調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 四半期連続

「四半期連続」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年2月21日NPD Groupフィードバック数:0ライフスタイル

外食・中食市場2016第4四半期の動向 ハロウィンやクリスマス連休で客数、売上が伸びる

外食・中食市場2016第4四半期の動向 ハロウィンやクリスマス連休で客数、売上が伸びる各業態のトレンドを無料で紹介する 「外食・中食マーケットトレンドセミナー2016年第4四半期編」 を3月2日に開催決定外食・中食市場情報サービス『CREST® 』を提供するエヌピーディー・ジャパン株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役:トーマス・リンチ)は、この度、外食・中食市場2016年第4四半期動向の分析を紹介します。また、今回紹介する外食・中食市場の動向を分析・解説する無料セミナーを2017年3月2日(

2016年10月7日東京商工リサーチ★★フィードバック数:0社会/政治

「中小企業の業績」動向調査(2016年3月期決算)

「中小企業の業績」動向調査(2016年3月期決算) 公開日付:2016.09.30 2016年3月期決算で、資本金1億円未満の中小企業の売上高総額は前期比0.9%増だった。だが、増収企業は48.6%にとどまり、2015年9月期45.0%、2015年12月期40.2%と四半期別決算では改善を見たものの、依然として5割に届いていない。資本金1億円以上の大企業の売上高総額は前期比1.5%減で、2四半期連続でマイナスとなった。中小企業の利益総額は、前期比11.8%減と大幅に悪化した。一方、大企業は同3.

2016年8月7日JEITAフィードバック数:0デジタル家電

パーソナルコンピュータ国内出荷実績(2016年6月分)

2016年6月パーソナルコンピュータ国内出荷実績[注]四捨五入のため、内訳の和と合計が一致しない場合がある。パーソナルコンピュータ国内出荷 6月の概況○出荷台数は62万6千台(前年比94.9%)となった。うちデスクトップ:14万8千台(同100.7%)、ノート型:47万8千台(同93.2%)であった。ノート型比率は76.3%であった。 出荷金額は536億円(前年比95.6%)となった。うちデスクトップ:124億円(同100.8%)、ノート型:412億円(同94.1%)であった。6月は、台数・金額

2016年4月14日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

全国企業倒産集計2015年度報

倒産件数は8408件、7年連続の前年度比減少負債総額は1兆9063億8600万円、2000年度以降で2番目の低水準 ■倒産件数は8408件と、7年連続で前年度を下回り、2005年度(8759件)以来、10年ぶりに9000件を下回った。四半期ベースでみると、2015年度第2四半期まで14四半期連続で前年同期を下回り、第3四半期に増加に転じたが、第4四半期は再び前年同期比減少となった■負債総額は1兆9063億8600万円と、2000年度以降で2番目の低水準を記録■業種別に見ると、2013年

2016年2月22日国土交通省★フィードバック数:0社会/政治

旅行・観光消費動向調査平成27年10-12月期(速報)

旅行・観光消費動向調査平成27年10-12月期(速報)~日本人国内旅行消費額は3四半期連続で対前年同期比プラスに~ 最終更新日:2016年2月16日旅行・観光消費動向調査平成27年10-12月期(速報)の調査結果を取りまとめました。 ○ 日本人国内旅行消費額は5.3兆円で、前年同期比8.9%増。3四半期連続で対前年同期比プラスに。 ○ 日本人国内旅行消費額のうち、宿泊旅行消費額は4.1兆円で前年同期比9.8%増、日帰り旅行消費額は1.2兆円で前年同期比5.7%増となった。 ○ 日本人国内延べ旅

2016年1月19日マイナビ★フィードバック数:0社会/政治

2015年の全国企業倒産状況-帝国データと商工リサーチの値を比較

1月13日、帝国データバンクと東京商工リサーチから2015年)の全国企業倒産の集計結果が発表された。同年同期の倒産件数と負債総額は、帝国データの発表では8517件/2兆108億800万円、商工リサーチの発表では8812件/2兆1129億8200万円となっている。帝国データバンクの調査結果2015年の全国企業倒産の件数は8517件(前年9180件、前年比7.2%減)と、6年連続で前年を下回り、2005年以来、10年ぶりに9000件を下回った。四半期別では、第3四半期まで減少基調で推移していたが、第

