規模算出、及び文献調査<住宅リフォーム市場とは>本調査における住宅リフォーム市場とは、「10 m2超の増改築工事」・「10 m2以下の増改築工事」・「設備修繕・維持関連」・「家具・インテリア等」の4分野をさす。調査結果サマリー

2017年5月31日akamaiフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2017 年第 1 四半期の「インターネットの現状/セキュリティレポート」

ウェブパフォーマンスウェブサイトの高速化による収益機会の拡大とビジネスの世界展開 - どこにいても、どんなデバイスでもアクセス可能に メディアデリバリー高品質メディアの大規模な配信、ワークフローの簡素化、視聴者に関する知見を得ることが可能に クラウドセキュリティウェブサイトとデータセンターのセキュリティを確保してダウンタイムとデータ窃盗のリスクを低減 ネットワーク事業者ネットワークトラフィックの最適化、新たな収益源の確保、コストの管理 クラウドネットワーキングエンタープライズネッ

2017年5月31日IDCフィードバック数:0企業情報システム

2017年第1四半期 国内トラディショナルPC市場実績値

2017年第1四半期 国内トラディショナルPC市場実績値を発表 2017年第1四半期 国内PC出荷台数は、前年同期比6.3%増、313万台 ビジネス市場は6.3%増、193万台、家庭市場は6.4%増、120万台 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、日本国内におけるトラディショナルPC市場出荷実績値について発表しました。2017年第1四半期(1月~3

2017年5月30日東京都フィードバック数:0大型消費/投資

訪都外国人旅行者数・日本人旅行者数及び観光消費額(平成28年1月~12月)

ここから本文です。平成28年訪都旅行者数等の実態調査結果外国人旅行者数は過去最多の約1,310万人(対前年比10.2%増)東京都では、観光産業振興に向けた施策を推進するための基礎資料として、訪都旅行者数、観光消費額の推計に関する調査結果をまとめました。調査結果のポイント訪都外国人旅行者数・日本人旅行者数及び観光消費額(平成28年1月~12月)平成28年に東京都を訪れた外国人旅行者は約1,310万人(対前年比10.2%増)、日本人旅行者は約5億1,430万人(同0.5%減)となった。訪都外国人旅行

2017年5月6日JPCERT/CCフィードバック数:0企業情報システム

ソフトウエア等の脆弱性関連情報に関する届出状況[2017年第1四半期(1月~3月) ]

ソフトウエア等の脆弱性関連情報に関する届出状況[2017年第1四半期(1月~3月) ]

2017年4月14日Avast Softwareフィードバック数:0マーケティング

「Avast PC Trends Report」(2017年第1四半期版)

「Avast PC Trends Report」(2017年第1四半期版)

2017年4月12日ニールセンフィードバック数:0マーケティング

ニールセン トータルオーディエンスレポート データ編 2016年第3四半期版

18~34歳のスマートフォン平均視聴者数とテレビ平均視聴者数はほぼ同じ成人全体では、テレビの視聴時間が最も長い視聴行動分析サービスを提供するニールセン デジタル株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:宮本淳)は、米国のテレビ、デバイスによってネットに接続されたテレビ、PC、モバイルなどの全てのメディアの視聴状況を、共通の比較指標でまとめた『ニールセン トータルオーディエンスレポート データ編 2016年第3四半期版』を発表しました。ニールセン トータルオーディエンスレポート データ編の主な目

2017年3月22日IDCフィードバック数:0デジタル家電

2016年第4四半期および2016年 世界ウェアラブルデバイス市場規模

2016年第4四半期および2016年 世界ウェアラブルデバイス市場規模を発表 2016年第4四半期のウェアラブルデバイス出荷台数は前年同期比16.9%増の3,390万台 2016年通年の出荷台数は前年比25%増の1億240万台 フィットネス・ヘルスケア分野にフォーカスすることで、プロダクトの再定義が進む IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、2016

2017年3月14日IDC★フィードバック数:0デジタル家電

2016年第4四半期および2016年 国内タブレット市場実績値

2016年第4四半期および2016年 国内タブレット市場実績値を発表 2016年第4四半期の国内タブレット市場出荷台数は前年同期比10.1%減の199万台 2016年のデタッチャブルタブレット出荷台数は、前年比24.3%増の160万台 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1‐13‐5、代表取締役:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、2016年第4四半期(10月~12月)および2016年通年の国内タブレット市場

