調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 国内不動産

「国内不動産」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年5月18日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

2016年度「東証1部・2部上場企業 不動産売却」調査

2016年度「東証1部・2部上場企業 不動産売却」調査 公開日付:2017.05.11 2016年度に国内不動産を売却した東証1部、2部上場企業は77社で、2年ぶりに前年度を上回ったが、4年連続で70社台で推移した。工場や支店、事務所など事業資産の売却は少なく、余剰資産の遊休地や駐車場、賃貸用不動産などの売却が半数を超え40社にのぼった。業種別では、卸売が10社で最も多かった。本調査は、東京証券取引所1部、2部上場企業(不動産投資法人を除く)を対象に、2016年度(2016年4月~2017年3月

2016年11月14日東京商工リサーチフィードバック数:0社会/政治

2016年1-10月「上場企業の不動産取得」調査

公開日付:2016.11.09 アベノミクスによる景気の先行き期待から、上場企業の不動産取得は一時より活発の動きを見せている。だが、2016年1-10月に国内不動産の取得、工場・社屋の新設などを公表した上場企業は43社にとどまり、4年ぶりに前年割れになる見通しが強まった。これは円高やデフレ脱却の遅れなど、景気の先行き不透明感の広がりを背景に、投資マインドの様子見傾向を反映したものとみられる。本調査は、上場企業(不動産投資法人を除く)を対象に、2016年1-10月に国内不動産(固定資産)の取得(建

2016年5月18日東京商工リサーチフィードバック数:0社会/政治

2015年度「東証1部・2部上場企業 不動産売却」調査

2015年度「東証1部・2部上場企業 不動産売却」調査 公開日付:2016.05.12 2015年度に国内不動産を売却した東証1部、2部上場企業は70社で、4年ぶりに前年度を下回った。中国や新興国の経済減速を背景とした世界的なリスク懸念の高まりから、不動産市場でも様子見やリスク回避の動きが強まり、取引が縮小したことが影響したとみられる。本調査は、東京証券取引所1部、2部上場企業(不動産投資法人を除く)を対象に、2015年度(2015年4月~2016年3月)に国内不動産(固定資産)の売却契約または

2016年5月17日東京商工リサーチフィードバック数:0社会/政治

2015年度「東証1部・2部上場企業 不動産売却」調査

2015年度「東証1部・2部上場企業 不動産売却」調査 公開日付:2016.05.12 2015年度に国内不動産を売却した東証1部、2部上場企業は70社で、4年ぶりに前年度を下回った。中国や新興国の経済減速を背景とした世界的なリスク懸念の高まりから、不動産市場でも様子見やリスク回避の動きが強まり、取引が縮小したことが影響したとみられる。本調査は、東京証券取引所1部、2部上場企業(不動産投資法人を除く)を対象に、2015年度(2015年4月~2016年3月)に国内不動産(固定資産)の売却契約または

2015年5月13日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

2014年度「東証1部・2部上場企業 不動産売却」調査

2014年度「東証1部・2部上場企業 不動産売却」調査 公開日付:2015.05.13 2014年度に国内不動産を売却した東証1部、2部上場企業は77社で、3年連続して前年度を上回った。景気の先行き期待と円安、金融緩和を背景にして、保有資産の効率的運用や財務体質の強化を目的とした不動産売却が増加している。本調査は、東京証券取引所1部、2部上場企業(不動産投資法人を除く)を対象に、2014年度(2014年4月~2015年3月)に国内不動産(固定資産)の売却契約または引渡しを実施した企業を調査した(

海外資金の国内不動産取得動向・2014年-投資市場の活況がリーマンショック前のピークに迫る

海外資金の国内不動産取得動向・2014年-投資市場の活況がリーマンショック前のピークに迫る 基礎研REPORT(冊子版) 2015年5月号 | ニッセイ基礎研究所 シンクタンクならニッセイ基礎研究所 > 海外資金の国内不動産取得動向・2014年-投資市場の活況がリーマンショック前のピークに迫る海外資金の国内不動産取得動向・2014年-投資市場の活況がリーマンショック前のピークに迫る基礎研REPORT(冊子版) 2015年5月号 金融研究部 主任研究員 増宮 守基礎研 Report Head L

外資による不動産購入についてのレポートです。

海外資金の国内不動産取得動向・2014年~投資市場の活況がリーマンショック前のピークに迫る~

海外資金の国内不動産取得動向・2014年~投資市場の活況がリーマンショック前のピークに迫る~ | ニッセイ基礎研究所 海外資金の国内不動産取得動向・2014年~投資市場の活況がリーマンショック前のピークに迫る~ 金融研究部 主任研究員 増宮 守基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 2014年の国内不動産取引は非常に活発であった。J-REITによる物件取得が目立った2

2015年1月13日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

2014年「上場企業の不動産取得」調査

公開日付:2015.01.13 2014年に国内で不動産取得や工場・社屋の新設などを開示した上場企業は56社だった。これは2013年と同数で、2008年の調査開始以来、最多タイを記録した。アベノミクスを追い風に、企業が事業拡大に備え不動産の取得など、前向きな設備投資に向かう姿勢を反映した。本調査は、上場企業(不動産投資法人を除く)を対象に、2014年に国内不動産(固定資産)の取得(建物の新設等を含む)を決議、公表した企業を調べた。資料は『会社情報に関する適時開示資料』に基づく。2014年は56社

2014年8月10日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

2014年上半期「上場企業の不動産取得」調査 前年同期より1.5倍で推移

2014年上半期「上場企業の不動産取得」調査 前年同期より1.5倍で推移 公開日付:2014.08.08 アベノミクス効果による景気の先行き期待から、企業が事業拡大に備え不動産を取得する傾向が強まっている。2014年上半期に、国内不動産取得や工場・社屋の新設などを公表した上場企業は27社にのぼり、前年同期より1.5倍のペースで推移している。こうした上場企業の不動産取得の動きは、前向きな設備投資マインドの改善ぶりを反映した。本調査は、上場企業(不動産投資法人を除く)を対象に、2014年上半期に国内

海外資金の国内不動産取得動向~J-REITの陰に隠れた回復を確認~

海外資金の国内不動産取得動向~J-REITの陰に隠れた回復を確認~ | ニッセイ基礎研究所 海外資金の国内不動産取得動向~J-REITの陰に隠れた回復を確認~ 金融研究部 主任研究員 増宮 守基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 2013年の国内不動産取引は大幅に拡大した。主な原動力はJ-REITによる積極的な物件取得で、その額は前年の約3倍に及んだ。J-REITが

2012年5月11日東京商工リサーチフィードバック数:4ビジネス

2011年度「東証1部、2部上場企業不動産売却」調査 ~ 売却を実施した企業数が調査開始から最少の50社 ~

企業情報、信用調査など与信管理をサポートする東京商工リサーチ 2011年度「東証1部、2部上場企業不動産売却」調査 ~ 売却を実施した企業数が調査開始から最少の50社 ~ 2011年度に国内不動産を売却した東証1部、2部上場企業は、1993年度の調査開始から最少の50社にとどまった。大震災発生による不動産取引の停滞が影響した。 本調査は、東京証券取引所1部、2部上場企業(不動産投資法人を除く)を対象に、2011年度(2011年4月~2012年3月)に国内不動産(固定資産)の売却契約または引渡し

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