日米経済(週次)予測(2015年6月22日)<日本:民間消費の停滞に加え、純輸出も縮小。4-6 月期成長率予測は3 週連続で低下し0%へ><米国:フォワードガイダンスによる金融政策を排除したが、data-dependentな金融政策に戻れないYellen連銀>

日米経済(週次)予測(2015年6月22日)<日本:民間消費の停滞に加え、純輸出も縮小。4-6 月期成長率予測は3 週連続で低下し0%へ><米国:フォワードガイダンスによる金融政策を排除したが、data-dependentな金融政策に戻れないYellen連銀>2015-06-22 関連論文Kansai Economic Insight Quarterly No.30 <一部明るい兆しもあるが、総じて停滞している関西経済 先行きはリスク要素多く不透明感が強い> [ Quarterly Repor

Kansai Economic Insight Monthly Vol.26

・ 4月の鉱工業生産指数は2カ月ぶりに前月から低下。一方、5月の実質輸出は2カ月連続で同減少していることから、5月の生産はマイナスの伸びが予想される。・ 5月の貿易は、輸出は27カ月連続で前年比増加。輸入は3カ月連続で減少。結果、貿易収支は3カ月連続の黒字。・ 5月の消費者態度指数、景気ウォッチャー現状判断DIはともに悪化。先行きも悪化しており、円安による物価上昇や原材料コスト増加、電気料金値上げに対する懸念が大きい。・ 2月の関西2府4県の現金給与総額の伸びは前月から減速。3月の関西コアの伸び

日米経済(週次)予測(2015年6月9日)<日本:消費増税1年経過も停滞する民間消費、一方明るさ見える企業設備><米国:連銀が金融政策をdata-dependentと本当に信じているならば、6月のFOMCミーティングで政策金利引き上げを決定すべき>

日米経済(週次)予測(2015年6月15日)<日本:消費増税1年経過も停滞する民間消費、一方明るさ見える企業設備><米国:連銀が金融政策をdata-dependentと本当に信じているならば、6月のFOMCミーティングで政策金利引き上げを決定すべき>2015-06-16 関連論文第111回景気分析と予測<新推計GDPを反映し成長率予測を上方修正> [ Quarterly Report(日本) ] Abstract/Keywords日本経済予測, 四半期レポート, 超短期予測 新推計GDPを反映

2015年1‐3月期のICT経済

情報通信総合研究所(ICR - InfoCom Research,Inc)は情報通信専門のシンクタンクです。 2015年6月3日ICT経済、2期連続でプラス成長 -好調な情報サービス業と、スマートフォンや車載向け部材需要の増加が寄与-(株)情報通信総合研究所(本社:東京都中央区、代表取締役社長:浮田豊明)は、情報通信(以下、ICT)産業が日本経済に与える影響を把握するために、九州大学教授篠﨑彰彦氏、神奈川大学教授飯塚信夫氏監修のもと作成した「ICT関連経済指標」を用いた分析を「InfoCom

2015年6月1日大和総研フィードバック数:0社会/政治

1-3月期法人企業統計と二次QE予測

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 1-3月期法人企業統計と二次QE予測製造業での経常利益の増加傾向が一服/二次QEは上方修正を予測 ◆2015年1-3月期の全産業(金融業、保険業除く)の経常利益は前年比+0.4%と、13四半期連続の増益となったものの、増益幅は前四半期(同+11.6%)から縮小した。売上高については前年比▲0.5%と7四半期ぶりの減収となった。原油安を主因とした変動費率の低下が増益幅拡大の要因となったが、賃上げによる人

Kansai Economic Insight Quarterly No.26 <2013-14年度の関西2府4県のGDP早期推計結果を公表 14年度は大阪府・京都府が成長に貢献>

Kansai Economic Insight Quarterly No.26 <2013-14年度の関西2府4県のGDP早期推計結果を公表 14年度は大阪府・京都府が成長に貢献>2015-05-29 2015年5月20日に公表された2015年1-3月期のGDP1次速報によると、実質GDP成長率は前期比年率+2.4%(前期比+0.6%)と、2四半期連続のプラス成長となった。市場コンセンサスを上回る回復となったものの、成長に最も貢献した需要項目は民間在庫品増加で、中身に乏しい結果となった。201

