「国債入札」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年6月26日地方債協会フィードバック数:0社会/政治

「公社債市場動向」(20115年5月)

時の動き1M O V EM E N T公社債市場動向(2017年6月)SMBC 日興証券 金融経済調査部 6月のJGB市場は米雇用統計や30年債入札への警戒感から超長期ゾーンが金利上昇して始まった。その後、米雇用統計が市場予想を下回る結果となり、米10年債金利が2.1%台まで低下したことを受けて、JGB金利は全体的に低下。8日に日銀の出口に関する報道を受けて、JGB金利は大幅に上昇したが、報道の中身自体は目新しいものではなかったこともあり、上昇は続かず翌日には一服した。13-14日の米FOMCで

2015年5月28日地方債協会フィードバック数:0社会/政治

「公社債市場動向」(20115年4月)

時の動き1M O V EM E N T公社債市場動向(2017年6月)SMBC 日興証券 金融経済調査部 6月のJGB市場は米雇用統計や30年債入札への警戒感から超長期ゾーンが金利上昇して始まった。その後、米雇用統計が市場予想を下回る結果となり、米10年債金利が2.1%台まで低下したことを受けて、JGB金利は全体的に低下。8日に日銀の出口に関する報道を受けて、JGB金利は大幅に上昇したが、報道の中身自体は目新しいものではなかったこともあり、上昇は続かず翌日には一服した。13-14日の米FOMCで

Weekly金融市場 2015年3月20日号

http://www.nochuri.co.jp/農林中金総合研究所2015 年 3 月 20 日号調査第二部多田 忠義・趙 玉亮≪来週のポイント≫経済指標など日本では、27 日に「消費者物価指数(2 月全国、3 月都区部)」が発表される。2 月全国コアは一段と上昇率が鈍化、消費税要因を除けば前年比 0.1%と予想している。黒田総裁は、先行きマイナスとなる可能性もあるとの認識であり、追加緩和には慎重姿勢を示した。とはいえ、「15 年度に 2%」という日銀の見通しの達成は厳しく、追加緩和観測が強ま

2015年2月22日地方債協会フィードバック数:0社会/政治

「公社債市場動向」(20115年1月)

時の動き1M O V EM E N T公社債市場動向(2017年6月)SMBC 日興証券 金融経済調査部 6月のJGB市場は米雇用統計や30年債入札への警戒感から超長期ゾーンが金利上昇して始まった。その後、米雇用統計が市場予想を下回る結果となり、米10年債金利が2.1%台まで低下したことを受けて、JGB金利は全体的に低下。8日に日銀の出口に関する報道を受けて、JGB金利は大幅に上昇したが、報道の中身自体は目新しいものではなかったこともあり、上昇は続かず翌日には一服した。13-14日の米FOMCで

2015年1月22日地方債協会フィードバック数:0社会/政治

「公社債市場動向」(2014年12月)

時の動き1M O V EM E N T公社債市場動向(2017年6月)SMBC 日興証券 金融経済調査部 6月のJGB市場は米雇用統計や30年債入札への警戒感から超長期ゾーンが金利上昇して始まった。その後、米雇用統計が市場予想を下回る結果となり、米10年債金利が2.1%台まで低下したことを受けて、JGB金利は全体的に低下。8日に日銀の出口に関する報道を受けて、JGB金利は大幅に上昇したが、報道の中身自体は目新しいものではなかったこともあり、上昇は続かず翌日には一服した。13-14日の米FOMCで

Weekly金融市場 2015年1月9日号

http://www.nochuri.co.jp/農林中金総合研究所2015 年 1 月 9 日号調査第二部多田 忠義≪来週のポイント≫材料は経済指標中心:ベージュブック公表も、足元は ECB 追加緩和期待へ14 日に地区連銀経済報告(ベージュブック)が発表される。足元の生産、雇用、消費は、これまでの表現をおおむね踏襲し、全般に回復傾向が続いているとの内容になる可能性が高い。一方、7 日に公表された FOMC 議事要旨(12 月 16∼17 日開催分)では、利上げ時期に加え、原油価格の下落などを

2014年7月17日地方債協会フィードバック数:0社会/政治

公社債市場動向(2014年6月)

