「国内企業」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年4月23日IDC★★フィードバック数:0企業情報システム

国内IT市場 LOB支出の産業分野別 企業規模別動向分析

国内IT市場 LOB支出の産業分野別 企業規模別動向分析結果を発表 2017年の国内IT市場におけるLOB(事業部門:Line of Business)によるIT支出は3兆7,697億円で、2015年~2020年の年間平均成長率は3.1%と予測 国内IT市場全体に占めるLOB支出は3割強で推移、IT部門支出の成長率を上回ると予測 LOB支出の割合が高い産業は製造、小売、情報サービス、建設/土木 国内企業では、マーケティングなど、LOBのIT支出が進む業務領域がある一方で、IT部門が標準化を

2017年4月12日IDC★フィードバック数:0企業情報システム

国内IoT市場 テクノロジー別予測

国内IoT市場の、ソフトウェア/サービス向け支出の割合は2021年に62%に達する 国内企業の多くがデジタルビジネス売上を成長させるべく、IoTに関連するクラウドプラットフォーム、アナリティクス、導入/運用サービスなどに対する支出を拡大しつつある IoTに関わるROIの算定やセキュリティ対策を事前に予測することは困難。企業の経営者は本番環境でIoT運用する中でそれらを徐々に見極めていく「アジャイル的」な思想が必須に IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地

2017年4月12日IDC★フィードバック数:0企業情報システム

国内IoT向けITサービス市場予測

国内IoT向けITサービス市場支出額は2016年に急拡大。前年比96.9%増、548億円 同市場は2016年~2021年の年間平均成長率64.8%で成長、2021年には6,670億円に IoT向けサービス事業者は、IoTの価値を最大化するための部門/企業/産業間を横断したデータ活用において、その連携を支援し「バリューチェーンをつなぐ」役割が重要になる IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1‐13‐5、代表取締役:竹内正人、Tel代

2017年3月29日IDCフィードバック数:0企業情報システム

2017年 国内ストレージ需要動向調査

2017年 国内ストレージ需要動向調査結果を発表 ストレージ容量の増加理由の第1位は、「長期保存が必要なデータの増加」 「データ保護や災害対策」など複製データの増加も容量需要をけん引 データ管理戦略では「セキュリティ」「高速化」「低コスト/大容量/長期保存」が重視する上位3項目 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1‐13‐5、代表取締役:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、2017年版の国内ストレージ需要動

2016年12月22日IDCフィードバック数:0企業情報システム

2017年 国内IT市場の主要10項目

~ デジタルトランスフォーメーション・エコノミーの萌芽 ~2017年 国内IT市場の主要10項目を発表 産業間のエコシステム連携によって、第3のプラットフォーム上にDXエコノミーが萌芽する 第3のプラットフォームへのICT支出が第2のプラットフォーム支出に並ぶ ランサムウェアの被害拡大が、脅威インテリジェンスと認知システム/AIを活用したセキュリティ製品の開発を加速する DXを実現するハイブリッドクラウドとAPIエコノミーの拡大が加速する IoT事業者の競争軸は「IoTプラットフォーム」か

2016年11月15日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

国内企業22万社の融資等の保全状況実態調査

2016/11/9国内企業22万社の融資等の保全状況実態調査国内企業の3分の2が有担保での借入〜 無担保・無保証(信用)融資は約1割 〜はじめに10月21日、金融庁は「平成28事務年度 金融行政方針」を発表した。この中で、金融機関による企業への融資姿勢について、担保余力を有する顧客への取り組みが優先されてきたなかで、そうした余力が少ないながらも事業性や将来性を評価され資金を注入すべき先に対してのフォローができていないという、「日本型金融排除」の問題が取り上げられている。9月に発表された「金融仲介