2017年3月10日東京商工リサーチフィードバック数:0大型消費/投資

東証1部・2部上場メーカー72社 2017年3月期決算 「第4四半期 想定為替レート」調査

東証1部・2部上場メーカー72社 2017年3月期決算 「第4四半期 想定為替レート」調査 公開日付:2017.03.08 東証1部、2部上場メーカー72社のうち、4割(32社)の企業が2017年1-3月(第4四半期)の想定為替レートを1ドル=110円に設定した。2016年10-12月(第3四半期)は1ドル=100円が最多(128社中50社)だったが、10円の円安に動いた。しかし、トランプ米国新大統領の就任後、外国為替相場は急激な円安から円高に振れているが、期初の想定為替レート「110円」を変え

2017年3月9日総務省フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

平成29年1月「通信・放送産業動態調査」の結果(速報)

報道資料平成29年1月「通信・放送産業動態調査」の結果(速報)総務省は、このたび、平成29年1月に実施した「通信・放送産業動態調査」(一般統計)の結果(速報)を取りまとめました。今回の調査結果の概要は、以下のとおりであり、詳細は別紙のとおりです。また、事業種別毎の中長期動向については、参考をご覧ください。【調査結果の概要】通信・放送産業全体では、 ○ 平成28年度第4四半期は、売上高見通し指数*1、資金繰り見通し指数*2、業況見通し指数*3はいずれも「プラス」となった。○ 平成29年度第1四半期

2017年2月28日IDCフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2016年 国内トラディショナルPC市場実績値

2016年 国内トラディショナルPC市場実績値を発表 2016年 国内PC出荷台数は、前年比0.1%増、1,056万台 ビジネス市場は前年比5.6%増、637万台。家庭市場は前年比7.3%減、418万台 2016年第4四半期のPC出荷台数は、前年同期比5.7%増、259万台 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1‐13‐5、代表取締役:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、国内における2016年第4四半期(10

2017年2月25日akamaiフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2016年第4四半期 「インターネットの現状/セキュリティレポート」

2016年第4四半期 「インターネットの現状/セキュリティレポート」

2017年2月25日IDC★★フィードバック数:0モバイル

2016年第4四半期および2016年国内携帯電話・スマートフォン市場実績値

2016年第4四半期および2016年国内携帯電話・スマートフォン市場実績値を発表 2016年 スマートフォン出荷台数は2,923万台、前年比6.3%増 2016年第4四半期 スマートフォン出荷台数は938万台、前年比10.2%増 iOSは前年比11.1%増、2016年のスマートフォンでのシェアは54.8% IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、国内携

2017年2月23日矢野経済研究所フィードバック数:0大型消費/投資

住宅リフォーム市場に関する調査を実施~2016年第4四半期及び2016年計~

2017年02月17日 住宅リフォーム市場に関する調査を実施~2016年第4四半期及び2016年計~ 調査要綱矢野経済研究所では、国内の住宅リフォーム市場の短期的な市場トレンド調査を実施した。1.調査期間:2016年10月~12月(2016年 第4四半期)2.調査方法:当社専門研究員による市場規模算出、及び文献調査<住宅リフォーム市場とは>本調査における住宅リフォーム市場とは、「10m2超の増改築工事」・「10 m2以下の増改築工事」・「設備修繕・維持関連」・「家具・インテリア等」の4分野をさす

複写機・複合機の2016年第4四半期及び年間累計出荷実績

複写機・複合機の2016年第4四半期及び年間累計出荷実績を発表しました。 当協会では、統計委員会を設置して、事務機械の各種統計調査事業を行っております。このたび、複写機・複合機の2016年第4四半期(10~12月)及び年間累計の出荷実績がまとまりましたので発表いたします。内容は、本ページの添付ファイルをご覧くださるようにお願いいたします。-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+本件に関するお問い合わせ先:TEL:03-6809-5010(代表)FAX:03-345

2017年2月11日タスフィードバック数:0大型消費/投資

「2016年11月期 首都圏賃貸住宅指標」、「2016年11月期 関西圏・中京圏・福岡県賃貸住宅指標」 「2016年第3四半期 1都3県賃貸住宅市況図」及び「東京23区ハイクラス賃貸住宅の市場動向」

