調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 国内市場規模

「国内市場規模」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2018年11月8日IDCフィードバック数:0マーケティング

国内データセンターサービス市場予測

国内データセンターサービス市場予測を発表 2018年国内市場規模は、前年比成長率8.4%、1兆2,923億円に 2017年~2022年の年間平均成長率は8.6%、2022年の市場規模は1兆7,976億円と予測 クラウド系サービスが急速に伸び、データセンターサービス市場におけるクラウド系サービスの割合は、2020年に5割を超える見込み。 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1‐13‐5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:0

2018年8月24日矢野経済研究所★★フィードバック数:0マーケティング

2017年度のインターネット広告国内市場規模は前年度比111.7%の約1.3兆円、2022年度には約2.4兆円までの拡大を予測

2017年度のインターネット広告国内市場規模は前年度比111.7%の約1.3兆円、2022年度には約2.4兆円までの拡大を予測 株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、国内のインターネット広告市場を調査し、現況、参入企業の動向、および将来展望を明らかにした。 インターネット広告国内市場規模推移と予測1.市場概況インターネット広告国内市場規模は年々拡大しており、2017年度には約1.3兆円、2018年度には約1.5兆円を超えると予測する。PCブラウザ向け広告に比べ、スマートフォン広告

2018年7月10日矢野経済研究所★フィードバック数:0ビジネス

スポーツ用品市場に関する調査

2017年スポーツ用品国内市場規模は前年比102.3%の1兆4,685億円の見込 ~スポーツ競技人口は減少もスポーツシューズ、スポーツアパレルのライフスタイル需要拡大~ 株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、国内のスポーツ用品市場を調査し、製品セグメント別の市場動向、将来展望を明らかにした。1.市場概況2017年のスポーツ用品国内市場規模(国内出荷額ベース)は前年比102.3%の1兆4,685億1,000万円を見込む。少子化によってスポーツ競技人口は減少しているものの、スポーツ

2018年3月12日矢野経済研究所★★フィードバック数:0社会/政治

次世代型養殖ビジネスに関する調査を実施(2017年)

次世代型養殖ビジネスに関する調査を実施(2017年) ~次世代型養殖技術(スマート水産・陸上養殖システム・低魚粉飼料)の普及拡大に期待~ 調査要綱矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内の養殖ビジネスにおける次世代型養殖技術について調査を実施した。1.調査期間:2017年6月~2018年1月2.調査対象:次世代型養殖技術(スマート水産・陸上養殖システム・低魚粉飼料)を展開している参入事業者、養殖事業を展開している企業、その他大学・関連官公庁、研究機関など3.調査方法:当社専門研究員による直接

2017年11月9日矢野経済研究所フィードバック数:0企業情報システム

スマート農業に関する調査を実施(2017年)

スマート農業に関する調査を実施(2017年) ~農業データ連携基盤が2017年度に始動し、スマート農業に関するデータ共有化が進展~ 調査要綱 矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内におけるスマート農業について調査を実施した。1.調査期間:2017年7月~9月2.調査対象:スマート農業参入事業者、農業法人<水稲/農園芸(野菜・果樹・花き)/酪農・畜産>、関連団体・協会、管轄官庁など3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・e-mail等によるヒアリング調査および文献調査併用<スマート

2017年10月23日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内データセンターサービス市場予測

国内データセンターサービス市場予測を発表 2017 国内市場規模は、前年比成長率7.2%、1兆1,780億円に 2016年~2021年の年間平均成長率は8.1%、2021年市場規模は1兆6,230億円と予測 2021年に、クラウド型ホスティングがデータセンターサービス市場の最大セグメントになる IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、国内データセン

2017年2月16日IDCフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

国内パブリッククラウド接続用途WANサービス市場予測

国内パブリッククラウド接続用途WANサービス市場予測を発表 パブリッククラウドと企業拠点/データセンターを接続する目的で導入されるWANサービスの2016年 国内市場規模は53億円、前年比成長率は72.1% 同市場は今後急拡大、2016年~2021年の年間平均成長率35.8%、2021年の市場規模は246億円と予測 大手コンテンツ事業者などのパブリッククラウド接続需要は一巡、今後は一般企業が増加 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田

2017年2月10日MM総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

ドローン国内市場規模調査レポート

ドローン国内市場規模調査ーー16年度は404億円の見通し 21年度1676億円 2017年01月30日■2016年度の国内ドローン市場規模は404億円の見込み■国内ドローン市場は2021年度に1,676億円と予測■空撮、農薬散布などの活用ソリューション市場は5年後に3.7倍の規模に拡大■「災害等の危険個所の把握」「施設設備の保守・点検」「測量」への活用に期待 MM総研(東京都港区、所長・中島 洋)は1月30日、国内ドローン市場規模(2016年度見込み~2021年度予測)および需要動向に関して調

2017年1月24日MM総研★★フィードバック数:0デジタル家電

ARとVRに関する一般消費者の利用実態と国内市場規模

ARとVRに関する一般消費者の利用実態と市場規模調査「VR元年」に初の調査(16年11月実施) 2017年01月17日■ 認知度はARが30.9%、VRが47.5%■ ARコンテンツの利用経験はポケモンGOが最も高い■ VR HMDの所有率は3.4%、購入意向は8.0%■ 2016年度コンテンツ国内市場規模はAR 59億円・VR 27億円、VR HMDは55億円の見通し  MM総研(東京都・港区、所長・中島 洋)は1月17日、AR(拡張現実、Augmented Reality)とVR(仮想現実

2016年11月23日矢野経済研究所★★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

スマート農業に関する調査を実施(2016年)

スマート農業に関する調査を実施(2016年) ~2018年度以降、農機の無人運転を実現する精密農業により、市場は拡大推移と予測~ 調査要綱 矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内におけるスマート農業について調査を実施した。1.調査期間:2016年7月~9月2.調査対象:スマート農業参入事業者、農業法人<水稲/農園芸(野菜・果樹・花き)/酪農・畜産>、関連団体・協会、管轄官庁等3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・e-mail等によるヒアリング調査および文献調査併用<スマート農業

2016年10月25日矢野経済研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

IPカメラ国内市場に関する調査を実施(2016年)

IPカメラ国内市場に関する調査を実施(2016年) ~映像データの数値化で、新たな市場の登場が期待される~ 調査要綱矢野経済研究所では、次の調査要綱にてIP(ネットワーク)カメラ及び画像解析・VCA(Video Content Analysis)システムにおける国内・世界市場の調査を実施した。ここでは国内市場を取り上げる。1.調査期間:2016年4月~9月2.調査対象:主要国内ネットワークカメラメーカー、代理店、SIer等3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・e-mailによるヒ

2016年10月21日矢野経済研究所★フィードバック数:0エンタテインメント

スポーツシューズ市場に関する調査を実施(2016年)

スポーツシューズ市場に関する調査を実施(2016年) 調査要綱 矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内のスポーツシューズ市場の調査を実施した。1. 調査期間:2016年5月~8月2. 調査対象:スポーツシューズメーカー、輸入商社、卸売業、小売業など3. 調査方法:当社専門研究員による直接面談、ならびに郵送アンケートによる調査を併用<スポーツシューズ市場とは>本調査におけるスポーツシューズ市場とは、スポーツ用品メーカー・靴履物メーカーがスポーツシューズとして出荷している商品を対象とし、メーカ

2015年10月1日矢野経済研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

定置用蓄電池(ESS)市場に関する調査結果 2015

定置用蓄電池(ESS)市場に関する調査結果 2015 調査要綱 矢野経済研究所では、次の要綱にて国内の定置用蓄電池(ESS)市場に関する調査を実施した。1. 調査期間:2015年5月~9月2. 調査対象:定置用蓄電池(ESS)関連メーカー、蓄電システム関連プレーヤー他3. 調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・e-mailによるヒアリング、ならびに文献調査併用<定置用蓄電池(ESS:Energy Storage System)市場とは>本調査における定置用蓄電池(ESS)とは、鉛蓄電

2013年8月8日矢野経済研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

RFIDシステム市場に関する調査結果 2013

RFIDシステム市場に関する調査結果 2013 ~タグ価格の低下、UHF帯新周波数移行を背景に、市場環境は好転へ~ 調査要綱矢野経済研究所では、次の要綱にて国内のRFIDシステム市場に関する調査を実施した。1. 調査期間:2013年3月~6月2. 調査対象:RFID関連メーカー、ソリューションサービス事業者、ユーザー企業、業界団体3. 調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・e-mailによるヒアリング、ならびに文献調査併用<RFIDシステムとは>RFID(Radio Frequenc

デジタルサイネージの市場動向

市場調査とコンサルティングのシード・プランニングデジタルサイネージの市場動向がまとまりました。• 2010年のデジタルサイネージ国内市場規模は、938億円と推定。• 東日本大震災に伴う電力供給不足と節電対応で、1兆円市場への到達は2016年と予想(1兆2,635億円)。市場調査・コンサルティング会社の株式会社シード・プランニング(本社:東京都台東区 梅田佳夫社長、以下シード・プランニング)は、デジタルサイネージの市場の現状と今後の方向性について調査をおこない、このほど、その結果をまとめました。

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