日米経済(週次)予測(2015年5月18日)<日本:1-3月期実質GDP成長率は2期連続のプラスだが、中身に乏しい結果><米国:Charles Evansシカゴ連銀総裁 vs. John Williamsサンフランシスコ連銀総裁>

日米経済(週次)予測(2015年5月18日)<日本:1-3月期実質GDP成長率は2期連続のプラスだが、中身に乏しい結果><米国:Charles Evansシカゴ連銀総裁 vs. John Williamsサンフランシスコ連銀総裁>2015-05-25 関連論文Kansai Economic Insight Quarterly No.31 <関西経済は弱い基調が定着、先行きも好材料に乏しい> [ Quarterly Report(関西) ] Abstract/Keywords関西経済, 四半期予

日米経済(週次)予測(2015年5月18日)<日本:1-3月期の実質GDP成長率最終予測は前期比年率+0.6%><米国:米経済分析局(BEA)がより良い景気判断のために新たに発表する2つのTool>

日米経済(週次)予測(2015年5月18日)<日本:1-3月期の実質GDP成長率最終予測は前期比年率+0.6%><米国:米経済分析局(BEA)がより良い景気判断のために新たに発表する2つのTool>2015-05-18 関連論文Kansai Economic Insight Monthly Vol.41-足下緩やかな回復が続くも、鈍化傾向- [ Monthly Report(関西) ] Abstract/Keywords関西経済、月次レポート -足下緩やかな回復が続くも、鈍化傾向- ・7月の鉱

QE速報:1-3月期の実質GDPは前期比0.6%(年率2.4%)~民需中心で2四半期連続のプラス成長も、持ち直しのペースは緩慢

QE速報:1-3月期の実質GDPは前期比0.6%(年率2.4%)~民需中心で2四半期連続のプラス成長も、持ち直しのペースは緩慢 | ニッセイ基礎研究所 QE速報:1-3月期の実質GDPは前期比0.6%(年率2.4%)~民需中心で2四半期連続のプラス成長も、持ち直しのペースは緩慢 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎2015年1-3月期の実質GDPは、前期比0.6%(年率2.4%)と2四半期連続のプラス成長となった(当研究所予測5月1日:前期比0.5%、年率2.1%)。民間消費(前期比0.4%)

日米経済(週次)予測(2015年5月11日)<日本:日銀4月展望レポートのダウンサイドリスク><米国:支出サイドからの実質GDPが大きく下方修正されたが、現状の景気は堅調と判断できる>

日米経済(週次)予測(2015年5月11日)<日本:日銀4月展望レポートのダウンサイドリスク><米国:支出サイドからの実質GDPが大きく下方修正されたが、現状の景気は堅調と判断できる>2015-05-11 関連論文第110回景気分析と予測<7-9月期純輸出の上振れを反映し成長率予測を上方修正> [ Quarterly Report(日本) ] Abstract/Keywords日本経済予測, 四半期レポート, 超短期予測 7-9月期純輸出の上振れを反映し成長率予測を上方修正 1.GDP1次速報

2015年5月1日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

2015年1-3月期の実質GDP~前期比0.5%(年率2.1%)を予測

2015年1-3月期の実質GDP~前期比0.5%(年率2.1%)を予測 | ニッセイ基礎研究所 2015年1-3月期の実質GDP~前期比0.5%(年率2.1%)を予測 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎5/20に内閣府から公表される2015年1-3月期の実質GDPは、前期比0.5%(前期比年率2.1%)と2四半期連続のプラス成長になったと推計される。外需は4四半期ぶりに成長率の押し下げ要因となったが、民間消費が前期比0.4%と3四半期連続で増加したことに加え、消費税率引き上げ後減少が続いてい

2015年5月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

2015年1-3月期GDP(1次速報)予測 ~前期比年率+1.7%と、2四半期連続のプラス成長を予想~

2015年1-3月期GDP(1次速報)予測 ~前期比年率+1.7%と、2四半期連続のプラス成長を予想~

鉱工業生産15年3月~2四半期連続の増産も在庫調整圧力は残存

鉱工業生産15年3月~2四半期連続の増産も在庫調整圧力は残存 | ニッセイ基礎研究所 鉱工業生産15年3月~2四半期連続の増産も在庫調整圧力は残存 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎・1-3月期の生産は前期比1.7%と増産ペースが加速・在庫調整圧力が残り、生産の回復ペースは緩やかにとどまる経済産業省が4月30日に公表した鉱工業指数によると、15年3月の鉱工業生産指数は前月比▲0.3%と2ヵ月連続で低下したが、事前の市場予想(QUICK集計:前月比▲2.3%、当社予想は同▲2.4%)は大きく上

