調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 固定資産投資

「固定資産投資」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年6月21日東京商工リサーチフィードバック数:0社会/政治

「チャイナリスク」関連倒産(5月)

公開日付:2017.06.08 5月の「チャイナリスク」関連倒産は3件(前年同月比72.7%減)、負債総額は15億5,000万円(同91.9%減)だった。件数は、2016年12月から6カ月連続で2桁割れとなっている。1-5月累計は、件数が21件(前年同期比61.1%減)、負債は138億9,800万円(同67.2%減)で、前年同期比で6割の大幅な減少。「チャイナリスク」関連倒産は小康状態が続いている。なお、倒産に集計されない事業停止や破産準備中などの「実質破綻」は、5月は1件だった(前年同月は3件

依然弱いものの、下げ止まりの動きが見られる中国経済

情勢判断海外経済金融中国経済金融依 然 弱 いものの、下 げ止 まりの動 きが見 られる中 国 経 済王 雷軒要旨5 月分の主要な経済指標からは、足元の中国の景気が依然弱いものの、下げ止まりの動きが見られる。先行きについては、金融緩和の効果が明確に出るほか、地方財政への支援強化などによる景気下支えの動きも強まっており、夏場以降は持ち直してくるものと思われる。景気は下げ止まりの動きが見られる消費については底堅く推移している。2015 年 1∼3 月期の実質 GDP は前年比消費の代表的な指標である

2015年2月20日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国:地方政府から見たニューノーマル

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 中国:地方政府から見たニューノーマル失速する資源・重工業大省をどうするのか? ◆ニューノーマル(新常態)には、経済構造の高度化や質的向上を内包する、前向きなニュアンスが込められているが、その痛みが、一部地方に集中して発現していることも事実である。2014年の実質経済成長率は、中国全体の前年比7.4%に対して、山西省は同4.9%、黒竜江省は同5.6%、遼寧省は同5.8%にとどまった。これらは石炭など資源

2014年11月28日日本総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国利下げの景気浮揚効果とねらい

No.2014-0282014年11月28日http://www.jri.co.jp中国利下げの景気浮揚効果とねらい(1)11月22日、中国人民銀行は2年4カ月ぶりに利下げを実施(図表1)。もっとも、当局は金融緩和に舵を切ったとの見方を否定、2015年の成長率目標を7%に引き下げる方向。(2)当局に断続的かつ大幅な利下げを行う考えがないなか、大きな景気浮揚効果は期待薄。投資プロジェクトに対する行政の関与が大きく、かつ、間接金融を主とする中国では、産業政策や窓口指導が投資の動向を大きく左右。201

2014年11月21日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国:懸案の住宅市場に底入れの兆し

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 中国:懸案の住宅市場に底入れの兆し中国経済見通しレポート ◆固定資産投資は一段と減速している。ただし、2014年に入り住宅販売が不振となるなか、不動産開発投資が大きく減速するのは自然である。鉄鋼やセメントなど重化学工業を中心に設備過剰感が高まっており、こうした分野の投資を厳選すること(さらには汚染物質排出量の多い老朽化設備の淘汰を行うこと)は好ましい。固定資産投資の減速は政策効果発現の面があり、投資全

2014年9月2日JEITAフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2014年第1四半期の中国電子情報産業の動向について

2014 年第 1 四半期の中国電子情報産業の動向について2014 年 7 月 22 日JEITA/JLMC 北京事務所胡 夢雲(JETRO 北京事務所電子信息産業部)2014 年 4 月 30 日、中国工業信息化部は、「2014 年 1-3 月電子情報製造業の運営状況」を発表しました。当所ではその概要と 2014 年第 1 四半期の中国電子情報産業の輸出入状況、及び固定資産投資状況の発表文書と共に整理し、レポートとしてとりまとめましたので報告します。【はじめに】2014 年 1-3 月、中国の

2014年2月21日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国:2014年は成長鈍化へ、「西高」に陰り

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 中国:2014年は成長鈍化へ、「西高」に陰り地方政府の成長目標は中西部の一部で大幅引き下げ ◆3月5日から開催される全国人民代表大会(全人代=日本の国会に相当)を前に、各省・自治区・直轄市では地方の人民代表大会が開かれ、2014年の実質経済成長率目標などが発表されている。2014年の実質経済成長率目標は、2013年の目標との比較では広東省が引き上げた以外は、据え置きが8地方、引き下げが22地方と、多く

2014年2月2日農林中金総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

2014年の中国経済は引き続き7%台の成長へ~3月の「全人代」で示される成長目標に注目~

http://www.nochuri.co.jp/情勢判断海外経済金融2014 年 の中 国 経 済 は引 き続 き 7%台 の成 長 へ∼3 月 の「全 人 代 」で示 される成 長 目 標 に注 目 ∼王 雷軒要旨2013 年の実質 GDP 成長率は前年比 7.7%と予想通りの内容となった。12 月分の月次経済指標によれば、足元の景気は消費が底堅く推移したものの、投資の小幅な鈍化や輸出の減速を受けて回復力が弱まっていると判断される。今後は、中国政府が成長目標を公表する 3 月の「全人代」に注

2014年1月20日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

海外経済フラッシュ:中国:2013年10-12月期GDPは前年比+7.7%へ小幅減速

海外経済フラッシュNo.2014-12014 年 1 月 20 日中国:2013 年 10-12 月期 GDP は前年比+7.7%へ小幅減速経済調査室<ポイント>— 2013 年 10-12 月期の実質 GDP 成長率は前年比+7.7%となり、7-9 月期の同+7.8%から小幅減速。10-12 月期の月次指標は、輸出・消費の加速と、固定資産投資の減速を示す結果。— 10-12 月期の成長率は小幅減速に止まったが、直近 12 月の月次指標は工業生産をはじめ低調。— 2013 年を通してみると、依然