「2016年11月期 首都圏賃貸住宅指標」、「2016年11月期 関西圏・中京圏・福岡県賃貸住宅指標」 「2016年第3四半期 1都3県賃貸住宅市況図」及び「東京23区ハイクラス賃貸住宅の市場動向」

2017年2月6日JPCERT/CCフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

ソフトウェア等の脆弱性関連情報に関する届出状況[2016年第4四半期(10月~12月)]

ソフトウェア等の脆弱性関連情報に関する届出状況[2016年第4四半期(10月~12月)]

2017年2月1日JEITA★フィードバック数:0企業情報システム

パーソナルコンピュータ国内出荷実績(2016年12月分)

2016年12月パーソナルコンピュータ国内出荷実績[注]四捨五入のため、内訳の和と合計が一致しない場合がある。パーソナルコンピュータ国内出荷 12月の概況○出荷台数は78万6千台(前年比95.5%)となった。うちデスクトップ:18万5千台(同98.6%)、ノート型:60万1千台(同94.6%)であった。ノート型比率は76.5%であった。 出荷金額は680億円(前年比100.6%)となった。うちデスクトップ:146億円(同96.8%)、ノート型:534億円(同101.7%)であった。○第3四半期(

2017年1月12日帝国データバンクフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2016年度第2四半期 主要上場建設会社59社の受注・業績動向調査

2016/12/272016年度第2四半期 主要上場建設会社59社の受注・業績動向調査受注高9.1%増、2年ぶりにプラスへ〜 公共工事、再び増加に転じる 〜はじめに上場建設会社の2016年度第2四半期(中間)決算が出揃った。年に2回、6月と12月に行っている上場ゼネコンの“定点観測”だが、業界のトレンドは目まぐるしく変わっている。国内建設投資が92年度のピーク比半減となった2010年度が近年の受注高のボトム。その後、東日本大震災の復興需要、安倍政権下の補正予算、国土強靭化計画に基づくインフラ工事

2016年12月28日IDCフィードバック数:0企業情報システム

2016年第3四半期 国内サーバー市場動向

2016年第3四半期 国内サーバー市場動向を発表 2016年第3四半期の国内サーバー市場は、前年同期比15.4%減の991億円 すべての製品分野で低迷、3四半期連続で前年同期比マイナス成長 ベンダー別出荷額では富士通が1位、以下NEC、日本ヒューレット・パッカードの順 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1‐13‐5、代表取締役:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、2016年第3四半期(7月~9月)の国内サー

2016年12月23日IDCフィードバック数:0モバイル

2016年第3四半期 国内モバイルデバイス市場予測

2016年第3四半期 国内モバイルデバイス市場予測を発表 2016年第3四半期 国内モバイルデバイス市場の出荷台数は前年同期比7.4%増の1,157万台 2016年通年の同市場出荷台数は前年比1.3%減の4,731万台と予測 2016年通年の家庭市場は1.8%減の3,688万台、ビジネス市場は0.7%増の1,044万台と予測 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役:竹内正人、Tel代表:03-3556-

2016年12月15日IDCフィードバック数:0大型消費/投資

2016年第3四半期 世界AR/VRヘッドセット市場規模

2016年第3四半期 世界AR/VRヘッドセット市場規模を発表 2016年第3四半期 世界全体のAR/VRヘッドセット出荷台数は前年同期比681%増、306万台 市場は米国、西欧および日本を含むアジア太平洋地域が中心 サムスンとアルカテルのVRゴーグルが市場をけん引 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役:竹内正人、Tel代表:03-3556-4762)は、2016年第3四半期(7月~9月)におけるAR

2016年12月11日IDCフィードバック数:0デジタル家電

2016年第3四半期 国内タブレット市場実績値

2016年第3四半期 国内タブレット市場実績値を発表 2016年第3四半期 国内タブレット市場出荷台数は前年同期比14.6%減の179万台 家庭市場向け出荷台数は前年同期比15.2%減、ビジネス市場向けは12.9%減 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、国内タブレット市場の2016年第3四半期(7月~9月)の出荷台数実績値を発表しました。2016年

