「四輪車」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2016年10月3日浜銀総合研究所フィードバック数:0大型消費/投資

タイ自動車市場(2016年8月)

調 査 速 報浜銀総合研究所調査部産業調査室2016.9.26タイ自動車市場月次統計(2016年8月)国内販売は底堅く推移しているが、輸出減速が国内生産の足を引っ張る状況が続く○国内販売は年率 70 万台後半で踏みとどまっており、底堅さが感じられる・タイ工業連盟(Federation of Thai Industries)が発表した 2016 年8月の四輪車総生産台数は、前年同月比 2.0%減と2か月連続の前年割れとなり、季節調整済年率換算値(当社試算、以下 SAAR)も前月比 1.0%減の 1

2015年6月29日本田技研工業フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2015年5月度 四輪車 生産・販売・輸出実績

2015年5月度 四輪車 生産・販売・輸出実績 〜海外生産、北米生産、アジア生産が5月として過去最高を記録〜 5月単月の主な車種の販売実績は、登録車では「フィット」7,680台(登録車名別4位)、「ステップ ワゴン」5,087台(登録車名別8位)、「VEZEL」4,846台(登録車名別9位)、届出車では「N-BOX」10,397台(届出車名別1位)、「N-WGN」5,120台(届出車名別9位)です。

2015年5月28日本田技研工業フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2015年4月度 四輪車 生産・販売・輸出実績

2015年4月度 四輪車 生産・販売・輸出実績 〜海外生産、北米生産、アジア生産、中国生産が4月として過去最高を記録〜 4月単月の主な車種の販売実績は、登録車では「フィット」8,372台(登録車名別3位)、届出車では「N-BOX」10,218台(届出車名別1位)、「N-WGN」4,204台(届出車名別9位)です。

2015年3月20日日本自動車工業会★★★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

市場データです。

2015年度(平成27年度)自動車国内需要見通し (参考:2015暦年自動車国内需要見通し)

I.四輪車1.四輪車総需要の動向2014年度の四輪車総需要は5,275 千台・前年度比92.7 %と見込まれる。内訳は、登録車が3,105 千台・前年度比90.5 %、軽四輪車が2,170 千台・前年度比95.9 %。年度前半の消費税率引き上げに伴い、2013年度の後半に発生した駆け込み需要の反動減により、前年水準を下回った。2015年度については、景気の緩やかな回復が見込まれるものの、軽自動車税増税に伴い2014年度の後半に発生した駆け込み需要の反動減等により、四輪車総需要は4,992 千台・

2014年7月30日本田技研工業フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2014年6月度  四輪車 生産・販売・輸出実績

ニュースリリース 企業関連ニュース 2014年6月度 四輪車 生産・販売・輸出実績 〜アジア生産がすべての月を通して過去最高 世界生産・海外生産・中国生産が6月として過去最高を更新 世界生産・海外生産・国内販売の総合計・届出車販売がすべての半期を通して過去最高 アジア生産・中国生産が上半期として過去最高を記録〜 2014年6月度 四輪車 生産・販売・輸出実績 〜アジア生産がすべての月を通して過去最高 世界生産・海外生産・中国生産が6月として過去最高を更新 世界生産・海外生産・国内販売の総合計・届

2014年3月23日日本自動車工業会★★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

市場データです。

2014年度(平成26年度)自動車国内需要見通し

I.四輪車1.四輪車総需要の動向2013年度の四輪車総需要は5,630千台・前年度比108.1%と見込まれる。内訳は、登録車が3,400千台・前年度比105.0%、軽四輪車が2,230千台・前年度比113.0%。年度前半は、経済対策や、景気の緩やかな回復による下支えがあったものの、前年度に終了した補助金効果の剥落により、前年水準を下回った。 年度後半は、景気の回復に加え、新型車投入・モデルチェンジ効果や、消費税率の引き上げを控えた駆け込み需要により、市場は前年度を大きく上回り、通年でも前年度を上

2014年1月31日日本自動車工業会★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

今年の見通しです。

2014暦年(平成26暦年)自動車国内需要見通し

I.四輪車1.四輪車総需要の動向2013年の四輪車総需要は5,376千台・前年比100.1%であった。内訳は、登録車が3,263千台・前年比96.2%、軽四輪車が2,113千台・前年比106.7%。年前半は、経済対策や、景気の緩やかな回復による下支えがあったものの、前年に終了した補助金効果の剥落により、前年水準を下回った。年後半は、景気の回復に加え、新型車投入・モデルチェンジ効果や、消費税率の引き上げを控えた駆け込み需要により、市場は前年を上回り、通年では前年並みの水準となった。2014年につい

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