時の動き1M O V EM E N T公社債市場動向(2017年6月)SMBC 日興証券 金融経済調査部 6月のJGB市場は米雇用統計や30年債入札への警戒感から超長期ゾーンが金利上昇して始まった。その後、米雇用統計が市場予想を下回る結果となり、米10年債金利が2.1%台まで低下したことを受けて、JGB金利は全体的に低下。8日に日銀の出口に関する報道を受けて、JGB金利は大幅に上昇したが、報道の中身自体は目新しいものではなかったこともあり、上昇は続かず翌日には一服した。13-14日の米FOMCで

Weekly金融市場 2014年6月13日号

http://www.nochuri.co.jp農林中金総合研究所2014 年 6 月 13 日号調査第二部多田 忠義・趙 玉亮≪来週のポイント≫米 FOMC 開催:経済見通しとイエレン議長の記者会見に注目米連邦公開市場委員会(FOMC)が 17∼18 日に開催される。資産買入額の減額幅はこれまでと同様計 100 億ドルとなると予想される。今回は 3 ヶ月に 1 度発表される経済見通し、イエレン議長の記者会見が注目ポイントである。経済見通しでは、成長率、雇用、物価の見通しが示されるが、景気の現状

Weekly金融市場 2014年4月18日号

http://www.nochuri.co.jp農林中金総合研究所2014 年 4 月 18 日号調査第二部多田 忠義≪来週のポイント≫消費税増税後の物価動向が明らかに7∼8 日に開催された日銀金融政策決定会合後の記者会見で、黒田総裁はほぼ想定通りの物価で推移しているとし、現時点で追加緩和の必要性を否定した。同時に、日銀独自で物価動向をモニタリングしていることも表明し、4 月分から日銀金融経済月報や展望レポートの発表に合わせて消費税増税の影響を除いたベースの数値を公表する予定であり、物価に対する

Weekly金融市場 2014年4月11日号

http://www.nochuri.co.jp農林中金総合研究所2014 年 4 月 11 日号調査第二部多田 忠義≪来週のポイント≫ベージュブック(地区連銀経済報告)発表米 FRB は 16 日、ベージュブック(地区連銀経済報告)を発表する。FOMC 開催の約 2 週間前に発表される同報告は FOMC の参考資料であり、各地区の雇用環境や生産、消費の現状に注目が集まる。寒波の影響から脱し、底堅く推移する雇用状況を背景に早期利上げ観測がくすぶっているが、最新の情勢に注目したい。中国経済のモメン

2014年4月4日地方債協会フィードバック数:0社会/政治

公社債市場動向(2014年2月)

時の動き1M O V EM E N T公社債市場動向(2017年6月)SMBC 日興証券 金融経済調査部 6月のJGB市場は米雇用統計や30年債入札への警戒感から超長期ゾーンが金利上昇して始まった。その後、米雇用統計が市場予想を下回る結果となり、米10年債金利が2.1%台まで低下したことを受けて、JGB金利は全体的に低下。8日に日銀の出口に関する報道を受けて、JGB金利は大幅に上昇したが、報道の中身自体は目新しいものではなかったこともあり、上昇は続かず翌日には一服した。13-14日の米FOMCで

Weekly金融市場 2014年3月14日号

http://www.nochuri.co.jp農林中金総合研究所2014 年 3 月 14 日号調査第二部多田 忠義≪来週のポイント≫米 FOMC 開催:今回も 100 億ドル減額の見通し、イエレン FRB 議長の記者会見に注目米 FOMC が 18~19 日に開催される。2 月の雇用統計は市場予想を上回る改善となり、寒波の影響も懸念されただけに、米雇用環境の力強さが確認される結果となった。このため、FOMC 開催のたびに減額している資産買い入れ額は、今回も 100 億ドルの減額を決定するとの

Weekly金融市場 2014年2月21日号

http://www.nochuri.co.jp農林中金総合研究所2014 年 2 月 21 日号調査第二部多田 忠義≪来週のポイント≫経済指標など日本では、28 日に「鉱工業生産(1 月速報)」が発表される。1 月の実質輸出指数が 2 ヶ月連続で低下するなど、大幅な改善は見込めない。とはいえ、鉱工業生産指数は緩やかながらも幅広い業種で上昇を続けるとみられる。また同日に「消費者物価指数(1 月全国、2 月都区部)」も発表される。エネルギー・食料品以外の物価が緩やかなテンポで上昇するなか、エネルギ

