「国内回帰」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年12月11日国際協力銀行フィードバック数:0社会/政治

わが国製造業企業の海外事業展開に関する調査報告

わが国製造業企業の海外事業展開に関する調査報告2015年度海外直接投資アンケート結果(第27回) 2015年12月3日株式会社国際協力銀行(JBIC、総裁:渡辺 博史)は、わが国製造業企業の海外事業展開の動向に関するアンケート調査を実施し、本日結果を発表しました。今回の調査は、本年7月に調査票を発送し、7月から9月にかけて回収したものです(対象企業数1,016社、有効回答数607社、有効回答率59.7%)。本調査は、海外事業に実績のある日本の製造業企業の海外事業展開の現況や課題、今後の展望を把握

2015年6月19日日本総研★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

国内産業についてのレポートです。

数字を追う ~国内設備投資増加とグローバルな企業行動把握の重要性…「国内回帰」とまでは言えないが微妙に変化した製造業と、「海外シフト」の兆候がみられる非製造業

数字を追う ~国内設備投資増加とグローバルな企業行動把握の重要性…「国内回帰」とまでは言えないが微妙に変化した製造業と、「海外シフト」の兆候がみられる非製造業

2015年3月28日東京商工リサーチフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

第3回 全国工場数の実態調査

公開日付:2015.03.27 全国に22万件ある工場のうち、関東・中部・近畿の3地区に本社を置く企業の工場数が、全体の約7割を占めた。ただし、円安で生産拠点の国内回帰の動きが出てきているが、需要地に近い場所で生産活動を行うメーカーが多く、工場の誘致・進出など全国的な国内回帰の本格化は不透明である。政府は「地方創生」を掲げ、若い世代の東京圏への過度の人口流入を是正し、各地域で安定した雇用を創出して地域に根ざした地域産業を活性化させることを目的とする関連法案を成立させたが、「地方創生」の成否は国内

2015年3月20日大和総研フィードバック数:0社会/政治

日本経済見通し:設備投資の国内回帰は起きるのか?

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 日本経済見通し:設備投資の国内回帰は起きるのか?アベノミクスによる好循環が日本経済を下支え ◆:2014年10-12月期GDP二次速報の発表を受けて、経済見通しを改訂した。改訂後の実質GDP予想は2014年度が前年度比▲1.0%(前回:同▲0.9%)、2015年度が同+1.9%(同:同+1.9%)、2016年度が同+1.8%(同:同+1.8%)である(→詳細は、熊谷亮丸他「第184回 日本経済予測(改

2015年3月19日日本総研★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

日本総研のレポートです。

「国内回帰」と報じられる動きをどうみるか-一部プラス効果も外需を軸とした「最適地生産」が企業の基本戦略

「国内回帰」と報じられる動きをどうみるか-一部プラス効果も外需を軸とした「最適地生産」が企業の基本戦略

2015年3月16日大和総研★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

製造業の国内回帰についての調査です。

最近の国内回帰の動きと今後の展望

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 最近の国内回帰の動きと今後の展望2012年秋以降の円安進行の効果が一部で顕在化 2015年3月16日エコノミック・インテリジェンス・チーム エコノミスト 長内 智◆2012年秋以降、為替レートが円安方向へと大きく転じたが、その後もしばらくの間は、企業の海外生産移転が抑制されるような兆しは見られなかった。しかし、2014年後半になって、複数の企業が海外生産拠点の一部を国内に戻す計画を明らかにしたことなど

2015年3月10日大和総研フィードバック数:0社会/政治

第184回日本経済予測(改訂版)

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 第184回日本経済予測(改訂版)日本経済に関する3つの論点を検証する~①原油安の影響、②設備投資の国内回帰、③ユーロ圏の日本化~ :2014年10-12月期GDP二次速報の発表を受けて、経済見通しを改訂した。改訂後の実質GDP予想は2014年度が前年度比▲1.0%(前回:同▲0.9%)、2015年度が同+1.9%(同:同+1.9%)、2016年度が同+1.8%(同:同+1.8%)である。当社が従来から

2015年2月20日大和総研フィードバック数:0社会/政治

第184回日本経済予測

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 第184回日本経済予測日本経済に関する3つの論点を検証する~①原油安の影響、②設備投資の国内回帰、③ユーロ圏の日本化~ :2014年10-12月期GDP一次速報の発表を受けて、経済見通しを改訂した。改訂後の実質GDP予想は2014年度が前年度比▲0.9%(前回:同▲0.5%)、2015年度が同+1.9%(同:同+1.8%)、今回新たに予測した2016年度が同+1.8%である。当社が従来から指摘してきた

2015年2月2日みずほ総合研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

自動車輸出は回復するか~円安下でも国内回帰を阻む3つの要因~

自動車輸出は回復するか~円安下でも国内回帰を阻む3つの要因~

2014年10月1日三菱東京UFJ銀行★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス海外

アメリカの製造業についてのレポートです。

経済レビュー:米国における製造業の国内回帰について

経済レビュー:米国における製造業の国内回帰について

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
 

新着データ

新着データINDEXへ

お知らせ