2015年4月30日国土交通省★フィードバック数:0大型消費/投資

インバウンドです。

訪日外国人消費動向調査 平成27年1-3月期の調査~平成26年1-3月期以降、5四半期連続で1四半期の最高値を更新し7,066億円に~

訪日外国人消費動向調査 平成27年1-3月期の調査結果 ~平成26年1-3月期以降、5四半期連続で1四半期の最高値を更新し7,066億円に~ 最終更新日:2015年4月30日○平成27年1-3月期の訪日外国人1人当たりの旅行支出は171,028円。前年同期(149,517円)比14.4%増加。 ○訪日外国人の旅行消費額は7,066億円。前年同期(4,298億円)比64.4%増加。平成26年10-12月期旅行消費額5,605億円を超え、1四半期として過去最高値を記録。●訪日外国人1人当たりの旅行支

日本経済(週次)予測(2015年3月23日)<2月の純輸出大幅悪化、1-3月期成長率はマイナスへ>

日本経済(週次)予測(2015年3月23日)<2月の純輸出大幅悪化、1-3月期成長率はマイナスへ>2015-03-23 関連論文第110回景気分析と予測<7-9月期純輸出の上振れを反映し成長率予測を上方修正> [ Quarterly Report(日本) ] Abstract/Keywords日本経済予測, 四半期レポート, 超短期予測 7-9月期純輸出の上振れを反映し成長率予測を上方修正 1.GDP1次速報値によれば、7-9月期実質GDP成長率は前期比年率+2.2%(前期比+0.5%)と3四

日本経済(週次)予測(2015年3月16日)<交易条件が大幅改善、純輸出が1-3月期を牽引>

日本経済(週次)予測(2015年3月16日)<交易条件が大幅改善、純輸出が1-3月期を牽引>2015-03-16 関連論文Kansai Economic Insight Monthly Vol.41-足下緩やかな回復が続くも、鈍化傾向- [ Monthly Report(関西) ] Abstract/Keywords関西経済、月次レポート -足下緩やかな回復が続くも、鈍化傾向- ・7月の鉱工業生産指数は4カ月連続のマイナス。4-6月平均比-2.1%となっており、生産の基調は弱い。 ・8月の輸出

2015年3月8日アジア太平洋研究所フィードバック数:0社会/政治

日本経済(月次)予測(2015年2月)<1-3月期の民間企業設備、拡大幅広がる>

日本経済(月次)予測(2015年2月)<1-3月期の民間企業設備、拡大幅広がる>2015-03-02 関連論文Kansai Economic Insight Quarterly No.31 <関西経済は弱い基調が定着、先行きも好材料に乏しい> [ Quarterly Report(関西) ] Abstract/Keywords関西経済, 四半期予測, 早期推計 関西経済は弱い基調が定着、先行きも好材料に乏しい 民需外需は牽引力不足、景気対策の効果も関西では期待薄 1.4-6月期の実質GDP成長

2015年3月6日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

Jリート市場は3年連続で大幅高。オフィス市場は需要の拡大が継続-不動産クォータリー・レビュー2014年第4四半期

Jリート市場は3年連続で大幅高。オフィス市場は需要の拡大が継続-不動産クォータリー・レビュー2014年第4四半期 | ニッセイ基礎研究所 シンクタンクならニッセイ基礎研究所 > Jリート市場は3年連続で大幅高。オフィス市場は需要の拡大が継続-不動産クォータリー・レビュー2014年第4四半期Jリート市場は3年連続で大幅高。オフィス市場は需要の拡大が継続-不動産クォータリー・レビュー2014年第4四半期 金融研究部 主任研究員 岩佐 浩人2期連続でのマイナス成長を受けて、政府は2015年の消費増税