2016年10月25日IDCフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

国内情報セキュリティ成熟度に関するユーザー調査

国内情報セキュリティ成熟度に関するユーザー調査結果を発表 国内企業の半数以上が「限定的導入(ステージ2)」もしくは「標準基盤化(ステージ3)」の成熟度にとどまり、ITリソース全体に対するリスク管理を考慮した情報セキュリティ対策に取り組んでいない 国内企業の情報セキュリティへの取り組みは「標準基盤化(ステージ3)」より上のステージへの移行が米国企業と比較して遅れている 企業の経営者は情報セキュリティ責任者やセキュリティ担当幹部を取締役レベルに置き、情報セキュリティ責任者のリーダーシップの強化

2016年10月24日IDCフィードバック数:0ビジネス

国内企業の人材戦略と人事給与ソフトウェア市場動向調査

~法制度対応から人材の多様化対応へ取り組みが拡大~国内企業の人材戦略と人事給与ソフトウェア市場動向調査結果を発表 人事最高責任者(CHRO/CHO)の設置率は10.5%にとどまる 人事関連業務コストは、「採用」が約3割と最多を占める ユーザー企業は経営やビジネス視点を取り入れ、形骸化しない人事戦略と組織作りを検討し、ITサプライヤーはクラウドソリューションで次世代の企業の取り組みを支援すべきである IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代

2016年10月14日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内企業におけるDevOpsの実践状況に関する調査

~DevOps実践における壁は「組織」~国内企業におけるDevOpsの実践状況に関する調査結果を発表 企業がDevOpsを実現するために必要な要素は「人」「文化」「技術」「ビジネス」「プロセス」 クラウド/モバイルファーストがDevOpsの実践を促進 DevOpsの推進役はIT組織のトップやリーダーが担っている DevOps最大の課題は組織、まずは組織作りが重要となる IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取

2016年10月8日IDC★★フィードバック数:0企業情報システム

国内ITサービス市場予測

国内ITサービス市場は、2020年まで成長を継続、2015年~2020年の年間平均成長率は1.5%と予測 デジタルトランスフォーメーション(DX)に関わる支出が成長のドライバーとなるが、同時にクラウドの影響や代替製品/サービスの存在が阻害要因として作用 DXに関わる市場機会をとらえて成長を継続するために、ITサプライヤーは事業体制の抜本的な見直しが求められる IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役:竹内正人、

2016年8月19日帝国データバンク★フィードバック数:0ビジネス

「任天堂」グループの取引先実態調査

2016/8/9「任天堂」グループの取引先実態調査任天堂グループ主要取引先、国内に431社 〜 『ポケモンGO』 の経済効果に期待 〜はじめに7月22日、日本で配信が始まったスマートフォン用ゲームアプリ『ポケモンGO』。ポケモン関連の経済効果「ポケノミクス」という言葉も生まれ、同ゲームとのコラボレーションを開始した日本マクドナルドホールディングスでは、早くも一定の集客効果が表れているようだ。今後は任天堂本体だけでなく、同社グループの取引先を中心に、直接、間接を問わず各社業績への好影響の拡大が期待

2016年6月10日IDC★★フィードバック数:0モバイル

国内エンタープライズモビリティ関連市場予測

国内エンタープライズモビリティ関連市場予測を発表 国内企業におけるタブレット/スマートフォンの総稼働台数は、2020年、1,598万台に増加。2015年~2020年の年間平均成長率は10.5%と予測 国内エンタープライズモビリティ向けITサービス市場における支出額は、2020年に3,423億円となり、2015年~2020年の年間平均成長率は21.6%と予測 デジタルトランスフォーメーション(DX)の実現を志向する企業の広がりが、今後のエンタープライズモビリティ市場の成長要因となる

2016年6月8日IDC★フィードバック数:0エンタテインメント

国内EA(Enterprise Applications)ソリューション市場産業分野別予測

国内EA(Enterprise Applications)ソリューション市場 産業分野別予測を発表 2015年の国内EAソリューション市場は好調な製造業の需要に支えられ、3兆3,435億6,800万円に成長 2015年~2020年の年間平均成長率は2.3%で2018年をピークに成長、2020年の市場規模は3兆7,413億円と予測 クラウド需要でソフトウェアとプラットフォーム導入運用のサービスセグメントが市場をけん引 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(

