「固定資産」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2016年7月8日ネットレックスフィードバック数:0大型消費/投資

第2回 固定資産物品の管理に関するアンケート調査

自主企画調査「2016年度 第2回 固定資産物品の管理に関するアンケート調査」を実施しました。株式会社ネットレックスは、自主企画調査「固定資産物品の管理に関するアンケート調査」を実施しました。(ニュースリリースはこちら【 】)固定資産物品の管理に関するアンケート調査調査:株式会社ネットレックス調査期間:2016年6月7日~12日調査人数:224名(総務部門に勤務)調査方式:Webアンケート本調査はインターネットにてアンケートを行い、企業における固定資産物品の管理・棚卸し業務がどのように行われてい

2015年2月13日内閣府フィードバック数:0社会/政治

GDPギャップの推計方法の改定について

今週の指標 No.1114 GDPギャップの推計方法の改定について ポイント2015年2月12日2014年11月28日に、内閣府より、「固定資産残高に係る参考試算値」として、連鎖方式に基づいた実質値の固定資産残高が公表されたことを受け、GDPギャップ(注)の推計方法の改定を行った。具体的な改定内容は以下の通り。 (1)資本ストックの推計に用いるデータを、内閣府「民間企業資本ストック」から、内閣府「固定資産残高に係る参考試算値」における実質固定資産残高(以下、実質固定資産残高)に変更。実質固定資

2014年5月21日日本総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国 堅調-輸出持ち直しと内需増

≪藤井英彦の 視点≫ ≫ 藤井英彦の視点中国堅調No.2014-058 2014年5月21日http://www.jri.co.jp~ 輸出持ち直しと内需増 ~(1)中国経済指標に変調。前年比増減率をみると、まず発電量が昨年8月の14.0%をピークに 本年1~3月7.8%、さらに4月6.4%。鉱工業生産は昨年8月10.4%をピークに本年4月は8.7%。 リーマンショック後の09年4月以来の低さ。小売売上高は昨年11月13.7%をピークに本年4月 11.9%(図表1)。輸出金額は昨年10~12月の

増えない国富~投資効率の改善が課題~

増えない国富~投資効率の改善が課題~ | ニッセイ基礎研究所 増えない国富~投資効率の改善が課題~ 経済研究部 専務理事 エグゼクティブ・フェロー 櫨(はじ) 浩一基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 日本の国富は、1990年には3500兆円程度に達したが、バブル崩壊後は減少基調が続き、2012年末では3000兆円となった。国富の減少は、土地資産の減少が原因であり、

2013年11月14日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

中国経済、6%台減速でも大丈夫と考える理由

リサーチ TODAY2013 年 11 月 14 日中国経済、6%台減速でも大丈夫と考える理由常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創中国経済は2013年前半に減速が続いていたが、主要経済指標は下げ止まりの兆しを示している1。下記の図表にもあるように、7~9月期の実質GDP成長率は、前年同期比+7.8%(4~6月期:同+7.5%)と小幅ながら改善した。持ち直しの主因は次の2つある。①需要面での固定資産投資の伸びの上昇と、②供給面での工業生産の回復である。ただし、9月単月の主要指標をみると、横ば

2013年9月13日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

中国景気の回復期待は本物か ~外需及び投資主導による生産拡大には持続性になお疑問~

1/2Asia Trends中国景気の回復期待は本物か~外需及び投資主導による生産拡大には持続性になお疑問~ (要旨)マクロ経済分析レポート発表日:2013年9月11日(水) 第一生命経済研究所 経済調査部 担当 主任エコノミスト 西濵 徹(03-5221-4522) 年前半の中国経済は新政権による政策などの影響で景気の減速基調が強まったが、足下では政策の微修正 などにより景気減速懸念は後退している。欧米先進国の景気回復による外需の底入れに加えて、投資主導 による内需拡大は生産拡大を促している

2013年7月2日内閣府フィードバック数:6社会/政治

鋼材製品の出荷在庫状況と固定資産投資からみた中国経済の現状

今週の指標 No.1072 鋼材製品の出荷在庫状況と固定資産投資からみた中国経済の現状ポイント2013年7月1日中国国家統計局及びHSBCが1日に公表した製造業PMIは、それぞれ50.1、48.2(HSBC速報値48.3(6/20))(図1)となるなど、製造業の景況感に横ばいないし低下の動きがみられはじめている。このように中国経済の景気の拡大テンポにかげりが見え始める現状を踏まえ、本稿では経済成長の従来からの牽引役である固定資産投資及び密接な関連のある鋼材の出荷・在庫状況について概観する。まず鋼

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