2013年10月23日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

経済マンスリー 2013年10月(中国)

平成 25 年(2013 年)10 月 22 日7-9 月期実質 GDP 成長率は加速も、9 月の経済指標は弱め中国経済は、7-9 月期の実質 GDP 成長率が前年比+7.8%となり、4-6 月期の同+7.5%から加速した。1-9 月期の実質 GDP 成長率(前年比+7.7%)における寄与度は、消費が+3.5%ポイント、投資が+4.3%ポイント、純輸出が▲0.1%ポイントとなり(第 1 図)、7-9 月期でみれば、消費と投資のプラス寄与が拡大した一方、純輸出がマイナスに寄与したことになる。7-9

回復力が強まった中国経済

http://www.nochuri.co.jp/情勢判断海外経済金融回 復 力 が強 まった中 国 経 済王 雷軒要旨中国政府の景気対策などによって消費・投資が持ち直し傾向にあり、また海外経済の持ち直しに伴い輸出も増加傾向を強めたため、足元では景気の回復力が強まっている。先行きも緩やかな回復が続くと見込まれるが、不動産抑制政策の強化など 10 月以降の景気下振れリスクには注意が必要であろう。内外需要の回復ペース拡大か、中秋節(9 月 19∼21 日)・国慶節(102013 年 4∼6 月期の実

2013年9月20日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

2013年9月(中国)

平成 25 年(2013 年)9 月 20 日景気は幾分持ち直し、一方向的な悪化はひとまず回避中国経済は減速傾向で推移してきたが、足元では幾分持ち直しの動きがみられる。8 月の需要側の経済指標をみてみると、輸出が前年比+7.2%と伸びを高めた(第 1 表)。背景として、欧米製造業の循環的な持ち直しに加え、スマートフォンをはじめとしたIT 関連の新商品に係わる需要なども指摘できそうだ。また、固定資産投資(年初来)は同+20.3%、小売売上高は同+13.4%と各々伸び率が小幅ながら高まった。これは、

2013年5月21日大和総研フィードバック数:1社会/政治海外

中国:社会資金調達急増と景気足踏みのなぜ?

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 中国:社会資金調達急増と景気足踏みのなぜ? ◆中国人民銀行によると、2013年1月~4月の社会資金調達金額は前年同期比62.9%増の7.9兆元(約130兆円)に達した。その一方で中国の景気回復は足踏みとなっている。両者のギャップについては、(1)社会資金調達金額には重複計上の問題があり、実際はデータが示すほど急増しているわけではない、(2)生産能力過剰問題や企業の収益力低下のため、調達された資金は、固

2013年5月17日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

中国経済の減速は続くのか

リサーチ TODAY2013 年 5 月 17 日中国経済の減速は続くのか常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創中国経済の回復の鈍さが続いている1。2013年1~3月期の実質GDP成長率は前年同期比で+7.7%(2012年10~12月期:同+7.9%)と小幅な減速となった。市場コンセンサスは同+8.0%と、2012年7~9月期を底とする穏やかな回復持続を見込んでいたが、予想より下振れが生じ、市場に落胆を与えた。減速の要因は次の2点にある。第一に、下記の図表にもある消費の伸び鈍化である。201

2013年4月12日日本総研フィードバック数:1社会/政治海外

回復に転じた中国の輸入

No.2013-0032013年4月12日http://www.jri.co.jp回復に転じた中国の輸入― 投資財比率が高い日本からの輸入は低迷 ―(1)中国では、2012年末から輸入の増勢が加速(図表1)。景気対策により、景気が持ち直しに転じたことが背景(図表2)。(2)もっとも、地域別にみると大きな違い。NIEsやASEAN、米国などからの輸入は急増しているものの、日本とEUからは弱含み(図表3)。これは、足元の回復パターンを反映した動き。すなわち、固定資産投資の抑制スタンスが続くなか、投資

2013年3月12日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国:2013年1-2月の主要経済統計

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 中国:2013年1-2月の主要経済統計固定資産投資と輸出は加速した一方で、生産と消費は減速 ◆2013年1-2月の固定資産投資は前年累計比21.2%増となり、2012年1-12月の同20.6%増から伸びを高めた。分野別にみると、製造業向け投資の伸びが鈍化した一方でインフラ向け投資と不動産開発投資が伸びを大きく高めた。また、2月の輸出は前年同月比21.8%増と、春節の休日があったにもかかわらず、高い伸び

2013年3月6日日本総研フィードバック数:1社会/政治海外

投資効率の低下が顕著な中国経済

投資効率の低下が顕著な中国経済─ 習近平体制下で「発展方式の転換」は可能か ─日本総合研究所 調査部 主任研究員 三浦 有史目   次はじめに1.投資効率の低下─東アジア比較(1)投資依存脱却が喫緊の課題に(2)投資効率の低下─限界資本係数(3)投資効率のアジア諸国比較2.投資効率の国内比較─「西高東低」の裏側(1)誰が、どこに投資し、なぜ非効率になるのか(2)地域別投資効率(3)投資依存および高貯蓄体質の国際比較3.求められる改革の実行(1)改革の三本柱─人事考課制度、国有企業・金融セクターの

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