2014年10-12月期のICT経済、プラス成長が鮮明に

情報通信総合研究所(ICR - InfoCom Research,Inc)は情報通信専門のシンクタンクです。 2015年3月5日10-12月期のICT経済、プラス成長が鮮明に -スマートフォンや車載向け部材需要の増加とネット関連ビジネスが好調維持-(株)情報通信総合研究所(本社:東京都中央区、代表取締役社長:浮田豊明)は、情報通信(以下、ICT)産業が日本経済に与える影響を把握するために、九州大学教授篠﨑彰彦氏、神奈川大学教授飯塚信夫氏監修のもと作成した「ICT関連経済指標」を用いた分析を「I

2015年3月2日大和総研フィードバック数:0社会/政治

10-12月期法人企業統計と二次QE予測

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 10-12月期法人企業統計と二次QE予測変動費率低下で増益幅は拡大/二次QEは下方修正と予測 ◆2014年10-12月期の全産業(金融業、保険業除く)の経常利益は前年比+11.6%と、12四半期連続の増益となり、増益幅は前四半期(同+7.6%)から拡大した。売上高については前年比+2.4%と6四半期連続の増収となったものの、増収幅は前期(同+2.9%)から縮小しており、原油安を主因とした変動費率の低下

2015年3月1日アジア太平洋研究所フィードバック数:0社会/政治

第103回景気分析と予測

<予測のハイライト>1. GDP1次速報値によれば、10-12月期実質GDP成長率は前期比年率+2.2%(前期比+0.6%)と3期ぶりのプラス成長となった。しかし、市場コンセンサスを下回り、緩慢な回復を印象付けた。結果、2014年の実質成長率は+0.0%とかろうじてマイナス成長を免れた。2. 2014年の実質GDPの内訳を見れば、民間最終消費支出と民間住宅が前年から大幅減少した。一方、消費増税の影響をあまり受けない純輸出と民間企業設備はそれぞれ実質GDPを押し上げた。2014年は如何に消費増税の

2015年2月25日三重銀行フィードバック数:0社会/政治

わが国経済の現状と見通し 2014年10~12月期GDPを踏まえて

3ヵ月ごとに発表されるGDP(国内総生産)統計を踏まえ、わが国の経済に関する現状と当面の見通しについてレポートしております。 2016 年1〜3月期の実質GDP成長率は、前期比+0.5%と2四半期ぶりのプラス成長。需要項目別にみると、家計部門では、個人消費が2四半期ぶりに増加したものの、うるう年の効果を除けば横ばい程度と考えられ、弱い動き。一方、企業部門では、円高進行による収益環境悪化などを背景に、設備投資が3四半期ぶりに減少。また、外需では、欧米向けの堅調さを受けて輸出が増加した一方、輸入は

2015年2月1日アジア太平洋研究所フィードバック数:0社会/政治

日本経済(週次)予測(2015年1月26日)<依然楽観的な日銀の経済・物価の見通し>

日本経済(週次)予測(2015年1月26日)<依然楽観的な日銀の経済・物価の見通し>2015-01-26 関連論文第111回景気分析と予測<新推計GDPを反映し成長率予測を上方修正> [ Quarterly Report(日本) ] Abstract/Keywords日本経済予測, 四半期レポート, 超短期予測 新推計GDPを反映し成長率予測を上方修正 1.GDP1次速報値によれば、10-12月期実質GDP成長率は前期比年率+1.0%(前期比+0.2%)と4四半期連続のプラスとなった。潜在成長

2015年1月30日国土交通省★フィードバック数:0大型消費/投資

インバウンドでの消費動向です。

訪日外国人消費動向調査平成26年10-12月期結果

訪日外国人消費動向調査平成26年10-12月期結果 ~平成26年1-3月期以降、4四半期連続で1四半期の最高値を更新し5,605億円に~ 最終更新日:2015年1月30日○平成26年10-12月期の訪日外国人一人当たりの旅行支出は152,471円。前年同期(140,440円)比8.6%増加。○訪日外国人の旅行消費額は5,605億円。前年同期(3,698億円)比51.6%増加。平成26年1-3月期以降、4四半期連続で1四半期の最高値を更新。 ●訪日外国人一人当たりの旅行支出は152,471円。 前