2016年12月10日IDCフィードバック数:0モバイル

2016年第3四半期 国内携帯電話・スマートフォン市場実績値

2016年第3四半期 国内携帯電話・スマートフォン市場実績値を発表 2016年第3四半期 国内携帯電話出荷台数は前年同期比1.4%増、767万台 スマートフォン出荷台数は同比18.8%増、703万台 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役:竹内正人、Tel代表:03-3556-4762)は、国内携帯電話およびスマートフォン端末の2016年第3四半期(7月~9月)の出荷台数を発表しました。2016年第3四

2016年12月2日IDCフィードバック数:0ビジネス

2016年第3四半期 国内クライアントPC市場実績値

2016年第3四半期 国内クライアントPC市場実績値を発表 2016年第3四半期 国内クライアントPC出荷台数は、前年同期比6.3%増、252万台 ビジネス市場は同比10.0%増、161万台、家庭市場は同比0.2%増、91万台 ベンダーシェア トップ2の順位は不動、3位は接戦を制しHP Inc.が奪取 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、日本国内に

2016年12月2日NPD Groupフィードバック数:0ライフスタイル

外食・中食市場2016第3四半期の動向 客単価の減少により、売上はゼロ成長

外食・中食市場2016第3四半期の動向 客単価の減少により、売上はゼロ成長各業態のトレンドを無料で紹介する 「外食・中食マーケットトレンドセミナー2016年第3四半期編」 を12月14日に開催決定外食・中食市場情報サービス『CREST® 』を提供するエヌピーディー・ジャパン株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役:トーマス・リンチ)は、この度、外食・中食市場2016年第3四半期動向の分析を紹介します。また、今回紹介する外食・中食市場の動向を分析・解説する無料セミナーを2016年12月14日(水)

2016年11月25日トレンドマイクロフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2016年第3四半期 セキュリティラウンドアップ

購入・更新個人のお客さま法人のお客さま:新規の購入法人のお客さま:契約の更新法人のお客さま:購入関連情報 2016年第3四半期 セキュリティラウンドアップ Trend Labs 2016年第3四半期 セキュリティラウンドアップ ダウンロード2016年7月~9月の最新脅威動向をまとめたレポートを以下よりダウンロードいただけます。目次(抜粋)日本セキュリティラウンドアップメール経由での不正プログラム拡散が激化し、検出台数は5倍に拡大前年同期比24.4倍、過去最大規模の拡大が続くランサムウェア国内ネッ

2016年11月24日スタイルアクトフィードバック数:0大型消費/投資

東京23区賃料改定状況調査 2016年7-9月期

「東京23区賃料改定状況調査 2016年7-9月期」の公表について【要旨】◆20万円未満の一般賃貸市場の改定率は前四半期から横ばいであるが、実質プラスの状況が継続。◆高額賃貸市場は増額改定が約半数を占め高い水準にあるが、増額改定が落ち着き増額割合は微減。不動産ビッグデータでビジネス展開するスタイルアクト株式会社(東京都中央区・代表取締役:沖有人)は、「東京23区の賃料改定状況調査」を行ったので公表します。賃料改定とは、同一住戸の前回募集賃料と(いったん入居→退去後の)今回募集賃料を比較し、差分を

複写機・複合機の2016年第3四半期出荷実績

複写機・複合機の2016年第3四半期出荷実績を発表しました。 当協会では、統計委員会を設置して、事務機械の各種統計調査事業を行っております。このたび、複写機・複合機の2016年第3四半期(7~9月)の出荷実績をとりまとめましたので発表いたします。内容は、本ページの添付ファイルをご覧くださるようにお願いいたします。-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+本件に関するお問い合わせ先:TEL:03-6809-5010(代表)FAX:03-3451-1770統計委員会事務

2016年11月6日JEITAフィードバック数:0ビジネス

パーソナルコンピュータ国内出荷実績(2016年9月分)

2016年9月パーソナルコンピュータ国内出荷実績[注]四捨五入のため、内訳の和と合計が一致しない場合がある。パーソナルコンピュータ国内出荷 9月の概況○出荷台数は72万台(前年比88.1%)となった。 うちデスクトップ:17万4千台(同90.9%)、ノート型:54万6千台(同87.3%)であった。ノート型比率は75.8%であった。 出荷金額は594億円(前年比90.5%)となった。うちデスクトップ:142億円(同90.9%)、ノート型:453億円(同90.3%)であった。9月は、台数・金額ともに

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