2016年6月2日IDC★★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

国内企業向けネットワーク機器市場動向

国内企業向けネットワーク機器市場動向を発表 2015年 国内企業向けネットワーク機器市場は前年比成長率5.6%、2,131億円 シスコシステムズが3つの製品分野すべてで首位 大きな成長は見込みにくいが安定した市場。2015年~2020年の年間平均成長率0.7% IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、企業向けルーター、企業向けイーサネットスイッチ、企業

2016年5月16日IDC★フィードバック数:0企業情報システム

国内企業におけるOpenStackの導入状況に関するユーザー調査

国内企業におけるOpenStackの導入状況に関するユーザー調査結果を発表 サーバー仮想化実施企業の7.0%がOpenStackを本番環境で使用、ICT企業では40%近くが導入に向けて取り組んでいる OpenStackは関心/勉強から具体的な導入を計画/検討するフェーズへ移行 クラウドの迅速な構築と運用効率化に対する期待が高い 最大の課題はOpenStackエンジニア不足、年2回のバージョンアップへの対応に不安も IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所

2016年5月9日ガートナーフィードバック数:0マーケティング

日本におけるモノのインターネットに関する調査

2016年4月26日ガートナー ジャパン株式会社広報室ガートナー、日本におけるモノのインターネットに関する調査結果を発表国内企業のIoTへの取り組み姿勢は慎重体制づくりを急ぐベンダーとユーザー企業の間に温度差『ガートナー インフラストラクチャ&データセンター サミット 2016』(4月26〜28日、東京コンファレンスセンター・品川) において、知見を提供ガートナー ジャパン株式会社 (所在地:東京都港区、代表取締役社長:日高 信彦) は本日、日本企業のモノのインターネット (IoT) への取り組

2016年5月2日IDCフィードバック数:0エンタテインメント

国内エンタープライズモビリティソリューション導入企業の投資対効果(ROI)分析結果

国内エンタープライズモビリティソリューション導入企業の投資対効果(ROI)分析結果を発表 モバイル機器との組み合わせによるモビリティソリューション導入企業のROIは297.8% 導入状況別では、「既製アプリケーションレベル」のROIが345.6%と最も高い IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、モビリティソリューションを導入している国内企業を対象に、

2016年3月31日IDC★★フィードバック数:0ビジネス

国内第3のプラットフォーム市場 産業分野・企業規模別支出動向および予測

国内第3のプラットフォーム市場 産業分野・企業規模別支出動向および予測を発表 第3のプラットフォーム市場は、予測期間中(2014年~2019年)、企業向け市場の成長率が高く、モビリティを中心に成長した一般消費者市場は飽和状態となる 予測期間前半ではモビリティをベースにクラウド、ソーシャル市場を取り込んで成長し、後半には、ビッグデータ市場の成長も誘発する結果、2019年には10兆円近い市場に成長する 特に小売、銀行、製造業における大企業を中心に成長し、予測期間後半には中堅中小企業においても活

2016年1月26日ユーザーローカルフィードバック数:0マーケティング

Instagramの国内企業アカウント開設が1万社を突破!企業のインスタ活用進む

Instagramの国内企業アカウント開設が1万社を突破!企業のインスタ活用進む。ユーザーローカルが調査ビッグデータ分析ベンチャーの株式会社ユーザーローカル(東京都目黒区、代表取締役社長:伊藤将雄)は、2016年1月22日、Instagram(インスタグラム)アカウントを開設している日本企業が1万社を突破したことを調査しましたので発表いたします(写真1)。国内企業のInstagramの利用状況については、オフィシャルでの数値は公開されていませんが、「ユーザーローカル Instagram解析ツール