Weekly金融市場 2014年2月14日号

http://www.nochuri.co.jp農林中金総合研究所2014 年 2 月 14 日号調査第二部多田 忠義≪来週のポイント≫日銀金融政策決定会合開催:新興国等の海外リスクをどう評価するかに注目17~18 日に日銀金融政策決定会合が開催される。前回の会合では 10 月末に発表した展望レポートの中間評価を実施し、成長率、消費者物価ともに概ね見通しに沿って推移していると判断した。また、リスク要因では「日本経済を巡る不確実性は引き続き大きい」との文言を削除した。しかし、その翌週には、日経平均

Weekly金融市場 2014年1月17日号

http://www.nochuri.co.jp農林中金総合研究所2014 年 1 月 17 日号調査第二部多田 忠義≪来週のポイント≫日銀金融政策決定会合開催、「展望レポート」の中間評価を発表22∼23 日に日銀金融政策決定会合が開催される。13 年 10 月に公表した「展望レポート」の中間評価を行う今回の会合では、消費税増税後の景気下振れリスクを再点検するとともに、改めて 15 年度にかけて物価上昇率が 2%近傍に達するか、点検するものとみられる。足元の景気は、消費税増税前の駆け込み需要や財

Weekly金融市場 2013年12月27日号

http://www.nochuri.co.jp農林中金総合研究所2013 年 12 月 27 日号調査第二部竹光 大士・多田 忠義≪来週・再来週のポイント≫米 FOMC 議事要旨が発表される8 日に、量的緩和策第 3 弾(QE3)の規模縮小開始を決定した米 FOMC(12/17、18)の議事要旨が公表される。すでに、声明文で緩和継続を強調し、失業率やインフレ見通しが目標水準を達成しない限り、ゼロ金利政策を継続すると強調している。今回の議事要旨では、委員間の議論に注目したい。主な経済指標米国では

Weekly金融市場 2013年11月29日号

http://www.nochuri.co.jp農林中金総合研究所2013 年 11 月 29 日号調査第二部竹光 大士、多田 忠義≪来週のポイント≫豪英欧で金融政策決定会合が開催される3 日にオーストラリアで、4∼5 日に英国で、5 日にユーロ圏で金融政策決定会合が開催される。豪欧では、緩和的な政策を展開しており、政策金利を一段と引き下げる余地に言及しつつも現状維持を決定するものとみられる。オーストラリアでは、この 1 年間で 50bps 引き下げているが、豪ドル高への懸念が豪中銀から上がる等

Weekly金融市場 2013年11月22日号

http://www.nochuri.co.jp農林中金総合研究所2013 年 11 月 22 日号調査第二部多田 忠義≪来週のポイント≫展望レポート取りまとめ時の日銀金融政策決定会合議事要旨が公表される26 日に日銀金融政策決定会合議事要旨(10/31 分)が発表される。来週は特に材料視されるイベントが予定されない中、21 日の記者会見で黒田日銀総裁は「上下双方向のリスク要因を引き続き点検し必要な調整を行っていく方針に変わりはない」と必要があれば追加緩和をする可能性に言及したこともあり、議事要

2013年11月11日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

[経済指標解説]主要な経済指標の発表予定と予測(11月11日~11月15日)

経済指標解説2013 年 11 月 8 日経済調査部エコノミスト主要な経済指標の発表予定と予測齋藤 周(11/11~11/15)amane.saito@mizuho-ri.co.jp【来週の注目材料】※(03-3591-1283)内はみずほ総研予想11日 :9月の経常収支(5,031億円の黒字、前年比▲2.1%):10月の景気ウォッチャー調査12日 :9月の第3次産業活動指数(前月比▲0.2%、前年比+1.2%):10月の消費動向調査:10月のマネーストック13日 :9月の機械受注統計(船舶・電

Weekly金融市場 2013年9月13日号

http://www.nochuri.co.jp農林中金総合研究所2013 年 9 月 13 日号調査第二部多田 忠義≪来週のポイント≫米 FOMC 開催、量的緩和策第 3 弾の規模縮小開始判断に注目集まるバーナンキ FRB 議長は 5 月 22 日に議会で量的緩和策第 3 弾(QE3)の規模縮小を年内にも開始する可能性に言及した。その後の金融資本市場では、その実施時期をめぐる思惑が主要な相場変動要因となっているが、来週 9 月 17∼18 日に開催される米連邦市場公開委員会(FOMC)で緩和規

