調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 国債利回り

「国債利回り」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

底入れ時期を探る米国リート市場

底入れ時期を探る米国リート市場2015年6月19日<市場動向〜将来の利上げに対する警戒や長期国債利回りの上昇を嫌気>米国リート市場は、2015年1月に過去最高値を更新した後は、米国の景気回復の持続を受けた利上げ局面への転換が近いとの見方などを背景に長期国債利回りが上昇したことから、軟調な展開が続いています。リートは利回り資産として債券的な性格も有していることから利上げ開始時期をめぐる市場の思惑に左右される状態が続いています。例えば、「堅調な経済指標→早期利上げ観測の強まり→長期国債利回りの上昇(

2015年5月31日ゆうちょ財団フィードバック数:0社会/政治

ゆうちょ資産研レポート 2015年5月号

2015年5月号ファンダメンタル・アナリシス ……………………………………………………… 1  回復の持続が見込まれる日本の輸出      野村證券株式会社 金融経済研究所 チーフエコノミスト 木下 智夫マーケット・アウトルック(1) …………………………………………………… 7「出口政策」への警戒感から波乱を強いられる長期金利動向三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社       チーフ債券ストラテジスト 石井  純マーケット・アウトルック(2) ……………………………………………………

過去最高を更新した時価総額~金融商品として見た際の株価水準とは

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2015年5月26日過去最高を更新した時価総額~金融商品として見た際の株価水準とは 世界的な景況感の改善や好調な企業業績を受け、東証第一部の時価総額は足元で600兆円程度と過去最高を更新しています。反面、上場企業数やPER(株価収益率:株価÷EPS(一株当たり利益))水準が、過去最高となった時点と比べて異なっていることなどから、株価指数は過去の最高値に及ばない水準に留まっています。PERは株価の割安度合いを測る際に使われる指標ですが、どの

Weekly金融市場 2015年5月15日号

農林中金総合研究所2015 年 5 月 15 日号調査第二部多田 忠義・趙 玉亮≪来週のポイント≫15 年 1∼3 月期実質 GDP 発表:消費回復の鈍さ、外需減速に注意20 日に 15 年 1∼3 月期の実質 GDP が発表される。政府や日銀では、景気は緩やかに回復しているとしているが、実質所得の目減りは解消されていないため消費回復は鈍く、成長が加速する見込みは低い。加えて、米中経済の減速による外需寄与度も弱まるとみられ、14 年 10∼12 月期から減速すると予想される。FOMC 議事要旨公

世界的な低金利環境が、債券市場の追い風に

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2015年4月6日世界的な低金利環境が、債券市場の追い風に 世界の国債利回りは、先進国国債を中心に低水準となっており、時価総額ベースで約40%が0.5%未満となっています(シティ世界国債インデックス(参考市場を含む)の各国インデックスの最終利回り、3/31時点)。その背景には、世界景気の回復ペースが鈍いことや、原油安でインフレ圧力が大きく低下したことなどから、今年、主要国中央銀行が相次いで金融緩和を実施し、多くの国で国債利回りが低下(価格

魅力ある投資先として注目集まるグローバルREIT市場

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2015年3月25日魅力ある投資先として注目集まるグローバルREIT市場 2015年1月末頃から下落傾向となっていたグローバルREIT市場は、足元で、値を戻す展開となっています。この背景には、2015年3月以降、米国の軟調な経済指標の発表が続いたことや、3月のFOMC(米連邦公開市場委員会)の声明文で経済判断・見通しが下方修正され、FRB(米連邦準備制度理事会)が利上げを急いでいないとの見方が拡がり米国債利回りが低下傾向となったことがあり

先月のマーケットの振り返り(2015年2月)【マンスリー】

ホーム マーケット情報 マーケットレポート マーケット・マンスリー 先月のマーケットの振り返り(2015年2月)【マンスリー】 先月のマーケットの振り返り(2015年2月)【マンスリー】2015年03月02日日米欧の株価は、企業業績の拡大期待、低金利環境の継続、景気の回復傾向から堅調に上昇しました。ギリシャは、欧州連合(EU)と、同国支援策の協議を6月末まで延長することで合意しました。 米国株は、企業業績の底堅さ、低金利環境の継続観測から月後半に史上最高値を更新しました。日本株は、欧米株の上昇、

2015年2月5日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

長期金利を巡る変動について ~日米欧における行き過ぎた長期金利低下~

Financial Trends長期金利を巡る変動について~日米欧における行き過ぎた長期金利低下~経済関連レポート 発表日:2015年2月4日(水) 第一生命経済研究所 経済調査部 担当 熊野英生(℡:03-5221-5223)日本の長期金利が跳ね上がった。極端に金利が低下したことの反動リスクも徐々に意識されるようになっている。 長期金利が異例の状態まで下がっているのは、ドイツも米国でも共通して起こっていることである。これは需給面 で、高まる安全資産のニーズに対して、受け皿になる安全性の高い国債

2015年2月1日農林中金総合研究所フィードバック数:0社会/政治

原油安への評価などに揺れた年初の金融資本市場~長期金利は一時0.2%割れとなるなど、低下圧力は強い~

情勢判断国内経済金融原 油 安 への評 価 などに揺 れた年 初 の金 融 資 本 市 場∼長 期 金 利 は一 時 0.2%割 れとなるなど、低 下 圧 力 は強 い∼南 武志要旨国内景気は一部に消費税増税後の需要反動減からの持ち直しもみられるものの、総じて低調である。2015 年度に入れば、増税による悪影響の一巡や賃上げ実施、さらには原油安による購買力改善などにより、景気回復傾向が明確になるとみるが、原油安に伴う資源国経済や金融資本市場の動向には注意が必要である。さて、原油など資源価格の大幅

2015年1月27日みずほ総合研究所★フィードバック数:0社会/政治

マイナス金利です。

世界の金利「水没」マップ、金融機関はどう生き残るか

リサーチ TODAY2015 年 1 月 27 日世界の金利「水没」マップ、金融機関はどう生き残るか常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創下記の図表は、「世界の金利の『水没』マップ」と題した一覧表である。基本的に国別・年限別の国債利回り、イールドカーブ状況を示す。ここでは、マイナスになった「水没した」ゾーンを濃く示しており、さらに0%以上0.5%未満、0.5%以上1%未満、1%以上と徐々に色を薄くして示している。こうした濃淡を示した図表はリスク管理などで「ヒートマップ」として示されることが多

2015年1月14日商工中金フィードバック数:0社会/政治

月間経済情勢 2015年1月号

2015 年 1 月 7 日発行情報メモ NO.26-122調査部月間経済情勢目次<最近の経済情勢のポイント> <本編> 1.国内経済 2.国際経済 (米国、中国、欧州)1 月号P1 P93.金融(金利・為替・株価・国際商品市況の動き) P22 4.『中小企業月次景況観測』抜粋 <主要経済・金融指標等> P29 P30物価の伸び悩み4(前年比、%)≪消費者物価の変化要因≫その他32消費税 食料 賃金1輸入物価 0 -1 -2 10:1 10:3 11:1 11:3 12:1 12:3 13:1

2015年1月の投資環境見通し 世界の株式、債券、為替、REIT市場

1月の投資環境見通し世界の株式、債券、為替、REIT市場株式市場【日本株】 堅調相場を想定12月末17,450.77円日経平均株価前月末比-0.05%【先月の回顧】12月の国内株式市場は、上下に振れの大きな展開でした。月初は、米国雇用統計など良好な経済指標の発表や、衆議院議員選挙において与党が優勢との新聞社調査などが好感され上昇しました。しかし、原油価格が急落し、産油国であるロシアの通貨と株式が大きく売られると、金融市場全般が不安定化したことなどから、日本株も大幅に下落しました。ところが、FOM

経済・金融の動向

情勢判断今月の情勢 ∼経済・金融の動向∼米国金融・経済12 月 16∼17 日の米連邦公開市場委員会(FOMC)では、政策金利(0∼0.25%)について、前回までの「相当な期間維持する」との文言を残しつつ、政策の正常化に向けては「忍耐強く」対応すると、15 年内の利上げを見据えた方針が示された。また、イエレン FRB 議長は FOMC 後の会見で、少なくとも次回(1 月)と次々回(3 月)の FOMC で利上げを実施する可能性は低いと説明している。米国の経済指標をみると、雇用統計(11 月)の失

経済・金融の動向

情勢判断今月の情勢  〜経済・金融の動向〜 米国金融・経済10 月 28〜29 日の米連邦公開市場委員会(FOMC)では、債券買入額(当初 850 億ドル)を 10 月末をもってゼロとし、12 年 9 月に開始した量的緩和策第 3 弾(QE3)を終了することが決まっ た。また、政策金利(0〜0.25%)については今後も「相当な期間」維持するとの方針を改めて 示したほか、 今後発表される経済指標の動向次第によって利上げ時期の前倒し、 あるいは先送り を決定するとの方針も示した。  米国の経済指標を

経済・金融の動向

情勢判断今月の情勢  〜経済・金融の動向〜 米国金融・経済9 月 16〜17 日の米連邦公開市場委員会(FOMC)では、量的緩和策第 3 弾(QE3)における債券 買入額(当初 850 億ドル、13 年 12 月以降 FOMC 実施ごとに 100 億ドルずつ減額)を、9 月から 150 億ドルに減額することを決めるとともに、 米国経済が予想通り順調に推移すれば同買入れ策 を 10 月で終了するとの見通しを示した。また、政策金利(0〜0.25%)については QE3 終了後も 「相当な期間」維持する

金利の「力(ちから)」を利用する

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年10月17日新興国では、経済成長に伴なう資金需要の拡大などによって、債券市場の規模が拡大傾向にあります。加えて、対外債務残高の減少や外貨準備高の増加などを背景に、国の信用度の目安と捉えられている格付が改善傾向にある国もあり、比較的高い金利と相俟って、新興国の国債や債券への注目度を高めています。また、相対的に信用度が高いと見られる先進国の国債や債券においても、日本のそれらを大きく上回る利回りとなっています。という考え方を参考にすると

経済・金融の動向

情勢判断今月の情勢 ∼経済・金融の動向∼米国金融・経済9 月 16∼17 日の米連邦公開市場委員会(FOMC)では、量的緩和策第 3 弾(QE3)における債券買入額(当初 850 億ドル、13 年 12 月以降 FOMC 実施ごとに 100 億ドルずつ減額)を、9 月から150 億ドルに減額することを決めるとともに、同買入れ策を 10 月で終了するとの見通しを示した。また、政策金利(0∼0.25%)については QE3 終了後も「相当な期間」維持するとの方針を改めて示した一方、同時に公表された経済

最近の為替動向について

最近の為替動向について2014年9月19日<ドル円はレンジ相場から上放れ>ドル円は今年2月以降のレンジ相場から上放れました。7月下旬以降ドル円が大きく上伸した局面を振り返ると、以下の要因が挙げられます。 米国の4-6月期GDP(国内総生産)の上振れ(7/30)(現地、以下同様) 早期の金融緩和の解除の可能性に言及したFOMC(米国連邦公開市場委員会)議事録(8/20) より中立的なトーンで語られたイエレンFRB(米国連邦準備制度理事会)議長のジャクソン・ホールでの講演(8/22) 日本の

2014年8月3日農林中金総合研究所フィードバック数:0社会/政治

経済・金融の動向

情勢判断今月の情勢  〜経済・金融の動向〜 米国金融・経済6 月 17〜18 日の米連邦公開市場委員会(FOMC)では、量的緩和策第 3 弾(QE3)における債券 買入額(当初 850 億ドル、昨年 12 月以降 FOMC ごとに 100 億ドルずつ減額)を、7 月から 350 億 ドルに減額することを決めた。なお、順調に経済状況の改善が進めば、10 月にも QE3 が終了す るとの見通しが示された。また、政策金利(0〜0.25%)については、労働市場のほかにもイン フレ関連指標や金融情勢指標な

経済・金融の動向

情勢判断今月の情勢 ∼経済・金融の動向∼米国金融・経済6 月 17∼18 日の米連邦公開市場委員会(FOMC)では、量的緩和策第 3 弾(QE3)における債券買入額(当初 850 億ドル)を、13 年 12 月(750 億ドル)、14 年 1 月(650 億ドル)、同年 3 月(550億ドル)、同年 4 月(450 億ドル)の FOMC に続いて減額し、350 億ドルとすることが決まった。また、政策金利(0∼0.25%)については、労働市場のほかにもインフレ関連指標や金融情勢指標などの様々な情報

ECBの追加金融緩和を受け、欧州債券の魅力が高まる

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年6月11日ECBの追加金融緩和を受け、欧州債券の魅力が高まる ECB(欧州中央銀行)は6月の定例理事会で、追加の金融緩和政策を発表しました。指標となる政策金利を引き下げた(0.25%→0.15%)ことに加え、民間銀行がECBに預け入れる余剰資金の金利をマイナスにする政策の導入を決定したことなどから、金融市場では、欧州の国債が買われ、利回りは低下基調を強めました。こうした動きは前回(2013年11月)の政策金利の引き下げ時にもみら

2014年6月5日日本総研フィードバック数:0社会/政治

為替相場展望2014年6月号

為替相場展望2014年6月    調査部 マクロ経済研究センターhttp://www.jri.co.jp/report/medium/publication/exchange目次◆ドル円、ユーロ相場の回顧・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・p.1◆米長期金利の低下が重石となるドル円相場・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・p.2◆高まるECBの追加緩和観測とユーロ相場・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・p.4◆ドル円、ユーロ相場の見通し・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2014年6月1日農林中金総合研究所フィードバック数:0社会/政治

経済・金融の動向

情勢判断今月の情勢  〜経済・金融の動向〜 米国金融・経済4 月 29〜30 日の米連邦公開市場委員会(FOMC)では、量的緩和策第 3 弾(QE3)における債券 買入額(当初 850 億ドル)を、13 年 12 月(750 億ドル) 、14 年 1 月(650 億ドル) 、同年 3 月(550 億ドル)の各 FOMC に続いて減額し、5 月から 450 億ドルとすることを決めた。また、政策金利 (0〜0.25%)については、3 月の FOMC で、労働市場のほかインフレ関連指標や金融情勢指標な

Word’s Worth No.19 【利率の高さが魅力のブラジル国債(2014年5月)】

19利率の高さが魅力のブラジル国債(2014年5月)(2014年5月)【キーワード】トータルリターントータルリターンとは、投資による総合的な収益/損失のことです。収益/損失の源になるものには、価格変動(キャピタルゲイン/ロス)や為替変動、利子・配当(インカムゲイン)などがあります。ブラジル国債への投資は、相対的に高水準の利子収入が、価格変動や為替変動による損失をある程度補う効果が期待できます。①と②の損失を③で補うイメージ外国債券の投資成果を左右する主な要因には、① 債券の価格変動(キャピタルゲ

経済・金融の動向

情勢判断今月の情勢  〜経済・金融の動向〜 米国金融・経済3 月 18〜19 日の米連邦公開市場委員会(FOMC)では、量的緩和策第 3 弾(QE3)における債券 買入額(当初 850 億ドル)を、13 年 12 月(750 億ドル) 、14 年 2 月(650 億ドル)に続けて縮小 し、4 月から 550 億ドルとすることを決めた。一方、政策金利(0〜0.25%)については、労働 市場のほか、 インフレ関連指標や金融情勢指標などの様々な情報を幅広く考慮し、 インフレ率が 引き続き FOMC の

国債利回りの低下が示すユーロ圏の「平常モード」

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年4月18日国債利回りの低下が示すユーロ圏の「平常モード」 ユーロ圏各国の長期金利が軒並み低下傾向にあります。最近の債券市場では、ドイツの10年国債利回りが昨年5月以来11ヵ月ぶりに1.5%を下回ったほか、欧州債務危機に揺れた南欧諸国でも、イタリアの国債利回りが統計をさかのぼれる範囲内では過去最低水準となり、スペインの国債利回りは約8年半ぶりの低水準まで低下しました。こうした背景には、ECB(欧州中央銀行)がインフレの減速につなが

2014年4月6日農林中金総合研究所フィードバック数:0社会/政治

Weekly金融市場 2014年4月4日号

http://www.nochuri.co.jp農林中金総合研究所2014 年 4 月 4 日号調査第二部多田 忠義≪来週のポイント≫日銀金融政策決定会合開催:一部に追加緩和観測あるものの、現状維持を決定する可能性大日銀金融政策決定会合が 7~8 日に開催される。消費税増税に伴う景気の減速は織り込み済みであり、かつ、現時点で景気減速が日銀の想定を超えるかどうかを確認するにも時期尚早であるため、金融政策を変更する根拠は乏しいとみられる。会合後の記者会見で、黒田日銀総裁が内外景気の見通しに対しどのよ

経済・金融の動向

情勢判断今月の情勢 ~経済・金融の動向~米国金融・経済3 月 18~19 日の米連邦公開市場委員会(FOMC)では、量的緩和策第 3 弾(QE3)における債券買入額(当初 850 億ドル)を、13 年 12 月(750 億ドル)、14 年 2 月(650 億ドル)からさらに縮小し、4 月から 550 億ドルとすることが決まった。また、政策金利(0~0.25%)については、労働市場のほか、インフレ関連指標や金融情勢指標などの様々な情報を幅広く考慮し、インフレ率が引き続き FOMC の中長期目標であ

2014年2月の投資環境見通し 世界の株式、債券、為替、REIT市場

2月の投資環境見通し世界の株式、債券、為替、REIT市場株式市場【日本株】 投資家心理の落ち着きを待って、後半反発へ日経平均株価1月末前月末比14,914.53円 -8.45%【先月の回顧】1月の株式市場は、中旬まで横ばい圏で推移しましたが、下旬に大きく下落しました。上中旬は、米国経済指標の強弱や、それを受けた米国金利動向、為替動向に一喜一憂する展開で、日々の株価はやや荒い値動きだったものの、全体的には横ばい圏で推移しました。下旬は、中国の経済指標下振れや、アルゼンチン・ペソの急落をきっかけに新

より安定化しつつある欧州の債券市場

2014年1月9日楽読(ラクヨミ) Vol.754より安定化しつつある欧州の債券市場足元で、欧州の債券市場がより安定化しつつあります。2009年のギリシャの財政問題などを発端とした欧州債務危機は、アイルランドに始まりポルトガル、スペインなど南欧諸国に拡がり、これらの国々に対する信用リスクが高まるとともに、国債利回りは軒並み大きく上昇(債券価格は下落)しました。その後、ESM(欧州安定メカニズム)の強化などの安全網の整備やECB(欧州中央銀行)による流動性供給策を背景に、欧州金融市場が落ち着きを取

経済・金融の動向

http://www.nochuri.co.jp/情勢判断今月の情勢  〜経済・金融の動向〜 米国金融・経済12 月 17〜18 日の米連邦公開市場委員会(FOMC)では、月額 850 億ドルの資産を買い入れてき た量的緩和策第 3 弾(QE3)を、14 年 1 月から 750 億ドルに縮小することを決定した。また、政 策金利(0〜0.25%)については、今後も失業率が 6.5%を上回り、向こう 1〜2 年のインフレ見 通しが FOMC の長期目標である 2%から上下 0.5%ポイント以内に収ま

マーケットレター【FOMCで量的金融緩和の縮小開始を決定】

FOMCで量的金融緩和の縮小開始を決定2013年12月19日<量的金融緩和の縮小開始>12月17-18日(現地)に開催されたFOMC(米国連邦公開市場委員会)で、量的金融緩和の縮小開始が決定されました。 FRB(米国連邦準備制度理事会)は、2012年9月以降、MBS (住宅ローン担保証券)を月400億ドル、同12月からはそれに加えて国債を月450億ドルのペースで購入する量的金融緩和を継続してきましたが、今回、MBSと国債の毎月の購入を各50億ドル減額し、それぞれ350億ドル、400億ドルとし、総

経済・金融の動向

http://www.nochuri.co.jp/情勢判断今月の情勢  〜経済・金融の動向〜 米国金融・経済10 月 29〜30 日の米連邦公開市場委員会(FOMC)では、月額 850 億ドルの資産を買い入れる量 的緩和策第 3 弾(QE3)が維持された。また、政策金利(0〜0.25%)については、今後も失業率 が 6.5%を上回り、 向こう 1〜2 年のインフレ見通しが FOMC の長期目標である 2%から上下 0.5% ポイント以内に収まると予想される限り、これを維持するという方針が据え置か

経済・金融の動向

http://www.nochuri.co.jp/情勢判断今月の情勢  〜経済・金融の動向〜 米国金融・経済9 月 17〜18 日の米連邦公開市場委員会(FOMC)では、月額 850 億ドルの資産を買い入れる量 的緩和策第 3 弾(QE3)の規模縮小開始を判断するとの見方が強まっていたが、予想に反して先 送りが決定された。また、政策金利(0〜0.25%)については、今後も失業率が 6.5%を上回り、 向こう 1〜2 年のインフレ見通しが FOMC の長期目標である 2%から上下 0.5%ポイント

経済・金融の動向

http://www.nochuri.co.jp/情勢判断今月の情勢  〜経済・金融の動向〜 米国金融・経済米国では、9 月 17〜18 日の米連邦公開市場委員会(FOMC)で、政策金利(0〜0.25%)を据え 置き、今後も失業率が 6.5%を上回り、向こう 1〜2 年のインフレ見通しが FOMC の長期目標であ る 2%から上下 0.5%ポイント以内に収まると予想される限り、これを維持するという方針が据 え置かれた。量的緩和策からの出口戦略に踏み切るとの見方が強かったものの、実際には月額 85

経済・金融の動向

http://www.nochuri.co.jp/情勢判断今月の情勢  〜経済・金融の動向〜 米国金融・経済7 月 30〜31 日の米連邦公開市場委員会(FOMC)では、政策金利(0〜0.25%)を据え置き、今 後も失業率が 6.5%を上回り、向こう 1〜2 年のインフレ見通しが FOMC の長期目標である 2%か ら上下 0.5%ポイント以内に収まると予想される限り、 これを維持するという方針を据え置いた。 ただし、月額 850 億ドルの資産を買い入れる量的緩和策(QE3)については、米国経済

経済・金融の動向

http://www.nochuri.co.jp/情勢判断今月の情勢  〜経済・金融の動向〜 米国金融・経済6 月 18〜19 日の米連邦公開市場委員会(FOMC)では、政策金利(0〜0.25%)を据え置き、今 後も失業率が 6.5%を上回り、向こう 1〜2 年のインフレ見通しが FOMC の長期目標である 2%か ら 0.5%ポイント以内に収まると予想される限り、 これを維持する方針を決めた。 また、 月額 850 億ドルの資産を買い入れる量的緩和策(QE3)については、バーナンキ議長の発言か

2013年5月30日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

日本の長期金利は今年も1%以上に

リサーチ TODAY2013 年 5 月 30 日日本の長期金利は今年も1%以上に常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創本論は今年1月15日のTODAYの議論を改めて繰り返すものだ。今日、日本の長期金利に大きな変動が生じ、政治問題化した面がある。ここでの認識は、最近の長期金利の上昇が過度な金利低下になったことからのゆり戻しであり、年初来の振り出しに戻る動きとするものである。同時に、現在は日銀の金利上昇の抑制姿勢も含めて、長期金利が安定した水準を模索する段階と考えている。図表は日米の10年国債

2013年5月22日日本総研★フィードバック数:0社会/政治

最近の株価上昇についてのレポートです。

数字を追う ~ 最近の株価上昇をどう見るか

Research Focushttp://www.jri.co.jp2013 年 5 月 22 日 No.2013-0006数字を追う ~最近の株価上昇をどう見るか調査部 主席研究員 吉本澄司《要 点》 2012 年末以降、わが国の株価は大幅に上昇した。そのきっかけは、政策など、先 行きに対する予想(期待)の変化であった。  株価の長期的な動きを局面整理すると、1989 年 12 月 29 日に史上最高値をつけた 後、五つの転換点を観測できる。現在は四つ目の転換点であった 2007 年 7

「異次元」の金融緩和策が円安・株高をさらに後押し~しかし、実体経済の回復テンポはまだ鈍い~

http://www.nochuri.co.jp/情勢判断国内経済金融「異 次 元 」の金 融 緩 和 策 が円 安 ・株 高 をさらに後 押 し~しかし、実 体 経 済 の回 復 テンポはまだ鈍 い~南 武志要旨3 月に就任した黒田日本銀行総裁が初めて臨んだ金融政策決定会合で、事前の市場予想を上回る、文字通り「異次元」の金融緩和措置が打ち出され、デフレ脱却や成長促進を促すアベノミクスが本格化している。黒田総裁は、こうした緩和措置によって 2 年をめどに 2%の物価上昇を実現し、その後もその水準

2013年4月22日大和総研フィードバック数:1社会/政治海外

欧州経済見通し 景況感改善が腰折れ

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 欧州経済見通し 景況感改善が腰折れユーロ圏周縁国には思いがけない金利低下の恩恵 ◆ユーロ圏景気は2012年10-12月期に大きく落ち込んだあと、2013年1、2月は下げ止まりの兆しが見られる。ただし、2月まで改善傾向にあった企業景況感は3月に悪化し、先行きの見通しが晴れたとは言い難い。イタリア総選挙後の政局膠着、キプロス救済問題の混迷というユーロ圏内の攪乱要因に加え、頼みの輸出に関しても景況感を上向か

2013年4月17日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

早くも試練に直面するスロベニア ~17日に前回を上回る規模の政府証券の入札を控える~

EU Trends早くも試練に直面するスロベニア発表日:2013年4月15日(月)~17日に前回を上回る規模の政府証券の入札を控える~第一生命経済研究所 経済調査部主席エコノミスト 田中 理03-5221-4527◇ 支援観測が高まっているスロベニアは17日に5億ユーロの18ヶ月物政府証券の入札を予定している。前回9日の6ヶ月物と12ヶ月物の入札では1億ユーロの調達目標に届かなかった。再び入札が不調に終われば、市場参加者の動揺を誘うことになろう。◇ 同国は6月に総額11億ユーロ超の国債償還を控え

2013年4月1日第一生命保険フィードバック数:1社会/政治

Global Market Outlook 春の訪れ 今年も欧州から“火粉(かふん)”が来た

Global Market Outlook春の訪れ今年も欧州から“火粉(かふん)”が来た2013年3月28日(木)第一生命経済研究所 経済調査部副主任エコノミスト 藤代 宏一TEL 03-5221-452315:17 現在<主要株価指数>日経平均株価TOPIXNYダウDAX(独)FT100(英)CAC(仏)上海総合※<外国為替>※ドル円ユーロ円ドルユーロ<長期金利>※日本アメリカイギリスドイツフランスイタリアスペイン(円)終値12335.961036.7814,526.167,789.096,3

経済・金融の動向 2013年4月

http://www.nochuri.co.jp/情勢判断今月の情勢  〜経済・金融の動向〜 米国金融・経済3 月 19〜20 日の米連邦公開市場委員会(FOMC)では、政策金利(0〜0.25%)を引き続き据え 置くことを決定した。今後も、失業率が 6.5%を上回り、向こう 1‑2 年のインフレ見通しが FOMC の長期目標である 2%から 0.5%ポイント以内に収まり、長期インフレ期待が引き続き十分抑制 されている限り、政策金利を異例の低水準とすることが適切であるとした。また、月額 850 億

今月の情勢 経済・金融の動向

http://www.nochuri.co.jp/情勢判断今月の情勢 ∼経済・金融の動向∼米国金融・経済12 月 11∼12 日の米連邦公開市場委員会(FOMC)では、08 年 12 月から据え置く政策金利(史上最低の 0∼0.25%)の継続見通しを、これまでの「少なくとも 15 年半ばまで」から「失業率が 6.5%を下回るまで」に変更した。また、政府支援機関の住宅ローン担保証券(MBS)を月額400 億ドルのペースで購入するという量的金融緩和策第 3 弾(QE3)の維持とともに、12 月末で終

2012年4月17日内閣府フィードバック数:2社会/政治

アイルランド:依然として脆弱性を抱えた経済情勢

アイルランド:依然として脆弱性を抱えた経済情勢ポイント2012年4月16日アイルランドは2010年11月に欧州連合等に金融支援を要請した。住宅バブル崩壊や世界金融危機で痛んだ銀行部門に対する公的資金注入で財政赤字が膨らみ、市場での資金調達が困難になったからである。11年半ば以降は、財政状況の改善等を背景に同国の国債利回りは低下基調となっている(図1)。しかし、11年7~9月期と同年10~12月期の実質GDPが2四半期連続で減少する等、良い材料ばかりではない。以下では、同国が抱えるリスクを概観する

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