2016年1月22日MM総研★フィードバック数:0ビジネス

IoT(Internet of Things)の国内市場規模調査

2016年01月20日■ IoTの国内市場規模は2015年度に2,930億円と14年度比69.1%増の見通し ■ 19年度の予想は7,159億円で、14年度から年平均32.8%の成長率 ■ IoT導入企業が最も多い業種は「製造業」、導入の課題は「セキュリティ対策」  MM総研(東京都港区、所長・中島 洋)は1月20日、「モノのインターネット」であるIoT(Internet of Things)の国内市場規模について、2014年度実績および2019年度までの予測を初めてまとめた。それによると、国

2015年10月6日ITRフィードバック数:0企業情報システム

IT投資動向調査2016

国内企業のIT予算は安定的な増加基調 ただし、情報セキュリティ、マイナンバー制度対応など守りの負担が増大 ― ITRが「IT投資動向調査2016」の結果を発表 ―2015年10月6日 株式会社アイ・ティ・アール株式会社アイ・ティ・アール(ITR、代表取締役 内山悟志)は本日、国内企業を対象に2015年9月に実施した国内IT投資動向調査の一部結果を発表いたします。2001年の調査開始から15回目を数える今回の調査では、有効回答数を2,400件超へと大幅に拡大するとともに、従来から定点観測しているI

2015年9月30日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

「第一中央汽船グループ国内取引状況」調査

「第一中央汽船グループ国内取引状況」調査 公開日付:2015.09.29 第一中央汽船(株)(TSR企業コード:291084648、東証1部、東京都中央区)が9月29日、東京地裁に民事再生法の適用を申請した。負債総額は1,196億800万円(保証債務含む)で、海運業者の倒産としては、2012年7月の三光汽船(株)(TSR企業コード:290448557、東京都港区、会社更生法、負債総額1,558億円)に次ぐ、歴代3番目の大型倒産となった。今回、東京商工リサーチは、保有する国内最大級の企業データベー

2015年7月21日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

東芝グループ国内主要企業の取引先実態調査

2015/7/21東芝グループ国内主要企業の取引先実態調査グループ主要関係会社の取引先、全国に2万2000社〜 東京都が最多、7割超が年商10億円未満 〜はじめに不適切会計問題に揺れる(株)東芝(東証1部)。第三者委員会の調査によって、2009年度以降で組織的に約1518億円にのぼる不正な利益計上が行われていたことなどが認定され、今後の対応や8月に発表予定の2015年3月期の通期決算業績などに注目が集まる。■帝国データバンクでは、自社データベースである企業概要ファイル「COSMOS2」(146万

2015年6月25日JA共済総合研究所フィードバック数:0ビジネス

再び盛り上がる企業の海外進出

経済・金融経 済・金 融再び盛り上がる企業の海外進出上席研究員○再び増加し始めた企業の海外進出古金 義洋(図1)為替相場と対外直接投資日本企業の海外移転が急速に進んだのは円高が主因であり、円安になれば生産コスト削減のために海外に進出していた製造業などが国内に戻ってくるのではないかと期待されていたが、期待外れだったようだ。140円実質実効為替レート(2010年=100、左目盛)13014000対外直接投資(6か月移動平均、右目盛)12012000110100001008000906000国際収支統

企業物価指数(2015年5月)~輸入物価は円安で2ヵ月ぶりにプラス

企業物価指数(2015年5月)~輸入物価は円安で2ヵ月ぶりにプラス | ニッセイ基礎研究所 企業物価指数(2015年5月)~輸入物価は円安で2ヵ月ぶりにプラス 経済研究部 研究員 岡 圭佑・企業物価(増税分除く)は下落幅が縮小・輸入物価は円安で2ヵ月ぶりにプラス・最終財は夏場以降上昇基調が明確に・国内企業物価は下落幅が縮小へ6月10日に日本銀行から発表された企業物価指数によると、2015年5月の国内企業物価指数は前年比▲2.1%(4月:同▲2.1%)と事前の市場予想(QUICK集計:前年比▲2

2015年4月22日IDCフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2015年 国内企業の情報セキュリティ対策実態調査