Weekly金融市場 2013年8月9日号

http://www.nochuri.co.jp農林中金総合研究所2013 年 8 月 9 日号調査第二部多田 忠義≪来週のポイント≫消費税増税の最終判断材料にとって重要な、4∼6 月期 GDP 第 1 次速報値が発表される12 日に「GDP(4∼6 月期第 1 次速報値、1 次 QE)」が発表される。昨年 11 月の衆院解散以降、円高が急速に修正され、企業・家計マインドが大幅改善したほか、米国経済が緩やかに回復し続け、株高や消費の伸びへとつながってきた。一方、米金融緩和の規模縮小観測などにより

Weekly金融市場 2013年6月14日号

http://www.nochuri.co.jp農林中金総合研究所2013 年 6 月 14 日号調査第二部多田 忠義≪来週のポイント≫米 FOMC 開催、量的緩和策第 3 弾の今後について注目高まる18∼19 日に連邦公開市場委員会(FOMC)が開催される。最近の金融資本市場はボラタイルな動きを続けているが、その要因の一つは、現在米連邦準備制度理事会(FRB)が実施する量的緩和策第 3弾(QE3)を縮小するとの観測が広まっていることである。失業率は依然 7%台半ばで高止まるものの、小売、住宅関

2013年6月9日農林中金総合研究所フィードバック数:0社会/政治

Weekly金融市場 2013年6月7日号

http://www.nochuri.co.jp農林中金総合研究所2013 年 6 月 7 日号調査第二部多田 忠義≪来週のポイント≫日銀金融政策決定会合が開催される、ボラタイルな金融資本市場の現状認識に注目10∼11 日に日銀金融政策決定会合が開催される。金融政策は現状維持との見方が根強い一方、「量的・質的金融緩和」の反動とみられる長期金利の過度な変動が 5 月下旬以降続いていることもあり、一部には共通担保オペの期限を 1 年超にまで延長することが議論されるとの思惑が浮上している。また、株価・

Weekly金融市場 2013年5月17日号

http://www.nochuri.co.jp/農林中金総合研究所2013 年 5 月 17 日号調査第二部多田 忠義≪来週のポイント≫日銀金融政策決定会合開催、金融政策は現状維持とみられる21∼22 日に日銀金融政策決定会合が開催される。日銀は現在、4 月 3∼4 日の会合で決定した質的・量的緩和策を実施中であり、その効果を今回の会合でも点検する。足元では、円安・株高の一方で、長期金利にボラタイルな動きがみられ、金融緩和効果を打ち消すのではないかと懸念する声も聞かれる。こうした金利変動に対し

Weekly金融市場 2013年4月19日号

http://www.nochuri.co.jp農林中金総合研究所2013 年 4 月 19 日号調査第二部多田 忠義≪来週のポイント≫日銀金融政策決定会合、「展望レポート」公表:新たな物価目標を提示する見通し26 日に、日銀金融政策決定会合が開催され、「経済・物価情勢の展望(展望レポート)」が公表される。3∼4 日の会合で日銀政策の変化を印象付けた黒田日銀総裁体制は、今回公表する展望レポートで、2 年で 2%の物価目標達成に向けた道筋を明確化するため、年度ごとの上昇率を上方修正するとの見通しが

Weekly金融市場 2013年4月12日号

http://www.nochuri.co.jp農林中金総合研究所2013 年 4 月 12 日号調査第二部竹光 大士≪来週のポイント≫ベージュブック前回 FOMC では多くのボードメンバーが金融緩和の出口戦略を検討すべきと述べていた事が判明する等、年内にも QE3 の減額が始まるとの思惑が浮上している。そのため、各地区の経済実態が出口戦略に即したものであるかということが注目される。また、財政の崖発動の影響が各地区の経済に影響を与えてきているかもポイントである。20 ヶ国(G20)財務相・中央銀

Weekly金融市場 2013年3月8日号

http://www.nochuri.co.jp農林中金総合研究所2013 年 3 月 8 日号調査第二部多田 忠義≪来週のポイント≫日銀正副総裁人事案、国会で採決へ来週中にも衆参両院で日銀正副総裁人事案は採決される見通しである。ただし、参議院は野党が過半数を占める「ねじれ」状態にあるため、民主党をはじめとする野党の動向に焦点が集まる。もっとも、日銀正副総裁の任期が 3 月 19 日に迫る中、与野党は総裁人事案を賛成する可能性はあるものの、野党の一部は副総裁人事案を反対する動きもみられる。EU

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

特集データ

特集INDEXへ

お知らせ