調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 固定資産投資

「固定資産投資」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年4月29日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

[みずほ中国経済情報]2015年4月号

みずほ中国経済情報2015年4月号◆ トピック最近の李克強首相の発言にみる景気認識4月以降、李首相が相次いで経済関連の会議を開催している。景気下押し圧力が拡大しているとの認識を示すとともに、政策対応の強化や改革の重要性を強調◆ 景気判断1~3月実質GDP成長率は減速。内外需ともに弱含み投資は、過剰生産能力を抱える製造業投資が弱含み。消費も住宅関連財等を中心に小幅に減速。輸出は、春節要因を除いても勢いを欠いた模様1.トピック:最近の李克強首相の発言にみる景気認識中国経済の先行きに対中国の 1~3

2015年2月20日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国:地方政府から見たニューノーマル

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 中国:地方政府から見たニューノーマル失速する資源・重工業大省をどうするのか? ◆ニューノーマル(新常態)には、経済構造の高度化や質的向上を内包する、前向きなニュアンスが込められているが、その痛みが、一部地方に集中して発現していることも事実である。2014年の実質経済成長率は、中国全体の前年比7.4%に対して、山西省は同4.9%、黒竜江省は同5.6%、遼寧省は同5.8%にとどまった。これらは石炭など資源

2014年11月28日日本総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国利下げの景気浮揚効果とねらい

No.2014-0282014年11月28日http://www.jri.co.jp中国利下げの景気浮揚効果とねらい(1)11月22日、中国人民銀行は2年4カ月ぶりに利下げを実施(図表1)。もっとも、当局は金融緩和に舵を切ったとの見方を否定、2015年の成長率目標を7%に引き下げる方向。(2)当局に断続的かつ大幅な利下げを行う考えがないなか、大きな景気浮揚効果は期待薄。投資プロジェクトに対する行政の関与が大きく、かつ、間接金融を主とする中国では、産業政策や窓口指導が投資の動向を大きく左右。201

2014年11月21日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国:懸案の住宅市場に底入れの兆し

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 中国:懸案の住宅市場に底入れの兆し中国経済見通しレポート ◆固定資産投資は一段と減速している。ただし、2014年に入り住宅販売が不振となるなか、不動産開発投資が大きく減速するのは自然である。鉄鋼やセメントなど重化学工業を中心に設備過剰感が高まっており、こうした分野の投資を厳選すること(さらには汚染物質排出量の多い老朽化設備の淘汰を行うこと)は好ましい。固定資産投資の減速は政策効果発現の面があり、投資全

2014年2月21日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国:2014年は成長鈍化へ、「西高」に陰り

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 中国:2014年は成長鈍化へ、「西高」に陰り地方政府の成長目標は中西部の一部で大幅引き下げ ◆3月5日から開催される全国人民代表大会(全人代=日本の国会に相当)を前に、各省・自治区・直轄市では地方の人民代表大会が開かれ、2014年の実質経済成長率目標などが発表されている。2014年の実質経済成長率目標は、2013年の目標との比較では広東省が引き上げた以外は、据え置きが8地方、引き下げが22地方と、多く

2013年10月23日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

経済マンスリー 2013年10月(中国)

平成 25 年(2013 年)10 月 22 日7-9 月期実質 GDP 成長率は加速も、9 月の経済指標は弱め中国経済は、7-9 月期の実質 GDP 成長率が前年比+7.8%となり、4-6 月期の同+7.5%から加速した。1-9 月期の実質 GDP 成長率(前年比+7.7%)における寄与度は、消費が+3.5%ポイント、投資が+4.3%ポイント、純輸出が▲0.1%ポイントとなり(第 1 図)、7-9 月期でみれば、消費と投資のプラス寄与が拡大した一方、純輸出がマイナスに寄与したことになる。7-9

2013年9月20日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

2013年9月(中国)

平成 25 年(2013 年)9 月 20 日景気は幾分持ち直し、一方向的な悪化はひとまず回避中国経済は減速傾向で推移してきたが、足元では幾分持ち直しの動きがみられる。8 月の需要側の経済指標をみてみると、輸出が前年比+7.2%と伸びを高めた(第 1 表)。背景として、欧米製造業の循環的な持ち直しに加え、スマートフォンをはじめとしたIT 関連の新商品に係わる需要なども指摘できそうだ。また、固定資産投資(年初来)は同+20.3%、小売売上高は同+13.4%と各々伸び率が小幅ながら高まった。これは、

2013年5月21日大和総研フィードバック数:1社会/政治海外

中国:社会資金調達急増と景気足踏みのなぜ?

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 中国:社会資金調達急増と景気足踏みのなぜ? ◆中国人民銀行によると、2013年1月~4月の社会資金調達金額は前年同期比62.9%増の7.9兆元(約130兆円)に達した。その一方で中国の景気回復は足踏みとなっている。両者のギャップについては、(1)社会資金調達金額には重複計上の問題があり、実際はデータが示すほど急増しているわけではない、(2)生産能力過剰問題や企業の収益力低下のため、調達された資金は、固

2013年5月17日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

中国経済の減速は続くのか

リサーチ TODAY2013 年 5 月 17 日中国経済の減速は続くのか常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創中国経済の回復の鈍さが続いている1。2013年1~3月期の実質GDP成長率は前年同期比で+7.7%(2012年10~12月期:同+7.9%)と小幅な減速となった。市場コンセンサスは同+8.0%と、2012年7~9月期を底とする穏やかな回復持続を見込んでいたが、予想より下振れが生じ、市場に落胆を与えた。減速の要因は次の2点にある。第一に、下記の図表にもある消費の伸び鈍化である。201

2013年3月12日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国:2013年1-2月の主要経済統計

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 中国:2013年1-2月の主要経済統計固定資産投資と輸出は加速した一方で、生産と消費は減速 ◆2013年1-2月の固定資産投資は前年累計比21.2%増となり、2012年1-12月の同20.6%増から伸びを高めた。分野別にみると、製造業向け投資の伸びが鈍化した一方でインフラ向け投資と不動産開発投資が伸びを大きく高めた。また、2月の輸出は前年同月比21.8%増と、春節の休日があったにもかかわらず、高い伸び

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