2015年 国内企業の情報セキュリティ対策実態調査結果を発表 2015年度の情報セキュリティ投資は2014年度に続き増加傾向も、投資を増やす企業と抑制する企業とで二極化 外部脅威対策に比べ内部脅威対策の導入に遅れ。また標的型サイバー攻撃向け非シグネチャ型外部脅威対策を導入している企業は6割程と、導入の進展過程 被害はPCやサーバーばかりでなくPOSやATMなどの産業機器へ拡大、被害の収束時間は長期化。そして、社外の第三者からの通報による発見が増加 巧妙化するサイバー攻撃と法規制で経営層での

2014年12月3日ITR★★フィードバック数:0企業情報システム

ITRの調査です。

IT投資動向調査2015

国内企業のIT投資意欲は増加基調を保ちつつも、成長率は鈍化 投資マインドは「攻め」よりも「守り」重視 ― ITRが「IT投資動向調査2015」の結果を発表 ―2014年12月3日 株式会社アイ・ティ・アール株式会社アイ・ティ・アール(所在地:東京都新宿区、代表取締役:内山悟志、以下「ITR」)は本日、国内企業を対象に2014年10月に実施した国内IT投資動向調査の一部結果を発表いたします。2001年の調査開始から14回目を数える今回の調査では、国内企業のIT予算ならびに投資戦略が2014年度にど

2014年6月12日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

企業物価指数 (2014年5月) ~増税の影響を除いても2ヶ月連続で上昇~

Economic Indicators指標名:企業物価指数 (2014年5月)~増税の影響を除いても前月比は2ヶ月連続でプラス~国内企業物価201320141月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月1月2月3月4月5月前期比0.20.50.10.40.10.00.30.30.20.10.00.30.1▲ 0.10.02.90.3前年比▲ 0.4▲ 0.1▲ 0.50.10.61.22.22.32.22.52.62.52.41.81.74.24.4国内企業物価最終消費財(連鎖指数)(国

2014年5月20日ガートナー★フィードバック数:0企業情報システム

市場データです。

2014年上期国内IT投資動向

2014年5月20日ガートナー ジャパン株式会社広報室ガートナー ジャパン、2014年上期国内IT投資動向を発表2014年度のIT投資額は微増にとどまる見通しであるが、継続的なビジネス「運営」から「成長」「変革」へ投資目的がシフトする傾向にありガートナー ジャパン株式会社 (所在地:東京都港区、代表取締役社長:日高 信彦) は本日、「2014年上期国内IT投資動向」を発表しました。2013年10月から12月にかけて国内企業616社を対象に実施したガートナーITデマンド調査では、2014年度は前年

企業物価指数(2014年2月)~8ヶ月ぶりに前年比1%台の上昇率へ縮小

企業物価指数(2014年2月)~8ヶ月ぶりに前年比1%台の上昇率へ縮小 | ニッセイ基礎研究所 企業物価指数(2014年2月)~8ヶ月ぶりに前年比1%台の上昇率へ縮小 押久保 直也基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・企業物価指数は前年比で11ヶ月連続の上昇・交易条件は4ヶ月ぶりに改善・最終財にまで物価上昇の裾野が広がる3月12日に日本銀行から発表された企業物価指

企業物価指数(2013年12月)~6ヶ月連続で前年比2%を超える上昇率に

企業物価指数(2013年12月)~6ヶ月連続で前年比2%を超える上昇率に | ニッセイ基礎研究所 企業物価指数(2013年12月)~6ヶ月連続で前年比2%を超える上昇率に 押久保 直也・企業物価指数は前年比で9ヶ月連続の上昇・交易条件は2ヶ月連続で悪化・最終財は価格上昇基調を維持1月16日に日本銀行から発表された企業物価指数によると、2013年12月の国内企業物価は前年比2.5%と9ヶ月連続で上昇した。11月の同2.6%からは上昇率が縮小したものの、6ヶ月連続で2%を超える高い上昇率となってい

