調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 回答者割合

「回答者割合」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2015年5月13日秋田経済研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

平成27年度新入社員アンケートから―安定志向と地元志向が鮮明化―

機関誌「あきた経済」平成27年度新入社員アンケートから―安定志向と地元志向が鮮明化― 当研究所では、毎春、県内企業に就職した新入社員を対象に、就職活動や仕事に対する考え方などについて、アンケート調査を実施している。本年度は、県内の雇用情勢の改善を受け、県外就職を希望したことのある回答者割合が、平成11年度の設問以来、最も低くなり、地元志向が強まった。また、定年までも見据え長く働きたいとする割合も、昭和54年度の調査開始以来、最高となり、安定志向が鮮明化した。1 アンケート結果 Q1 効果的だった

2014年9月11日石川県フィードバック数:0ライフスタイル

第43回ふるさとのツバメ総調査

平成26年9月10日石川県健民運動推進本部( 県 民 交 流 課 内 )076-225-1366(内線 3894)下 沢第43回ふるさとのツバメ総調査結果について1 調査の概要(1)調査の目的昔から害虫を食べる益鳥として大切にされ、親しまれている野鳥のツバメを調べることで、子どもたちがふるさとの生活環境をみつめるとともに、調査をとおして地域の方々とのコミュニケーションを図り、自然を愛護する心を育み、鳥を愛する心を高めることを目的として昭和47年から実施している。(2)調査時期愛鳥週間の平成26年

2014年5月13日秋田経済研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

平成26年度新入社員アンケートから―安定志向が再び強まる―

機関誌「あきた経済」平成26年度新入社員アンケートから―安定志向が再び強まる―当研究所では、毎春、県内企業に就職した新入社員を対象に、就職活動や仕事に対する考え方、インターンシップの経験などについて、アンケート調査を実施している。本年度は、雇用情勢の改善を背景に、希望に添う就職ができたとする回答者割合が伸びたことなどから、定年までも視野に入れ長く働きたいと希望する割合も上昇し、安定志向が再び強まった。 1 アンケート結果Q1 効果的だった情報収集方法は何ですか(2項目複数回答)全体では、「就職部

日本の社長イメージランキング 「社長イメージ調査より」

日本の社長イメージランキング 「社長イメージ調査より」〜“総合評価”や“能力”はソフトバンク・孫正義氏、 “好感”や“魅力”はトヨタ自動車・豊田章男氏〜 有力企業の中で、「認知」「好感」「能力」「魅力」の4つの視点から最も評価の高い社長は、孫正義氏(ソフトバンク株式会社、142.4点)。2位は豊田章男氏(トヨタ自動車株式会社、127.9点)、3位はカルロス・ゴーン氏(日産自動車株式会社、118.6点)となりました。株式会社ブランド総合研究所(本社:東京都港区、社長:田中章雄)では、2011年2月

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