インバウンドです。

訪日外国人の消費による関西各府県への経済効果

訪日外国人の消費による関西各府県への経済効果(Updated:1月23日)2015-01-23 関連論文Kansai Economic Insight Quarterly No.31 <関西経済は弱い基調が定着、先行きも好材料に乏しい> [ Quarterly Report(関西) ] Abstract/Keywords関西経済, 四半期予測, 早期推計 関西経済は弱い基調が定着、先行きも好材料に乏しい 民需外需は牽引力不足、景気対策の効果も関西では期待薄 1.4-6月期の実質GDP成長率は前

日本経済(月次)予測(2014年12月)<遅れる生産の回復、緩やかな民間消費の回復>

日本経済(月次)予測(2014年12月)<遅れる生産の回復、緩やかな民間消費の回復>2015-01-05 関連論文Kansai Economic Insight Quarterly No.30 <一部明るい兆しもあるが、総じて停滞している関西経済 先行きはリスク要素多く不透明感が強い> [ Quarterly Report(関西) ] Abstract/Keywords 〈予測のハイライト〉 1.2016年1-3月期の実質GDP成長率は前期比年率+1.7%(前期比+0.4%)と2四半期ぶりのプ

日本経済(週次)予測(2014年12月15日)<大幅円安と原油安により交易条件は改善>

日本経済(週次)予測(2014年12月15日)<大幅円安と原油安により交易条件は改善>2014-12-15 関連論文Kansai Economic Insight Monthly Vol.38 [ Monthly Report(関西) ] Abstract/Keywords関西経済, 月次レポート -4月の関西経済の先行きは依然不透明- ・4月の鉱工業生産指数は2カ月ぶりの前月比マイナス。前月の大幅増産の反動とみられる。結果、4月実績は1-3月平均比+1.1%の伸びとなっている。 ・5月の輸出

日本経済(月次)予測(2014年11月)<10-12月期、消費増税の影響薄らぐ民間需要>

日本経済(月次)予測(2014年11月)<10-12月期、消費増税の影響薄らぐ民間需要>2014-12-01 関連論文Kansai Economic Insight Quarterly No.31 <関西経済は弱い基調が定着、先行きも好材料に乏しい> [ Quarterly Report(関西) ] Abstract/Keywords関西経済, 四半期予測, 早期推計 関西経済は弱い基調が定着、先行きも好材料に乏しい 民需外需は牽引力不足、景気対策の効果も関西では期待薄 1.4-6月期の実質G

ICT経済、5四半期ぶりにマイナス成長へ-パソコンOS更新需要等の特需の反動減が長引く-

情報通信総合研究所(ICR - InfoCom Research,Inc)は情報通信専門のシンクタンクです。 2014年12月3日ICT経済、5四半期ぶりにマイナス成長へ -パソコンOS更新需要等の特需の反動減が長引く-(株)情報通信総合研究所(本社:東京都中央区、代表取締役社長:浮田豊明)は、情報通信(以下、ICT)産業が日本経済に与える影響を把握するために、九州大学教授篠﨑彰彦氏、神奈川大学教授飯塚信夫氏監修のもと作成した「ICT関連経済指標」を用いた分析を「InfoCom ICT経済報告

2014年12月1日大和総研フィードバック数:0社会/政治

7-9月期法人企業統計と二次QE予測

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 7-9月期法人企業統計と二次QE予測製造業を中心に増益幅拡大/二次QEはわずかに下方修正と予測 ◆2014年7-9月期の全産業(金融業、保険業除く)の経常利益は前年比+7.6%と、11四半期連続の増益となり、増益幅は前四半期(同+4.5%)から拡大した。労働需給のひっ迫や、ベースアップの動きが広がる中で、人件費が11四半期ぶりの増加に転じ、固定費負担の増加が収益の下押し要因となったものの、売上高の増加

2014年11月29日日本海事センターフィードバック数:0ビジネス

2014年9月の「日本・アジア/米国間のコンテナ荷動き動向」復航速報値

アジア米国間・その他航路のコンテナ荷動き 速報 2014年9月の荷動きのポイント 【往 航】9月の往航荷動き量は135.3万TEUで対前年比7.4%増。9月の往航荷動き量は、前年比7ヶ月連続の増加となる7.4%増の135.3万TEUと過去最高を更新。また、2ヶ月連続の130万TEU超は2007年(8月-9月)以来7年ぶりのこと。1-9月累計では前年同期比5.7%増の1,094.9万TEUと過去最高だった2007年を上回っている。7-9月の四半期別でみると、5四半期連続の増加となる前年同期比6.3