2013年12月3日ITR★フィードバック数:0企業情報システム

ITRの調査です。

IT投資動向調査2014

5年ぶりの高水準となった国内企業のIT投資意欲2014年度はやや減速も、引き続き成長率はプラス水準を維持 ― ITRが「IT投資動向調査2014」の結果を発表 ―2013年12月3日 株式会社アイ・ティ・アール株式会社アイ・ティ・アール(所在地:東京都新宿区、代表取締役:内山悟志、以下「ITR」)は、本日、国内企業を対象に2013年10月に実施した国内IT投資動向調査の一部結果を発表いたします。2001年の調査開始から13回目を数える今回の調査では、国内企業のIT予算ならびに投資戦略が2013年

2013年11月15日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

企業物価指数(2013年10月) ~引き続き上昇基調。前年比は+2.5%と高い伸びに~

Economic Indicators定例経済指標レポート指標名:企業物価指数(2013年10月)発表日2013年11月13日(水)~引き続き上昇基調。前年比は+2.5%と高い伸びに~第一生命経済研究所 経済調査部担当 エコノミスト 高橋 大輝TEL:03-5221-4524国内企業物価201220134月5月6月7月8月9月10月11月12月1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月前期比▲ 0.2▲ 0.4▲ 0.6▲ 0.70.20.3▲ 0.2▲ 0.10.40.20.50.10.40.

企業物価指数(2013年10月)~4ヶ月連続で前年比は2%を超える上昇率に

企業物価指数(2013年10月)~4ヶ月連続で前年比は2%を超える上昇率に | ニッセイ基礎研究所 企業物価指数(2013年10月)~4ヶ月連続で前年比は2%を超える上昇率に 押久保 直也基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・企業物価指数は前年比で7ヶ月連続の上昇・交易条件は4ヶ月ぶりに改善・消費財は前年比で11ヶ月連続の上昇11月13日に日本銀行から発表された企

企業物価指数(2013年9月)~ 3ヶ月連続で前年比は2%を超える上昇率に

企業物価指数(2013年9月)~ 3ヶ月連続で前年比は2%を超える上昇率に | ニッセイ基礎研究所 企業物価指数(2013年9月)~ 3ヶ月連続で前年比は2%を超える上昇率に 押久保 直也・企業物価指数は前年比で6ヶ月連続の上昇・交易条件は2ヶ月ぶりに悪化・消費財は前年比で10ヶ月連続の上昇10月11日に日本銀行から発表された企業物価指数によると、2013年9月の国内企業物価は前年比2.3%と6ヶ月連続で上昇し、8月と同じ上昇率となった。前年比では、3ヶ月連続で2%を超える高い上昇率となってい

企業物価指数(2013年8月)~2ヶ月連続で前年比は2%を超える上昇率に

企業物価指数(2013年8月)~2ヶ月連続で前年比は2%を超える上昇率に | ニッセイ基礎研究所 企業物価指数(2013年8月)~2ヶ月連続で前年比は2%を超える上昇率に 押久保 直也基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・企業物価指数は前年比で5ヶ月連続の上昇・交易条件は2ヶ月連続で悪化・消費財は前年比で9ヶ月連続の上昇9月11日に日本銀行から発表された企業物価指

海外進出に関する意識調査

海外進出に関する意識調査 結果報告昨今、労働人口の縮小、及びそれに伴う国内市場の縮小を見越して多くの企業が海外進出をしています。これに伴い、世界2000万社の企業データベースOneSourceを国内販売しているワンソース・ジャパン株式会社では、次の調査要綱にて海外進出に関する意識調査を実施いたしました。調査期間 :2013年5月1日~7月25日調査対象 :20代〜60代の男女有効回答数:614名調査方法 :インターネット調査質問内容1、今後、日本の企業はもっと海外進出すると思いますか2、今後、日

