「国債市場」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

2015年6月の投資環境見通し 世界の株式、債券、為替、REIT市場

6月の投資環境見通し世界の株式、債券、為替、REIT市場株式市場【日本株】 スピード調整の可能性に留意日経平均株価5月末20,563.15円前月末比5.34%【先月の回顧】5月の国内株式市場は、年初からの堅調地合を引き継ぎ、上昇しました。月初は、米国景気への懸念や、イエレンFRB(米国連邦準備制度理事会)議長の株式市場を割高視する発言などで下落して始まりましたが、英国総選挙での与党保守党の勝利や、安定した米国雇用統計などを受けて、株価は上昇に転じました。その後も、良好な株式需給関係が継続する中、

2015年3月31日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

国債市場の不安定化と金融政策~市場の流動性低下と国債買入れの持続性~

システムメンテナンスのため、下記の通り、ウェブサービスを一時停止しております。ご利用の皆さまにはご迷惑をおかけしますが、今しばらくお待ち下さい。<停止期間>5月2日(火)20:00 ~ 5月3日(水)12:00(予定)

2015年3月の投資環境見通し 世界の株式、債券、為替、REIT市場

3月の投資環境見通し 世界の株式、債券、為替、REIT市場株式市場 【日本株】 当面堅調、徐々に上昇一服日経平均株価 2月末 18,797.94円 前月末比 6.36%【先月の回顧】 2月の国内株式市場は、月を通じて堅調に推移しました。上旬は、ギリシャとユーロ圏との対立が懸念されましたが、ウクライナ情 勢の停戦に向けた動きや、良好な米国1月雇用統計などが評価されました。中旬は、米国金利上昇で為替が円安となる中、対ユ ーロ圏交渉でのギリシャの妥協期待や、12月機械受注や1月貿易統計など国内経済指標

国債の金利低下で生じていること

国債の金利低下で生じていること | ニッセイ基礎研究所 国債の金利低下で生じていること 金融研究部 年金総合リサーチセンター 年金研究部長 德島 勝幸基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 日本銀行が昨年10月31日に導入した追加の金融緩和(いわゆる“ハローウィーン緩和”)で、日本の国債金利はかつてない水準にまで低下するに至った。財務省の発表する国債金利情報を見ると、

金融緩和と国債市場-金利変動に対する金融機関の取引スタイルの変化-

金融緩和と国債市場-金利変動に対する金融機関の取引スタイルの変化-

2015年2月6日参議院フィードバック数:0社会/政治海外

米国「量的緩和政策」終了

経済のプリズムコラム No4日銀の「出口戦略」の参考になるか?米国「量的緩和政策」終了(問)米国連邦準備制度理事会(FRB)は量的緩和政策第3弾(QE3)を 2014年 10 月末に終わらせたそうですが、そもそも量的緩和政策とは何ですか。(答)大量の通貨量を供給することを目標とする金融緩和政策のことです。通常、中央銀行の金融緩和政策は、政策金利をターゲットにして金利引下げを行うのですが、近年の先進国では金利がゼロに近づき、これ以上の引下げができなくなったことから、日本、米国、英国、欧州で採用され

2015年2月の投資環境見通し 世界の株式、債券、為替、REIT市場

2月の投資環境見通し世界の株式、債券、為替、REIT市場株式市場【日本株】 上昇継続を想定1月末17,674.39円日経平均株価前月末比1.28%【先月の回顧】1月の国内株式市場は、前半は弱含みましたが、後半はおおむね堅調に推移しました。前半は、ギリシャ政治情勢の混迷や、米国経済指標の下振れ、原油・銅価格の急落による世界経済先行き懸念、スイス・フランの対ユーロでの上限撤廃による為替市場の混乱など、悪材料が重なり株価は下落しました。しかし後半に入ると、ECB(欧州中央銀行)による国債の買い入れを含

2015年1月8日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

国債市場は麻酔状態かモルヒネか、その間に手術はできるか

国債市場は麻酔状態かモルヒネか、その間に手術はできるか

2014年4月30日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

二極化が進む国債市場~デフレ脱却後を展望する国債管理政策と長期金利~

二極化が進む国債市場~デフレ脱却後を展望する国債管理政策と長期金利~

2013年12月26日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

12キーワードで2013年回顧

リサーチ TODAY2013 年 12 月 26 日12キーワードで2013年回顧常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創今年を総括する観点から、TODAYで示した各月の12のキーワードでレビューしたい。■図表:2013年のみずほ総合研究所『リサーチTODAY』を中心とした12のキーワード1月キーワード今年は円安への「達磨さんが転んだ」2月脱「失われた3年」3月脱「失われた 20 年」4月グレート・ローテーション VSゴルディロックス5月株・不動産、資産価格上昇6月growth strateg

2013年11月22日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

ECBに残された政策手段 ~デフレの脅威との闘いの勝算は?~

EU TrendsECBに残された政策手段発表日:2013年11月20日(水)~デフレの脅威との闘いの勝算は?~第一生命経済研究所 経済調査部主席エコノミスト 田中 理03-5221-4527◇ 11月初旬のサプライズ利下げでデフレの脅威に先手を打った形のECBだが、今後の追加緩和の余地は心許ない。LTRO再開、小刻みな利下げ、フォワードガイダンスの強化、貸出促進策は比較的容易に導入できそうな政策オプションだが、効果の程も知れている。◇ マイナス金利やECB版の量的緩和など、さらに踏み込んだ政策

長期金利の変動はなぜ生じたか

一〇年債国債利回りは、一時、〇・六二%まで急上昇した。長期金利の変動はこれまで、ロクイチ国債暴落︵一ところが、五日の午後になると一転し、債券先物相場は急落してサーキッドブレーカが二回発動され、現物の期金利の過去最低水準を更新した。に長期金利は低下し、〇・四二五%と過去最低の低金利となった。翌五日の午前中には〇・三一五%となり、長田日銀総裁就任と共に一段と低下している。四月四日午後一時四〇分、新たな金融緩和政策が発表されると瞬時る安倍政権が成立すると、長期金利はアベノミクスに対する市場の期待を反映

2013年5月21日第一生命保険フィードバック数:1社会/政治

Weekly Market Report(2013年5月20日~) ~日銀の国債市場への対応に注目~

Weekly Market Report(2013年5月20日~) ~日銀の国債市場への対応に注目~

2013年4月18日みずほ総合研究所フィードバック数:1社会/政治

「おコメ」の味は薄すぎる、もう「自炊」するしかない

リサーチ TODAY2013 年 4 月 18 日「おコメ」の味は薄すぎる、もう「自炊」するしかない常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創国債を中心とした債券は多くの金融機関にとって運用の「おコメ」、「主食」として筆者は過去10年以上にわたって重視してきた。「おコメ」の味は、キャリーとして長短金利差で決まるが、昨今の長期金利の大幅低下の環境下、「おコメ」の味は随分と薄くなってしまった。4月5日に10年国債金利は一時0.315%まで低下した。このような極端な水準では、O/N金利との長短金利差は

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