2014年7~9月期GDP(1次速報)の結果

本日公表された2014年7~9月期の実質GDP成長率は、前期比-0.4%(年率換算-1.6%)と2四半期連続でマイナスとなった。消費税率引き上げ後の落ち込みに歯止めがかかっておらず、景気は弱含んだままの状態にある。個人消費は、4~6月期に駆け込み需要の反動減で同-5.0%と大きく落ち込んだ後、7~9月期は同+0.4%と小幅の伸びにとどまった。消費税率引き上げ後の反動減の動きが長引いているほか、実質所得の減少が家計の購買力を落ち込ませ、消費意欲も減退させた可能性が高い。住宅投資も、反動減によって住

日本経済(週次)予測(2014年11月18日)<10-12月期は成長牽引役が不在、前期比年率+1.1%の緩やかな成長にとどまる>

日本経済(週次)予測(2014年11月18日)<10-12月期は成長牽引役が不在、前期比年率+1.1%の緩やかな成長にとどまる>2014-11-19 関連論文第111回景気分析と予測<新推計GDPを反映し成長率予測を上方修正> [ Quarterly Report(日本) ] Abstract/Keywords日本経済予測, 四半期レポート, 超短期予測 新推計GDPを反映し成長率予測を上方修正 1.GDP1次速報値によれば、10-12月期実質GDP成長率は前期比年率+1.0%(前期比+0.2

2014年11月17日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治

経済情報:2014年7-9月期の実質GDP成長率は前期比年率▲1.6%~消費増税後の回復の動きは鈍く、2四半期連続のマイナス成長に~

経済情報:2014年7-9月期の実質GDP成長率は前期比年率▲1.6%~消費増税後の回復の動きは鈍く、2四半期連続のマイナス成長に~

日本経済(週次)予測(2014年11月11日)<7-9月期実質成長率の最終予測は前期比年率+2.5%>

日本経済(週次)予測(2014年11月11日)<7-9月期実質成長率の最終予測は前期比年率+2.5%>2014-11-11 関連論文Kansai Economic Insight Monthly Vol.41-足下緩やかな回復が続くも、鈍化傾向- [ Monthly Report(関西) ] Abstract/Keywords関西経済、月次レポート -足下緩やかな回復が続くも、鈍化傾向- ・7月の鉱工業生産指数は4カ月連続のマイナス。4-6月平均比-2.1%となっており、生産の基調は弱い。 ・

鉱工業生産14年9月~2四半期連続減産も、明るい兆し

鉱工業生産14年9月~2四半期連続減産も、明るい兆し | ニッセイ基礎研究所 鉱工業生産14年9月~2四半期連続減産も、明るい兆し 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎・9月の生産は8ヵ月ぶりに市場予想を上回る・在庫の積み上がりに歯止めがかかる・10-12月期は3四半期ぶりの増産へ経済産業省が10月29日に公表した鉱工業指数によると、14年9月の鉱工業生産指数は前月比2.7%と2ヵ月ぶりの上昇となった。先月時点の予測指数の伸び(前月比6.0%)は下回ったが、14年1月以来、8ヵ月ぶりに事前の市

関西経済月次分析(2014年9-10月)

関連論文Kansai Economic Insight Quarterly No.31 <関西経済は弱い基調が定着、先行きも好材料に乏しい> [ Quarterly Report(関西) ] Abstract/Keywords関西経済, 四半期予測, 早期推計 関西経済は弱い基調が定着、先行きも好材料に乏しい 民需外需は牽引力不足、景気対策の効果も関西では期待薄 1.4-6月期の実質GDP成長率は前期比年率+0.2%(前期比+0.0%)と2四半期連続のプラスとなった。閏年要因を除けば年前半は小幅

日本経済(週次)予測(2014 年10月13日)<8月景気動向指数は景気の局面変化を示唆、生産サイドの予測と違和感はない>

日本経済(週次)予測(2014 年10月13日)<8月景気動向指数は景気の局面変化を示唆、生産サイドの予測と違和感はない>2014-10-14 関連論文第111回景気分析と予測<新推計GDPを反映し成長率予測を上方修正> [ Quarterly Report(日本) ] Abstract/Keywords日本経済予測, 四半期レポート, 超短期予測 新推計GDPを反映し成長率予測を上方修正 1.GDP1次速報値によれば、10-12月期実質GDP成長率は前期比年率+1.0%(前期比+0.2%)と

日本経済(週次)予測(2014年10月6日)<9月短観の景況感回復もたつく、7-9月期の景気予測と整合的>

日本経済(週次)予測(2014年10月6日)<9月短観の景況感回復もたつく、7-9月期の景気予測と整合的>2014-10-06 関連論文Kansai Economic Insight Monthly Vol.41-足下緩やかな回復が続くも、鈍化傾向- [ Monthly Report(関西) ] Abstract/Keywords関西経済、月次レポート -足下緩やかな回復が続くも、鈍化傾向- ・7月の鉱工業生産指数は4カ月連続のマイナス。4-6月平均比-2.1%となっており、生産の基調は弱い。

日本経済(月次)予測(2014年9月)<インフレ率に一服感が見られる>

日本経済(月次)予測(2014年9月)<インフレ率に一服感が見られる>2014-09-29 関連論文Kansai Economic Insight Monthly Vol.41-足下緩やかな回復が続くも、鈍化傾向- [ Monthly Report(関西) ] Abstract/Keywords関西経済、月次レポート -足下緩やかな回復が続くも、鈍化傾向- ・7月の鉱工業生産指数は4カ月連続のマイナス。4-6月平均比-2.1%となっており、生産の基調は弱い。 ・8月の輸出は11カ月連続の前年比

関西経済月次分析(8-9月)

<要 旨>・7月の鉱工業生産指は2カ月ぶりの前月比上昇。生産は緩やかな回復軌道にある。・8月は輸出額の伸びは小幅プラス。一方、輸入は3カ月ぶりのマイナス。結果、貿易収支は6カ月ぶりの黒字。・8月の景気ウォッチャー現状判断DIは4カ月ぶりに悪化。同月の消費者態度指数も5カ月ぶりの悪化。これまで続いていた消費者心理改善の動きが停滞してきた。・6月の現金給与総額は関西2府4県、関西コアのいずれも4カ月連続のプラスとなった。7月の全国の現金給与総額(確報値)は所定外給与や特別給与の上昇により、5カ月連続

日本経済(週次)予測(2014年9月9日)<7-9月期の実質GDP成長率2%台に減速>

日本経済(週次)予測(2014年9月9日)<7-9月期の実質GDP成長率2%台に減速>2014-09-09 関連論文ツーリズム先進地域・関西をめざして [ 2016年度/人口減少下における関西の成長戦略 ]Abstract/Keywords研究の目的 ツーリズム先進諸国との比較・分析を踏まえ、観光資源豊富な関西地域にとってツーリズムが重要な成長分野であることを ”産業”、”雇用機会”、”文化発信”等の各視点から客観的に捉えると共に、今後基幹産業として育成していく上での様々な課題をハード・ソフト

2014年9月1日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2014年4-6月期法人企業統計と二次QE予測

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 4-6月期法人企業統計と二次QE予測製造業を中心に増益幅縮小/二次QEはわずかに上昇修正と予測 2014年9月1日エコノミック・インテリジェンス・チーム エコノミスト 橋本 政彦◆2014年4-6月期の全産業(金融業、保険業除く)の経常利益は前年比+4.5%と、10四半期連続の増益となったが、増益幅は前四半期(同+20.2%)を下回った。売上高は同+1.1%と4四半期連続の増収となったものの、増収幅が

鉱工業生産14年7月~在庫の積み上がりに歯止めがかからず、2四半期連続減産の可能性も

鉱工業生産14年7月~在庫の積み上がりに歯止めがかからず、2四半期連続減産の可能性も | ニッセイ基礎研究所 鉱工業生産14年7月~在庫の積み上がりに歯止めがかからず、2四半期連続減産の可能性も 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎・7月の生産は市場予想から下振れ、横這いにとどまる・生産計画の下方修正が続く・在庫の積み上がりに歯止めがかからず、2四半期連続の減産も経済産業省が8月29日に公表した鉱工業指数によると、14年7月の鉱工業生産指数は前月比0.2%と2ヵ月ぶりの上昇となったが、先月時点

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