2013年7月24日ITRフィードバック数:1セキュリティ/ネットワーク

ITR Market View:ネットワーク・アプライアンス市場2013

ITR Market View:ネットワーク・アプライアンス市場2013本レポートは、企業向けルータ、企業向けスイッチ、レイヤ4-7スイッチ、WAN高速最適化機器、企業向け無線LAN、VPN(Virtual Private Network)ルータ製品の全6分野を対象に国内34ベンダーへの調査を基に市場動向と分析をまとめた市場調査レポートです。本レポートの主なトピックは以下の通りです。企業向けルータ:アラクサラネットワークスの低迷が影響し、2012年度は前年度比3.2%減企業向けスイッチ:2012

企業物価指数(2013年6月)~前年比で19ヶ月ぶりに1%を超える上昇率に

企業物価指数(2013年6月)~前年比で19ヶ月ぶりに1%を超える上昇率に | ニッセイ基礎研究所 企業物価指数(2013年6月)~前年比で19ヶ月ぶりに1%を超える上昇率に 押久保 直也基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・企業物価指数は前年比で3ヶ月連続の上昇・交易条件は2ヶ月連続で改善・消費財は前年比で7ヶ月連続の上昇7月10日に日本銀行から発表された企業物

企業物価指数(2013年5月)~前年比で上昇幅が大幅に拡大

企業物価指数(2013年5月)~前年比で上昇幅が大幅に拡大 | ニッセイ基礎研究所 企業物価指数(2013年5月)~前年比で上昇幅が大幅に拡大 押久保 直也・企業物価指数は前年比で2ヶ月連続の上昇・交易条件は7ヶ月ぶりに改善・消費財は6ヶ月連続で上昇6月12日に日本銀行から発表された企業物価指数によると、2013年5月の国内企業物価は前年比0.6%と2ヶ月連続で上昇し、4月の同0.1%から上昇幅が拡大した。また、対前月比では0.1%と6ヶ月連続で上昇した。国内企業物価(前年比)の上昇幅が大幅に

企業物価指数(2013年3月)~8ヶ月ぶりに前年比で下落幅が拡大

企業物価指数(2013年3月)~8ヶ月ぶりに前年比で下落幅が拡大 | ニッセイ基礎研究所 企業物価指数(2013年3月)~8ヶ月ぶりに前年比で下落幅が拡大 押久保 直也・企業物価指数は前月比で4ヶ月連続の上昇・交易条件は4ヶ月連続で悪化・消費財は8ヶ月連続で上昇4月11日に日本銀行から発表された企業物価指数によると、2013年3月の国内企業物価は前年比▲0.5%と12ヶ月連続で下落し、2月の同▲0.1%から下落幅が拡大した。しかし、対前月比では0.1%と4ヶ月連続で上昇した。国内企業物価(前年

2012年12月5日ITR★フィードバック数:0企業情報システム

「最重要視するIT課題」といった調査項目も含まれます。

IT投資動向調査2013

低成長化が鮮明になった国内企業のIT投資 2013年度は大企業を中心に投資意欲に減速の懸念― ITRが「IT投資動向調査2013」の結果を発表 ―2012年12月5日 株式会社アイ・ティ・アール株式会社アイ・ティ・アール(ITR、代表取締役 内山悟志)は本日、国内企業を対象に2012年10月に実施した国内IT投資動向調査の一部結果を発表いたします。2001年の調査開始から12回目を数える今回の調査では、国内企業のIT予算ならびに投資戦略が2012年度にどのような動きを見せたか、また、経済の減速懸

2012年11月29日総務省★フィードバック数:6ビジネス

外資子会社についての統計です。

親会社が海外にある国内企業の状況

ここから本文です。平成24年11月28日 総務省統計トピックスNo.65 親会社が海外にある国内企業の状況−平成21年経済センサス-基礎調査結果から− 本トピックスは、海外企業からの対日直接投資に関連する一資料として取りまとめたものです。 取りまとめに当たっては、「親会社が海外にある国内企業」について、その親会社の所在国(又は地域)を把握する特別集計を実施しました。 この結果と、昨年公表した平成21年経済センサス-基礎調査の集計結果とを併せて「親会社が海外にある国内企業」の状況について紹介します

2012年6月29日アイティメディア★フィードバック数:16企業情報システム

企業の情報系システムについての分析です。

企業のデータ分析力を支える3本柱

前回は日米のIT投資を比較し、今後国内企業がビジネスを活性させるためのIT活用を行うには、これまでの基幹系システムから情報系システムに対する投資が鍵となると述べた。情報系システムをうまく活用するためには、ハードウェアなどのインフラもさることながら、ソフトウェアの活用が重要となるとも述べた。 今回は情報系システムに関する現状と、今後どのような対応をするべきかを考えてみたい。情報系システムの現状図1 主要なIT動向に対する重要度(出典:ITR) アイ・ティ・アール(ITR)では、2001年度から継続

2011年7月22日矢野経済研究所★フィードバック数:5企業情報システム

震災影響も含めた国内のIT投資の動向です。

国内企業のIT投資動向(2011年7月時点予測)~東日本大震災がおきるも予想以上に強い国内IT投資の動き~

調査結果サマリー ※プレスリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご了承ください。 お問い合わせ プレスリリースの内容や引用についてのお問い合わせはこちらまでお願いいたします。商品に関するお問い合わせはこちらまでお願いいたします。 無断転載禁止

2011年6月27日ITR★フィードバック数:0企業情報システム

ITRがJIPDECの調査について速報を発表しました。

「企業IT利活用動向調査」の速報

【お知らせ】ITRウェブサイトでは、2017年4月27日(木)10時〜11時の間、メンテナンス作業を予定してます。作業中はサイトの閲覧が出来なくなりますので、ご了承ください。 東日本大震災の影響により、国内企業の3分の1が今年度IT予算の見直しに着手 今後のIT投資意欲は弱含みも、プロジェクトの中止・停止は一部にとどまる ― 「企業IT利活用動向調査」の速報を発表 ―2011年6月27日 株式会社アイ・ティ・アール株式会社アイ・ティ・アール(ITR、代表取締役 内山悟志)は、一般財団法人日本

2011年5月12日帝国データバンクフィードバック数:26製造業/エレクトロニクス

東京電力グループの取引先企業に関する実態調査

2011年5月12日特別企画 : 東京電力グループの取引先企業に関する実態調査 東京電力グループを主要取引先とする国内企業は約4300社〜 取引先数はJALグループの2倍、このうち、原発関連の取引先は約300社判明 〜 国際評価尺度で最も深刻な「レベル7」に引き上げられた福島第一原発の放射能漏れ事故。未だ収束の兆しすら見えないなか、電力不足問題、農水産物への放射能汚染懸念、日本製品に対する風評被害、海外観光客の激減等を通じて、日本経済全体に深刻な影響を及ぼしている。すでに事態は、巨額の損害賠償

2010年10月26日帝国データバンクフィードバック数:10ビジネス

中国進出企業の動向調査

2010年10月22日中小企業を中心に1万社が中国へ進出〜 小売業では2004年以降の進出が急増 〜 国内市場の縮小や円高が後押しする形で、国内企業が中国など新興国進出を加速させている。製造業者の生産シフトの高まりや、中国マーケットを取り込もうと、最近では小売、飲食店といった業態で進出する企業も目に付くようになっている。 帝国データバンクは、自社データベース・信用調査報告書ファイル「CCR」(150万社収録)の中から、中国進出が判明している日本企業を抽出し、業種、企業規模、業績動向のほか、小

2010年8月31日矢野経済研究所フィードバック数:5企業情報システム

国内企業のIT投資に関する調査結果 2010

調査結果サマリー ※プレスリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご了承ください。 お問い合わせ プレスリリースの内容や引用についてのお問い合わせはこちらまでお願いいたします。商品に関するお問い合わせはこちらまでお願いいたします。 無断転載禁止

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